心のお話

2018年1月15日 (月)

『きっと、うまくいく』~「しがらみ」を捨てて本当の人生を生きる~

20180115

この映画、観る前は、ただの青春コメディだと思ってたんですよね。

(ストーリーの説明を読んでも、そうとしか考えられなかった。)

しかも、上映時間も約3時間と長い!(インド映画って長い!)

でも、見た人の評価がすごく良いみたいで、今月17日まで(あと2日半!)、Yahoo GYAO!で無料で観られたので、試しに見始めたら。。。

予想外に、すご~く良かったんです!

日本でも、まだまだ、これまでの古い社会の価値観や「しがらみ」で、今一歩、充実感の無い毎日を、やむなく送ってる人や、

本当に自分がやりたいことが出来ない状況だったり、

やりたいことすら判らなくなってしまってる環境に囲まれてる人も多いと思うんですが。。。

そういう古い価値観や「しがらみ」を捨てて、自由に、充実した「5次元ライフ」をスタートしたい人にもオススメな映画です!

しかも、ストーリー展開も面白いので、途中で見飽きることもありません。

(よく秋山佳胤先生や、小林健先生も、ご著書の中で、「しがらみを捨てて自由になる」ということについて書かれていますが、この映画は、そういったことを、まったく別の作者が、別の表現方法で私たちに伝えてくれてるようにも思えます。)

結末に起きる2つのことは、作品としては「予想外」に見せたいかもしれないけど、

集中して観てると、2つとも途中でわかってしまって「やっぱり!」となるんですが。。。

それでも、その結末を安っぽく感じず、Happyな気持ちになれます!

それは、主人公ランチョーの高波動な5次元的生き方が、魅力的で共感できるからだと思います。

17日まで無料で観られるので、毎日1時間ずつ3回に分けて観ても、今日からなら間に合いますよ! →「Yahoo GYAO! きっと、うまくいく-動画【無料】

2018年1月10日 (水)

「愛」のバトンをめぐらせましょう!~恩送り食事会にて~

20180110_1

「わたし」が今この瞬間生きてることを可能にしてくれてるのは、
一体、どれだけの人のおかげだろう?

どれだけの生き物のおかげだろう?

どれだけの物のおかげだろう?

この「わたし」は、すべてと繋がって、すごい奇跡の連続に支えられて、「今」生かされてるんだ!

「あー、なんて幸せ!!! みんな、みんな、ありがとう!!!」

  そう感じたのは、先日参加させていただいた「恩送り食事会 in 名古屋」でのことです。

恩送り食事会」とは、白鳥哲監督の「地球蘇生プロジェクト」が目指す、「与える経済への移行」の実践の一つとして、行われている会です。

(※参照→OFFICE TETSU SHIRATORI 地球蘇生プロジェクト公式ブログ

通常の食事会のような参加費という概念はなく、その日の食事はこれまでの食事会に出られた方々からのプレゼントです。

そして、参加したら、今度は、次の誰かに素晴らしい食事の時間をプレゼントとして思い思いに寄付(愛のバトンタッチ?)をします。

つまり、この食事会は、これまでの奪い合う経済」、「誰かが得をしたら誰かが損をする経済」ではなく、白鳥監督の提言なさる「与える経済(=与えたものが、次の人、またその次の人に渡っていき、「愛」が循環する経済と言えばいいんでしょうか?」で成り立っている食事会なんです。

私個人的には、白鳥哲監督のことを「決してブレることのない強い愛の信念をお持ちで、それを常に自ら実践なさっている方」で、大きなことを成し遂げ続けてらっしゃるのにも関わらず、常に謙虚で、誰に対しても真の優しさで接してくださる方だと尊敬しています。

そして、食事会には、そんな監督を尊敬し見習ってらっしゃる方々が集まられていて、会場が光いっぱいに輝いて見えました。

そこに参加させていただけたなんて、本当にありがたくて感謝いっぱいです!

そして、当日は、この食事会の開催を準備してくださったヨガビューティークリエイターの井上靖子先生のクリスタルボウルの演奏や、白鳥監督の『与えあう世界へ~ギフトエコロジーの実践~』(ソーヤ・海さん出演)の上映や、監督のお話もあり、心の底から充実した時間でした。

そして、この日いただいたお食事は。。。

なんと、サトケンさんこと佐藤研一さんの作ってくださったヴィーガン料理!!!
(トップの写真)

ずっとずっとお目にかかりたかったサトケンさんのお料理は。。。

食べ物の形をした「愛のエネルギー」そのもの!!!

これ決して大げさな表現じゃないんです。

当日、筋反射テストもしましたが、ほんの一口、口に入れただけで実際にパワーが出るんです!

そして、素材の味が120%引き出されて、とーーーってもおいしくて、食べ進むうちに、体もポッカポカに!

(「香辛料で温める」とか「アツアツ料理だから」とかじゃないですよ。)

食材と、それに関わってくださった人達と、万物すべてに感謝しながら、食べる人の幸せを願って作ってくださったサトケンさんの愛が、そんな「スーパーフード」を完成させたんだと思います。

そうなんですよね!

