心のお話

2017年2月12日 (日)

結成決定!ワンドロップ聖歌隊名古屋支部

20170212_1

昨日行われたワンドロップ聖歌隊名古屋支部のカンファレンス、盛り上がりました~!

「ワンネス」の愛と調和の道を選び、「いのちの喜び」を伝えるという志を持った仲間が集合!

これからは、名古屋でも、楽しく、笑いと感動の練習がスタートします!

東京のメンバーによると、ワンドロップの歌を歌うたびに、心洗われ、魂も輝くように元気になり、いろんな奇跡も起こるようになって、練習の場は、いつも笑いと感動があるそうです。

現場に駆けつけてくださった秋山佳胤先生も、主催者の清水浦安先生や愛宕なみさんも、おっしゃってましたが。。。

ワンドロップ聖歌隊員に求められることは、歌の上手下手でなく、

「仲間と心を合わせること」、
「楽しく参加する心」、
「愛と調和を選ぶこと」、
「地球を素敵な場所にしたいという思い」、

そして、
「誰もが魂の中に神様の愛の光(ワンドロップ)を持ってる素晴らしい存在なんだと伝えたい気持ち」

など。

20170212_2

(↑ライアーとシンギングリンで盛り上げてくださる秋山先生&息子さん。)

来月から月2回の練習が始まり、今年の12月24日に埼玉で、本番のコンサートを行います!

詳しくは、こちら→歌でつながる!~ワンドロップ聖歌隊名古屋支部結成!

昨日の説明会には参加できなかったけど、興味があるという方は、まだまだ参加可能ですので、以下に連絡してくださいね!

お待ちしてまーす!!!

20170212_3

お申込み・お問い合わせ 
080‐3601‐1375  
※ 愛宕(あたご)様へ、お申し込みお願いします。

 

2017年2月 6日 (月)

遊び心を取り戻す~エンジェルさん達との5日間

20170206

年末年始に参加した「あわあわ断食合宿」の可否の診察に森美智代先生の鍼灸院にお伺いした時に私がいただいた、処方箋と口頭でのアドバイスは。。。

「無理せず、毎日を楽しみましょう! また来院する時には、ここでエンジェルさん達と楽しく遊ぶ気持ちで来なさいね。」というものでした。

これは決して自慢ではありませんよ

これまで健康を過信したり、変な頑張りで隠れストレス(宇宙との不調和)を溜めてしまったりして、一昨年、体を壊した私は、こういう処方箋をいただいたからと言って、「あなたは完全に健康です」という意味ではないのです

確かに、通常は食事指導や必要な体操と回数などが処方されるそうで、珍しい処方箋だとのことですが。。。

私の場合、食事は、元からベジタリアンで、ここ一年以上は一日2食の玄米菜食を心から楽しんでいるので、たまたま食べてはいけないものを、最初から食べてないというだけのことですし。。。

体操は、「細かく指導すると無理するか、逆にやれないかも?」と思われたのかもしれません。

そして、きっと今の私の一番の課題は「固い頭を柔らかくして、何事にも善悪のジャッジをしない」ってことなんじゃないかと思います。(尊敬する森先生や秋山佳胤先生を見習って。)

そんなことを思っていた矢先、たまたまホスティング・エンジェルのお誘いをいただきました。

これ、以前の私だったら、以下のように考えてお断りしてたかもしれません。

「なんだかチェーンメールみたいなことで、大天使様のような高次の存在を呼ぶのは変?」

「どんなに意識の高い願い事でも、それを叶えて欲しいという煩悩に反応した未浄化霊が寄ってきてしまうんじゃない?」

「仕事や家族の関係で、ルール通りにやるのが無理。」 

「そんなことしなくても、毎日を平和な心で愛をこめて過ごすことが、何より神様や天使様と共に過ごすことではないか。」  などなど。

今でも、基本的な考え自体は変わってないのですが。。。

今回の私は思ったんです。

「そんなに、深刻に考えることなの?」

「神様や天使様は、厳格な重い波動じゃなくて、愛と喜びに満ちた軽い波動だよね。」

「神様や、天使さんたちは、遊び心いっぱいの、楽しい、嬉しい、感謝の心を何より喜んでくださるはず!」

「どんな行動も、すべては、それをする人の動機や心の状態次第じゃないの?」

「これをきっかけに、神様や天使さん達が来てくれるのに相応しいお部屋環境を見直そう!」

「ルール通りにできないことを咎めるのは、低級な存在だけ。」

そして、5大天使様たちに楽しいゲームに付き合っていただく気持ちで、ルールも無理の無い程度に変更して、この5日間過ごしてみたのです。

今は、「未熟な私でも、大きな存在に見守られて生かされている有難さ」を感じて、むしろ、もっと神聖な気持ちで参加すればよかったとも感じています。

余談ですが、いつも愛に溢れ、オシャレでセンス良く、自由な心を持った素敵な知人が、なんと、私と同じ日程で、ホスティング・エンジェルをしていたのも偶然(必然?)Facebookで知り、その方が、私より、きちんとやってらっしゃるのを知って、ちょっと反省もしました。

