食関連イベント(ベジフェスなど)

2017年2月 4日 (土)

無農薬のお茶「龍香園」さん(愛知県西尾市)

20170204_1

愛知県西尾市と言えば、地元ではお抹茶やお茶で有名ですが、そこで無農薬のお茶を栽培なさっているのが、「龍香園」さんです。

龍香園さんは、農薬だけでなく除草剤や化学肥料も使わずに、完熟の有機肥料で、お茶を栽培なさってるそうです。

アレルギーの方や、化学物質に敏感な方にも安心して飲めるようなお茶作りにご尽力されているご主人と奥様の愛が伝わる銘茶です!

体に優しいということは、同時に、地球の環境の汚染をしないということにもつながります。

だから、龍香園さんのようなお茶農園さんがあることは、地元民にとって誇らしく嬉しいことでもありますね!

こうした無農薬の農家さんが増えれば増えるほど、将来この土地に暮らす子供たちの健康が守られるということですもんね。

20170204_2

(↑ やさしい味わいの葉の形を残した「ばん茶」。 もともと愛知県の番茶は格下のものでなく、「晩茶」と書くほど「単に緑茶とは別のタイプのお茶」だというだけの逸品だそうです。) 

龍香園」さんは、毎月第一日曜日に行われる、よさみガーデンマルシェにも毎月出店なさっています。

今月ガーデンマルシェは、ちょうど明日(2017年2月5日)開催です!

アレルギーをお持ちの方や、お子さんに安全なお茶をお求めのお近くの方は、ぜひお出かけになってみては?

20170204_3

2017年1月23日 (月)

新しい時代の楽しい波乗り法~はせくらみゆき先生のメッセージ

20170123_1

週末、はせくらみゆき先生の新春講演会(東京会場)に参加させていただきました~!

来週末には、大阪会場での講演会&セミナーも行われますし、近々ご出版予定のご著書もあるそうですので、ネタバレしないよう、詳しい内容はお伝えできませんが、素敵なお話だったので、感想だけでもお伝えしたいと思います。

また、現在販売されているトップの写真の「プラーナライフ入門DVD」や、先生がお使いになってる不思議なお水「始源水」についても、お伝えしま~す!

講演会は、以下のように充実のテーマ盛り沢山でしたが、短時間で全ての内容を伝えてくださって、先生がおっしゃるように、「絶対的で固定的な時間というものは無い」と実感できました。

時間は伸び縮みするというか、もともと「時間」なんて物質世界にしか無いんですよね。

~今回の講演会のテーマ~

・先生が昨年末に大阪の枚岡神社のお笑い神事で「アマテラス」役をなさった時に得た神秘的な情報

・今年(2017年)の過ごし方

・高次元の視点で見た今後の長寿社会を生き抜くヒント

・プラーナ摂取について

・お金に対する、まったく新しい見方、高次元的な視点でのお金の取り扱い方 など

特に、お金についてのお話は新鮮でした。

私も、これまで、このブログの「しあわせ☆プチ貧乏暮らし」カテゴリーで、「お金の執着から自由になること」や、「お金を投票権と考えて、生き残って欲しい会社や応援したい人の商品などに票を投じるつもりでお金を払うこと」「お金のない社会の可能性」などをテーマに書いてきましたが、今回のみゆき先生のメッセージは、目からウロコでした。

この詳しい内容について、今度新しく出版されるご著書があるそうです。

これからの金融社会やお金の不安がある方は、必読ですね!

ところで、はせくら先生が昨年末に主催なさった「プラーナライフ・サミット」講演のダイジェストと、詳しいプラーナの説明や、プラーナ摂取を高めるためにも有効な森美智代先生の甲田療法の体操の仕方などが収録された充実のDVDも販売されています。

プラーナ摂取率をUPして、5次元ボディー&5次元ライフを目指している方には、オススメです。

DVD説明と購入先:実践プラーナライフ入門DVD
            (http://hasekura-miyuki.com/1992) 

ところで、今回は、以前から気になっていた「始源水」を思い切って奮発して購入させていただきました。

20170123_2

これは、「フムス」という天然物質が含まれた「魔法の水」だそうです。

「フムス」とは、白亜紀(約6000万年前~1億年前)に堆積した腐植泥・腐植土だそうで、古代植物が地殻変動による加圧・減圧を受け、微生物の働きによる分解、発酵、再合成のサイクルを経てできた、多種の糖類、アミノ酸、ビタミン、カルボン酸化鉄、マグネシウム、カルシウムなどのミネラルを含む抗酸化物質だそうです。

はせくら先生は、これを使い始めて、肩こり、疲れ目、息子さんのアレルギー、ご両親の膝痛、抜け毛なども改善されたそうで、なんとか商品化して、必要な人に届けたいと思ったのだそうです。

「始源水」も、はせくら先生の公式サイトからも購入できますし、以下にメールしてもOKなようです。

購入先サイト:母なる地球の贈りもの始源水について
     (http://hasekura-miyuki.com/%e5%a7%8b%e6%ba%90%e6%b0%b4%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6

20170123_3

最後に、はせくら先生からの大切なメッセージをお伝えさせていただくと。。。

「愛」を持って生きるのは、確かにとても重要なことだけど、 「さあ、愛に生きるぞ!」ではなく、まずは「楽しい」と心から思うことをやることが重要だそうです。

楽しみながら愛を持つことで、いっきに波動UPするそうです!

