コスメ/Beauty

2016年3月13日 (日)

バジャーのアロマティックチェストラブは万能バーム

20160313

トップの写真は、アメリカのバジャーというメーカーのバーム。

成分のほとんどがオーガニックで、いろいろな効果があって、私にとっては、万能バームです。(蜜蝋を含むので、ヴィーガンではありません。)

バージャーのバームは、目的別にいろいろな種類があり、もともと、こちらは咳など気管支系の症状緩和のために胸に塗るタイプですが、成分的に見てもいろんな用途に使えます。

ユーカリペパーミントジンジャーなどが入ってますが、キツイ刺激は無く、ラベンダーティートリーなどの万能系のオイルも含まれているので、気管支の症状だけでなく、花粉の季節にも、ちょっとした虫刺されにも、手荒れあかぎれにも、肩こりにも、(私は顔にも)、本当に様々な用途で一年中使えます。

これは、あくまで私の経験なので、(薬事法的にも)誰にでもオススメできることではないんですが。。。

実は、昨年のこの時期、初めて急に目が赤く腫れ上がり、喉も腫れて痛く、「とうとう花粉症になった?!」ということを記事にも書かせていただいていますが。。。

その時は、仕事に支障を出したくなくて、慌てて眼科や耳鼻科で目薬や塗り薬、飲み薬などもらって、治そうとしたんですが、症状が一時的に抑えられても、部分的には悪化してしまったりして大変でした。

そこで初心に戻り、医薬品をやめて、ラベンダーとティートリーの「OUTDOORバーム」や、ハーブ、アロマオイル、アルガンオイルなど自然な物を使ったら大幅な改善をしたんですよね。

私の場合、人より化学薬品や化学物質に弱い体質のようで、薬などで一瞬、症状を抑えても、その後、ドカンと体に大きなダメージが来てしまうことが多いんです。

それが、自然な植物性のものを使うと、穏やかな効き目どころか、急速にラクになったり、改善してしまうことが多いです。

そんなわけで、「OUTDOORバーム」(上記のバジャーのバームより香りはきつい)も、夏に向けて再購入したら、またご紹介したいんですが、これまで、一般常識には反した体の反応を経験し続けた私にとって、天然生活をすることは、人生の最重要事項となってきています。

機が熟したら、自分の経験を、自分と似たタイプの方たちの参考になるように、何かの形でお伝えしていけたらと思います。

ちなみに、10月半ばからは、完全な玄米菜食の少食(酵素は多めに摂ってます)を続け、油で加熱調理したものも一切口にしていないため、今年は今のところ、昨年のような花粉症の兆候はありませんが、もし症状が出ても、薬品を使うつもりが一切無いので、念のため、度付きの花粉避けのゴーグル・メガネを作りました~。

(最近は、いかにもゴーグルって感じじゃなく、普通のオシャレな形の花粉メガネもあっていいですね!)

2015年12月 1日 (火)

体にやさしいオーラルケア用品

20151201

早いもので、もう12月ですね。

体調不良が判明して以来、玄米菜食や体を温める療法など続けていたら、肩こりや動悸などの気になる症状はなくなってきましたが。。。

空気の状態とか、化学物質とか、エネルギー的なものを、以前より敏感に感じるようになってきました。

今は、自然な物は体が受け付けてくれて、すごくラクに感じるけど、そうじゃないものが、以前より不快に感じてしまう。。。

天気の良い日に外を歩くのは楽にできるのに、ビルなどの建物の中で動きまわると苦しい。

そのため、別人に生まれ変わるくらい、身の周りのいろいろな物をチェンジしています。

下着や洋服も、アウター以外は95%以上天然繊維のものだけ使用。

以前からスキンケア用品は、天然の植物油とハーブウォーターのみだけど、最近は昼間のお化粧もほとんど無し。

そして、歯磨き粉なども、ほぼ天然成分のものを使用。

写真のメイド・オブ。オーガニクス Wトゥースペイスト(オーストラリアのオーガニック認定)と、プロヴィダ マウスウォッシュ(ドイツ)は、天然成分で作られている上、味覚的にも使いやすいです。

右の歯磨き粉は、ナスの黒焼き粉が入った日本製。真っ黒で、自然塩が沢山入っていて、塩辛いです。

他の人から見たら、今の私の生活は、すごくストイックに思えるでしょうが。。。

私にとっては、もともと望んでいたことが、体調不良をきっかけに、遠慮せずにやれるようになった感じです。

(最初から、自分の意思を強く持って、そうしてれば良かったのかもしれないですけど、人間、痛い目に合わないと、わからないものですね。)

