奇跡の人、素敵な人

2017年8月15日 (火)

ターザンヒーリングキャンプ2017

20170815_1

お待たせしました。

先日、参加したターザン・ヒーリング・キャンプのご報告です。

このキャンプの主催者は、世界的マスターヒーラーの小林健先生(Ph.D)です。

ご存知の方も多いと思いますが、健先生は50年以上のドクターの経験があり、5度の臨死体験をされ、現在は77歳ですが、どう見ても50歳代にしか見えません

実際に肉体年齢を検査しても50歳代とのことです。

そして、これまで多くの重病と言われる患者さんを治し、自らも50歳の時に患ったステージ4のリンパ癌を、西洋医学の一般治療をせずに克服なさっています。

そして、お人柄は、フレンドリーで、明るくって、優しく、とってもチャーミング。

ターザン・ヒーリング・キャンプとは、そんな頼もしい健先生と共に、1週間、ニューヨーク郊外のキャッツキル山の大自然の中で、先生の診断や治療などを受けながら、人間本来の自然治癒力や、ヒーリング能力を、楽しく呼び戻すリトリート・キャンプです。

健先生のお話の内容や、他の方の写った写真などは、ここには掲載できませんが、以下に、簡単なキャンプの様子をお伝えしますね。

~キャッツキルの自然~

20170815_2_2

キャッツキル山の自然の美しさとパワーは、素晴らしかったです!

上の写真の川のそばにキャンプしていましたが、私たちは、いつも、この川のお水を直接、手ですくって飲んでました

また、山の上の方にも、奇跡の湧き水を飲みに行きました。

自生してるブラックベリーや、健先生が完全自然栽培で育てているブルーベリーなども、摘んでそのまま口に運んでいました

お水やベリーを通して、まさに自然の命のパワーをいただいていたんです!

20170815_3

↑私は、右手に少し見えてるバンガローに宿泊。

建物の自然な木の香りが、眠っている間も癒してくれました。

~ヒーリング・アクティビティー~

滞在中は、健先生の指導の下、いろんなヒーリング・アクティビティーをしました。

森の中で木をハグしたり。。。

20170815_4_2

聖なる川(?)で沐浴したり。。。

(水がとっても冷たかったけど、すごく気持ちよかった!)

20170815_5_3

他にも、導引光エクササイズや、ヨガ、川や岩と一体になる行などしました。

また、夜はみんなで焚火を囲んで、健先生とのんびりお話ししたり、民族楽器の太鼓や、シンギングボウルなど奏でてみたり。。。

ちなみに焚火用の木材も、キャンプしてる森の中で拾ってきたものです。

自然の中に、何でも必要なものがそろってます

~動物さん達にも癒されて~

20170815_6

健先生が、シェルターから引き取った動物さん達の中には、病気だった子もいたそうですが、健先生に引き取られてからは、とっても元気になったそうです。

うさぎさん、鶏さん、羊さん、牛さん、お馬さん、ロバさん、ブタさん。。。

そして、健先生のおうちに住んでるワンちゃんたちも、みんな本当に立派なヒーラーさん達です。

~超ヘルシーで、おしゃれな少食~

20170815_7

滞在中の食事は、健先生の指導に基づいた、本当に健康的な少食

そして、一般の物とは質が違う漢方薬なども処方されます。

食事は、昼と夜の2食で、お昼はサラダ系が多く、夕食には玄米ごはんなども少量ありました。

毎食、素材の味が生かされ、栄養的にも考え抜かれた美味しいお料理が、奥様やスタッフの方のセンスで、とーってもオシャレに盛り付けられていました。

最後の夕食は、近づいていた健先生のお誕生日をお祝いするパーティーとなりました!

身近な森の植物で飾られた玄米寿司のバースデーケーキのセンスには脱帽!

20170815_8

~まとめ~

前回の記事にも書きましたが、このキャンプで実感できたことは、

「人間が欲張らなければ、自然は生きるのに必要な物を何でも与えてくれる」

そして、

「人間が環境を汚さなければ、本来、病気なんてなくて、誰もが健康に生きられる」

つまり、

「化学汚染の無い新鮮な食べ物とキレイな空気と水があれば、かなり少食でも元気に山を登れるほどパワーがみなぎり、病気にもなりようがない! もしも、なっても、自然治癒力で克服できる」

ということです。

ちなみに、キャンプ地では自然保護のため、石鹸類は一切使っていませんが、川のお水だけで洗って陰干しした生乾きのタオルも臭くならなかったんですよね。

きっと有用微生物さん達のお陰で、悪い雑菌が繁殖しにくい環境なんだと思います。

帰国した今、身の回りから、そして日本の環境を、もっと美しく改善していきたいと強く思います。

2017年7月22日 (土)

「愛と喜びの本質」を生きるための最も易しいガイドブック~秋山佳胤先生の本

20170722_1

前回の記事で、ジャスムヒーンさんオススメのアニータさんの本をご紹介させていただきましたが。。。

その時、文中で合わせて読まれることをオススメした本が、秋山佳胤先生のご著書です。

秋山先生の本は、どれもシンプルで読みやすい文体で書かれているため、硬い文章や活字が苦手な人でも、楽に読むことができると思います。

そして、易しく読めるのにも関わらず、

「私たちの本質である愛と光を生きること」を可能にするための強力なガイドブックとなってくれます!

個人的には、「これほど軽くスムーズに読めて、内容が深い本も珍しい」と感じています。

そのため、秋山先生の本は、本当にどれも全てお勧めですが、

どれから読んだらいいか迷っている方のために、(あくまで私の独断と偏見ですが)以下に、各著書のおすすめポイントをご紹介します。

もしも、どなたかの本選びのお役に立ち、秋山先生の言葉から、少しでも楽に「愛と喜びの本質」を生きる方法が伝われば、私も、この宇宙に生きる同胞として嬉しいです。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::

① 『しない生き方 「食べない」生活で気づいたこと』 

ひとこと紹介:具体的な人生ガイド

『いいかげん人生術』とともに、具体的な人生の局面をどう考え、どう対処したらいいか教えてくれる本です。

人生の様々な分野にわたり、具体的な答えが得られるため、心軽やかに、「真に幸せな人生を送るためのガイドブック」となり、「幸せの辞書」ともなる一冊です。

本来は、難しい禅的(と私が感じる)叡智も、秋山先生の言葉で易しくわかりやすく語られています。

禅的なんて書くと、堅苦しい印象を受ける方もいるかもしれませんが、実は、本来は魂を自由に解き放ち至福に至る道だったことも、私の場合は、この本から感じます。

現在、悩みや、ストレスを抱えてる人にもオススメです。

2017年7月時点での最新刊で、初版は発売と同時に完売してしまいましたが、すぐに増刷が決定されました。

② 『秋山佳胤のいいかげん人生術』 

ひとこと紹介:ミラクル・ヒーリング・ツール!