また、遊び心を取り入れ、何事も深刻にならずに無邪気に楽しむことが、いかに大切か実感できた私にとっては学びある5日間でした~。

※ちなみに、ホスティング・エンジェルとは、5人の大天使様を5日間家に迎えるというもので、トップの写真のように、白いお花、キャンドル、りんご、封筒に入れた願い事の紙(①地球のため、②家族のため、③自分のための3つの願い事を書く)を用意します。

私は、ネーミングに惹かれ、「星の金貨」という品種の青りんごを選びました♪

2017年1月28日 (土)

5次元的しあわせな休日

20170128_1

暖かく晴れた今日は、のんびりと理想的な休日が過ごせました~。

まずは、朝起きてすぐに甲田療法の一つ「裸療法」と体操した後は、無農薬野菜でグリーンスムージー(青泥)を作って、ゆっくりゴクゴク。

20170128_2_2

それから、よく行く大きめの公園でウォーキングや散歩

この公園は、自然もいっぱいあるし、(本来は高齢者向けの)木製の筋トレ器具も設置されているので、散歩、ウォーキング、瞑想、簡単な筋トレ、ピクニック、読書と、いろいろ楽しめます。

まだ残ってるロウバイが、とってもいい香りを放ってました。

20170128_3

香りに酔いしれてたら、まだキレイな花が一つぽとんと落ちたので、精霊さんからの贈り物と受け取って、しばらく手のひらに乗せて瞑想。

20170128_4

公園内の事務所のある小さな建物では、今、ステンドグラス展をやっていました。

いいお天気なので、一面に貼られたステンドグラスを通った日差しで、いつもの建物が幻想的な雰囲気になってました。

20170128_5

家に帰った後は、水に浸して発芽させた玄米を生のままミキサーで粗いクリーム状にして、藻塩を少々入れたお昼ごはん

火は通さず、生のままいただきました。

粒々感が残ってるので、よく噛みながら食べると、玄米の甘みがとってもおいしく感じます。

20170128_6

午後は、ひなたの窓辺で、チクチク針しごと。

最近、手縫いのリメイクにハマッていて、古くなったコットン100%の洋服で冷え取りパッドや、小豆カイロなどを作ってます。

20170128_7

無心に運針!

無心に手を動かす作業って、心休まります。

針仕事の後は、近所のスーパー銭湯へGO!

針仕事で、ちょっと固まった筋肉をジェットバスでほぐし、最後に甲田療法の「温冷浴」をしてきました。

以前は、冷たい水に入るのは苦手で避けてた水風呂だけど、一度入ってみると、後から体がポカポカするし、意外に冷たさも気持ちよくて、やみつきになります!

そして、帰宅後は、生菜食の夕ごはん

20170128_8

実は、先日、発芽させるために水に浸しておいた玄米を衝動的に食べてしまって以来、生の玄米&雑穀にハマッています。

最近、炊いた玄米ごはんが、ちょっと重いと感じることがあるんですが、生だと酵素や有用菌が生きてるためか、そういう重さを全然感じないんです。

炊いたご飯を食べて、別に酵素を飲むとかよりも、そのまま生の方が、胃腸が楽ちん。

森美智代先生によると、生菜食はいきなりせずに、始めるときもやめる時も、準備食として「玄米クリーム食」を一定期間続けないといけないそうなのですが、今のところは問題ない感じです。

でも、今後、加熱食を食べ始める場合は、玄米クリームや、玄米粥をミキサーでクリーム状にしたものを食べようと思います。

ちなみに写真のメニューは、生の発芽玄米、おろしニンジン、大根おろし、山芋おろし、手作りザル豆腐、生のトルコ産のオーガニック松の実5粒、藻塩、昆布の粉、オーガニック黒ねりごまです。(お豆腐と練りごまは、生じゃないです。)

このブログを書き終わったら、甲田式の体操を少しやってから、瞑想して寝ます。

タイトルに「5次元的」とあるのですが、私には、5次元って無機質な未来的イメージじゃなく、自然と調和した原初的なイメージなんです。

これから、ますます宇宙と調和したシンプル&ナチュラルな5次元ライフを、軽やかに、楽しみたいな~と思っている今日この頃です。

2017年1月23日 (月)

新しい時代の楽しい波乗り法~はせくらみゆき先生のメッセージ

20170123_1

週末、はせくらみゆき先生の新春講演会(東京会場)に参加させていただきました~!

来週末には、大阪会場での講演会&セミナーも行われますし、近々ご出版予定のご著書もあるそうですので、ネタバレしないよう、詳しい内容はお伝えできませんが、素敵なお話だったので、感想だけでもお伝えしたいと思います。

また、現在販売されているトップの写真の「プラーナライフ入門DVD」や、先生がお使いになってる不思議なお水「始源水」についても、お伝えしま~す!