確かに、私も、自己犠牲精神で「人様のため」って自分が我慢してる時って、本当はそれは愛じゃなくてエゴだと思います。

本当の愛なら、自己犠牲とか思わないし、苦しくもなく、ただ無心だったり、喜びで、それをやってるはず。

だから、いい人になろうとか、優れた人になろうとせずに、どんどん自分が楽しめることをやりたいな~と思います!

2017年1月 7日 (土)

森美智代先生の断食リトリート(3)~5次元ボディへシフト!

20170107_1

森美智代先生との「年越し 愛と平和の断食合宿」も無事に終了!

今日は、一番大切な「森先生からのメッセージ」「ひとことに凝縮した私の感想」を、まず先にお伝えします。

森先生のメッセージは、スピリチュアルな面と物理的な面の両方からの素敵なメッセージです。

(毎日の様子はFacebookを見てくださってる方もいらっしゃると思うので、このブログでは、明日からの記事でお伝えします。)

~森先生から、今の時代を生きる私たちへのメッセージ~

20170107_2

(↑神様と一緒に、私たちを助けてくれる優しい森先生のイメージを絵にしてみました。)

普段は、甲田先生の遺言ともいえる「少食は世界を救う」というメッセージを引き継いで発信してらっしゃる森先生ですが、それ以外の「“今”の私たちに、森先生ご自身の言葉で伝えたいこと」を、今回の合宿の最後にお聞きしました。

それを以下に会話形式で書かせていただきます。
(録音はしてないので、一字一句同じではありませんが、なるべく、森先生のフレンドリーで、ほんわか暖かい口調のままお伝えします。)

森先生:今、不安定な世の中で、これまでの価値観で、不安や怒りを抱えて苦しんでる人達と、これまでの常識の枠から飛び出して、新しい価値観で、希望を胸にワクワク毎日を楽しみ始めた人達の二極化が進んでるよね~。 
今、地球のエネルギーが、どんどん上昇してるから、それについていかないと苦しくなっちゃう。

そのためにも、断食とか少食で体の中から毒素を出してキレイにするって大切だよね。

私:高いエネルギーと調和するためには、体の浄化も大切なんですね。

森先生:うん。断食すると、体から毒素が出て健康になったり、お肌がキレイになるだけじゃなくて、オーラもキレイになってくるし、その人の霊性みたいなのも上がるんだよ。
(※森先生は、オーラが見えます。)

私:体だけじゃなくて、その人の目に見えないエネルギーの部分が変わるのにも、食べ物は大切なんですね。

森先生:そう。だから、「もう始まってる次元上昇に乗って、愛と平和の高波動をキープして、楽し~く、幸せに生きるための5次元ボディを手に入れるためにも、断食や少食するといいよ~っ!」って、思うの♪

私:「断食や少食で、5次元ボディに変身!」ですね! すてき♪

森先生:そう。「これからは、みんなで5次元ボディになって、愛と平和の心で楽しくいこう~♪

以上、森先生のメッセージでした。
このメッセージを思い出すだけで、心があたたまって、とっても幸せな気持ちになれますね。

この断食合宿の感想を一言で表すと。。。

「こんなに楽しくて効果も確実な断食合宿は他に無い!」です。

森先生と一緒の「すまし汁断食」の一週間は、私にとって、
①美味しくて空腹感などの辛さゼロ...
②宿便は必ず出る
③森先生のヒーリングと楽しいイベントで毎日がハッピー

と、三拍子揃った本当に“最幸”の合宿でした
森先生、一緒に参加し一週間過ごしてくださった13名の皆さんに心から感謝します。
ありがとうございました。
 
※今後の断食合宿の問い合わせ先: 072-992-5055(森鍼灸院)
  (次回、2017年のゴールデンウィークに開催するかも?とのことです。)

<次の記事>
森美智代先生の断食リトリート(4)~一日目(伊勢神宮参拝)
※プラーナ摂取率UPのコツや、すまし汁断食1日目の様子について。

 

2016年12月12日 (月)

秋山佳胤先生のロータスカフェ・アフタヌーン第20回

20161212_1

秋山佳胤先生の講演会「第20回 ロータスカフェ・アフタヌーン」(にんげんクラブ主催)に参加させていただきました。

「不食(プラーナのみ摂取)」で有名な秋山先生ですが、「不食」というのは、先生が常時「愛と調和」で「今この瞬間」を生きてらっしゃる結果現れた、ほんの一部の特徴にすぎません。

