« 『喜びから人生を生きる!』~ジャスムヒーンさん推薦図書(1) | トップページ | 2週間のリトリートへ。 »

2017年7月22日 (土)

「愛と喜びの本質」を生きるための最も易しいガイドブック~秋山佳胤先生の本

20170722_1

前回の記事で、ジャスムヒーンさんオススメのアニータさんの本をご紹介させていただきましたが。。。

その時、文中で合わせて読まれることをオススメした本が、秋山佳胤先生のご著書です。

秋山先生の本は、どれもシンプルで読みやすい文体で書かれているため、硬い文章や活字が苦手な人でも、楽に読むことができると思います。

そして、易しく読めるのにも関わらず、

「私たちの本質である愛と光を生きること」を可能にするための強力なガイドブックとなってくれます!

個人的には、「これほど軽くスムーズに読めて、内容が深い本も珍しい」と感じています。

そのため、秋山先生の本は、本当にどれも全てお勧めですが、

どれから読んだらいいか迷っている方のために、(あくまで私の独断と偏見ですが)以下に、各著書のおすすめポイントをご紹介します。

もしも、どなたかの本選びのお役に立ち、秋山先生の言葉から、少しでも楽に「愛と喜びの本質」を生きる方法が伝われば、私も、この宇宙に生きる同胞として嬉しいです。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::

① 『しない生き方 「食べない」生活で気づいたこと』 

ひとこと紹介:具体的な人生ガイド

『いいかげん人生術』とともに、具体的な人生の局面をどう考え、どう対処したらいいか教えてくれる本です。

人生の様々な分野にわたり、具体的な答えが得られるため、心軽やかに、「真に幸せな人生を送るためのガイドブック」となり、「幸せの辞書」ともなる一冊です。

本来は、難しい禅的(と私が感じる)叡智も、秋山先生の言葉で易しくわかりやすく語られています。

禅的なんて書くと、堅苦しい印象を受ける方もいるかもしれませんが、実は、本来は魂を自由に解き放ち至福に至る道だったことも、私の場合は、この本から感じます。

現在、悩みや、ストレスを抱えてる人にもオススメです。

2017年7月時点での最新刊で、初版は発売と同時に完売してしまいましたが、すぐに増刷が決定されました。

② 『秋山佳胤のいいかげん人生術』 

ひとこと紹介:ミラクル・ヒーリング・ツール!

読むと、魂がより自由に羽ばたきます。

いつ読み返しても、瞬時にスーパーハッピーな気持ちになれて、具体例から、重要な豆知識まで盛りだくさんの内容が詰まったミラクルブックです! 

ジャスムヒーンさんのワークショップでも教えてもらえたような情報の一部が、秋山先生の言葉で、より解りやすく語られている部分も、他の本より多い気がします。

何かの選択に迷った時に自分の魂の答えを聞くための明確な方法なども書かれています

この本には、先生に直筆でサインをいただいてることもあって、本から出てるパワーも強力なので、肌身離したくない私の宝物。

③ 『誰とも争わない生き方 人生にも魂にも善悪はない』

ひとこと紹介:基本のバイブル

秋山先生が、右脳と左脳とのバランスが絶妙でいらっしゃることが解ります。

初めて秋山先生の本を読まれる方や、「不食」や「スピリチュアル」に惹かれつつも、怪しい気もして、今一歩踏み出せない方にもオススメ!

秋山先生の深い悟りや、人間性と神性、心のあたたかさが伝わってきます。

私にとっては、いつでも初心に戻るためのバイブルです。

④ 『不食という生き方』 

ひとこと紹介:プラーナライフ全般のまとめ

不食ということが実際に可能であることが解りやすく伝わってくるとともに、先生が「不食」という生き方をなさって見えてきたことや得たもの、「不食」という人生がどんなことなのかが、とてもシンプルにまとめられています。

「不食」そのものを目指すことよりも、その背後にある、より大切なことが理解できる一冊です。

  『食べない人たち』『食べない人たち ビヨンド』 

ひとこと紹介:楽しい不食入門書

特に、「不食」という点に興味がある方の必読書です。

これを読むと、不食の楽しさや希望が、とてもよく伝わってきます。

不食に興味があるけど、いきなりジャスムヒーンさんの著書を読むのはハードルが高く感じる人には、最適な本じゃないでしょうか?

秋山先生だけでなく、森美智代先生と山田鷹夫さんの共著で、3方向からの視点で不食が語られている、とても面白く楽しめる本です。

:::::::::::::::::::::::::

余談ですが、普段オーラが見えない人でも、秋山先生からは、実際にお目にかかって白い光のオーラを感じたという方が大勢いらっしゃいますが。。。

ジャスムヒーンさんのワークショップで秋山先生と写真を撮っていただいた時に、なぜか特別なモード設定をしてないのに、最初の2枚が、白い霞のかかったように写りました。

レンズが曇ってると思った私は、その時点で、物質世界にバリバリにフォーカスしてしまい、3枚目を撮り直していただいたら、やっと普通っぽい写真になりましたが。。。

先生は、指を閉じた状態(エネルギーが分散せずストレートに伝わる?)で、カメラに手の平も向けてらっしゃいます。

レンズの曇りだなんて、ひょっとして、私の考えは、とても浅はかだった?

20170722_2

 

 

 

 

« 『喜びから人生を生きる!』~ジャスムヒーンさん推薦図書(1) | トップページ | 2週間のリトリートへ。 »

体験レポート/日記」カテゴリの記事

奇跡の人、素敵な人」カテゴリの記事

心のお話」カテゴリの記事

本/絵本」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1503757/71209158

この記事へのトラックバック一覧です: 「愛と喜びの本質」を生きるための最も易しいガイドブック~秋山佳胤先生の本:

« 『喜びから人生を生きる!』~ジャスムヒーンさん推薦図書(1) | トップページ | 2週間のリトリートへ。 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