講演会は、以下のように充実のテーマ盛り沢山でしたが、短時間で全ての内容を伝えてくださって、先生がおっしゃるように、「絶対的で固定的な時間というものは無い」と実感できました。

時間は伸び縮みするというか、もともと「時間」なんて物質世界にしか無いんですよね。

~今回の講演会のテーマ~

・先生が昨年末に大阪の枚岡神社のお笑い神事で「アマテラス」役をなさった時に得た神秘的な情報

・今年(2017年)の過ごし方

・高次元の視点で見た今後の長寿社会を生き抜くヒント

・プラーナ摂取について

・お金に対する、まったく新しい見方、高次元的な視点でのお金の取り扱い方 など

特に、お金についてのお話は新鮮でした。

私も、これまで、このブログの「しあわせ☆プチ貧乏暮らし」カテゴリーで、「お金の執着から自由になること」や、「お金を投票権と考えて、生き残って欲しい会社や応援したい人の商品などに票を投じるつもりでお金を払うこと」「お金のない社会の可能性」などをテーマに書いてきましたが、今回のみゆき先生のメッセージは、目からウロコでした。

この詳しい内容について、今度新しく出版されるご著書があるそうです。

これからの金融社会やお金の不安がある方は、必読ですね!

ところで、はせくら先生が昨年末に主催なさった「プラーナライフ・サミット」講演のダイジェストと、詳しいプラーナの説明や、プラーナ摂取を高めるためにも有効な森美智代先生の甲田療法の体操の仕方などが収録された充実のDVDも販売されています。

プラーナ摂取率をUPして、5次元ボディー&5次元ライフを目指している方には、オススメです。

DVD説明と購入先:実践プラーナライフ入門DVD
            (http://hasekura-miyuki.com/1992) 

ところで、今回は、以前から気になっていた「始源水」を思い切って奮発して購入させていただきました。

20170123_2

これは、「フムス」という天然物質が含まれた「魔法の水」だそうです。

「フムス」とは、白亜紀(約6000万年前~1億年前)に堆積した腐植泥・腐植土だそうで、古代植物が地殻変動による加圧・減圧を受け、微生物の働きによる分解、発酵、再合成のサイクルを経てできた、多種の糖類、アミノ酸、ビタミン、カルボン酸化鉄、マグネシウム、カルシウムなどのミネラルを含む抗酸化物質だそうです。

はせくら先生は、これを使い始めて、肩こり、疲れ目、息子さんのアレルギー、ご両親の膝痛、抜け毛なども改善されたそうで、なんとか商品化して、必要な人に届けたいと思ったのだそうです。

「始源水」も、はせくら先生の公式サイトからも購入できますし、以下にメールしてもOKなようです。

購入先サイト:母なる地球の贈りもの始源水について
     (http://hasekura-miyuki.com/%e5%a7%8b%e6%ba%90%e6%b0%b4%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6

20170123_3

最後に、はせくら先生からの大切なメッセージをお伝えさせていただくと。。。

「愛」を持って生きるのは、確かにとても重要なことだけど、 「さあ、愛に生きるぞ!」ではなく、まずは「楽しい」と心から思うことをやることが重要だそうです。

楽しみながら愛を持つことで、いっきに波動UPするそうです!

確かに、私も、自己犠牲精神で「人様のため」って自分が我慢してる時って、本当はそれは愛じゃなくてエゴだと思います。

本当の愛なら、自己犠牲とか思わないし、苦しくもなく、ただ無心だったり、喜びで、それをやってるはず。

だから、いい人になろうとか、優れた人になろうとせずに、どんどん自分が楽しめることをやりたいな~と思います!

2017年1月18日 (水)

歌でつながる!~ワンドロップ聖歌隊名古屋支部結成!

20170118

名古屋地区にお住いの歌好きのみなさん!

愛と調和の弁護士秋山佳胤先生も支援してくださっている「ワンドロップ聖歌隊」が、とうとう中部地区でも結成されます!

歌の上手下手は関係ありません。

楽しく歌って、波動UPshineupwardrightshine

次元上昇shineupwardrightshine

この地球を、もっともっと楽しみ、素敵な場所にしましょ~!

・・・と、いきなり言われても、ワケが分からない方のために、以下に簡単な説明をします。

「ワンドロップ」って?

誰の中にも、ひとしずく(One drop)宿る宇宙の創造主(神様、根源の愛のエネルギー)のことです。

どんな曲を歌うの?

「ワンドロップ-今、約束の地球(ほし)、約束の時代(とき)」という歌です。

「神様や、幸せを外に求めなくても、それは自分の内側にすでに持っている」ということを伝える曲です。

ワンドロップ聖歌隊で何するの?

1か月に2回ほど(土日、祝日)集まって、合唱の練習をします。

上記の曲を、今年(2017年)12月24日に、埼玉で、交響曲としてオーケストラとともに歌うコンサートに向けて、今年度の練習を3月からスタートします。

その時の舞台衣装は、着るだけでパワーUPする「うさと服」です!