それより、むしろ、先生が、「すべてに善悪のジャッジをせず、常に、愛と喜びと調和に生きてらっしゃること」を、私は心から尊敬し、少しでも、それに近づきたいと思っています。

そんな秋山先生のイメージの一面をイラストに描かせていただきました。
ジェダイ・マスター(スターウォーズ参照)です!(笑)

20161212_2

本当に、先生のお話は、いつお聴きしても感動と喜びでいっぱいになり、心の底から共感できるだけでなく、新たな気づきや学びを与えていただいています。

他にも、いろいろな分野で、私が心から尊敬し感謝している素晴らしい先生方がいらっしゃいますが・・・、

私にとっての秋山先生は、「お話の内容」や「考え方」という点で、最も無理なく理解でき、関心事や趣向の共通点も多いために何時間お話を聞いても飽きない先生です。

そんな秋山先生に、今回も、健康、宇宙、神様、言霊、お金、熱帯雨林保護などなど。。。

多岐にわたって、約3時間お話を聴かせていただき、素晴らしい時間をすごさせていただきました。

その一部を、各項目ごとに、以下にご紹介させていただきたいと思いますが、これは、あくまで、私というフィルターを通して語ることですし、先生の著作権(?)の侵害になるほど内容を詳細にお伝えするのも控えたいのですが、ぜひ、先生の大切なメッセージを受け取り、更にご興味ある方は、先生の講演会などで、直接お話をお聴きください。

<現代人の健康、化学薬品>

・自分に合わないことをして、無理に頑張ると心身に不調が現れる。

・真面目な人ほど、知らぬ間に作ったルールがあって、人や自分がそれに反する度にイライラしたり怒りを感じる。

・「炎症」とは、体が異物毒物を排出するためにおこる反応。
それを化学薬品で抑えてしまうと、毒素が体に溜まり不調の原因になるだけでなく、慢性炎症となり、血管に小さな穴が開きっぱなしの状態で、常に異物を血液中に取り込んでしまう結果、アレルギーにもなる。
現代人のほとんどが、現在、慢性炎症を持っている。

・細胞の一つ一つが意識を持っているため、上記のように異物を体内に取り込むことで、精神的にも「自分が何者なのか」判らなくなる。

・そのように人間一人一人に起きていることは、地球にも起きている

※確かに、私も、幼い頃、「自分は、とてつもなく大きな巨人の細胞の一つだ」というように感じていて、また私という巨人も、体内の意識のある細胞の一人一人(一つ一つ)から構成されてると感じてました。

<スターウォーズ、宇宙、地球の覚醒>

・スターウォーズの中で、「Force(フォース)」と呼ばれているものは、「プラーナ」のこと。
それは、映画の中で「命と命を結び付けている力」と表現されている。

プラーナライフサミット記事にも書きましたが、誰でも多かれ少なかれ、プラーナを摂取して生きていて、その摂取率を上げるには、やはり愛と喜びと調和でリラックスして生きることが大切なんですね。

「誰かを攻撃している時は、実は、一番無防備で弱い。」

これは、映画の中でも、ルークを攻撃中のシスを、ダースベーダが投げ飛ばすシーンがありますが、そのシーンの説明で先生がおっしゃったことです。

※更に言えば、シスを投げ飛ばした時のダースベーダは、息子ルークへの愛を感じていたのですから、やはり、「人は愛している時に最も強くなり、傷つけている時に弱くなる生き物だ」と言えるのではないでしょうか。

・昨年公開された「スターウォーズ エピソード7」のサブタイトルは、「フォースの覚醒」だが、「覚醒」とは、本来の自分を思い出し、目覚めさせること。

これからは、外側の神様を頼ったり崇拝するのでなく、誰もが、自分の中に宇宙の命の源の力を持っていることを思い出し、目覚めることが大切。

・スターウォーズは、世界中の神話をもとにして作ったストーリーで、世界の神話には、驚くほど共通点がある

そして、それは、かつての「オリオン星」に起きた戦争をベースにした話である。

「争い」とは、痛い思いをして慈愛の心を学ぶという貴重な経験でもあり、善悪のジャッジはできない。

だが、地球が「争い」によって学ぶ時代は終わった

(これからも、「争い」を通して学びたい人は、別の星に移動して(生まれ変わって)続けることになるらしいです。)

これから地球は、「喜び」を体験する場所になったので、争いは放棄しよう!