巷で「スーパーフード」という言葉が流行ってますが。。。

「単に栄養価が高ければ、スーパーフードと言えるのかな?」

という疑問さえ湧きます。

本当のスーパーフードって、ソウルフードの要素もあって、作り手の思い、そして、いただく側の思いも加わって、完成するものなのかもしれません。

そういう意味で、「本物のスーパーフード」は、決して、お金さえ出せば手に入るものではないように思います。

そして、本物のスーパーフードは、体のみならず心と魂に栄養を与えてくれます

サトケンさんのお料理をいただいて、そんなことを教わりました。

あらためて、白鳥哲監督佐藤研一先生井上靖子先生、素晴らしい時間をシェアしてくださった参加者の方々全員に、心より感謝申し上げます。

ありがとうございました。

これからも愛のバトンを巡らせていきたいと思います。

白鳥監督の最新作『リーディング』も全国で上映が開始されます!
(参照→http://officetetsushiratori.com/readings/index.htm)

楽しみですね!

20180110_2

2018年1月 3日 (水)

こども用ヴィジョンボードの見本作りに没頭したら。。。

20180103_1a

ニューイヤー英語パーティーで、子供たちに(途中まで)作ってもらう予定の「2018年ヴィジョンボード(ヴィジョンシート)」の見本を作っていたら。。。

楽しくて、つい夢中になってしまい、個人的なヴィジョンボード作りよりも明確に「自分自身を思い出す」という大きな収穫がありました。

子供のクラフト用の見本だと思うと、気張らずに描けて、自然に童心に戻れ、子供の頃の自分が出現したんですね。

しかもスペースが限られてたため、願い事(今年の抱負?)も気張らずに自然に絞り込めて。。。

そして、「幼少の頃に大好きだったことが、結局、今も大好きなんだ」と、これまで以上に深く気づけました。

パーティーの時は、トップの写真の上にあるような色画用紙のシートに、ゲームで「star」や「heart」などの形を貼ったり、周りに飾りを貼ってもらい、

パーティー後の保護者のお話会の間に、やりたいことや欲しい物の絵を描いてもらう予定ですが。。。

完成した見本は、こちら。

20180103_2_2

結局、「今年、心から一番優先してやりたいこと」は、

①主催する英語教室で子供たちと美しい時間をシェアすること
(縦の長方形の中に描いた絵)

②自然の中で過ごすこと(ハート形の中に描いた絵)

③動物や妖精たちと遊ぶこと(写真の切り抜き)

欲しい物は、

①(英語教室に置く)美しい英語の絵本(星形の中に描いた絵)

それだけ。

※もちろん、②の延長として、「自然と調和した生き方」の大切さを伝えたり、自然と調和する一環として、「自然で健康的な食べ方」なども引き続き実践し、伝えていきたいと思います。

2018年1月 1日 (月)

2018 どんな一年を創造する予定ですか?

20180101_1

新年あけましておめでとうございます。

20180101_2_3

愛知県は、よく晴れたさわやかな元旦です。

今朝は、お散歩がてら、地元の氏神様に初詣に行ってきました。

とても静かな道を、冷たい空気の中、新しい年の朝日を浴びながら歩くのは、とても気持ちよかったです。

実は、私が、昨年秋から思いがけず、ご近所に場所をお借りして英語教室兼ワークショップ会場をスタートすることができた理由の一つに、こちらの氏神様が中継役になってくださったお陰もあるのを感じています。

なので、新年のご挨拶も、まずは地元の氏神様に。

その後、本当に久しぶりに日の当たる窓辺で、おもいきり、のーんびりダラダラと過ごしてます♪(^^;)

基本的に、やりたいことがいっぱいある私は、普段は、家にいる時も何かの作業に没頭しがちなので、元旦くらいのんびりしようというわけです。

読みたくても、なかなか読めずに積読になってた本を読んだり、Facebookやラインをしたり、こうしてブログを書いたり、

でも、「新年の計は元旦にあり」と言いますし、未来の計画について考えるの大好きなので、この後、ノートや色鉛筆や、ネットでイメージ写真など探して、楽しく「一年の計」を描いてみようと思います。

まあ、最近は、普段もいつも楽しいので、「何が何でも将来こうしたい」という「こだわり」は全然ないんですが、主催する英語教室兼ワークショップ・ルームの名前にもした「Harmony World」を創るために、私に楽しくできそうなことを、閃くままに書き出してみたいと思います。

私の場合は、いろんな紆余曲折があって、やっと「自分の宇宙は、自分で創ることが出来る」「自分の宇宙を創れるのは、自分しかいない」ということに頭でなく、心で気づけたんですが。(^^;)

みなさんは、どんな一年を創造する予定ですか?

Be happy and make the harmony world!

May the miracle FORCE be with you!!!

(ちなみにスターウォーズep.8では、「FORCEは、両極の中間にあるもの(中庸)」だそうですが。。。すべてをジャッジせずに「ありのまま見ること(正見)が出来れば、宇宙創造のパワーは、きっと絶大になりますね。

※常識の枠を外して超HAPPYになる映画:

※聴くだけで超HAPPYになる音楽:

※常識の枠を外して超HAPPYになる本:

2017年12月23日 (土)

人生の目的や使命と出逢う方法・見分ける方法

20171223_1

主催した「こども英語クリスマスパーティー」の第2回目が本日無事に終了しました。

笑顔で参加してくれた天使ちゃん達とお母さま、お父さま方に感謝です!