2015年4月 7日 (火)

花粉と奮闘(その2)ラベンダーウォーター

20150407

前回の続きですが。。。

今年初めて、(たぶん)花粉と奮闘している私は、なるべく自然なもので症状を緩和したいと思い、目の周りのかゆみに良いと言われるラベンダーウォーターを買いました。

こうしたフローラルウォーターは、よく化粧水代わりに普段から使ってるんですが、今まではトラブルもなく元気だったので、良さを実感しにくかったんですよね。

そして、ラベンダーウォーターは、かなり久しぶりです。

GAIAの製品は、初めて使いますが、シンプルなブルーのボトルがきれいですね。

今は、顔を洗った後、このラベンダーウォーターを化粧水代わりに使ったり、かゆい時に、コットンに含ませて、やさしく目の周りを拭いたり、しばらく目の上に置いたりしてみています。

直後は、かゆみが治まり気持ちよく、少し後で、一旦かゆみが戻るので、ちょっと不安になりますが、しばらく我慢していると、症状が落ち着いてきます。

そして、目薬で目の周りが、ただれて以来、目の周りに塗るのを避けていた、アルガンオイルも、思い切ってラベンダーウォーターと一緒に塗ってみたら。。。

今まで、真っ赤でガサガサになっていた目の周りの皮膚が、みるみる改善されました。

今は、見た目に、ほとんどわからないくらいです。

(アルガンオイルの記事→ アルガンオイルのパワー

前回書いた、カモミールティーも併用してます。

そして結局、眼科でもらったステロイドは塗らずに済んでいます

ただ、今も、外に出ていると、目は充血したり、かゆくなったりしてくるので、メガネで過ごし、抗アレルギーの目薬は引き続き使ってますが目薬を使っていても、目の周りの「ただれ」がなくなったことは、すご~くありがたいです!

とりあえず、人から見て、「どうしたの~?!」というような症状はなくなって助かりました。

でも、ここに書いたことは、あくまで、私の個人的な体験談です。

本当に、ラベンダーウォーターとアルガンオイル(と、カモミールティー)で治ったのかどうかは断定できません。

他にも、目に見えない色々な要素が重なって良くなったような気もしますし、人それぞれに、合う合わないもあると思いますので、みなさん、お気をつけ下さいね。

2015年3月25日 (水)

ヴィーガンのナチュラル・リップクリーム(ハーロウ!バーム)

20150325

先日のヴィーガン口紅の記事で、意外に、いろんな方からメールやメッセージをいただいたので、ついでに、ヴィーガンリップクリームもご紹介します。

日本のアマゾンでも購入できるようになって、ご存知の方も多いと思いますが。。。

ハーロウ!のリップバームです。(公式サイト→ http://www.hurraw.jp/ )

100%ヴィーガン!
100%ナチュラル素材!
100%フェアトレード!

・・・と、三拍子揃ったの安心安全なリップクリームです。

ちなみに、何種類もそろっているフレーバー(香り)も天然の成分だそうです。

蜜蝋も入ってないので、べたつき感もなく、使いやすいです。

トップの写真は、薄く色がつくタイプの「ブラックチェリー」というフレーバー。

これを塗るだけで、血色のいい自然な赤いくちびるになるので、口紅が要りません。

赤い色素は、アルカナ根エキスの色で、毒性が無いです。

※後日、上記より薄い色合いの「シナモン」も購入しましたが、そちらも自然な色合いで、シナモンの香りと、ピリッとした血行促進作用で、とっても良いです。

お値段は、日本では672円(税抜き)です。

日本製の普通のリップクリームより高いですが、一般的な口紅より安く、安心して使えます。

先日の記事にも書いたように、少し前に久しぶりに気分を変えて、口紅(ヴィーガン)を購入した私ですが、通常は口紅がなくてもこれさえあれば十分なんですよね。

少し平らな容器も、転がりにくく、ポケットにも入れやすいです。

2015年3月17日 (火)

体に安全で可愛いヴィーガン口紅(100% Pure vs Pacifica)

20150317_1
最近、めっきり春らしさも増してきましたね♪

年度末で忙しい私も、春の空気に誘われて、うきうき、気分も華やぎます。

そして。。。

ここ長い間、口紅の代わりに色付きリップクリーム1本しか持ってなかったのに、とうとう、続けて2本も買ってしまいました!100%ヴィーガンで、安全な天然素材の口紅を。

少し前は、ヴィーガンの口紅は少なくて、ナチュラルタイプだと、蜜蝋やカルミン(カイガラ虫から抽出した赤い色素)が入ってるか、または薄く色がつくリップクリームタイプが多かったような気もしますが。。。(←探す時の真剣さが足りなかっただけ?)