※「争い」を放棄するためには、たとえ正義感でも、自分と違う意見の人を非難したりすることもやめなければならないと思います。

<お金、経済システム>

いずれ、現在の経済システムはなくなる

・移行期の今、「不安」から古いシステムにしがみついている人もいる。

一方で、日本でも、3年間ボランティアだけで収入を得ずに暮らしている人たちがいる。

※以前、このブログでご紹介した、ドイツのハイデマリー・シュヴァルマーさんも、お金なしで暮らしている、素晴らしいお手本だと思います。
お金の無い豊かな暮らし~ハイデマリー・シュヴァルマーさん

・(「お金がないと生きていけない」という不安から、お金を稼ぐことばかり考えるのでなく)、豊かなリソースを豊かに分かち合うこと、今この瞬間にあることを喜んで過ごせばいい

<御岩神社、神様、言霊>

・NASAが宇宙から地球を見た時に、一か所(電気の明かりでなく)光っている場所があり、それが「御岩神社」だった。

・そこで、先生が「アメノミナカヌシ様」から聞いたことは:

「お参りの作法などは、人間が作った物で、決して神様が要求しているものではない。神様が望んでいるのは、人間が(実生活の中で普段から)笑顔で過ごしてくれることなのだ。」

ということだそうです。

※確かに、神社に行った時だけ、どんなに丁寧にお参りしても、普段、不平不満ばかり言っていたり、自分の正しさを主張して他の人を裁いていたりしたら、なんの意味もないと思います。
以前、このブログで「正義に燃える悪い人たち」という副題で記事を書かせていただいてますが、いわゆる「悪い人」も、もともとは正しさを追求しすぎて人をジャッジしたり、トラウマで苦しんだりした結果、そうなったんですよね。(ダースベーダのように。)

やはり秋山先生のように「善悪のジャッジをしない」ということこそ愛の道ですね。

ちなみに、反対に、「一見、正しくないけど愛がある」人の記事も以前書かせていただきましたが、スターウォーズの若い頃のハン・ソロも、そんな感じですね。

「ありがとう」「愛してる」という言葉を言っている時、体の余分な力が抜け、スムーズに体の力を発揮できる

<選択の基準、その他、今後の生き方>

迷った時は、「楽しそう」、「心地よい」と感じる方を選ぶことが大切。

(損得や、物質的利益、不安(恐れ)で決めない。

・「楽しいことを知りたい」というアンテナを立てる。

・その時に「お金が無いからできない」とか、つまらないことを考えない。

ただ自分が純粋にやりたいことを考えるだけ。するとそれが引き寄せられる。

<アマゾン、熱帯雨林保護、フェアトレード>

※これについては、別途、以下のページで、
アマゾンの森の恵み(秋山佳胤先生の講演会から)

http://natural-eating.cocolog-nifty.com/blog/2016/12/post-a69d.html

それにしても、ここで書ききれない濃い内容の講演会でした!

秋山先生と「にんげんクラブ」の皆様に感謝です!

ありがとうございました。(合掌)

2016年11月12日 (土)

枠を超えて「自由」を生きる時代へ ~プラーナライフ・サミット 2016~

20161112

11月6日(2016年)に大阪で「はせくらみゆき」先生主催のプラーナライフ・サミットが開催されました。

「プラーナ」とは、宇宙に満ちている生命エネルギー。

私たちの誰もが、たとえ無意識であっても、そのプラーナを呼吸や食べ物などを通して、取り入れることで生かされています。

普段のプラーナの摂取率が上がれば上がるほど、心身ともに元気になり、物質的な食べ物に頼る率も減り、小食や不食で生命活動を維持することが可能になっていきます。

(※この記事の後半部分が、プラーナ摂取率を高めるカギになる内容です。)

サミットには、実際に何年間も不食や小食を続けられている先生方や、人間本来の自然な暮らし方や食を実践なさっている先生方が、一堂に集結なさって、会場全体が超高波動に満たされていました!

講師は、主催のはせくらみゆき先生始め、秋山佳胤弁護士、森美智代先生、稲葉耶季元裁判官、滝沢泰平先生です。

他の参加者の方々も同じだと思いますが、私にとっては、日本で最も尊敬している先生方ばかりのご出演で、最も興味あるテーマについてお話をお聴きでき、夢のように素晴らしい一日でした!

本当に今年最高のイベントだったと思います。

ところで、今これを読まれてる方の中には、「それって、食べる楽しみを奪うライフスタイルの提案?」とか、「不自然な禁欲主義?」と疑問を持たれる方もいらっしゃるかもしれませんね。

いえ、決してそうじゃないんです!

「プラーナ・ライフ」は、「食べることを我慢する」とか、「食べることに罪悪感を持つ」とか、「食べる人を批判する」という感覚とは、まったく無縁のライフスタイルです。

これについては、この日の講師のお一人である滝沢泰平さんが、ご自身のサイトで、丁寧なご説明をしてくださっていますので、そちらも是非ご覧ください。
(→

当日は、5人の先生方が、それぞれに「食」についてのお話をしてくださった他、

森美智代先生とつながって助けていただくためのスピリチュアル気功や、西式甲田療法の体操をみんなでやったり、

秋山先生のシンギング・リンやライアーの演奏による音の波動浴をしたり、

最後に主催のはせくら先生の誘導による瞑想をしたり。。。

といった体験型のプログラムもありました。

また、ビルの別の階では、はせくら先生の原画が飾られたアート展もあり、アートからの波動浴もさせていただけました。

本当に、鈍感な私でも感じるほどに、パワフルなエネルギーで会場全体が満たされていました。

また、開場前に列に並びながら瞑想してたら、ふんわり優しいエネルギーを感じて、目を開けたら森美智代先生が、ちょうどエレベータから降りてこられていたり。。。

各先生方が壇上に上がられるたびに、それぞれに微妙に違う感触のエネルギーを発せられていたり。。。

とにかく、素晴らしいサミットでした!