20171223_2 20171223_3 20171223_4

数か月前、まったく予想もしなかった有り難い展開で、ご近所にお部屋をお借りして英語教室兼ワークショップルームを主催することになり、今年度中は、不定期のイベントをメインにぼちぼち始めていますが、おかげさまで、毎日、思ってもみなかった充実感に満たされて幸せに過ごさせていただいています。

今、こうなってみて、いろいろ気づいたことがあります。

その中でも、特に、

「①自分が人生の目的(ライフワーク)に沿っている時に、どんな状態になるのか?」

「②普段どんなふうに過ごしていると、人生の目的や自分が本当にやりたいことに出逢えるのか?」

という2点を、自分のためにも書き留めておきたいので、ついでに、以下にシェアしたいと思います。

でも、あくまで、私の個人的な体験と感じ方なので、みなさんに100%当てはまるというわけではないかもしれませんが、「自分探し」をしてる人や「自分が今、人生の目的に沿っているのか判らない」という時の一つの参考にしていただければと思います。

①自分が人生の目的(ライフワーク)に沿っている時に、どんな状態になるのか?

・空腹感を感じない

人生の目的(ライフワーク)に直接沿った時間を過ごしている最中や終わってしばらくの間は、あまり空腹感を感じません。食べることを忘れていてもエネルギーが自然に湧いて元気にすごせます。

・疲れない

これも、よく言われることですが、多少睡眠時間が短くなっても、思ったより長時間やっていても、不思議と疲れません。

・運が良くなる

特に人生の目的と直結したことは、最初、無理だと思ったことも、不思議な偶然でスムーズに進んでしまうことが頻繁に起こります。
また、無理に頑張らなくても、自然と上手くいってしまうことが多くなります。

そして、人生の目的に直接関係がないようなことでも、同様に運がよくなります。

・穏やかな気分が続く

毎日、穏やかな気分で過ごせます。

これは、「ニワトリと卵」の関係のように、どっちが先かというよりも、「穏やかな気分ですごしてるから人生の目的に沿って幸せに過ごせる」ようになり、また「人生の目的に沿ったことをしているから、ますます気分が穏やかになる」の繰り返しかと思います。

・嫌なことが起きない

仮に自分にとって不都合なことが起きても、あまり嫌な気分になることがなくなると同時に、実際に、不運や不都合な出来事が起こることも減ります。これも「ニワトリと卵」の関係と同じだと思います。

②普段どんなふうに過ごしていると、人生の目的や自分が本当にやりたいことに出逢えるのか?」

・自分が嬉しい気持ちになれることをたくさんやる。

たとえ、それが一見無駄なことや、役に立たないことでも、罪悪感を持たずに、少しでも時間があればやる。そして、状況が許す限り、日常的に継続して、満足いくまで徹底的にやる。

ちなみに、アイドルおたくで、引きこもりで、ネットの世界だけで生きてた人が、アイドル関連企画会社にスカウトされて、大活躍&大成功したという話を聞いたこともあります。

・自分の才能を、「自分の好きな形で」人のために使い続ける

自分が得意なことって、自分では気づいてないか、または、その道のプロと比較して「自分が劣っている」と勘違いしてしまうことがあります。

でも、平均より少しでも得意だったら、それは、神様が「世界をよくするために使ってください」と与えてくれた道具です。錆びないように出来るだけ手入れして、世の中や人様のために使っていると、天才でなくても、お金が無くても、ベストなタイミングが来た時に、思ってもみなかった方法で、それをもっと楽しく沢山使うためのチャンスが与えられます。

よく人から褒められることや、子供の頃好きで得意だったことの中に、自分の才能が隠れています。

また、得意なこと(神様からもらった道具)を磨いてる間は、時に、それが辛いと思ったり、もう辞めたいと思ったり、それを「自分の好きじゃない形」で使う試練の期間が与えられたりすることがあります。

もしも、得意なことをしていて辛いと感じるなら、「それをどんな形で使えば自分も楽しめる?」「自分の好きな行為は?」と考えてみるといいかもしれません。

たとえば英語が得意でも、翻訳家、通訳、大人対象の講師、子供対象の講師、教材開発者、言語学者、外資系IT企業のエンジニア、観光ガイド、外国人向け料理講師など色々な選択肢があります。

・無理に「具体的な夢や目標」を設定しなくてもいい

「夢を叶えるためには、具体的なヴィジョンを設定した方がいい」と言われますし、それもある意味本当ですが、それが自然に湧いてこないときに無理に頭で考えなくても、人生の目的に出逢って初めて、それが何だったか解るというパターンもあります

また、具体的な人生の目的はたった一つとも限りません

もし、本当にやりたいことが具体的にわからないなら、とにかく今、気分が良くなる小さなことを、どんどんやって、どこにたどり着くのか、わくわく楽しみにして毎日過ごしましょう!

そうやって楽しい波動を発信していれば、楽しい出来事や物が同調して引き寄せられてきます。

そして、自分が「頭で考えて設定した夢や目標」とは少し違う形だったとしても、実際にやってみたら、ものすごく楽しく充実していることが与えられ、最初に自分が設定した目標に執着は感じなくなります。

まだまだ、いろいろお話したいこともありますが、とりあえず、今日はここまで。

上記に書いたことは、全部私の実体験から感じたことです。

もしも、私と似た人がいらっしゃって、何か一つでも参考になることがあったら、私も嬉しいです。

また、本田健先生のご著書などをお読みになるのも、いいかもしれませんね。

2017年12月19日 (火)

富士山にUFO着陸?!~ ドルフィン先生&秋山佳胤先生コラボ講演会2017

20171219_1

UFOが富士山に到着~っ!!!