宗教団体ですか?

違います。

それよりも、「ヨガ」的な価値観です。

特定の宗教や国境など人間の作った枠や固定観念を超え、物質やお金だけを重視する価値観も超え、楽しく幸せに、宇宙の愛の波動と調和した生き方をしたい仲間を募集しています。

少しでも、ご興味のある方、または秋山先生ファンの方は、以下の無料説明会に参加しましょう!

なんと!
説明会当日は秋山佳胤先生も来てくださいます!!!!!
(先生のロータス・コーヒーも淹れてくださるそうですよ! それをいただくだけでも波動UPしちゃいます!)

楽しく歌って、地球をもっともっと素敵な場所にしたい方、みんなでつながりましょう!

~ワンドロップ聖歌隊 名古屋・中部地区支部結成カンファレンス~

日 時:2017年2月11日(土) 13:30~
参加費:無料(要予約)
...
場 所:中生涯学習センター 視聴覚室
(名古屋市中区橘一丁目7-11)
•地下鉄「上前津」下車6番出口より南へ約250m

お申込み・お問い合わせ 
080‐3601‐1375  
※ 愛宕(あたご)様へ、お申し込みお願いします。


詳しくは、Facebookイベントページもご覧ください。
  ↓ ↓
~ワンドロップ聖歌隊 名古屋・中部地区結成カンファレンス~

2016年12月29日 (木)

森美智代先生の断食リトリート(2)~参加前日のお知らせ

20161229

いよいよ、明日から一週間、森美智代先生の「あわあわ」で、断食合宿スタートです!

結構ぎりぎりまで仕事があって、私がいない間の母のための買い物などして、さっきは弟と甥っ子が訪ねてきて(甥っ子に会えるのはすっごく嬉しいけど)、準備がはかどらず焦るぅ~っ!sweat01

4日前からの断食前の準備食だけは、しっかり守っています。

写真のような、玄米の三分粥とお豆腐を昼食と夕食にいただいてます。

準備食最初の2日は、朝、青泥(甲田式グリーンスムージー?)もいただきました。

(※詳しい断食のやり方は、森先生のご著書「おうち断食で病気は治る」(マキノ出版)や「断食の教科書」(キラジェンヌ)が、とってもわかりやすいですよ!)

水分補給には、柿の葉のお茶や生水(浄水器を通して石に浸したもの)を飲んでます。

本当は、今の職場では、休憩室で「給食」が基本ですが、私は、普段も玄米菜食のお弁当持参を許可していただいてるので、準備食も保温ポットに入れた玄米粥と小さいパックのお豆腐持参。

「新しいパートさんって変わってるね。」という空気を感じなくもないけど。。。

すみません。今の私には、これだけは譲れないポイントでして。。。sweat01

と、マイペースを貫きながら、玄米菜食の小食や断食準備を楽しんでおります。はい。

この断食合宿は年末年始を、尊敬する森先生とご一緒させていただけるので、本当に楽しみです。

今回、できればFacebookページで、その日の様子など、短い進捗情報を一日一回くらいご報告させていただこうかとも思ってます。

(ごめんなさい。Facebookの正しいリンクの貼り方が解りません。:Emiko Ishikawaで濃いめのピンクのTシャツを着てるのが私です。)

だた、この期間中は、できる限りデジタル離れして、その分を瞑想時間などに当てたい為、コメントなどのお返事がすごく遅くなるかもしれませんが、ご理解いただければ嬉しいです。

また、このブログでのご報告は、合宿後にさせていただきたいと思いますので、よろしくお願いします。<m(__)m>

今年も、たくさんの方にこのブログを読んでいただけて、心より感謝しています。

みなさま、良いお年をお迎えください。

<関連記事>

森美智代先生の断食リトリート(1)~森鍼灸院訪問 

森美智代先生の断食リトリート(2)~参加前日のお知らせ 

森美智代先生の断食リトリート(3)~5次元ボディへシフト! 
※森先生からの波動UPメッセージです。

森美智代先生の断食リトリート(4)~一日目(伊勢神宮参拝)
※プラーナ摂取率UPのコツや、すまし汁断食1日目の様子について。

森美智代先生の断食リトリート(5)~2日目(甲田療法ってすごい!)
※甲田療法の効果や、シンギング・リンについて。

森美智代先生の断食リトリート(6)~3日目(40分合掌行)
※感動の40分合掌行について。

森美智代先生の断食リトリート(7)~4日目(龍体文字、お豆腐レシピ)
※不思議なパワーの龍体文字と、簡単でおいしいザル豆腐の作り方 

森美智代先生の断食リトリート(8)~5日目(鶴見神社参拝)
※今年(2017年)のラッキーカラーやナンバーなどもご紹介。

森美智代先生の断食リトリート(9)~6日目(枚岡神社参拝、断食の美容効果) 
※五分粥の回復食、枚岡神社参拝、断食後のお肌の変化などについて。 

森美智代先生の断食リトリート(10)~7日目(今を生きること、ワンネス)
※最終日の様子、合宿に参加して感じたことのまとめなど。

森美智代先生の断食リトリート(11)~健康情報の注意点
※目からウロコの健康情報や便利情報のまとめ。

2016年12月12日 (月)