以前、秋山先生のお話会で、「神様たちの性質は、厳格というより、むしろ明るく楽しい」とお聞きしましたが、この日の先生方も、優しく、気さくで明るく、お茶目だったり、ユーモアがあって、愛と調和を生きてらっしゃる方ばかりでした。

「愛と調和を語る人」は大勢いても、「愛と調和を生きている人」は、そんなに多くありません。

各先生方は、今、「喜びの人生」を生きてらっしゃいますが、実はこの物質世界で、普通なら押し潰されて、不幸に浸ってしまう可能性のある「様々な困難」を、愛と調和の心で乗り越えられています。

だからこそ、先生方は、プラーナをたくさん摂取でき、高波動で光り輝いてらっしゃるのですね。

さあ、私たちも、先生方を見習って、何があっても「これでいいのだ!」(はせくらみゆき先生の言葉)と言って、毎日を、思いっきり笑って泣いて、味わって、楽しみましょう~!

「食べる楽しみ」も、「食べることを忘れるほど楽しい時間」も、どちらも、かけがえのない大切な人生の経験ですから。

ちなみに、プラーナ摂取率を上げるための日常習慣などについては、稲葉耶季先生の「食べない、死なない、争わない」など、各先生方の著書に、詳しく書かれていますし、

(最後に、先生方のご著書のリンクを数冊ずつ貼らせていただきますので、よろしければご参照ください。どれも素晴らしい情報満載です!)

この日のサミットのダイジェスト版や、森先生のプラーナを取り込みやすくする甲田療法の体操のやり方、はせくら先生の誘導瞑想などが収録されたDVDも、12月末頃発売されますよ!

映像サンプルがYouTubeで見れます!

https://www.youtube.com/watch?v=Zp1wzH67MkA

 

2016年7月22日 (金)

STREET & PARK MARKET in 豊田市(青ノ木農園さん/ひだまりの家chacoliさん)

20160722_1

もう、一週間ほど前のことですが。。。

愛知県豊田市のストリート&パーク・マーケットに行ってきました。

最近は、手作り雑貨やお菓子、無農薬野菜などのマーケットが、あちらこちらで開催されるようになりましたね。

「それだけエコな暮らしやスローライフを楽しむ意識が広がってきているのかな?」と思うと、なんだか嬉しいですよね。

今回は、こちらのマーケットに出店なさっていた2件の素敵なお店について、ご紹介させていただきたいと思います。(もちろん、他にも素敵なお店ばかりでしたが。)

まず1件目は、青ノ木農園さん。(公式ブログ→ http://ameblo.jp/aonokinouen/ )

青ノ木農園さんは、奇跡のリンゴの木村秋則さん方式の自然農法で、玉ねぎを中心に、いろいろなお野菜を作って、愛知県を中心に、いろいろなマーケットに出店されています。(名古屋市栄のオアシス21オーガニック・ファーマーズ朝市村、名駅のナナちゃん夕暮れ市、刈谷市のよさみガーデン・マルシェなど)

20160722_2

私も、何度か、お野菜をいただいていますが、安心安全なだけでなく、とーっても美味しいです!

青ノ木さんは、一般には作られてないような、めずらしい品種のお野菜をいろいろ作ってらっしゃるので、他では食べられないものが食べられます。

この日、私がいただいたのは、江戸時代から作られていた日本最古の(?)じゃがいも、と赤たまねぎですが。。。特に玉ねぎの品種は季節ごとに豊富で、それぞれに味や風味が違うので、食事も楽しくなります。

※青ノ木農園さんの素敵なご夫婦♪ 写真より断然カワイイ癒し系の奥さまと、「困難なことにチャレンジするのが好き」というクールでカッコイイ旦那さまです。
 ↓  ↓  ↓
20160722_3

いつも笑顔で対応してくださる奥さま(と呼ぶには、お若くて可愛すぎる)は、本当にすごーく、ふんわり和むオーラの方で、お話しするだけでも癒されちゃいます!

それから、その場で調理して売ってる古代式の焼きそばも、とっても美味しいと評判なんですよ!