これ、12月16日に行われた、松久正(ドルフィン)先生と、秋山佳胤先生のコラボ講演会に向かう当日の朝、新幹線の中から撮影したものです。

さすが、お二人の宇宙人先生の講演会ともなると、宇宙からの応援隊も来ますわ~!

w(゚o゚)w

20171219_2

新幹線の窓から撮影したので、ちょっとブレてますが、実際は、もっとクッキリした形で、一時は、下から真っすぐに降りる蒸気のような霞が白い光のように幻想的に見えて、まさに巨大UFO雲でしたよ~!

今日は、先生方にご了承を得て、講演会のご報告と、先生方のお話から思い出したことや、心に浮かんだことをシェアさせていただきたいと思います。

いつも通り、あくまで「私の個人的な理解」に基づく「私というフィルターを通した」感想や報告ですので、先生方の実際の言葉やニュアンスから離れてしまっていることも多々あると思います。

以下、5項目をそれぞれまとめて書かせていただきますが、腑に落ちない点などは、どうかご自身の直感を大切になさったり、先生方のご著書を実際に読まれることをオススメします。

1.ドルフィン先生による病気治癒や肉体ケイ素化についての情報

ドルフィン先生の診療所では、現代医療で「お手上げ」と言われた患者さんが、短期間で元気になってしまったというケースが数多くあるようです。

当日も、全身に転移した癌が40日ほどで消えてしまった方などいらっしゃっていました。

ドルフィン先生や、小林健先生森美智代先生など代替医療に携わる先生方や、秋山先生などホメオパスの先生の元で難病が改善したり、治癒したりした方は大勢いらっしゃいます。

一応、私も、その一人に入ると思います。
ただ、私が「診療」という形で数回お会いしたことがあるのは小林健先生(1週間のターザンヒーリングキャンプ)森美智代先生(断食合宿2回)だけです。

ドルフィン先生はじめ、上記の先生方がおっしゃるには、病気はメッセージでもあるから、その部分を敵対視して、ただ切ったり、攻撃したりするのは間違いだということです。

体のメッセージに耳を傾け、その病気になった原因を正すことで、病気は自然に消えていくということです。

これには、私も深く共感します。

私も、病気をきっかけに人生を見直せて、本物の人生がスタートし、今はこれまでで一番幸せだと感じてるので、あんまり自分の寿命を心配することもなく、この世界を楽しんでいます。

だから、単に「肉体の病気を治して!」という気持ちが湧かず、先生方の元に通院したことがないのですが、「意識の向上、魂の向上のための健康相談や診療」なら、できれば受けてみたい気持ちになりました。

その結果、ますます肉体も健康になれたら素敵ですし。

でも、ドルフィン先生の診療も秋山先生の健康相談も、「予約待ちが何年?」というくらい、いっぱいみたいですね。残念。

また、ドルフィン先生によると、ケイ素という物質は、唯一その原子構造の中にブラックホールを持つ物質で、今後は炭素ベースでなく、ケイ素ベースの肉体に変換されていくことで、これまでの肉体の制限を超えたことが可能になっていくようです。

実際に、良質のケイ素(シリカ)を摂取することは肉体にとって有効だそうです。

詳しくは、先生のご著書をお読み下さい。

2.秋山先生による宇宙の叡智を日常に生かすヒント

秋山先生の講演会の内容や、ご著書については、すでに何度かご紹介させていただいてますが、先生のお話は、本当に何度聞いても聞き飽きないです。

そして、日常に実際に生かせるヒントがいっぱい!

先生は、よく「まずは、人のことより自分自身を幸せにしてください。みんながそうすれば、たちまち世界中の人が幸せになります。」というようなことをおっしゃてますが、これは深いメッセージですね。

人は、物理的にも精神的にも自分が持っているものしか人に与えられませんしね。

まずは、自分が「幸せな心の状態」になりましょう!

また、今回、印象に残ったのは、先生が9月に、砂浴をなさった時の体験。

先生は、その時、砂浴という物理的な状況をきっかけに、肉体の無い意識だけの状態や至福感を味わったり、空に浮かぶ雲の変化からも、様々な気づきを得られたそうです。

実は、私も、今年の夏に初めて砂浴をし、同じような感覚を覚えたので、(先生とは感覚の深さが全然違うのかもしれないけど)私なりに、とても共感できました。

砂って、予想以上に重いので、埋まってると身動きが取れず、体が無くなったような錯覚に陥るんですよね。そして、意識だけがあって、その意識も、だんだん瞑想状態のように静かに広がっていく。

私事ですが、子供の頃のある日、家でイライラや悲しみを感じて外に出かけ、誰もいない滑り台の上で寝転がって、ゆっくり変化する雲を眺めていたら、体がなくなって、意識が広がっていき、体に戻った時には、すべてのネガティブ感情がすっかり消えてしまっていて驚いた経験があります。