秋山佳胤先生のロータスカフェ・アフタヌーン第20回

20161212_1

秋山佳胤先生の講演会「第20回 ロータスカフェ・アフタヌーン」(にんげんクラブ主催)に参加させていただきました。

「不食(プラーナのみ摂取)」で有名な秋山先生ですが、「不食」というのは、先生が常時「愛と調和」で「今この瞬間」を生きてらっしゃる結果現れた、ほんの一部の特徴にすぎません。

それより、むしろ、先生が、「すべてに善悪のジャッジをせず、常に、愛と喜びと調和に生きてらっしゃること」を、私は心から尊敬し、少しでも、それに近づきたいと思っています。

そんな秋山先生のイメージの一面をイラストに描かせていただきました。
ジェダイ・マスター(スターウォーズ参照)です!(笑)

20161212_2

本当に、先生のお話は、いつお聴きしても感動と喜びでいっぱいになり、心の底から共感できるだけでなく、新たな気づきや学びを与えていただいています。

他にも、いろいろな分野で、私が心から尊敬し感謝している素晴らしい先生方がいらっしゃいますが・・・、

私にとっての秋山先生は、「お話の内容」や「考え方」という点で、最も無理なく理解でき、関心事や趣向の共通点も多いために何時間お話を聞いても飽きない先生です。

そんな秋山先生に、今回も、健康、宇宙、神様、言霊、お金、熱帯雨林保護などなど。。。

多岐にわたって、約3時間お話を聴かせていただき、素晴らしい時間をすごさせていただきました。

その一部を、各項目ごとに、以下にご紹介させていただきたいと思いますが、これは、あくまで、私というフィルターを通して語ることですし、先生の著作権(?)の侵害になるほど内容を詳細にお伝えするのも控えたいのですが、ぜひ、先生の大切なメッセージを受け取り、更にご興味ある方は、先生の講演会などで、直接お話をお聴きください。

<現代人の健康、化学薬品>

・自分に合わないことをして、無理に頑張ると心身に不調が現れる。

・真面目な人ほど、知らぬ間に作ったルールがあって、人や自分がそれに反する度にイライラしたり怒りを感じる。

・「炎症」とは、体が異物毒物を排出するためにおこる反応。
それを化学薬品で抑えてしまうと、毒素が体に溜まり不調の原因になるだけでなく、慢性炎症となり、血管に小さな穴が開きっぱなしの状態で、常に異物を血液中に取り込んでしまう結果、アレルギーにもなる。
現代人のほとんどが、現在、慢性炎症を持っている。

・細胞の一つ一つが意識を持っているため、上記のように異物を体内に取り込むことで、精神的にも「自分が何者なのか」判らなくなる。

・そのように人間一人一人に起きていることは、地球にも起きている

※確かに、私も、幼い頃、「自分は、とてつもなく大きな巨人の細胞の一つだ」というように感じていて、また私という巨人も、体内の意識のある細胞の一人一人(一つ一つ)から構成されてると感じてました。

<スターウォーズ、宇宙、地球の覚醒>

・スターウォーズの中で、「Force(フォース)」と呼ばれているものは、「プラーナ」のこと。
それは、映画の中で「命と命を結び付けている力」と表現されている。

プラーナライフサミット記事にも書きましたが、誰でも多かれ少なかれ、プラーナを摂取して生きていて、その摂取率を上げるには、やはり愛と喜びと調和でリラックスして生きることが大切なんですね。

「誰かを攻撃している時は、実は、一番無防備で弱い。」

これは、映画の中でも、ルークを攻撃中のシスを、ダースベーダが投げ飛ばすシーンがありますが、そのシーンの説明で先生がおっしゃったことです。

※更に言えば、シスを投げ飛ばした時のダースベーダは、息子ルークへの愛を感じていたのですから、やはり、「人は愛している時に最も強くなり、傷つけている時に弱くなる生き物だ」と言えるのではないでしょうか。

・昨年公開された「スターウォーズ エピソード7」のサブタイトルは、「フォースの覚醒」だが、「覚醒」とは、本来の自分を思い出し、目覚めさせること。

これからは、外側の神様を頼ったり崇拝するのでなく、誰もが、自分の中に宇宙の命の源の力を持っていることを思い出し、目覚めることが大切。

・スターウォーズは、世界中の神話をもとにして作ったストーリーで、世界の神話には、驚くほど共通点がある

そして、それは、かつての「オリオン星」に起きた戦争をベースにした話である。

「争い」とは、痛い思いをして慈愛の心を学ぶという貴重な経験でもあり、善悪のジャッジはできない。

だが、地球が「争い」によって学ぶ時代は終わった

(これからも、「争い」を通して学びたい人は、別の星に移動して(生まれ変わって)続けることになるらしいです。)

これから地球は、「喜び」を体験する場所になったので、争いは放棄しよう!