読むと、魂がより自由に羽ばたきます。

いつ読み返しても、瞬時にスーパーハッピーな気持ちになれて、具体例から、重要な豆知識まで盛りだくさんの内容が詰まったミラクルブックです! 

ジャスムヒーンさんのワークショップでも教えてもらえたような情報の一部が、秋山先生の言葉で、より解りやすく語られている部分も、他の本より多い気がします。

何かの選択に迷った時に自分の魂の答えを聞くための明確な方法なども書かれています

この本には、先生に直筆でサインをいただいてることもあって、本から出てるパワーも強力なので、肌身離したくない私の宝物。

③ 『誰とも争わない生き方 人生にも魂にも善悪はない』

ひとこと紹介:基本のバイブル

秋山先生が、右脳と左脳とのバランスが絶妙でいらっしゃることが解ります。

初めて秋山先生の本を読まれる方や、「不食」や「スピリチュアル」に惹かれつつも、怪しい気もして、今一歩踏み出せない方にもオススメ!

秋山先生の深い悟りや、人間性と神性、心のあたたかさが伝わってきます。

私にとっては、いつでも初心に戻るためのバイブルです。

④ 『不食という生き方』 

ひとこと紹介:プラーナライフ全般のまとめ

不食ということが実際に可能であることが解りやすく伝わってくるとともに、先生が「不食」という生き方をなさって見えてきたことや得たもの、「不食」という人生がどんなことなのかが、とてもシンプルにまとめられています。

「不食」そのものを目指すことよりも、その背後にある、より大切なことが理解できる一冊です。

  『食べない人たち』『食べない人たち ビヨンド』 

ひとこと紹介:楽しい不食入門書

特に、「不食」という点に興味がある方の必読書です。

これを読むと、不食の楽しさや希望が、とてもよく伝わってきます。

不食に興味があるけど、いきなりジャスムヒーンさんの著書を読むのはハードルが高く感じる人には、最適な本じゃないでしょうか?

秋山先生だけでなく、森美智代先生と山田鷹夫さんの共著で、3方向からの視点で不食が語られている、とても面白く楽しめる本です。

:::::::::::::::::::::::::

余談ですが、普段オーラが見えない人でも、秋山先生からは、実際にお目にかかって白い光のオーラを感じたという方が大勢いらっしゃいますが。。。

ジャスムヒーンさんのワークショップで秋山先生と写真を撮っていただいた時に、なぜか特別なモード設定をしてないのに、最初の2枚が、白い霞のかかったように写りました。

レンズが曇ってると思った私は、その時点で、物質世界にバリバリにフォーカスしてしまい、3枚目を撮り直していただいたら、やっと普通っぽい写真になりましたが。。。

先生は、指を閉じた状態(エネルギーが分散せずストレートに伝わる?)で、カメラに手の平も向けてらっしゃいます。

レンズの曇りだなんて、ひょっとして、私の考えは、とても浅はかだった?

20170722_2

 

 

 

 

2017年7月20日 (木)

『喜びから人生を生きる!』~ジャスムヒーンさん推薦図書(1)

20170720_1

以前から、このブログでご紹介したいと思っていたアニータ・ムアジャーニさんの本を、先日のワークショップでジャスムヒーンさん(前回の記事参照)も推薦なさっていたので、今日は、その本について書きたいと思います。

アニータさんは、末期癌による臨死体験によって、「本当の自分は肉体をはるかに超えた存在」であることを悟り、それによって全ての腫瘍が消え、奇跡の生還をなさった女性です。

彼女の著書には「病気の奇跡的な治癒」という内容をはるかに超えた叡智が詰まっています。

アニータさんの身に起こったことや、アニータさんが悟られた貴重な叡智は、一冊目の著書『喜びから人生を生きる!』(ナチュラルスピリット)に詳しく書かれ、この1冊だけでも、何十冊分ものスピリチュアルな名著を読むのと同じくらいの価値があります。

本当に、著者のアニータさんも、読者の私も、上記の1冊で「人生に大切なこと」も、「アニータさんの奇跡体験の一部始終」も余すところなく十分に語られていると思うほどの濃い内容なのですが、

昨年、日本で出版された2冊目の『もしここが天国だったら?』も、実際に、アニータさんの得た叡智を実践するための解りやすいガイドブックとなってくれる素晴らしい本です。

一冊目で、

「私の癌が治ったのは、心の状態や信念が変わったことよりも、自分の真の魂が輝き始めたおかげだとはっきり言いたいと思います。(本文より引用)」と仰るアニータさんですが、

「では、具体的に、真の魂を輝かせる生き方をするとは、どういうことなのか?」

「どうしたら本当の自分を生きられるのか?」

が2冊目を読むことによって、より明確になります。

そして、個人的には、秋山佳胤先生の新刊『しない生き方』と、同先生の『いいかげん人生術』『誰とも争わない生き方』などを一緒に読むと、楽に双方の理解が深まるように感じます。(私は、それによって、人生がより輝きだしました。心から感謝です!)

