« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月22日 (木)

『まほろ駅前多田便利軒』~不器用だけどカッコイイ生き方

20170622

昨日は夏至のエネルギーだったし。。。

最近、スピリチュアル(?)な記事が多いし。。。

このブログのプロフィールページにもクラシックやヒーリングミュージックが好きとか書いてあるので、意外だと思われるかもしれませんが。。。

本日のトピックは、カッコイイ男子。。。いえ、カッコイイ生き方です!

私が時々話題にする、「“正しい人”より“愛ある人”が好きだし、自分もそうなりたいな~。」っていうモデルが登場する映画の一つ、『まほろ駅前 多田便利軒』のご紹介。

ちなみに、もちろん主役の瑛太くんと松田龍平くんは実際にカッコイイです!

お二人とも、この映画の役を演じるのにピッタリな俳優さんだと思いますし、実は、私、松田龍平くんのような個性の持ち主は大好き♪

でも、とりあえずここで言いたいのは、男女に関係なく、カッコイイ生き方についてです。。。

この映画の中の二人、社会的には評価されにくい不器用な生き方をしてますし。。

ロハスな暮らししてるわけでもなく、地球を救おうとか思ったりもしてませんし。。。

まだ完全に癒されてない心の傷を持ってます。

でも、社会で要領よく生きてる人間より、ずっと純粋であったかいハートの持ち主。

5次元ライフを送るには、頭じゃなくてハートで生きることが不可欠!

損得じゃなくて、愛で生きることが不可欠!

人目を気にせずに、自分に正直に生きることが不可欠!

それが出来てる二人は、社会的評価とか、ロハスとか、スピリチュアルとか関係なく、日々悶々と我慢して品行方正に生きてる人より、宇宙と調和しててカッコイイんです!

オススメ映画です!

2017年6月18日 (日)

『強い血管をつくれば健康になる!』~本当に血管年齢が若返りました!

20170618_1

健康の秘訣は、腸内環境血管年齢だと言われていますが。。。

ポイントが、まとまっていてすごく読みやすい血管の本を見つけました。

『強い血管をつくれば健康になる!』(杉岡 充爾著 ベストセラーズ)です。    

私も、この本のポイントを、ゆる~く実践し、約2週間後の測定で血管年齢が6歳分若返りました。

もともと実年齢よりは、血管年齢が低めだったんですが、更に6歳分若返ったので、とても嬉しくて、「もっともっと若返らせるぞ~!」っていう気分です。

おまけに、半年以上、甲田療法の食事も、取り入れているため、玄米、お豆腐、黒ゴマ、昆布、青汁、シイタケなどから大豆イソフラボンマグネシウムカルシウムカリウムビタミンDもたくさん摂ってるせいもあってか、骨密度まで、数か月前より、すご~く高くなってました
森美智代先生甲田先生に感謝!)

骨密度は、数年前からずっと実年齢の平均値が続いてましたが、今回は20歳の平均値より高め?くらいで、スタッフの人が「機械の調子が悪いかも?」と言って、測り直しされましたが、やはり同じ結果でした。

上記の本は、現役の現代医学のお医者様が書かれていますが、自然食や甲田療法などにも共通点を感じるところも多く、私には取り入れやすかったです。

本で紹介されている簡単な体操も、西式の体操に通じるものがあるように感じました。

西式の体操は、病気で立てない人でも、寝ながらとか、座ったままできる点が、西先生と甲田先生の大きな愛を感じますが、

逆に、職場の休憩時間などで寝ころべない場合は、上記の本で紹介されている、立ってできる体操の方がやりやすいかもしれません。

血管の老化は、急死につながることが多いことから、癌よりコワイと言われています。

また、そこまで症状が進んでなくても、美容面でもかなりの影響があります。(しみ、そばかす、抜け毛などなど)

実は、もともとは、血圧やコレステロールが高めな母のこともあって読んだんですが、本人が活字を読む気ゼロなので、人から内容を説明されるだけじゃ実行する気もおきないらしく、恩恵を受けたのは私だけ。

そこで、活字を読みたくない人にもビジュアルで見られるマキノ出版のムック『血管がぐんぐん若返る』を見せたら、母も酢玉ねぎを作って食べ始めました~。(笑)

20170618_2

2017年6月12日 (月)

美しい地球を作ろう!残そう!~「ありがとう地球還元フォーラム611」

20170612_2

昨日(2017.6.11)、愛知県岡崎市で行われた「ありがとう地球還元フォーラム611」に行ってきました!

このフォーラム、心から「行って良かった~!」と感じました!

なぜって、内容もさることながら、主催者の石川貴子さん、講演者の篠原正樹先生倉内康寛さんという、素晴らしい方々にお目にかかれたから!

3名の先生方全員が、利益や損得を考えずに、「地球のため、今と未来の地球人のため」という気持ちだけで、嬉々として活動してらっしゃることが、本当によく伝わってきて、心まで満たされました。

こんなにも、ピュアでオーラが輝いてる素敵な方々が地元、愛知県にいらっしゃって、とっても嬉しいです。

会の内容は。。。

1.『蘇生』(白鳥哲監督作品)の上映

この作品は、何度も見る価値があります!
「私たちが、いかに微生物さん達のお陰で生かされているか」ということや、「放射能や化学物質などで、人間が汚染してしまった土壌を蘇生するカギと大きな希望」が、この作品で伝えられています。

※白鳥哲監督の公式サイト→ Office TETSU SHIRATORI.com

2.篠原正樹先生(株式会社みらい 岡崎市)の講演

以前は、中学校の先生をなさっていて、昔から「環境教育」に取り組んでこられた、篠原先生は、退職後の現在も、環境関連の会社の代表として、環境浄化に取り組んでらっしゃいます。

とっても、明るくて、気さくで、少年のように瞳を輝かせて環境浄化に取り組まれている先生のそばにいるだけで、なんだか元気になれちゃいました~!