私にとっては、砂浴も、その時の感覚と似た感じです。

また、しばらく目を閉じて開けたときには、目に映る雲の様子が短時間でも全然変わっている不思議。

先生のお話とはちょっと違いますが、2年前の夏のブログにも、雲の変化を見て感じたこと書きましたので、もしよかったら。→心配せずとも全て変わりゆく

秋山先生のお話は、日常生活が、すご~く楽になる内容が多いので、ぜひ先生のご著書をお読みください。(→「愛と喜びの本質」を生きるための最も易しいガイドブック~秋山佳胤先生の本

3.秋山先生とあきよしまりこ先生のコラボ演奏

秋山先生ヒーリングライアー奏者まりこ先生の生演奏は、本当に素晴らしく、美しい音の波動を全身で浴びることで、脳波も体中の細胞の振動数も調整されました。

生演奏では、CDなどの録音とは違い、耳に聞こえない周波数も体で浴びることになるため、癒しの効果が絶大だといつも感じます。

細胞などすべての物質は、独自の周波数を持って振動していますし、病気など不調のある部分では、その周波数が乱れていますので、音による癒しの効果は、科学的にも認められてきています。

シンギング・リンの放つ全倍音効果や、ライアーの高い周波数、何よりそれを奏でる先生方の高い周波数を浴びる癒し効果は、一度体験すれば、誰もが納得できると思います。

4.ドルフィン先生のワークで宇宙体験! 

生演奏で、すっかり脳波も整った後は、ドルフィン先生による肉体を消し(肉体感覚をなくし)、意識だけの状態になって宇宙と一体になる瞑想ワーク。

演奏後の効果と、ドルフィン先生の誘導効果で、一般に「無」の状態と言われるような状態に入る体験が容易に出来ました。

ドルフィン先生は、「宇宙には、自分しか存在しない」と仰っています。

自分というシャボン玉のような宇宙と他者のシャボン玉がある部分で交わることもあるけど、基本的には、自分の見ている世界は人の見ている世界とは別のものなのだそうです。

量子力学でも、「物質は、私たちが意識している間しか存在していない」と言われているそうです。

確実に固形で存在するように見えるすべての物質も、実は、隙間だらけの量子のつぶつぶで、私たちの(潜在)意識が見せているイリュージョンのようなものですね。

言葉にすると、ちょっと難しいですが、先生の最近のご著書を読むと解りやすいかもしれません。

特に『ワクワクからぷあぷあへ』は、平易な文章で深い内容なのでお勧めです。

5.私にとっての、この講演会の最重要ポイント

①ドルフィン先生の「起こること全てがお喜び様」という生き方(在り方)の大切さ

②秋山先生の「何事も良い・悪いとジャッジしない」という生き方(在り方)の大切さ

③自分の宇宙を創るのは他でもない自分自身だということ。

最初の2点は、究極のところ同じ内容だと思いますが、お二人の先生のように、いつもこうした在り方でいられたら、世の中の問題も自分の悩みも、全て解決します!

とは言っても、普通はそんなに簡単なことじゃないかもしれませんし。。。

実際、私も、一般で言う様々な困難(今では、それを宝物だと感じて感謝してますが)に見舞われた後、秋山先生の講演会に初めて参加してから、人生が好転し始め、他にもいろいろな素晴らしい先生方にお目にかかり、やっと少しずつ少しずつ上記のような心境に近づいてるところです。

これを読んでくださってる方の多くは、既に私以上に毎日幸せを感じてらっしゃるかもしれませんし、

逆に「無理してるんじゃない?」と胡散臭く感じられる方もいるかもしれませんが、どう感じてもOKだし、毎日をどんな風に感じながら生きても個人の自由だということを踏まえた上で、ご興味があれば、私の最近の心境をシェアさせていただきます。

毎日24時間しあわせな理由 ~すべてがうれしい~  

<おまけ>

チタンのディジュリドゥを持つ、ジェダイマスター・サンタの秋山先生
  ↓

20171219_3

ドルフィン先生とのツーショットはメガネ兄弟?!(笑)

私が眉毛描いてアイメイクしてたら、もっと似てたかも?

 ↓
20171219_4

それから、司会をしてくださってた「おさない」さんという女性の方が、日本人には珍しい大人の雰囲気の明るく知的な美女で、ソフィア・ローレンとか、かっこいいイタリア女性っぽい(?)イメージでした。

2017年11月13日 (月)

『あなたを抱きしめる日まで』~神様の目で自分を見よう!正しさより愛を!

20171113_2以前、「 正義に燃える悪い人たち」という副題で、『ノートルダムの鐘』や『ショコラ』という映画について書かせていただきました。

そして、「正しくないけど愛のある人」という副題で『ペーパームーン』というラブリーな映画についても書きました。

今日は、同じテーマが含まれる「実話」をもとにした映画のご紹介です。

(今月18日まで、あと4日間は、GYAO!で無料で観れます ので、ぜひオススメです!
→https://gyao.yahoo.co.jp/p/00908/v13828/)

よく「迷ったら、正しい方より楽しい方を選びなさい」と、スピリチュアルな教えなんかでも言われますが。。。

極端に「正しさ(=正しいという思いこみ)」を追求すると、「間違い(=愛の無い行為)」に行き着くことも多く、危険だと思います。

私の尊敬する秋山佳胤先生も、闘わない弁護士として、「何事もジャッジをしない」という姿勢を貫き通してらっしゃいます。
(先生の場合、自然にそういう在り方でいらっしゃるだけなのですが。)

じゃあ、なぜ正しさの追求が間違いを起こすのか?