※「争い」を放棄するためには、たとえ正義感でも、自分と違う意見の人を非難したりすることもやめなければならないと思います。

<お金、経済システム>

いずれ、現在の経済システムはなくなる

・移行期の今、「不安」から古いシステムにしがみついている人もいる。

一方で、日本でも、3年間ボランティアだけで収入を得ずに暮らしている人たちがいる。

※以前、このブログでご紹介した、ドイツのハイデマリー・シュヴァルマーさんも、お金なしで暮らしている、素晴らしいお手本だと思います。
お金の無い豊かな暮らし~ハイデマリー・シュヴァルマーさん

・(「お金がないと生きていけない」という不安から、お金を稼ぐことばかり考えるのでなく)、豊かなリソースを豊かに分かち合うこと、今この瞬間にあることを喜んで過ごせばいい

<御岩神社、神様、言霊>

・NASAが宇宙から地球を見た時に、一か所(電気の明かりでなく)光っている場所があり、それが「御岩神社」だった。

・そこで、先生が「アメノミナカヌシ様」から聞いたことは:

「お参りの作法などは、人間が作った物で、決して神様が要求しているものではない。神様が望んでいるのは、人間が(実生活の中で普段から)笑顔で過ごしてくれることなのだ。」

ということだそうです。

※確かに、神社に行った時だけ、どんなに丁寧にお参りしても、普段、不平不満ばかり言っていたり、自分の正しさを主張して他の人を裁いていたりしたら、なんの意味もないと思います。
以前、このブログで「正義に燃える悪い人たち」という副題で記事を書かせていただいてますが、いわゆる「悪い人」も、もともとは正しさを追求しすぎて人をジャッジしたり、トラウマで苦しんだりした結果、そうなったんですよね。(ダースベーダのように。)

やはり秋山先生のように「善悪のジャッジをしない」ということこそ愛の道ですね。

ちなみに、反対に、「一見、正しくないけど愛がある」人の記事も以前書かせていただきましたが、スターウォーズの若い頃のハン・ソロも、そんな感じですね。

「ありがとう」「愛してる」という言葉を言っている時、体の余分な力が抜け、スムーズに体の力を発揮できる

<選択の基準、その他、今後の生き方>

迷った時は、「楽しそう」、「心地よい」と感じる方を選ぶことが大切。

(損得や、物質的利益、不安(恐れ)で決めない。

・「楽しいことを知りたい」というアンテナを立てる。

・その時に「お金が無いからできない」とか、つまらないことを考えない。

ただ自分が純粋にやりたいことを考えるだけ。するとそれが引き寄せられる。

<アマゾン、熱帯雨林保護、フェアトレード>

※これについては、別途、以下のページで、
アマゾンの森の恵み(秋山佳胤先生の講演会から)

http://natural-eating.cocolog-nifty.com/blog/2016/12/post-a69d.html

それにしても、ここで書ききれない濃い内容の講演会でした!

秋山先生と「にんげんクラブ」の皆様に感謝です!

ありがとうございました。(合掌)

2016年11月12日 (土)

枠を超えて「自由」を生きる時代へ ~プラーナライフ・サミット 2016~

20161112

11月6日(2016年)に大阪で「はせくらみゆき」先生主催のプラーナライフ・サミットが開催されました。

「プラーナ」とは、宇宙に満ちている生命エネルギー。

私たちの誰もが、たとえ無意識であっても、そのプラーナを呼吸や食べ物などを通して、取り入れることで生かされています。

普段のプラーナの摂取率が上がれば上がるほど、心身ともに元気になり、物質的な食べ物に頼る率も減り、小食や不食で生命活動を維持することが可能になっていきます。

(※この記事の後半部分が、プラーナ摂取率を高めるカギになる内容です。)

サミットには、実際に何年間も不食や小食を続けられている先生方や、人間本来の自然な暮らし方や食を実践なさっている先生方が、一堂に集結なさって、会場全体が超高波動に満たされていました!

講師は、主催のはせくらみゆき先生始め、秋山佳胤弁護士、森美智代先生、稲葉耶季元裁判官、滝沢泰平先生です。

他の参加者の方々も同じだと思いますが、私にとっては、日本で最も尊敬している先生方ばかりのご出演で、最も興味あるテーマについてお話をお聴きでき、夢のように素晴らしい一日でした!

本当に今年最高のイベントだったと思います。

ところで、今これを読まれてる方の中には、「それって、食べる楽しみを奪うライフスタイルの提案?」とか、「不自然な禁欲主義?」と疑問を持たれる方もいらっしゃるかもしれませんね。

いえ、決してそうじゃないんです!