20170720_2

ちなみに、病気の本当の原因は「恐れ」だと語るアニータさんですが、それには私も同感です。

また、癌などの腫瘍を、手術や化学療法を用いずに治した実在の人物は、アニータさんだけではありません。

前述したジャスムヒーンさん(肝臓がんの消滅)や、白鳥哲監督(脳腫瘍の消滅)、世界的ヒーラー小林健先生(悪性リンパ腫の消滅)など、素晴らしい方々が奇跡と言われる治癒を起こしています。

奇跡の治癒の背景には、目に見えない神聖な命の力が存在します。

現在健康な人は、その神聖な力を知り至福の人生をおくるためのきっかけとして、わざわざ病気という選択肢を選ぶ必要はありませんが、

かと言って、病気は悪者でもありません。

私も、「病気は、自分を本来の人生の道へと軌道修正させてくれる貴重な道しるべであり、恩師であり、貴重なギフトだ」と自分の体験から実感しています。

人間は、いずれにしても、いつかは肉体の衣を脱ぐ時がやってきますし、健康でも病気でも明日どうなるかという保証が無いのは同じことです。

なので、今この瞬間を大切に、そして自分の心に正直にいきたいと思います。

2017年7月12日 (水)

ジャスムヒーンさんのワークショップ

20170712_1

物質的な食べ物を摂らずに、プラーナだけで生きるジャスムヒーンさんのワークショップに参加するという素晴らしい機会に恵まれました。

20170712_2

このワークショップには、日本でも不食の弁護士として有名な秋山佳胤先生と、一日青汁一杯の森美智代先生も参加なさっていて、会場はとても高エネルギーな場となりました!

もちろん、ワークショップの内容も素晴らしかったの一言に尽きます!

テクニック的な部分はジャスムヒーンさんの本にも書かれていますし。。。

私も来月の半ば頃まで、超多忙なのもあって。。。

あまり詳しい内容は書けませんが、

お話の内容が素晴らしいだけじゃなく、高次の愛のエネルギーのパワフルさも感じました!

私は、肉体的には、毒素排出なのか、ワークショップ期間中、首から下の上半身の皮膚に、サトイモ湿布した時みたいな赤いぶつぶつが出来ては、すぐ消えるというのが繰り返されました。

あと、瞑想中に古代のアボリジニーの言語を聴いて意味も解らないのに涙が出たり、

ワークショップ直前に夢で見た、地球人には見えない背がすごく高くて、細長~い感じの人達のイメージが見えたり、

ワークショップの部屋が、曲線的で明るい白い光の空間に見えて別の場所にいるような錯覚になったり。。。

いろいろ感じることが沢山ありました。

でも、このワークショップのポイントを私の理解で、一言で表すなら、

やはり「不食(物理的な食べ物を食べないで生きること)」がゴールではなく、

「神聖な愛である私たちの本質を生きること」が最も大切だということです。

その結果、食べる量が自然に減る人や、まったく食べなくなる人が増えるかもしれませんが、

それは、食べることが悪いとか、たくさん食べる人はレベルが低いという意味じゃなく、

心から楽しくて夢中になってる時って食べるのを忘れてるし、ストレスや疲れが多い時は、ケーキやお菓子などで気を紛らわしがちなんじゃないかということの延長です。

無理して「食べないこと」を目指すのではなく、今この瞬間を愛と喜びで満たすように人生を歩みたいと思います。

<おまけ情報>

みんなの手のひらに、龍体文字で「を」と書いてくれる森美智代先生。

おかげさまで、瞑想がグンと深くなりました。
  ↓

20170712_3

20170712_4

ところで、ある時、森先生が隣で床に手をついて神妙なポーズで静止してらっしゃったので、何か高次のエネルギーを感じてるのかと思い、

「先生、何か感じますか?」とお聞きしたら。。。

「うん。足がしびれた感じがする。ずっと座ってたから。」と真顔で。

森先生、可愛すぎます~♪(笑)

ワークショップ休憩中に、ライアーとシンギングリンを奏でてくださる秋山佳胤先生。
 ↓

20170712_5_3

2017年5月12日 (金)

プラーナライフ音楽会(2017.6.3)のおしらせ

20170512

美しい音(特に生演奏)の波動が、心や体を実際に癒すことは、科学的にも証明されていますが。。。

それを奏でる人が愛の高波動を発してる場合は尚更です!

そんな魂もココロもカラダも、まるごとぜーんぶ癒される音の波動浴を、一日た~っぷりと味わえるイベントが6月3日(土)、大阪の八尾で開催されます。

このブログで何度もご紹介させていただいている森美智代先生や秋山佳胤先生もご出演され、ライアーやシンギング・リンを演奏してくださいます。

一日、ゆっくりと愛の高波動を浴びて癒される上に、料金もなんと3000円!(前売り)

そして、料金の半分は、福島の汚染された土壌をEM菌で改善するために使われます

つまり、出演される先生方の利益はなく、愛の意図だけで行うチャリティー音楽会です!

そのため、当日の会場は、いつも以上に高波動のパワースポットとなること間違い無しです!

この自分も福島の土壌も癒されるイベントの詳しい内容は、以下です。

**************************************

日時 2017年6月3日(土)9:00~17:00

場所 大阪府八尾市 プリズムホール 小ホール(390人) 地下2階
 

参加費 前売り 3000円 当日3500円

詳細&申し込み http://kokucheese.com/s/event/index/452226 

募集方法 フェイスブック、ブログ、こくちーず

プログラム
9:30  開場
10:00 時開演 ご挨拶 森美智代 ミニライアー
10:05 ホーミタクヤセン 癒しのことば 守谷直恵(クリスタルボール)
10:20 宇宙語 宇宙歌 「宇宙の響き」もりたいよしこ 大阪在住
11:00 守谷直恵 『クリスタルボウルとピアノの癒しの調べ』 演奏 京都在住
12:00 お昼休み
13:00 鴻池薫 プロの大御所ハワイアンギタリスト、
                ハワイアンで有名な「ブルーハワイ」やあまり知られていないトラディショナルソングから、日本の抒情歌「故郷」「さくら貝の歌」までジャンル にとらわれない名曲の演奏。
14:00 休憩
14:15~15:15 秋山佳胤 お話、シンギングリン ライアー
16:00 終了

2017年5月 7日 (日)

あわあわ断食合宿を終えて

20170507_1_2

楽しかった森美智代先生との二度目の断食合宿が一昨日終わりました。

今回も、とても一言では表せない、深くて素晴らしい体験が出来ました。

断食の内容については、前回の一連の記事で詳しくお伝えしていますので、今回は、私の感じたことや個人的な気づきの一部だけを書かせていただきたいと思います。(合宿中に、Facebookにも、記事をいくつか投稿しています。)