『あなたを抱きしめる日まで』は、それが具体的にわかるだけでなく、一見重そうなテーマなのに、笑いあり涙ありで、心も温まり、ミステリーのように徐々に謎が解けるストーリー展開にも引き込まれてしまう作品です。

これが実話だと思うと、最後まで見たときに、「人間って、すごく愚かで弱くもなれるけど、すごく賢く強くもなれるんだ」とあらためて感じますし、「強くなる道は、愛の道だ」と、当たり前なことを思い出します。

極端ではなくても、日常で、つい正しい方を選んでしまう時、

もしもその時に心の奥で「我慢」とか「ちょっと息苦しい」という微かな声が聞こえたら(つまり、選択した時に心から嬉しい気持ちが湧いてこなかったら)、

その「正しさ」は、自分の思い込みにすぎず、「愛の無い正しさ」なのかもしれませんね。

(私も、昔は、もっと真面目だったので、そうやって苦しい選択をたくさんしてたな~。あぶない、あぶない。(・_・;))

あと、もしも「正しい」人に、「あなたは間違っている」とか、「劣っている」という意味のことを言われても、それは真実とは関係ありませんので、気にせず、まず自分に愛をあげましょうね!

まずは、神様の目で「自分」を見て、神様のように「自分」を愛しましょう!!!

2017年10月10日 (火)

エンジェルナンバーとハロウィーンの準備

20171010_1_2

ふとした瞬間に目に留まった数字がゾロ目ばかり続いたり、同じ数字ばかり連続で見たりすることってありますよね?

これまで、そんな時も、特に数字の意味を調べたことがなかったんですが。。。

昨日は、2車線の道路で目の前を走る車のナンバーが2台とも「・555」だったのが、なんだか気になって。。。

(「5555」じゃなくて、なぜか「・555」というのも、面白いシンクロだなぁと思って。)

「その数字に意味あるのかな?」とネット検索してみました。

そしたら、数字の意味の解説のサイトに出逢いました。

そこには、ただ「5」の意味だけじゃなく、「55」とか「555」とか「5555」などの桁数の違いまで書いてありました。

(参照:Timeless Edition エンジェルナンバーとは?一覧をチェック!|天使の数字の意味とメッセージ

そこに書いてあった3桁「555」の意味は

「一生を通じての大きな変化が訪れています。準備期間を終え、スピリチュアルな存在としてあなたの真に値する素晴らしい人生の扉を開ける時です。」

「555は重大な人生の変化が差し迫っていることを示します。あなたの人生の本当の目的と道筋があなたを待っています。」

でした。

そして、「555」には、「6」の意味も含まれていて、それには、「お金などの心配をしないで、無私無欲の奉仕をする」とか「教えること」「子供」「美」「芸術」「音楽」「地域貢献」などの意味があるとのこと。

実は、今、上記の全てに納得できる状況なので、びっくりしながらも、自然に受け止められます。

昨日「・555」ナンバーの車を2台も一度に見たのは、今月末に予定しているハロウィーンパーティーなどのための、どんぐりを拾いに行った帰り道。

つい2か月ほど前に、ご近所の車屋さんから、私が英語教室やいろんなワークショップが出来るようにと、お部屋を改装して、良心的な形で貸してくださるという、奇跡的にありがたいご提案をいただき、まずは子供のための英語のハロウィーンパーティーをすることにしたんです。

一昨年、思わぬ病気が発覚して、しばらく休職し、人生を見つめ直さざるを得ない状況を経験して。。。

どんどん怖い物がなくなって。。。

「ひょっとして人から見たら、結構崖っぷち?」
という状況でも、なぜか以前より、毎日幸せを感じながら過ごしていた矢先。。。

そんな私の状況を、どこまでご存知なのか、「これまでの経験や能力を生かして、地域に貢献し、またemiちゃんがそれに見合った生活をして欲しい。」とまで仰ってくださって、とてもありがたいご提案をいただいたのです。

つい数か月前までは、考えてもみなかった人生の急展開で、(現在は、毎日、早朝出勤の仕事もしているため)、準備に大忙しなんですが、予想以上に、その準備が楽しくて楽しくて。。。

体力的に疲れることはあるものの、心は喜びいっぱいに準備に没頭しています。

教材や教具などは、購入するだけじゃなく、友人やご近所の方々から廃材や使わなくなった用品などを分けていただいて、毎日手作りもしてます。

(カナダ在住で素敵なニット帽の会社を営んでらっしゃるデザイナーのKyokoさんからは、ハギレや毛糸など、20年以上、姉のように私とお付き合いしてくれているSさんからは、教材に使える玩具や飾りなど、いつもあたたかく見守ってくれるMさん他ご近所の皆さんからは、文房具やペットボトルや牛乳パックなどご寄付いただき、おかげさまで、教室を始められるだけの教材が揃ってきました。心から感謝しています。ありがとうございます。

・ちょうど良い大きさの穴の開いた容器に、かぼちゃとお化けを付けて、食べ物の絵を付けたペットボトルキャップを入れるゲーム用。(後で、カボチャやお化けをカワイイ動物さんに変更予定。)