最近は、特に欧米のメーカーから、可愛いヴィーガン・コスメが、たくさん出ていて、ヴィーガンで、天然素材の安全な口紅も増えてきてるようです。

トップの写真は、全商品が100%ヴィーガンのPacificaの口紅で、firebirdという色。

リップクリームを塗ってから塗ると透明感のある赤になり、そのまま塗ると明るいハッキリした赤になります。
(顔色の良くなるきれいな赤だけど、普段そのまま塗るには真っ赤すぎたので、色無しリップクリームの上から少しだけ塗ってます。)

フルーツやミネラルからの色素を使い、ココナツオイルやシアバターなど天然の素材からできています。

ココナッツオイルの甘い香りです。

そして、下の写真は、少し前に買った100% Pureというメーカーのもので、セデュース(seduce)という色。

Seduce(=誘惑)という名前に似合わず、TPOを選ばず、何にでも合わせやすい明るめのベージュピンク(コーラルピンク?)です。
このメーカーは、日本で取り扱いしている会社があります。

20150317_2


これも、フルーツや野菜からの色素とシアバターなど天然の素材から作られています。

このメーカーは、商品によっては、蜜蝋やハチミツが使われてるようですが、この口紅はヴィーガンです。

ココナッツオイルは使われてないですし、香料系も入ってないので、いい香りはしません。でも、無臭でもなく、やや素材の匂いがする感じです。

個人的には、Pacificaの方がココナッツの香りで使いやすいです。

でも、私は、お化粧品の減りがとても遅く、一度買うと当分買わないため、送料無料にするほど買うのが難しいので、日本で手軽に購入できるヴィーガンコスメが、もっと増えるといいなと思います。

今現在は、日本製のナチュラルコスメは、カルミンが入ってるものが多かったり、高額なので、ちょっと残念です。

(ちなみに外国のメーカーのものは、日本で購入できるものもありますし、iHerbsなどのインターネットショップで個人輸入できるものもあります。)

2015年3月 7日 (土)

アルガンオイルのパワー

20150307

今更ですが、アルガンオイルです。

そう、アルガンオイルは美容オイルとして、ずいぶん前から注目されてますよね。

天然のオイルの中でも高価なオイルなので、私は、長い間、手が出なかったんですが。。。

とうとう使ってみました!

こちらは、ローズ・ド・マラケシュというメーカーの100%アルガンオイル。
ちなみにお値段は、30ml 3400円(税抜き)です。

こういう高価なものを記事にするからには、1回や2回使っただけじゃ紹介できないと思い。。。すでに1本使い切って、こちらはリピート買いした2本目です。

うん。やっぱりいいですね。

傷跡なんかも、早く消える気がするし。。。
乾燥もなく。。。
キメも整って、手触りもいいかも。

ちなみに、私は、安価なハーブ蒸留水やナチュラルな化粧水の後に、これを1滴だけ顔全体に伸ばすだけで、それ以外には何もつけてません。

美容液や乳液やクリームなども無し。

でも、肌が乾燥することはなく、調子がいいです。

ちょっと高いけど、オススメ!

天然のものは、メーカーによって品質が異なる可能性もありますが、とりあえず、こちらの製品に関しては、個人的には満足してます。

2014年11月15日 (土)

お手頃価格のヴィーガン・シャンプー(medel)

20141115_1

ただいま使用中の、動物性原料フリーのヴィーガン・シャンプー&トリートメントが、このmedelの製品。

世の中には、もっと高級で、もっと髪にも環境にも良いシャンプーがあるかもしれませんが。。。

お財布事情もありますし。。。

手の届きやすい値段で、動物性原料不使用で、私には使用感も仕上がりも満足できるので、今は、これを使ってます。

私の場合は、髪の長さはロングなんですが、パーマもかけてなくて、ダメージは少ない方かもしれません。

なので、洗浄力が弱い「しっとりタイプ」の重いシャンプーは苦手で、しっかりめに洗えて、サラサラになる方が好きだというのもあって合ってるのかも?

昔パーマをかけてた時は、毎日スタイリング剤もつけてたけど、今は、洗って乾かすだけ。

それでも、このシャンプー&トリートメントで髪がパサつくようなことはなく、サラサラになって、ちょうどいい感じです。

香りは、天然アロマとのことですが、ちょっと昔懐かしい感じの甘めの柑橘系?