<森先生との断食合宿が素晴らしい理由>

単にデトックスしたり、体を癒すことだけが目的なら、他にも色々な素晴らしい断食方法や、断食施設があります。

でも、森先生と一緒だと、断食を通して以下のような貴重な経験ができます。

・心や魂の浄化と癒し

・人の中に在る神聖の発見
(本来の自分自身や、人生の目的の発見や見直し)

・「周りを愛して生きることが、自分が最も幸せに生きることだ」と、あらためて実感できること」

だから、一度参加すると何度でも参加したくなっちゃうんですよね~。

しかも、宿便も出やすく、もちろん肉体的な効果も、とてもあります。

私も、今回、また新たな自分発見や肉体の浄化を経験しました。

<合宿中の時間の過ごし方1(本断食中)>

本断食中は、40分合掌行でヒーラーの手を作ったり、パワフルな龍体文字を書いたり、甲田式の体操や療法を学んだりします。

そして、その時に参加したメンバーの特技や、天候に合わせて柔軟に、楽しい催しが開催されます。

今回は、麻ひも作り刺しゅう、お庭でシンギングリンなどの波動浴アーシングなどをしました。

20170507_4

また、ちらっと「もりたい よしこ」さんが訪ねてくださり、即興で手作りライアーの演奏と宇宙語の歌を歌ってくださいました。

私も、いつかライアーを作って、植物さん達への感謝を演奏で伝えたいという思いが、ふと湧いてきました。

20170507_5

<合宿中の時間の過ごし方2(回復食期間)>

回復食が始まると、EM菌の体験で、軽く体を動かす作業や、パワースポットへお出かけします。

今回は、赤目四十八滝と、益田の岩船へ行きました。

2か所とも、パワーに満ちた素晴らしい場所で、それぞれの人に、いろんな不思議現象もいっぱい起こりました

書けない内容や言えないものもありますが、こんな私自身にも、いくつか神秘体験がありました。

20170507_2_220170507_6

おまけですが、合宿中に、「あわあわ(森先生宅)」の横に、虹色の龍さんのような縦長の彩雲も見えました~。

私も、数年前から彩雲はよく見ますが、こんなに縦に長いものは珍しいです!

20170507_3_2

<氣さくで温かい「名張」の人たち>

合宿中に昼間みんなで過ごす古民家「あわあわ」のある名張はとても良いところで、近隣の方々も、とても素敵です。

宿泊先のホテルから、あわあわまで、朝一人で歩いて行った日は、いつも地元のおじいちゃんや、おばあちゃんに声をかけられて短い立ち話をしました。

昔ながらのお家を丁寧に手入れして暮らしてらっしゃる方が多いので、庭先に咲くキレイなお花の写真を撮らせていただくと、

「このボタンは、毎年ボクの誕生日に咲いてくれるんだ。」と嬉しそうに話すおじさんがいたり。。。

また、84歳の妖精画家のおばあちゃんにも出会いました。

そのおばあちゃんは、幼い時に結核でご苦労されながら、ほぼベジタリアンで、84歳の今も畑仕事と妖精の絵を描いて暮らしてらっしゃるそうです。

絵は、妖精の絵しか描けないと仰ってました。

おばあちゃんの絵(↓)

20170507_7

今回このおばあちゃんと出会ったのも、私にとっては偶然じゃないことを感じました。

私も、幼い頃から妖精さん大好きで、屋外で植物さんたちと静かで半透明な時間を過ごすことが一番幸せだったので。

前述した、もりたいさんのライアーを聴いて、人間じゃなく、まず植物さん達に演奏することが心に浮かんだのも、幼い頃の記憶からかもしれません。

大人になって、社会常識に合わせて必死で頑張って、少し前までは、一見しっかりした人に見られていた時期もありましたが、たぶん本来は、現実的な実務が得意じゃない、ぼーっとした人間なんですよね~。

以前は、実際以上にしっかりした人に見られがちで大変だったけど、逆に今は、「そこまでマヌケに見られるのもなんだよな~」と思うことがあります。

まあ、本当にマヌケなんで仕方ないですが。(^^;)

まだまだ、いろいろありますが、とりあえずこのへんで終わります。

すべてに感謝します。ありがとうございました!

20170507_3

<前回の断食合宿の記事>

森美智代先生の断食リトリート(1)~森鍼灸院訪問 

森美智代先生の断食リトリート(2)~参加前日のお知らせ 

森美智代先生の断食リトリート(3)~5次元ボディへシフト! 

森美智代先生の断食リトリート(4)~一日目(伊勢神宮参拝)

森美智代先生の断食リトリート(5)~2日目(甲田療法ってすごい

森美智代先生の断食リトリート(6)~3日目(40分合掌行)

森美智代先生の断食リトリート(7)~4日目(龍体文字、お豆腐レシピ) 

森美智代先生の断食リトリート(8)~5日目(鶴見神社参拝)

森美智代先生の断食リトリート(9)~6日目(枚岡神社参拝、断食の美容効果) 

森美智代先生の断食リトリート(10)~7日目(今を生きること、ワンネス)

 

 

2017年3月24日 (金)

幸せな人が幸せな理由(最近、感涙したこと3つ)

20170324_1

最近、心にしみて、ちょっと涙が出たことを書きます。

一つ目は、秋山佳胤先生とご長男みつ君の後ろ姿を見た時のこと。

お二人が、2月に行われたワンドロップ聖歌隊名古屋支部の説明会に、ご厚意で応援に来てくださった時のことです。

説明会終了後、会場を後にするお二人をお見送りしたのですが。。。

お二人は、いつもサービスで淹れてくださるコーヒー道具一式や、シンギングリンやライアーなどが入った大きなスーツケースやキャリーバッグをいくつも引きながら、元気に‟徒歩で”去って行かれました。

秋山先生のように、講演会をなさる立派な先生ともなれば、会場までは、常に車での送迎があったり、タクシーチケットを受け取っているのだろう。」と思われてる方もいらっしゃると思いますが、そうではないんです。