20171010_2

・ペットボトルキャップには、中に磁石を入れて、くっつくバージョンの玩具も。

20171010_22

・自分と同じ絵を持ったお友達を見つけたりする絵合わせゲームは、ハロウィーンバージョンをこの他にも沢山作りました。

20171010_3

・裏にマグネットシールをつけた、かぼちゃを数える歌遊び用。

20171010_4

・ 牛乳パックで作ったキューブは、同じ仲間の絵を見つけたり、ストーリーを作ったり。

20171010_5

フェルトのパズルは、想像力を養いながら色や形の名前を覚えるのに使ったり。。。

20171010_6

この他にも、大物も含め、まだまだ製作中です。

ちなみに、ハロウィーンパーティーは、以下ですが、幼児の部は、現在キャンセル待ちで、お友達同士5名以上でのご希望があれば、別日を設定します。小学生の部(14:00~15:00)は、まだ募集中です。

(お問い合わせは、右上のメールリンクから。)

20171010_7

2017年8月15日 (火)

ターザンヒーリングキャンプ2017

20170815_1

お待たせしました。

先日、参加したターザン・ヒーリング・キャンプのご報告です。

このキャンプの主催者は、世界的マスターヒーラーの小林健先生(Ph.D)です。

ご存知の方も多いと思いますが、健先生は50年以上のドクターの経験があり、5度の臨死体験をされ、現在は77歳ですが、どう見ても50歳代にしか見えません

実際に肉体年齢を検査しても50歳代とのことです。

そして、これまで多くの重病と言われる患者さんを治し、自らも50歳の時に患ったステージ4のリンパ癌を、西洋医学の一般治療をせずに克服なさっています。

そして、お人柄は、フレンドリーで、明るくって、優しく、とってもチャーミング。

ターザン・ヒーリング・キャンプとは、そんな頼もしい健先生と共に、1週間、ニューヨーク郊外のキャッツキル山の大自然の中で、先生の診断や治療などを受けながら、人間本来の自然治癒力や、ヒーリング能力を、楽しく呼び戻すリトリート・キャンプです。

健先生のお話の内容や、他の方の写った写真などは、ここには掲載できませんが、以下に、簡単なキャンプの様子をお伝えしますね。

~キャッツキルの自然~

20170815_2_2

キャッツキル山の自然の美しさとパワーは、素晴らしかったです!

上の写真の川のそばにキャンプしていましたが、私たちは、いつも、この川のお水を直接、手ですくって飲んでました

また、山の上の方にも、奇跡の湧き水を飲みに行きました。

自生してるブラックベリーや、健先生が完全自然栽培で育てているブルーベリーなども、摘んでそのまま口に運んでいました

お水やベリーを通して、まさに自然の命のパワーをいただいていたんです!

20170815_3

↑私は、右手に少し見えてるバンガローに宿泊。

建物の自然な木の香りが、眠っている間も癒してくれました。

~ヒーリング・アクティビティー~

滞在中は、健先生の指導の下、いろんなヒーリング・アクティビティーをしました。

森の中で木をハグしたり。。。

20170815_4_2

聖なる川(?)で沐浴したり。。。

(水がとっても冷たかったけど、すごく気持ちよかった!)

20170815_5_3

他にも、導引光エクササイズや、ヨガ、川や岩と一体になる行などしました。

また、夜はみんなで焚火を囲んで、健先生とのんびりお話ししたり、民族楽器の太鼓や、シンギングボウルなど奏でてみたり。。。

ちなみに焚火用の木材も、キャンプしてる森の中で拾ってきたものです。

自然の中に、何でも必要なものがそろってます

~動物さん達にも癒されて~

20170815_6

健先生が、シェルターから引き取った動物さん達の中には、病気だった子もいたそうですが、健先生に引き取られてからは、とっても元気になったそうです。

うさぎさん、鶏さん、羊さん、牛さん、お馬さん、ロバさん、ブタさん。。。

そして、健先生のおうちに住んでるワンちゃんたちも、みんな本当に立派なヒーラーさん達です。

~超ヘルシーで、おしゃれな少食~

20170815_7

滞在中の食事は、健先生の指導に基づいた、本当に健康的な少食

そして、一般の物とは質が違う漢方薬なども処方されます。

食事は、昼と夜の2食で、お昼はサラダ系が多く、夕食には玄米ごはんなども少量ありました。

毎食、素材の味が生かされ、栄養的にも考え抜かれた美味しいお料理が、奥様やスタッフの方のセンスで、とーってもオシャレに盛り付けられていました。

最後の夕食は、近づいていた健先生のお誕生日をお祝いするパーティーとなりました!

身近な森の植物で飾られた玄米寿司のバースデーケーキのセンスには脱帽!

20170815_8

~まとめ~

前回の記事にも書きましたが、このキャンプで実感できたことは、

「人間が欲張らなければ、自然は生きるのに必要な物を何でも与えてくれる」

そして、

「人間が環境を汚さなければ、本来、病気なんてなくて、誰もが健康に生きられる」

つまり、

「化学汚染の無い新鮮な食べ物とキレイな空気と水があれば、かなり少食でも元気に山を登れるほどパワーがみなぎり、病気にもなりようがない! もしも、なっても、自然治癒力で克服できる」

ということです。

ちなみに、キャンプ地では自然保護のため、石鹸類は一切使っていませんが、川のお水だけで洗って陰干しした生乾きのタオルも臭くならなかったんですよね。

きっと有用微生物さん達のお陰で、悪い雑菌が繁殖しにくい環境なんだと思います。

帰国した今、身の回りから、そして日本の環境を、もっと美しく改善していきたいと強く思います。

2017年7月22日 (土)

「愛と喜びの本質」を生きるための最も易しいガイドブック~秋山佳胤先生の本

20170722_1

前回の記事で、ジャスムヒーンさんオススメのアニータさんの本をご紹介させていただきましたが。。。

その時、文中で合わせて読まれることをオススメした本が、秋山佳胤先生のご著書です。

秋山先生の本は、どれもシンプルで読みやすい文体で書かれているため、硬い文章や活字が苦手な人でも、楽に読むことができると思います。

そして、易しく読めるのにも関わらず、

「私たちの本質である愛と光を生きること」を可能にするための強力なガイドブックとなってくれます!