髪のダメージが強い時には、どうかわかりませんが、私と同じく素髪派の人には、使用感は良いんじゃないかと思います。

20141115_2

2014年10月13日 (月)

クナイプの天然ビオ・オイル

20141013

日本では、バスソルトで有名なクナイプから、全身用の保湿ケアオイル(クナイプビオ オイル)が出ているのを見つけたので買ってみました。

ちょうど顔用クリームがなくなったところで、「やっぱり、できるだけ余計なものの入ってないシンプルでナチュラルなものがいい。」と初心に帰っていたところだったのでよかったです。

大抵の場合、オイル系は、クリーム系より成分もシンプルです。

大小2サイズあったんですが、顔のクリーム代わりなら、1回1~2滴で十分なので、オイルが酸化する前に使い切るため、20ml(500円)の小さいサイズを購入しました。

オイルなので、つけすぎるとベタつくかもしれませんが、少量を伸ばせば、翌日のお肌も、ベタつかず、すべすべに柔らかくなります。

天然と言えば、シアバター100%、オリーブ油100%、ココナッツ油100%などもいいですが、このクナイプのオイルは、なんといっても香りがGood♪

疲れてる時でも、この天然のグレープフルーツの爽やかな香りを嗅ぎたくて、お肌のお手入れが楽しくできます。

お手入れと言っても、私の場合、ただ塗るだけなんですけどね。。。(^_^;)

2014年6月29日 (日)

いい香りのバスタイムでリラックス

20140629

いい香りで、リラックスできるバスタイムやお休みタイムが欲しくて。。。

食料品の買い物の時に、ボディショップが入ってるイオンモールに行き、ついでにシャワージェルを買いました。

そもそも、今の体調不良の原因は、リラックス感が足りなくて、交感神経優位になりすぎてるんだろうと思うので。。。

まだ、無香料のレセルおばさまの石けん(←まとめ買いした。)は、たくさん残ってるんですが、いい気分でリラックスするために、お金を使うことにしたんです。

このところ、お風呂に入る時も、疲れていたり、翌日の仕事の準備がまだ終わってなかったりで、とにかく速く洗うことばかり考えてたような?

レモンにタイム(ハーブ)が入った甘くて爽やかな香りのシャワージェルで、「とにかく急いでキレイにする時間」だったバスタイムが、「ゆったり楽しめる時間」へと変わりそうです。

おかげさまで、今日はずいぶん体調も回復して、今夜は、少しゆっくりお風呂に入れそうなので楽しみ♪

ちなみに、このシャワージェル、普段から動物実験など行なってないボディショップの製品の中でも、特に環境に配慮されたエコ・コンシャス商品だそうです。 →http://www.the-body-shop.co.jp/shop/g/g219341/

2013年10月11日 (金)

ギリシャの素朴なオリーブ・ソープ(レセルおばさまの石けん)

20131011
環境にもお肌にもやさしく、しかも価格もお手頃な万能オリーブ石けんということで、顔や体、時に髪まで洗うのに、よく愛用させていただいているのが“レセルおばさまの石けん”です。

万能の純石鹸といえば、以前にも、ねば塾さんの“白雪の詩”をご紹介しましたが。。。
(→ 環境にもお財布にもやさしい純石鹸

“白雪の詩”の場合、純石鹸とはいえ、本来は台所用と書いてあるように、特に秋冬には、体に使うとお肌の油分をかなり取ってしまうのが難点なんですよね。(食器や、化粧パフ、布の手洗いや、つまみ洗いには、とってもいいんですが。。。)

そこで、レセルおばさまのオリーブ石けんなら、顔も、髪も洗えるくらいの、しっとりした使い心地で、まとめ買いすれば、一個あたり200円くらいでお財布にも優しいんです。

香料などは入ってないので、匂いは、なんとなくオリーブ油の匂い?って感じで、物足りないかもしれませんが、素朴で本当に使い勝手がいいです。

この石けん、ギリシャ・レスボス島の農業協同組合(食用オリーブ油を生産している)が、作っているものなんだそうです。

で、でも。。。残念なことに、ギリシャから日本への輸入が中止になってしまったそうです!
ショック!

インターネットを通して、いろいろなお店で販売されているので、試してみたい方は、今のうちかもしれませんね~。

日本人なんだから、地産地消で日本の良い石鹸を使えばいいんですが、やっぱりちょっと残念です。

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