みつ君が、お父様(秋山先生)の講演会が週末に行われる時は、いつも一緒にコーヒーを淹れるお手伝いをしている姿も素敵だと思いますし、

先生が、そうした社会的な活動や、お仕事の場に、お子さん連れで来られることも素晴らしいと思っていますが、

お二人が、大きな荷物をいくつも持って、「今日はありがとうございました!」などと、感謝の言葉まで残して、立ち去る姿を、実際に目の当たりにすると涙が出ます。

(シンギングリンを奏でるみつ君。かなりイケメンです。)

20170324_2

二つ目は、森美智代先生が、ご多忙の中、いつもの優しくて可愛い声で祝詞を読んだ動画を投稿してくださった時のこと。

癒しパワーいっぱいの動画にも感動なんですが、年末年始の断食合宿でも、常に、ご自分のことより、世のため人のためになることを考えて、さりげなく行動してらっしゃる森先生の姿が、いっきに思い出されて心にジーンと来ました。

森先生は、よく「いつも幸せで、将来のことも心配してないんです。」と、ゆったりした口調で仰っていますので、知らない人が聞いたら(知ってる人でも)、本当に何のご苦労もないのだと思ってしまうかもしれません。

確かに、森先生は本当にお幸せなんだと思いますが、それは先生が超越してらっしゃるからです。

これは、秋山先生にも共通して言えることですが、もしも普通の人(私も含めて)が先生と同じ状況になったら、きっと「大変だ」、「自分だけ損してる」、「自分の時間がない」などと文句を言いたくなったり、不安や心配も、いろいろと湧いてしまうんじゃないかと思います。

でも、森先生は、普通の人だったら大変な時にも、いつもニコニコ笑ってピュアに、穏やか~に「幸せ~♪」とか言って、さりげなく人のために行動なさってるんですよね。

それに深く気づく瞬間、それを思い出す瞬間は、本当に涙が出ます。

三つ目は、ワンドロップ聖歌隊の名古屋支部の練習に東京から来てくださった事務局の清水浦安先生、愛宕さん、二戸さんとお話しした後。

「聖歌隊は年会費があるから、事務局には十分な運営費があるだろう」と思われてる方も多いかもしれませんが、それも違うんですよね。

実際には、運営費は全然十分といえず、事務局の方や、聖歌隊メンバー方が、別の支部に応援に行くとき、大抵の場合はボランティアだったり、自費で活動しています。

先日も、事務局の方々は、前日の東京での別イベントを終えた後、個人所有の車1台に、みんなで乗り、夜は車中泊で、そのまま名古屋の練習を見学や説明してくださった後、夜までミーティングをし、そのまま、また車でトンボ帰りというハードなスケジュールを、元気にこなしてくださっていたのです。

世のため人のために尽くしてる方々ほど、自他ともに認める「幸せな人」なんですが、

そういう「幸せな人」が幸せな理由は、普通の人が損だとか苦しいと感じてしまうようなことでも、「ありがたい」「幸せだ」と感じられることが大きいのだと思います。

「人は、自分のことばかり心配してるうちは、幸せになれないなぁ」と思います。

自分の経験からも。(^^;)

幸せになるには、たとえどんな状況でも、自分の心配をやめること。

そして、

今この瞬間を楽しむこと。

今この瞬間を愛で満たすことだけ考えること。

(私も、いつもそうでありた~い!)

2017年3月14日 (火)

何があっても愛を選ぼう!後編~秋山佳胤先生&井上靖子先生コラボ講演会2017.3.12~

20170314_1_4 20170314_2_4

前回の記事の続きで、秋山佳胤先生と井上靖子先生のコラボ講演会のレポート(後編)です!

この後編でお伝えするのは、

4.人は死ぬとどうなるのか(死の恐怖が和らぎます)
5.免疫力と浄化
6.原発について
7.プラーナで生きること
8.「ありがとう」の言霊パワー
9.光と闇の統合
   などです。

※以下、講演会当日のお話し順不同で、内容ごとに項目を作り、下線部分は、なるべく先生方の言葉をそのままに、その他の部分は私の言葉で説明や感想を書いています。

<人は、死ぬとどうなるのか?>

「死」に対する恐怖がゼロな人は、とても少数だと思います。

でも、秋山先生の以下のお話を聞けば、死の恐怖はやわらぎ、代わりに今を自由に楽しく生きることができるようになるのではないかと思います。

秋山先生によると、人は、死んでも、それまでの意識はあり、エネルギー体の体も持ったままで、その点では生きてる時と、あまり変わらないのだそうです。

そして「死とは、服を脱いでお風呂に入るような身軽になって気持ちよいもの」だそうです。

つまり、肉体という衣を脱いで、波動だけの体になるので、身軽になり、しかも物理的な制限もないため、時間に制約されることもなく、思ったことが即実現するような世界で過ごすことになるそうです。

私の3番目の甥っ子が保育園の時に、将来なりたいものを聞いたら、明るく「おばけ!」という答えが返ってきたことがあります。

理由を聞いたら、「だって、好きな時に好きな所に行けるし、お金がなくても何でも手に入るし、何も食べなくても平気だから!」と無邪気に言ってました。

確かに、死後の世界って、そんな世界なんでしょうね!

そして、9年以上、物質的な食べ物や飲み物を必要としない秋山先生も、肉体を持ったまま、物理的制限を最小限に地上で生きてらっしゃる方です!

秋山先生は、「死ぬのが怖く感じるのは、未知のものだからだけど、実は忘れてるだけ。生まれてきたってことは、その前はみんな死んでたんだから、本当は誰もが経験済みのことなんですね。」

とも、仰ってました。

でも、「死は終わりで、意識も何も消えてなくなる」と誤解してる人が多いので、死んだ後で、そのことに気づかない人も多いのだそうです。

特に、苦しみを終わらせたくて、ご自分で命を絶たれた方は、死後も何も変わらない自分を感じて、自殺に失敗したんだと思い込んで、霊体で何度も自殺行為を繰り返してしまうこともあるそうです。

森美智代先生も仰ってましたが、病死など他の原因で亡くなられた方も同様に、まだ自分が生きていると思い込んでいたりして、悪意はなくても、親しい人や、共感できる感情を持つ人から離れなくなってしまい、くっつかれた人は、体が痛んだり不調になってしまうこともあるようです。