(残念ながら、私は、ご存知の方もいらっしゃる通り、現在はヴィーガンで、油で加熱調理したものさえ食べてないので、いただいたことないんですが。。。(-_-;) いつか何かのキッカケで食生活が変わったら、いただいてみたいと思います~。)

そして、2件目にご紹介したいのが、ひだまりの家chacoliさん。
(公式サイト→ http://chacoli.wix.com/chacoli
Facebook公式サイト→ https://www.facebook.com/umenoya.chacoli/?pnref=lhc )

普段は、愛知県豊田市の旧小原村でカフェをやられていて、この日は、ヴィーガンやベジタリアン対応、アレルギー対応の手作りお菓子や、無農薬のお野菜を販売なさっていました。

おいしそうなお菓子がずら~り!
  ↓  ↓  ↓

20160722_4

私は、乳製品フリー、グルテン・フリーの、ヴィーガンの米粉ボーロをいただきました。
口の中で、ほろっと溶ける優しい味がGOODです!

こちらも、お若いご夫婦お二人で出店なさっていて、ヨガ・インストラクターの資格を持つキラキラしたオーラの奥さまと、ほんわりとした優しい旦那さまでした。

旦那さまは、遠慮なさってカメラから外れてました~。その様子がちょっと可愛かったです。 (失礼! でも、本当にご主人も素敵な方でした。)

20160722_5

自然栽培のお野菜も販売されてましたよ!

20160722_6

小原村のカフェでは、ケーキとドリンクのセットがいただけるそうですが、アンティークや手作り雑貨、石窯ピザ体験などできるそうです。

そして、かわいいワンちゃん&猫ちゃんが9匹も!

みなさん、ぜひお出かけくださいね~!

わたしも行きたいです!

それにしても、楽しい一日でした!

(一緒に行ってくれたCHIKAちゃん、ありがとう!)

2016年7月17日 (日)

玄米菌は救世主!(万能酵母液作りました。)

20160717

先日、名古屋で行われた堂園仁先生主催の「万能酵母液・結」の講習会に行ってきました!

結論から先に言うと、講習会の内容も、堂園仁先生のお人柄やオーラも、そして堂園先生レシピで作った万能酵母液も、素晴らしいの一言です!

私自身の酵母液は昨晩完成したばかりなのですが、飲むだけでなく、化粧水代わりに肌につけて寝たら、今朝のお肌はモチモチ柔らかでした!そして、早速の毒出しなのか、起きた時に少し目ヤニが出てました。(酵母液は、実物は写真より、もう少し濃い色です。)

堂園先生による酵母液は、実は日本に昔から存在していたものだそうで、試行錯誤して完成した後で、古文書の中に書かれていた作り方と、ほぼ同じだったことが発見されたそうです。

そして、その玄米酵母液が作られていた当時は、日本中に有益な玄米菌が住んでいて、特別に酵母液を作らなくても、自然に人間がその恩恵を受けていたようです。

たとえば、一昔前の日本人は、体重40kg台の小柄らな女性でも、1俵60kgの米俵を5俵くらい担ぐことができる人もいたそうなんですね。

以下の写真は、講習会でいただいた「にんげんクラブ 2015年10月号」のコピー資料に掲載されていた昭和14年撮影のものです。

20160717_2

ここまで出来る人が特別だったとしても、「1俵が60kgと決まった基準が、重からず軽からず最も作業効率が良い重さが60kgだった。」というのを聞いたら、一般人でも、昔の人は強かったことが理解できます。

「気は優しくて力持ち」って言葉がありますが、当時の資料では、一般的な日本人がそうした気質と体力に恵まれていたようです。

そのカギは、当時の粗食的な日本食ということよりも、パワフルで有益な微生物との共存にあったようなんです。

最近は、乳酸菌やビフィズス菌、および腸内細菌叢などの大切さが見直され、様々なヨーグルトが市販されていますが、海外からの菌より、日本に古来から存在していた玄米菌や納豆菌などの素晴らしさを見直すことは急務ですね!

万能酵母液自体を飲むことで、細胞レベルで体の蘇生力、自然治癒力が大幅にUPするそうです。

それは、ただ身体的な癒しだけでなく、精神面でも落ち着きや穏やかさが取り戻されていったりする人が多いようです。

そして、最も素晴らしいことは。。。

万能酵母液を作る人が増えることで、徐々に、玄米菌が環境の中に拡散されていき、昔の日本のような環境に戻って、わざわざ万能酵母液を飲まなくても、みんなが昔のように、強く、優しく穏やかに暮らせる日が来るかもしれないということです。

そんな世の中を目標にしてる方、そして、もちろん、まずはご自分の健康と幸せのために、ネットで作り方を検索するだけでなく(いろいろ別の酵母液もあって紛らわしいですし)、ぜひ一度、講習会にご出席されることをお勧めします!

公式サイト→ 万能酵母液・結 (http://www.bannoukouboeki.com/

万能酵母液の作り方の本も出版されました!

「最強の菌活! 玄米でプチ発酵 万能酵母のつくり方」 堂園仁著 (ビオマガジン)                            

2013年11月29日 (金)

にんじんの葉のかき揚げ(みどりオーガニックマーケット in 南生協病院)

20131129_1

20131129_2

先日、頼んであった玄米をいただきに、みどりオーガニックマーケットに出店なさっている笑夢農プロダクションさんを訪ねたところ。。。

20131129_3 にんじんの抜き菜?(葉のついた、小さな可愛いにんじん)を見つけました。(写真上段の右から2番目)

「かき揚げにするとおいしいよ」とのことでしたので、試してみたくなって、その日の夕飯に即実行しました!

