« グリーンソーラーウォーターの時代?! | トップページ | <重要なお願い> »

2017年4月 2日 (日)

「わたし」は、しあわせを盛るお皿

20170402

先日の記事「幸せな人が幸せな理由」に、

「幸せな人」が幸せな理由は、普通の人が損だとか苦しいと感じてしまうようなことでも、「ありがたい」「幸せだ」と感じられることが大きいのだと思います。

と書きましたが。。。

これって、難しそうですが、自分の心の動きを観察してれば、誰にでも出来るようになることなんじゃないかと思います。
(だからこそ、先生方がお手本となって示してくださってるんですよね!)

「悟った人は、一瞬もネガティブな感情が湧かないのか?」っていう疑問がある人も多いと思いますが、聞くところによると肉体を持って地上にいる間は、そんなことはないみたいです。

でも、悟った人が普通の人と違うのは、ネガティブな感情が湧いた時に、すぐにそれに気づき、そんな自分を批判したり、罪悪感を感じたり、その感情を無理に消そうとせずに、ただ「今、自分はそう感じてるな」と、客観的に自分を見ることができるということだそうです。

簡単に言うと、いつも自分の気持ちをしっかり感じることが大切なんですね。

そうすれば、自分にとって不快な感情は、すぐに消えるし、意図的にその感情を選ばなくすることも出来ます。

(これについては、秋山佳胤先生の「いいかげん人生術」を読まれたり、ヴィパッサナー瞑想の練習をするといいと思います。)

以下に、私が先日思いついたことを、皆さんとシェアさせていただきますね。

例えば、こんな想像をしてみます。

今、様々な食べ物が並ぶ素敵なレストランにいます。

そこは、食べ放題のビュッフェ形式です。

ただし、お皿は、大きいけど一人一枚しかありませんし、時間制限もあります。

そんな時、わざわざ自分の嫌いなものを盛ったりしません。

好きなもの、自分の心も体も喜ぶものだけ選んで盛ります。

食べたことない未知のものも少し盛ってみるのもワクワクします。

でも、明らかに嫌いなものを盛ってたらスペースがもったいないです!

せっかく素敵なレストランに来たのに、嫌いなものばかり選んで食べて、不満を感じてたら全然楽しくないです。

この「お皿」を、自分の心だと思えば、自分にとって不快な感情をわざわざ持ち続けるのが、馬鹿らしくなります。

転生があっても、今の自分の肉体で生きるこの人生は一度きり

だから、

「わたし」というお皿を、いつも「自分にとって心地良いもの」、「最高のもの」、「楽しい、うれしい、ありがとう」で満たしたいなぁ~!

と思います。

春分の日からも、どんどん波動UPup、パワーアップupしてる、この地球で。

関連記事:毎日24時間しあわせな理由 ~すべてがうれしい~

« グリーンソーラーウォーターの時代?! | トップページ | <重要なお願い> »

体験レポート/日記」カテゴリの記事

心のお話」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1503757/70126914

この記事へのトラックバック一覧です: 「わたし」は、しあわせを盛るお皿:

« グリーンソーラーウォーターの時代?! | トップページ | <重要なお願い> »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