「プラーナ・ライフ」は、「食べることを我慢する」とか、「食べることに罪悪感を持つ」とか、「食べる人を批判する」という感覚とは、まったく無縁のライフスタイルです。

これについては、この日の講師のお一人である滝沢泰平さんが、ご自身のサイトで、丁寧なご説明をしてくださっていますので、そちらも是非ご覧ください。
(→

当日は、5人の先生方が、それぞれに「食」についてのお話をしてくださった他、

森美智代先生とつながって助けていただくためのスピリチュアル気功や、西式甲田療法の体操をみんなでやったり、

秋山先生のシンギング・リンやライアーの演奏による音の波動浴をしたり、

最後に主催のはせくら先生の誘導による瞑想をしたり。。。

といった体験型のプログラムもありました。

また、ビルの別の階では、はせくら先生の原画が飾られたアート展もあり、アートからの波動浴もさせていただけました。

本当に、鈍感な私でも感じるほどに、パワフルなエネルギーで会場全体が満たされていました。

また、開場前に列に並びながら瞑想してたら、ふんわり優しいエネルギーを感じて、目を開けたら森美智代先生が、ちょうどエレベータから降りてこられていたり。。。

各先生方が壇上に上がられるたびに、それぞれに微妙に違う感触のエネルギーを発せられていたり。。。

とにかく、素晴らしいサミットでした!

以前、秋山先生のお話会で、「神様たちの性質は、厳格というより、むしろ明るく楽しい」とお聞きしましたが、この日の先生方も、優しく、気さくで明るく、お茶目だったり、ユーモアがあって、愛と調和を生きてらっしゃる方ばかりでした。

「愛と調和を語る人」は大勢いても、「愛と調和を生きている人」は、そんなに多くありません。

各先生方は、今、「喜びの人生」を生きてらっしゃいますが、実はこの物質世界で、普通なら押し潰されて、不幸に浸ってしまう可能性のある「様々な困難」を、愛と調和の心で乗り越えられています。

だからこそ、先生方は、プラーナをたくさん摂取でき、高波動で光り輝いてらっしゃるのですね。

さあ、私たちも、先生方を見習って、何があっても「これでいいのだ!」(はせくらみゆき先生の言葉)と言って、毎日を、思いっきり笑って泣いて、味わって、楽しみましょう~!

「食べる楽しみ」も、「食べることを忘れるほど楽しい時間」も、どちらも、かけがえのない大切な人生の経験ですから。

ちなみに、プラーナ摂取率を上げるための日常習慣などについては、稲葉耶季先生の「食べない、死なない、争わない」など、各先生方の著書に、詳しく書かれていますし、

(最後に、先生方のご著書のリンクを数冊ずつ貼らせていただきますので、よろしければご参照ください。どれも素晴らしい情報満載です!)

この日のサミットのダイジェスト版や、森先生のプラーナを取り込みやすくする甲田療法の体操のやり方、はせくら先生の誘導瞑想などが収録されたDVDも、12月末頃発売されますよ!

映像サンプルがYouTubeで見れます!

https://www.youtube.com/watch?v=Zp1wzH67MkA

 

2016年11月 7日 (月)

誰の中にもある光~ワンドロップ音楽祭

20161107

先日のワンドロップ音楽祭のご報告です。

(最近、次々と素敵なイベントや楽しい仕事続きで、記事でのご報告が順延となって、どんどん遅れています。(-_-;) 本当は、ご報告したいことや、ご紹介したい本など山積みなんですが。。。)

このイベントは、先月の秋山佳胤先生とコラボのお話会の記事に書かせていただいた清水浦安先生と愛宕なみさんのワンドロップ・プロジェクト主催の音楽祭です。

そしてこの日も、また先月同様、笑いあり涙ありの素晴らしい時間をすごさせていただきました!

ちなみに、「ワンドロップ」とは、誰の中にも宿る、宇宙の命の源である神様の「ひとしずく」という意味です。

それを伝え、「みんながそれに目覚め、自らの中に輝くワンドロップと共に生き、愛と平和の素敵な地球にしよう」というのが、プロジェクトの主旨です。

宗教団体ではありません。念のため。

当日は、宮川昭夫先生の素晴らしい音楽とともに、美しい宇宙創生の映像で始まり、

ワンドロップ聖歌隊のみなさんの素晴らしいメッセージの歌、

浦安先生のユーモアたっぷりの爆笑の迷演技(?)や、

ワンフリーナインさんの素敵な歌声、

そしてマイケル・ジャクソンとジョン・レノンの感動のメッセージ、

などで盛り上がりました!

浦安先生って、失礼かもしれませんが、良い意味で、すごくチャーミングで可愛い方です。

本当に心が子供のように純粋でいらっしゃるのが伝わってきます。

私なんて、自分の心を取り出してジャブジャブ洗濯したいです~。

でも、誰の中にも存在してる本質であるワンドロップは、決して汚れず、いつも輝いてるんですね!

