« 松果体を活性化する食事 | トップページ | 【お知らせ】夏のマルシェ~小さな森のカーニバル~ »

2018年7月 3日 (火)

秋山佳胤先生&礒正仁先生講演会 in 名古屋(2018.7.1)

20180703c_1

日曜日に名古屋で行われた、秋山佳胤先生と礒正仁先生の講演会、本当に素晴らしかったです!

主催してくださったのは、ヨガビューティクリエイターの井上靖子 先生です。

まずは、3名の先生方のコラボ演奏からスタート。

靖子先生のクリスタルボウルや、秋山先生のシンギングリン、ライアー、葦笛はじめ、高波動の音浴で、会場が光に包まれました。

今回は、礒先生もいらっしゃったので、神聖幾何学のお話を中心にお聞きできました。

宇宙の深遠な叡智は、言葉ではとても表現できないもの。

それを、立体フラワーオブライフが形として表している。

作るだけで、その人によって様々な気づきが起こるそうです。

今回のお話をお聞きするまでは、よく解らなかったことが、先生方の解りやすいお話で、随分理解できました。

そして、家に帰って早速作ってみました~。

家にあった綿棒と手芸用ボンドで。

20180703a_1

まだまだ浅い気づきしかありませんが。。。

作ってると集中できて、瞑想効果あり!

秋山先生も、「これを作るのは最高の瞑想でもある」とおっしゃってました。

20180703c_2

他の形も、いろいろ作ってみたいです。

20180703a_2

今回のお話は、深すぎて、

ここで下手に説明して間違ってるといけないので、詳しい講演会の内容は省かせていただきますが。。。

お二人の先生の印象に残った言葉だけ、ひとことずつご紹介させていただきます。

秋山佳胤先生:

(宇宙で)一番悪いこと

「極闇」の世界は、完全なる自己否定、自己無価値観の世界です。

「自分なんかいない方がいい。」

「自分なんか死んだ方が、みんなの役に立つ。」

というようなことが「悪」「最も深い闇(苦しみ)」です。

(※7/3 19時、取り消し線部と赤字部分修正。)

秋山先生は、善悪のジャッジを一切なさらない方で、

全てを完全にニュートラルに「正見」し、

宇宙に善悪はない(すべては愛)」ということを、魂レベルでご存知なので、

この「闇」というのも、悪いという意味で仰っているのではありません

また、「闇」が「苦しみ」であったとしても、「苦しみ」も決して「悪」という意味ではありません。

上手くお伝え出来ずごめんなさい。

また、

秋山先生は、子供時代に体のエネルギーが少ない時があって活動的になれない時も多かったそうですが、ホメオパシーで見た本質的体質が「シリカ」だそうです。

私は、ホメオパシーで見ていただいたことが無いので自分の本質は解りませんが、

お話を聞いて、シリカの子どもの特徴は、私の子ども時代にも当てはまることが多かったので、先生のお話で少し希望が持てて安心しました。

礒正仁先生:

ほとんどの人が陥りやすい罠は、「必要性に対する不安」です。

「〇〇が無ければ幸せになれない。」

「〇〇がないと、死んでしまうだろう。」

という錯覚のことです。

また、本当のスピリチュアルと、自分の罪悪感を埋めるためのスピリチュアルは違います。

後者をすると、とても魂が痛むんです。

« 松果体を活性化する食事 | トップページ | 【お知らせ】夏のマルシェ~小さな森のカーニバル~ »

体験レポート/日記」カテゴリの記事

奇跡の人、素敵な人」カテゴリの記事

心のお話」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1503757/73792040

この記事へのトラックバック一覧です: 秋山佳胤先生&礒正仁先生講演会 in 名古屋(2018.7.1):

« 松果体を活性化する食事 | トップページ | 【お知らせ】夏のマルシェ~小さな森のカーニバル~ »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