にんじんの身の部分も含めて刻み、なるべくカリッと揚げるといいとのことでしたので。。。

いつも通り、最低限の量の「米粉」の衣でつないで「かき揚げ」にしました。

揚げると、にんじん特有の香り(パセリのような香り)が無くなるとのことでしたが、適度に香りも残って、おいしかったです。

この日は、出店者さんが少なかったんですが、もっとたくさんの方が出店なさってる日もあるそうです。

毎週日曜日に、このマーケットが開かれている「南生協病院」は、天然酵母パンのダーシェンカさんや、「新鮮多菜カフェ&レストラン にんじん」さんなどの飲食店の他、多世代交流館図書館も併設された、病院らしくない(?)病院です。

昔は、病院は暗いイメージで、医療設備以外は、最低限の設備で良しとされ、世間からも隔離されてるような感じもありましたよね?

でも、この病院は、入院患者さんが、より快適な生活を送るだけでなく、一般市民も出入りできる、入院患者さんが隔離されてないような、「みんなが共に生きる」雰囲気が、他の病院よりも強いです。

スピリチュアルな方で、時々「病院の重いオーラがダメ」という方もいらっしゃいますが。。。

元気な人たちは、元気なオーラを、たくさん病院に運びましょう~!

だから、ここで行われるマーケットも、もっともっと賑わうといいな~と思います。

[材料]

葉付きの小さなにんじん(抜き菜)
米粉

揚げ油

[作り方]

1.にんじんの葉と、にんじんを、細かく切る。
2.ボールに米粉を入れ、少しずつ水を足していき、ポタージュスープのようなトロミくらいで、1で刻んだにんじんの葉とにんじんを入れる。
3.2を少しずつ、木べらなどの上に乗せ、180度の油に浮かべて、カリッと揚げる。

 

2013年6月 2日 (日)

第14回ガーデン・マルシェ(フローラルガーデンよさみ 愛知県刈谷市)

今日は、愛知県刈谷市の「フローラルガーデンよさみ」で定期的に開催されているガーデンマルシェに行ってきました~。(※公式サイト→ http://garden-yosami.jp/ )

ベジ・フェスではありませんが、屋内と屋外の両方に、無農薬のオーガニックのお野菜や、ヴィーガン対応のお菓子、フェアトレード商品、無農薬ハーブの苗などのお店も並び、地元の人たちで賑わってました。

20130602_1
←まず最初に、引き寄せられたお店が「日和」さん。
  (ホームページ→ 日和

マクロビベースのおかゆパンや、土鍋で炊いた玄米おにぎり、お弁当などのお店です。

私も、一緒に行った友達のチカちゃんも、早速、揚げたての「揚げおかゆパン」、「玄米おにぎり」、「おやき」の3点を購入。

どれも、とても美味しかったです。

でも、商品以上にイチオシなのが。。

20130602_2
とってもナチュラルで可愛い店主さんです。

(一応、撮影と掲載の許可は頂いてますが、このショットは、揚げパンを渡してくれようと、お顔を上げられた瞬間に、構えてた指が思わずシャッターを押してしまい。。。失礼な撮り方で、本当にごめんなさい。)

実物の店主さんは、これ以上に可愛らしい方なんですが、カメラマン(=私)の腕が悪くて。。。(-_-;)

でも、素敵なお人柄は、この写真でも伝わってきますよね!

今のところ、イベント出店のみで販売なさってるそうです。
みんなで応援しましょう~!

こちらは、知多郡武豊町の黒田農園さん。(黒田農園さんのブログ:ふき村ぐうたら百姓の日記
  ↓   ↓   ↓
20130602_3
黒田農園さんは、名古屋の栄で、毎週土曜日に開催される「オアシス21オーガニックファーマーズ朝市村」にも出店なさってます。

私は、土曜日は仕事があって、なかなか朝市村には行けないのですが、オーガニック野菜のマーケットとしては、名古屋地区でとても大きなものなので、ご興味のある方はぜひお出かけしてみては?

黒田農園さんのご主人は、気さくで、雰囲気もセンスもとても素敵な方でしたよ!

そして。。。

20130602_4←こちらの大府市の笑夢農プロダクションさんでは、私はスイートバジルの苗を購入。
一つ50円でした~。

ほんわか笑顔の素敵なお二人でした~。

笑夢農プロダクションさんも、名古屋の栄で、毎週土曜日に開催される「オアシス21オーガニックファーマーズ朝市村」にも出店なさってます。

笑夢農プロダクションさんのHP:
  脱サラおやじのオーガニック野菜 笑夢農プロダクション

(ちなみに、私事ですが、実は、昨年お借りしていた畑の土地を、地主さんが売却されることが急遽決まり、今年は、我が家の猫の額ほどのスペースで、ハーブ類のみ栽培してます。。。ということで、バジル購入させていただきました。
ひょっとしたら、近くに別の畑を借りられるかもなんですが。。。)

また、自然でヘルシーな食材を使用した、アンティマキさんの、とっても美味しいスコーンも購入させていただきました。
  ↓   ↓   ↓
20130602_5

アンティマキさんは、豊田市(稲武)で草木染めと焼き菓子の工房をなさってるそうで、お料理の講習会などもされているそうですよ!