だから、いつもそれを思い出して、自然体で、今この時を精一杯味わい喜んで生きることが、一番の心のお洗濯かもしれませんね!

私は、ワンドロップの歌を、先月初めてお聞きした時から、(歌詞を見ながらですが)いきなり歌えてしまい、すごく惹かれました。

関東に住んでいたら、その場で聖歌隊に入隊しちゃってたかもなんですが、現在、愛知県在住のため、「名古屋支部ができないかなぁ~」なんて思ってたりしてます。
(どなたか名古屋地区でご興味ある歌好きの方いらっしゃいませんか~?)

マイケルや、ジョンのメッセージは、彼らの代表作の歌詞にも込められていて、ジョンの「イマジンについては、数年前にも、このブログでご紹介しましたし、どちらも有名な歌なので、みなさんご存知だと思いますが、あらためてYouTubeから和訳付きの動画をお借りして貼らせていただきたいと思います。

歌詞をじっくりと聞いたり、読んだりしながら、お聴きください。

<Michael Jackson ~ Heal The World ~(和訳付き)>

https://youtu.be/sROlH_bOsUU

<John Lennon Imagine - with lyrics (Eng Japanese)>

https://youtu.be/DIaUvHx78Hc

2016年10月26日 (水)

「子どもの姿は社会の窓」 ~神林俊一さんの講演会

20161026_1_3

現在、日本人の3人に1人しか「自己肯定感」を持っていない
これは、世界の国の中でも、とても低い数値だ。

そうおっしゃるのは、2011年の震災以降ずっと、気仙沼で被災地の子どもたちの居場所を作る活動をされている「かんぺーさん」こと神林俊一さん(写真左)です。

かんぺーさんは、一般社団法人プレーワーカーズの理事兼事務局長であると同時にNPO法人日本冒険遊び場づくり協会の運営委員として、子どもたちが主体的に遊べる場所作りに携わってらっしゃいます。

上記の「自己肯定感」とは、「自分は、かけがえのない大切な存在だ」と感じることで、自立をするための重要な要因だそうです。

これを感じられずに育つ子供(や大人)が多い国が、現代の日本なんですね。

悲しいけど、なんだか解ります。

20161026_2

かんぺーさんが、被災地で出会ったティーンエイジャーの子の中には、「津波があって良かった。うるさいジジイ、ババアがいなくなったから。」と言った子たちがいたそうです。

これだけ聞くと、とても酷い子たちだと感じるかもしれません。

でも、「そんなことを言うほど、震災前から、その子たちは苦しんでいたのだ。」と、かんペーさんは言います。

その子たちは、震災直後の混乱時は、生き残った年配者たちに、力仕事などで頼られて感謝され、自己重要感を感じて嬉しかったそうです。

そして、かんぺーさん達の作った、自由でクリエイティブな遊び場で、先入観の無い目で自分たちに接する小さな子供たちの面倒を見るうちに、笑顔も増え、社会人として自立していったそうです。

これについて、塚本ガクさん(写真右。日本冒険遊び場づくり協会の運営委員)も、以下のように、おしゃってました。

今、愛知県でも、「テロや災害で、明日学校がなくなってしまえばいい。」と思っている子が何人もいるだろう。 そう思うほど苦しんでる子供たちがいる現状を、災難が来て初めて大人が問題意識を持つのでは遅すぎる。

その通りだと思います。

子どもたちが心から行きたいと感じる学校は、とても少なそうですよね。

20161026_3

それに今、子供の教育の場は、「学校」だけが大きな比重を占めています。

でも、本来は、①学校、②家庭、③地域、④社会など、分散してなされることが自然です。

かんペーさんは、これまでの「大人が教え込む」ような教育ではなく、欧米諸国が取り入れているような、子供が主体性を持って学んでいけるアクティブ・ラーニングが必要なのでは?とのことでしたが、本当に共感します。

今って、勉強だけでなく、遊びまで、大人が作り上げて、ルールや遊び方もすべて決められた通りにやることが多いですよね。

子どもたちが、自分で創意工夫する余地が無い玩具だけで遊んだり、ゲームなどバーチャルな世界だけで遊んだり。。。

それらが悪いわけではないんですが、それだけに偏ることは、不自然な気がします。

かんぺーさんや、ガクさん達の作る「自由な遊び場 プレーパーク」は、現在全国に500か所以上に増えていますが、もっともっと、子供が自由にのびのび遊んだり、自由な発想で工夫して楽しめる余地のある遊びが増えるといいですね。

ところで。。。

「子どもにとって、遊びは単なる余暇ではない」

「遊ばないと心が死んでしまう」

「くう(食う)、ねる(寝る)、あそぶ(遊ぶ)」は、とても大切なこと」

こうした、かんペーさんの言葉は、はたして子供たちだけに当てはまるものでしょうか?

より以前の記事一覧

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