長年、EM菌を使って、ボランティアでの大規模な環境浄化も継続なさっていて、そんな先生の活動の成果を、以前、学生たちが映像に撮って、コンクールで受賞した作品もYouTubeで見れますよ!

ドブ川に輝くアユ

https://www.youtube.com/watch?v=liuSI4iuDdY

3.倉内康寛さんの講演

「フルーツや野菜などの自然の恵みから命のエネルギー(還元力)を上手に引き出す方法」を伝えてらっしゃる倉内さんのお話には、目からウロコのポイントがありました!

活性酸素から体を守ることが、アンチエイジング、美容、健康にとって重要だということは、以前から注目されてますよね。

その方法として、酸化還元作用のある食品や水素水などいろいろな物が、注目されています。

ところで、酸化還元作用のある食品には、もともとアルカリ性のものと、酸性だけど還元作用があるものの2種類あるのは、ご存知ですか?

私も、以前「お酢や梅干しなどは、酸性みたいなのに、なぜ体の酸化を防いで、体内をアルカリ性にしてくれるんだろう?」と疑問に思ったことがありますが。。。

やはり、細胞の酸化を還元するものにも、もともとアルカリ性のものと、酸性だけど還元力があるものがあるそうです。

水素水、ヒマラヤ岩塩、アルカリイオン水、重曹などは、もともとそれ自体がアルカリ性です。

でも、普通の食べ物で、酸性だけど還元力のあるものがあります。

そして、口から摂取する場合には、そうした酸性の還元力のあるものの方が、体には良いことが多いそうです。

倉内さん曰く、「胃液は強い酸性だからこそ、食べ物を消化できて、口から侵入してきた雑菌やウイルスを殺せるので、それをアルカリの物で中和してしまうと、食中毒や消化不良のリスクが高まる」そうです。

そういえば、甲田療法の森美智代先生も、「重曹水を飲んで、体の酸化を防ぐ」などの療法は、胃の弱い人には向いてない」と仰ってましたよ。

今回のフォーラムに出席して、「味噌やお漬物、納豆などの発酵食品や、還元作用のある酸性の梅干しなどがある、日本の伝統的な食文化ってすごいな!」とあらためて思いました。

そして、もう一つ、一番大切なことは、白鳥監督の『蘇生』の中でも語られているように、微生物さん達と仲良く共存することは、地球を守り、みんなが幸せに暮らすためのカギだということ。

そして、私たちの体内にも、数えきれないほど住んでいる微生物さん達に、私たちの思いは全て伝わっていて、「愛」や「喜び」を抱いて生きることが、微生物さん達と仲良く共存するために絶対に必要だということです。

(これが、科学的にも証明されつつあるようです。)

最後に、主催してくださったオーガニックエステ「ちゃあみんぐ」を経営なさっている石川貴子さんも、少女のようなピュアな輝きを放たれたチャーミングで素敵な方だったことをお伝えして終わりたいと思います。

石川貴子さん、篠原先生、倉内さん、そして、『蘇生』の白鳥監督はじめ、フォーラムに関わってくださった皆様に感謝です。

ありがとうございました!

2017年6月 3日 (土)

晴れた日のお茶は公園で。

20170603_1_2

先日、オーストラリアから一時帰国中のAちゃんと、公園でピクニックスタイルで、お茶しました。

そこは、私が、長年、自分の部屋のように愛用してる公園だったんですが、新たに、桑の巨木を発見!

落ちた実で、地面が真っ黒になるほど、たわわに実った桑の実を一粒いただいたら、甘くて美味しかったです!

「公害のない自然豊かな環境が広がって、自生した木の実や野草を、必要な分だけ自由に食べたり、喉が渇けば湧き水を飲めるような暮らしが出来たら素敵だな~。」

なんて、桑の実を食べながら思いました。

Aちゃんは、数年前に、このブログを見て連絡をくれた、妖精のように可憐で、美人で、心も優しい女の子。

このブログを読んで連絡をくれる人って、書いてる私より、ずっとずっと素晴らしい人ばかりなんですが。。。Aちゃんも、その例に漏れずです。

私よりずっと年下なはずなのに、いつも、さりげない心遣いで私の方が癒してもらっています。
(↓書かなくても一目瞭然だと思いますが、左がAちゃん。)

20170603_2

この日も、柿茶と、家にあった材料で作った寒天とナッツ類とドライフルーツをガラス瓶に詰めただけの、簡単ジャー・デザートを持って気軽にピクニックしながらおしゃべりし、結局、私の方が癒されて元気をもらいました~。

おまけに着なくなったという「うさと」のブラウスまで、もらっちゃった!

20170603_3

「うさと」には珍しい丈の短い小さめサイズなので、ギャザーのスカートに合わせやすい!

ちょうど欲しかったタイプで、すご~く嬉しいです!!

Aちゃん、ありがとうーーーっ!!!

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