そういう肉体を持たない方のほとんどは、そのように気づいてないだけで悪意は無いと思うので、自分が死んだことに気づければ、それだけで無事にあちらの世界に移行でき、しかるべき手続きなどが済んだら、今度は、正しい形で、生きている人を見守ることができるそうです。

では、亡くなった人に、亡くなったことに気づかせてあげるには、どうしたらいいかですが。。。

一番有効なのは、その人のために祈ることだと秋山先生はおっしゃっています。

お葬式やお墓参りなど、儀式や形が大切なわけではないと思いますが、場合によっては、そのような形も合わせて祈ることで、亡くなられた方も自覚できる機会が増えるかもしれません。

それでも、死に対する恐怖感が強かったり、この世界での未練が強いと、なかなか自分の「死」を認めない人もいるような気がしますが、どんなに親しくても、やはり、その人を幸せにする責任を肩代わりすることは出来ないことだけは肝に銘じて、その人に癒しが起こるように、ひたすら感謝と祈りを捧げ続けるしかなのかもしれませんね。

<5.免疫力と浄化>

内外ともに、輝く美しさを持つ靖子先生ですが、実は、ホメオパシーの好転反応が強く表れ、2年前から約10か月間ほどは、仕事も出来ず、夜も眠れず、人にも会えなくて、死んでしまいたいほど、酷いアトピーに襲われたそうです。

それ以前も、ヨガビューティクリエイターとしてご活躍なさり、定期的なファスティングなどもされていた靖子先生なので、秋山先生も、まさか靖子先生にそこまで強い好転反応が現れるとは思われてなかったようです。

美しい外見が、すっかり変貌し、いつ終わるとも判らない酷い痒みや痛みの中で、何度も心が折れそうになりながら、秋山先生に励まされて、ひたすら自己治癒力を信じ、乗り越えられた靖子先生。

秋山先生も仰るように、その症状の原因は、きっと、それまで体に溜まっていた物理的な毒素や、精神的に抑圧されていた苦しみなど、一つではないのでしょうが、

靖子先生は、すさまじい闘病生活の中で、大きな気づきを得て、ある時に、白い光に包まれる神秘体験をなさった後、急速に症状が解放へ向かったそうです。

そして、「これからは、どんなことがあっても、愛と光、調和の周波数を選んでそれに合わせて生きていく」と決心なさったそうです。

素晴らしいですね!これには、私も心から共感します!

いつ終わるか判らない苦しみほど、辛いものはないと思いますが、それを乗り越えられた靖子先生は、本当に、内側からも、光を放って輝いています!

靖子先生のように、本来、人には誰にでも自然治癒力が備わっていて、時には、浄化のために、病気という辛い症状が起こることがあります。

でも、そんな時も、「一番大切なのは、自分の自然治癒力を信じ、免疫力を上げる努力をすることだ」と秋山先生は仰っしゃいます。

私も、これには、とても共感します。

<6.原発について>

ところで、この講演会が行われた前日は3月11日。

東日本大震災の起こった日です。

このことから、秋山先生から以下のようなお話もありました。

あれから6年、福島の原発問題は少しでも収束しているのでしょうか?

放射性物質は、少しでも減っているのでしょうか?

残念ながら、答えは「No」です。

報道があまりされなくなっただけで、実は、今も放射性物質は、河川にも大気にも放出され続けるばかりです。そして、それは時間と共に、国境を越え広がっています。

現実は、放射性物質を避けたくても、もはや完全に避けるのは無理な状態です。

それは、自然栽培や有機栽培の食べ物だけを食べても避けられるものではありません。

そんな中、私たちができることは、免疫力を上げることしかないんです。

そのためには、笑いの力が有効、そして、未知ゆえの恐怖を未知に挑むワクワクに変えて、こんな時だからこそ、喜びを歌い、一人でも多くの人が、美しい調和の波動を放って伝えることが大切だそうです!

(ということで、これに共感いただける方、ぜひワンドロップ聖歌隊で一緒に歌いませんか? 秋山先生も聖歌隊員ですよ!詳しくは→ワンドロップ聖歌隊

また、これは、ちょっと怪しい話に聞こえるかもしれませんが、 日本神界の神様方も、人間と同じように、あちらの世界で話し合いをなさるそうですが、その中でも原発について話し合われているそうです。

日本は、原爆によって放射能の被害を受けた国として公式に認められている国です。

どこよりも、原子力の恐ろしさを知っている国のはずです。

それなのに、戦後50基以上もの原発を建設してしまいました。

実際には、一発の原爆よりも、50基以上もの原発を長期にわたって稼働し続けることの方が、結果的にたくさんの放射性物質を産出することになります。

一説には、熊本の地震も、原発に対する警告のメッセージであると言われています。

日頃、すべてに善悪のジャッジをなさらない秋山先生ですが、「(すべてに善悪はなくても)、今、原発というものは、宇宙と調和しているものなのか?」と考えることが重要だと仰います。

私も、究極のところ、すべてに善悪は無いとは思いますが、やはり選択肢がある限り、「どちらが宇宙と調和しているのか?」、「自然と調和しているのか?」、「愛を動機としているのか?」を基準に、選びたいと思います

また、放射性物質による土壌汚染を改良する手段としてEM菌の有効性が認められています。

詳しくは、白鳥哲監督の映画『蘇生』 で解ります。

また、福島の土壌汚染改善のためのチャリティー講演&コンサートが、今年(2017年)6月3日大阪の八尾で行われます。森美智代先生、秋山佳胤先生はじめ、素晴らしい先生方がご出演されます!(→ 説明&申し込み先:プラーナライフ音楽会

7.プラーナで生きること>

秋山先生が、物質的な食べ物や飲み物も召し上がらず、プラーナだけで生きるきっかけになったのは、同じようにプラーナだけで生きるオーストラリア人のジャスムヒーンさんに出逢われたことがきっかけだそうです。

実は、私も、秋山先生を存じ上げるずっと以前から、ジャスムヒーンさんのご著書『リヴィング・オン・ライト』と、『神々の食べ物』を持っていて、長期間読まずにそのままにしていたのに、どうしても気になって手放すことが出来ずに本棚に眠らせていました。

結局、きちんと通して読んだのは、1年と少し前のことで、今も、小食のベジタリアンとはいうものの、プラーナの摂取率は上がってません。(-_-;)

秋山先生によれば、プラーナ摂取率を上げる最大のコツは、愛の周波数と調和してリラックスして生きることだそうですが、まだまだ私には、精進と意識の解放が必要なようです。

そんな私でも、秋山先生の講演会に参加させていただくと、いつも空腹感がなくなってしまい、昨日も持参した豆乳の1パックすら、なかなか飲み切れず困ったほどです。

秋山先生も、初めてジャスムヒーンさんのワークショップに参加なさった時に、5日間空腹感も感じず、その後も、仕事での会食のきっかけがなければ、そのまま食べないでいたかもしれないとのことです。

その理由は、ジャスムヒーンさんが愛の周波数を放っていたからだろうとのことですが、まさに今の秋山先生も、同じことをなさっていらっしゃるのですね!