個人的には、「これほど軽くスムーズに読めて、内容が深い本も珍しい」と感じています。

そのため、秋山先生の本は、本当にどれも全てお勧めですが、

どれから読んだらいいか迷っている方のために、(あくまで私の独断と偏見ですが)以下に、各著書のおすすめポイントをご紹介します。

もしも、どなたかの本選びのお役に立ち、秋山先生の言葉から、少しでも楽に「愛と喜びの本質」を生きる方法が伝われば、私も、この宇宙に生きる同胞として嬉しいです。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::

① 『しない生き方 「食べない」生活で気づいたこと』 

ひとこと紹介:具体的な人生ガイド

『いいかげん人生術』とともに、具体的な人生の局面をどう考え、どう対処したらいいか教えてくれる本です。

人生の様々な分野にわたり、具体的な答えが得られるため、心軽やかに、「真に幸せな人生を送るためのガイドブック」となり、「幸せの辞書」ともなる一冊です。

本来は、難しい禅的(と私が感じる)叡智も、秋山先生の言葉で易しくわかりやすく語られています。

禅的なんて書くと、堅苦しい印象を受ける方もいるかもしれませんが、実は、本来は魂を自由に解き放ち至福に至る道だったことも、私の場合は、この本から感じます。

現在、悩みや、ストレスを抱えてる人にもオススメです。

2017年7月時点での最新刊で、初版は発売と同時に完売してしまいましたが、すぐに増刷が決定されました。

② 『秋山佳胤のいいかげん人生術』 

ひとこと紹介:ミラクル・ヒーリング・ツール!

読むと、魂がより自由に羽ばたきます。

いつ読み返しても、瞬時にスーパーハッピーな気持ちになれて、具体例から、重要な豆知識まで盛りだくさんの内容が詰まったミラクルブックです! 

ジャスムヒーンさんのワークショップでも教えてもらえたような情報の一部が、秋山先生の言葉で、より解りやすく語られている部分も、他の本より多い気がします。

何かの選択に迷った時に自分の魂の答えを聞くための明確な方法なども書かれています

この本には、先生に直筆でサインをいただいてることもあって、本から出てるパワーも強力なので、肌身離したくない私の宝物。

③ 『誰とも争わない生き方 人生にも魂にも善悪はない』

ひとこと紹介:基本のバイブル

秋山先生が、右脳と左脳とのバランスが絶妙でいらっしゃることが解ります。

初めて秋山先生の本を読まれる方や、「不食」や「スピリチュアル」に惹かれつつも、怪しい気もして、今一歩踏み出せない方にもオススメ!

秋山先生の深い悟りや、人間性と神性、心のあたたかさが伝わってきます。

私にとっては、いつでも初心に戻るためのバイブルです。

④ 『不食という生き方』 

ひとこと紹介:プラーナライフ全般のまとめ

不食ということが実際に可能であることが解りやすく伝わってくるとともに、先生が「不食」という生き方をなさって見えてきたことや得たもの、「不食」という人生がどんなことなのかが、とてもシンプルにまとめられています。

「不食」そのものを目指すことよりも、その背後にある、より大切なことが理解できる一冊です。

  『食べない人たち』『食べない人たち ビヨンド』 

ひとこと紹介:楽しい不食入門書

特に、「不食」という点に興味がある方の必読書です。

これを読むと、不食の楽しさや希望が、とてもよく伝わってきます。

不食に興味があるけど、いきなりジャスムヒーンさんの著書を読むのはハードルが高く感じる人には、最適な本じゃないでしょうか?

秋山先生だけでなく、森美智代先生と山田鷹夫さんの共著で、3方向からの視点で不食が語られている、とても面白く楽しめる本です。

:::::::::::::::::::::::::

余談ですが、普段オーラが見えない人でも、秋山先生からは、実際にお目にかかって白い光のオーラを感じたという方が大勢いらっしゃいますが。。。

ジャスムヒーンさんのワークショップで秋山先生と写真を撮っていただいた時に、なぜか特別なモード設定をしてないのに、最初の2枚が、白い霞のかかったように写りました。

レンズが曇ってると思った私は、その時点で、物質世界にバリバリにフォーカスしてしまい、3枚目を撮り直していただいたら、やっと普通っぽい写真になりましたが。。。

先生は、指を閉じた状態(エネルギーが分散せずストレートに伝わる?)で、カメラに手の平も向けてらっしゃいます。

レンズの曇りだなんて、ひょっとして、私の考えは、とても浅はかだった?

20170722_2

 

 

 

 

より以前の記事一覧

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
無料ブログはココログ