アンティマキさんというお名前は、親しみを込めて「マキおばさん」という意味だと思いますが。。。
マキさん(お写真手前の方)は、日本語の「おばさん」というイメージとは程遠いお美しい大人の女性でした。(憧れ~☆)

アンティマキさんのHP:アンティマキの場所
アンティマキさんのブログ→アンティマキのいいかげん田舎暮らし

7月19日(金)に、豊田市武節町のどんぐり工房で、パンとスコーンとスープの講習会を開かれるそうです。

最近は、近くでも、こういうマーケットが開催されて便利になり、愛知県内にも、素敵な方々がたくさん住まれて活動なさっていて、愛知県民としては嬉しい限りです♪

マルシェに誘ってくれたチカちゃんも、ありがとう~!!!
(チカちゃんのブログ→ 安城ヶ原でお米作り

20130602_6_2
←チカちゃんにもらったラベンダーとアンティマキさんのスコーンのツーショット!

2013年5月 5日 (日)

名古屋ビーガングルメ祭り行ってきました!

20130505_1
昨日、お伝えした通り、行ってきました~! ビーガングルメ祭り

とってもいいお天気で、広い公園内は、気持ちよく、私たち3人は、ひたすら食べておしゃべり。。。

一昨年、このブログを始めた年に書いたグルメ祭りの記事は、かなり気合が入ってましたが。。。

すみません、今回は、私自身のんびり楽しませていただいたので、詳しいことは、公式サイトを見ていただくとして。。。

今日の日記程度に、書かせていただきたいと思います。

お昼ちょっと前に会場に到着した私たちですが、まずは「普段食べたことのないようなものを。」ということで、Judah Cafeさんのジャマイカ料理(トップの写真)に挑戦!

Judah Cafeさんは、普段から車での移動販売のようで、普段はお肉料理も出されてるみたいですが、今日はもちろんビーガン・メニューのみ。

手前が、私の食べた豆腐と野菜のカシュー炒め、それ以外の2つはWさん、Sさんの食べたトマトシチューです。(どちらも、ご飯付きで500円)

飲み物は、Wさん、Sさんが別のお店で買ったジンジャーエールです。 
ちなみに私は、家からお水持参。(^^ゞ 

私の食べた豆腐と野菜のカシュー炒めは、好きな味で美味しかったです。
Wさんたちのトマトシチューも美味しかったそうです。

ジャマイカ料理というものを全く食べたことはありませんでしたが、インド料理とメキシコ料理の中間みたいな馴染みのある味でした。
(・・・と言うか、いつも家で、インド料理の“つもり”で作る味に似てました~。)

20130505_2

←こちらは、Sさんがおやつに買ったビーガンたこ焼きと、マンゴービール

「たこ」の代わりに「きのこ」や「こんにゃく」が入ってます。一つもらったら、とても美味しかったです!

私は、お酒が飲めないんですが、マンゴーという言葉に惹かれて、一口味見させてもらいました。
・・・確かに、マンゴービールでした。

20130505_3_2
←南大高にある新鮮多菜カフェ&レストランにんじんさんのキッシュ・セット

こちらは、Wさんのおやつですが、Sさんと私が半分ずつ食べれるように、もう1セット買ってくれました。

20130505_4_2

←恒例の青空ヨガもやってました~。

 私たちは参加してませんが。。。

20130505_5


←少しずつ咲き始めたバラもきれい♪

鶴舞公園のバラは有名ですから。。。

これ以外にも、私とWさんは、緑と風のダーシェンカさんの自然酵母パンを、お土産に買って帰りました。(ダーシェンカさんのパンのおいしさは有名ですよね! みんな並んで買ってました。)

そして、余談ですが。。。

帰りに、鶴舞駅付近で、お茶が飲めそうなお店が見つからなくて入ってみた、「銀座ライオン」。

入ってみたら、とってもレトロで、なんだか居心地が良く、店員さんのお兄さんも親切で感じ良いお店だったんですが、なんと明日で閉店とのこと。(鶴舞店のみビルの耐震工事のため閉店。)

初めて入ったのに、それを聞いて、妙に残念な気持ちになった私たち3人は。。。コーヒーだけの予定が、思わずおつまみを追加してしまいました~。

20130505_6


←ごぼうの唐揚げと、フライドポテト。
コーヒーに合うかどうかは別として、とても美味しかったです♪

・・・以上、本日の食べ物日記でした~。(ゲップ!)

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