また、森美智代先生の合宿で断食が全然辛くないのも、同じ理由で森先生の放つ愛の周波数のお陰が大きいと思います。

私は、一昨年、体を壊してからは、時期によって、「しじみやあさりなどの貝だけでも、今は摂るように」と指導された時もあって(これは、森美智代先生のご指導ではなく、その前に出逢った先生のご指導です。)、場合によって、物理的な力や命をいただくことも大切かもしれないと思っていますが。。。

物心ついた時には、「果物と木の実しか食べたくないのに。」と思っていた私は、「食べないこと」を、常に心の奥では求めているのかもしれません?

ジャスムヒーンさんは、今年7月に3年ぶりに来日し、東京でワークショップを行われる予定です。

ナチュラルスピリットさんのページに案内が出ています。

久しぶりに、ジャスムヒーンさんの新刊『「平和の道」と「本質」で在ること』も出版されました。

<8.「ありがとう」の言霊パワー>

言霊パワー、特に、「ありがとう」という言葉の持つパワーについては、以前からいろんな所で、言われていますが、これについては、秋山先生も同意なさっています。

ある方が、壊れた電化製品に「愛、感謝、ありがとう」と言ったら直ってしまった例や、秋山先生が山を下りられる時に、「愛、感謝、ありがとう」と地面と調和しながら歩いたら、滑っても転ばなかった例などお話してくださいました。

私も、パソコンの調子が悪い時は、よく「愛してます。ありがとう。」というと、直ることが多いので、やはり、言う人の調和度に関わらず、言葉自体にパワーがあるようです。

どんどん使いましょう~!

9.光と闇の統合

「かごめ、かごめ」の歌の意味について、秋山先生がご説明してくださいました。

 これについては、魂活パフォーマーMINAKOさんという方が、ブログで詳しくご説明くださっているので、ぜひご覧ください。→ 秋山佳胤先生の講演会での気づき

少しだけ私からもお伝えさせていただくと、

この「かごめ、かごめ」の歌詞の中の、「すべった」は、「滑った」ではなく「統べった」だそうですが、

人間は、二足歩行になり直立したことによって、光の柱となって天と地を統合する役目を担っているそうです。

また、「後ろの正面」つまり、自分の中の闇と向き合い、その闇を裁くのではなく抱きしめて統合することで、すべては光となるのだそうです。

誰もが自分の内側に真実の光を持っています。

心から喜びを持って行動するのは、その光を輝かせ、最高の瞑想状態にいることと同じだそうですよ!

もう、すべての恐怖や不安を捨てよう!

心から喜べることを、今すぐ始めよう!

何があっても「愛」を選ぼう!

昨日の講演会で、そう叫びたい気持ちになりました。

ありがとうございました!(合掌)

 

2017年3月13日 (月)

何があっても愛を選ぼう!前編~秋山佳胤先生&井上靖子先生コラボ講演会2017.3.12~

20170313_1

昨日の名古屋での秋山佳胤先生と井上靖子先生のコラボ講演会のレポート(前編)で~す!

今回は、お話しだけでなく、お二人の先生によるシンギング・リンとクリスタルボウル(&ライアー)のヒーリング演奏があり、高波動浴で癒されるスペシャルイベントでした!

(外見もさることながら、内側から輝きを発して女神様のような井上靖子先生(ヨガビューティクリエイター)です!

↓ ↓ ↓

20170313_2

シンギング・リンは、天から設計図が降ろされた楽器で、誰が鳴らしても癒しの周波数の音が出る不思議な楽器だそうです。
ゆほびか4月号の付録にシンギングリンのCDが付いてます。)

私も、実際に、何度も生で聴かせて(音を浴びさせて)いただいていますが、確かに、その空間が、突然、高波動で満たされて、脳波までも変わってしまうのを感じます。

秋山先生も、初めてシンギング・リンに出逢った時には、物欲はほとんど無くなっていたそうですが、「この楽器だけは欲しい!」という強い思いが湧き、即決でご購入なさったそうです。

どんどんミニマリスト化していて、シンプルに暮らしたい私も、何か「モノ」を買うならシンギングリンが欲しいです。

ところで、秋山先生のお話の内容は、やはり今回も素晴らしすぎて、とても全てを書ききることはできませんし、靖子先生の素晴らしい体験談も、私からでは全てをお伝えできません。

でも、両先生には、ブログでの内容レポートをご快諾いただいていますので、これまでの講演会レポートと重なっていない部分は、なるべく沢山書かせていただこうと思います。

長文になるため、前編と後編に分けて記事にしたいと思います。

この前編では、

1.攻撃的エネルギーを受けない秘訣
2.人前で緊張しない秘訣
3.親子関係で悩んでる人へ(親に感謝することの意味)

後編では、

4.人は死ぬとどうなるのか(死の恐怖が和らぎます)
5.免疫力と浄化
6.原発について
7.プラーナで生きること
8.「ありがとう」の言霊パワー
9.光と闇の統合   などお伝えします

どうぞ、秋山先生と靖子先生の素晴らしい愛と光のメッセージをお受け取りください。

※以下、お話の順不同で、内容ごとに項目を作り、下線部分は、なるべく先生方の言葉をそのままに、その他の部分は私の言葉で説明や感想を書いています。

<1.攻撃的エネルギーを受けない秘訣>

いつも愛と調和の周波数で生きていらっしゃる秋山先生でも、時には悪口や攻撃を浴びせられることもあるそうです。

でも、そんな時にも、先生は傷ついたり被害を受けたりすることは無いそうです。

その秘訣、知りたいですよね?

それは、①真に受けないこと、②悪口を気にしないこと、だそうです。先生は、人が自分に対して何を言っていても、気にならないそうです。

これって、難しいと感じる方も多いかと思いますが、確かに、人が自分に対して思っていることと、本当の自分は別なんですよね。

人が何を言おうが、自分の本質が変わるわけじゃありません

最近、私が思うのは、「自分が人に対して思うことは、相手がそうだというよりも、良いことも悪いことも、結局自分の中に同じものがある」ということです。 自分の中にまったく無いことは、思いつきもしないのではないかと思います。

<2.人前で緊張しない秘訣>

「私も、昔はあがり症だったんです。」とおっしゃる秋山先生。

「でも、今では、人が何を思っても気にならないから、私は勝手に喋りたいことを喋ってるだけ。 だから、緊張しないんです。私が、こうやって皆さんの前で話してることも、全部ひとり言なんですね。(笑)」

だそうです。

秋山先生、極度のあがり症を治すために、昔、路上で道ゆく女性たちに、バラの花を一輪ずつ配るという、かなり怪しまれる行動に出たことがあるそうです!

やはり、大物の発想は違いますね!(笑)
私たちも、ちょっとやそっとの恥で落ち込んでる場合じゃないですねー! ファイト!(笑)

<3.親子関係で悩んでる人へ(親に感謝することの意味)>

親しい間柄で学び合うことを決めて生まれた家族関係で、悩んだり苦しむことは、多かれ少なかれ、誰にでもあるのではないかと、私は思うんですが。。。

「親に感謝できない」と思ってる人や、そんな自分を責めてる人も多いのではないでしょうか?

秋山先生は、「親の人格も含めて感謝してくださいとは言いません。」と仰っています。

「でも、今こうして肉体を持って生きていられるのは、まさに親のお陰なので、そのことには感謝しましょう。」とのことです。

親だって、神様じゃなく一人の人間なので、完璧なわけないですよね。

反面教師の部分の多い親だって大勢いると思います。

「子供のため」とか言いつつ、余計なことをして感謝を強要するような、自己重要感を必死に求めている親もいたり。。。

自分の叶えられなかった夢を子供に叶えてもらおうと、束縛してしまう親もいたり。。。

本当に、みんな必死で幸せを模索し探求している仲間なのかも?

それに、「魂の領域では、信頼してるからこそ、自分の成長のための悪役を頼むことができ、それを引き受けてくれる人もいる」と、以前、はせくらみゆき先生も仰ってました。

私事で恐縮ですが、実はこの講演会の行われた昨日は、父の命日でした。
しかも、父が亡くなった晩も、同じように満月でした。

そんな日に、素晴らしい愛の周波数の音楽を浴び、先生方のお話を聴けたことは、最高の供養になったと感謝しています。

父が生きてる間は、あまり親孝行だったとは言えない私ですし、

実は、肉体を脱いだことを、なかなか自覚できない父と、現在肉体を持つ母の間で続いてる「わだかまりの感情」を、上手く仲裁して解消してあげることも出来ず、ちょっと苦しく思ってた自分がいるのですが、

秋山先生のおっしゃるように、この世に肉体を持って誕生させてもらえたことには、本当に心から感謝しています!

昨日、秋山先生に、

「こうしてemiさんと出会えたのも、お父様がいらっしゃったお陰なので、お父様にも感謝しています。」

と、お優しい言葉をいただき感動しましたが、確かに私も、秋山先生のお父様が肉体を脱がれたお話をお聞きした時に、先生のお父様に同じように感謝を感じたのを思い出しました。

なので、秋山先生に戴いたお言葉は、決してお世辞などでないと、感謝して受け取っています。

そして、今回、「私が秋山先生や靖子先生に出逢えたのも、父と母、そしてご先祖様がいなかったら、叶わなかったことなのだ。」と、自分の側で、あらためて感謝を感じたことが癒しにもなった気がします。本当にありがたいです!

次回の後編では、この続きで、死や霊の恐怖がなくなるお話から始めたいと思います。

2017年3月 4日 (土)

毎日24時間しあわせな理由 ~すべてがうれしい~

20170302

前回の秋山佳胤先生の講演会の記事に、「辛いことがあっても嬉しい」と書きましたが、その理由というか、最近の私の心境を表現させていただきたいと思います。

「辛いことや嫌なことがあっても嬉しい」というのは、「辛いこと自体が嬉しい」という意味ではないんです。

それだったらマゾですよね!(笑)

以下、説明文だと書きにくいので、ただ言葉が出るに任せて書いたら、詩みたいになりました。

ちょっと長いんですが、ポイントは最後の方なので、お忙しい方は最後の方だけお読みください。

ちなみに、私が心から本気でこう感じるようになったのは、秋山佳胤先生や森美智代先生はじめ、素晴らしい魂の先輩方に出逢えたからこそです。

特に、詩の最後の一文は、秋山先生が、いつもおっしゃってることです。

~すべてが うれしい~ by emi

晴れた日は うれしい

おひさまを浴びて うごくと 元気になれる

雨の日は うれしい

本をよんだり ちくちく針しごとで 無心になれる

雨あがりは うれしい

湿った空気や かがやく緑で いい気分 

暑い日は うれしい

木々の間を走り抜ける風も つめたい水も 心地いい

寒い日は うれしい

ふわふわ毛布や あったかいお風呂で やすらげる

楽しいときは うれしい

こころが きらきら 輝きはじめる

つらいときは うれしい

たくさんの気づきが生まれる

やさしくされると うれしい

こころが ほかほか あったまる

傷ついたときは うれしい

たくさんの学びが生まれる

成功すると うれしい

すくすく成長した自分に逢える

失敗すると うれしい

その分だけ 成功に近づく

好きなことをすると うれしい

自分らしく 自然体になれる

嫌なことがあると うれしい

いつか作ったマイナスが清算されて消えていく

生まれてきて うれしい

星の数ほど 喜びがある

いつか死ぬのは うれしい

魂のふるさとに帰れる

すべてが うれしい

すべてが愛で できているから 

より以前の記事一覧

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