« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月30日 (木)

グリーンソーラーウォーターの時代?!

20170330

青いガラス瓶にお水を入れて、お日様を当てた波動の高いお水、「ブルーソーラーウォーター」を作ってる人もいらっしゃると思いますが、

聞くところによると、最近の太陽光の関係で、現在は、青でなく緑色の波長を通した方が、パワーの高いお水になるのだそうです。

これは、波動のことに詳しい人たちの多くが、おっしゃています。

※関連参照サイト:
→ 簡単!ブルーソーラーウォーターで元気になろう
→ 時代は ブルーソーラーウォーターから グリーンソーラーウォーターへ!

インターネットでは、まだグリーンソーラーウォーターを作るための専用の緑のガラスのボトルは、特に売られてないので、作る時は、ペリエやワインやお酒の緑の空き瓶を使うとして。。。

「どうせなら、常温のお水を持ち歩く時も、緑のボトルだと気分的にUPするかも?

と思ってたら、ちょうど見つけました~。

ちょっと嬉しい気分です♪

 

2017年3月24日 (金)

幸せな人が幸せな理由(最近、感涙したこと3つ)

20170324_1

最近、心にしみて、ちょっと涙が出たことを書きます。

一つ目は、秋山佳胤先生とご長男みつ君の後ろ姿を見た時のこと。

お二人が、2月に行われたワンドロップ聖歌隊名古屋支部の説明会に、ご厚意で応援に来てくださった時のことです。

説明会終了後、会場を後にするお二人をお見送りしたのですが。。。

お二人は、いつもサービスで淹れてくださるコーヒー道具一式や、シンギングリンやライアーなどが入った大きなスーツケースやキャリーバッグをいくつも引きながら、元気に‟徒歩で”去って行かれました。

秋山先生のように、講演会をなさる立派な先生ともなれば、会場までは、常に車での送迎があったり、タクシーチケットを受け取っているのだろう。」と思われてる方もいらっしゃると思いますが、そうではないんです。

みつ君が、お父様(秋山先生)の講演会が週末に行われる時は、いつも一緒にコーヒーを淹れるお手伝いをしている姿も素敵だと思いますし、

先生が、そうした社会的な活動や、お仕事の場に、お子さん連れで来られることも素晴らしいと思っていますが、

お二人が、大きな荷物をいくつも持って、「今日はありがとうございました!」などと、感謝の言葉まで残して、立ち去る姿を、実際に目の当たりにすると涙が出ます。

(シンギングリンを奏でるみつ君。かなりイケメンです。)

20170324_2

二つ目は、森美智代先生が、ご多忙の中、いつもの優しくて可愛い声で祝詞を読んだ動画を投稿してくださった時のこと。

癒しパワーいっぱいの動画にも感動なんですが、年末年始の断食合宿でも、常に、ご自分のことより、世のため人のためになることを考えて、さりげなく行動してらっしゃる森先生の姿が、いっきに思い出されて心にジーンと来ました。

森先生は、よく「いつも幸せで、将来のことも心配してないんです。」と、ゆったりした口調で仰っていますので、知らない人が聞いたら(知ってる人でも)、本当に何のご苦労もないのだと思ってしまうかもしれません。

確かに、森先生は本当にお幸せなんだと思いますが、それは先生が超越してらっしゃるからです。

これは、秋山先生にも共通して言えることですが、もしも普通の人(私も含めて)が先生と同じ状況になったら、きっと「大変だ」、「自分だけ損してる」、「自分の時間がない」などと文句を言いたくなったり、不安や心配も、いろいろと湧いてしまうんじゃないかと思います。

でも、森先生は、普通の人だったら大変な時にも、いつもニコニコ笑ってピュアに、穏やか~に「幸せ~♪」とか言って、さりげなく人のために行動なさってるんですよね。

それに深く気づく瞬間、それを思い出す瞬間は、本当に涙が出ます。

三つ目は、ワンドロップ聖歌隊の名古屋支部の練習に東京から来てくださった事務局の清水浦安先生、愛宕さん、二戸さんとお話しした後。

「聖歌隊は年会費があるから、事務局には十分な運営費があるだろう」と思われてる方も多いかもしれませんが、それも違うんですよね。

実際には、運営費は全然十分といえず、事務局の方や、聖歌隊メンバー方が、別の支部に応援に行くとき、大抵の場合はボランティアだったり、自費で活動しています。

先日も、事務局の方々は、前日の東京での別イベントを終えた後、個人所有の車1台に、みんなで乗り、夜は車中泊で、そのまま名古屋の練習を見学や説明してくださった後、夜までミーティングをし、そのまま、また車でトンボ帰りというハードなスケジュールを、元気にこなしてくださっていたのです。

世のため人のために尽くしてる方々ほど、自他ともに認める「幸せな人」なんですが、

そういう「幸せな人」が幸せな理由は、普通の人が損だとか苦しいと感じてしまうようなことでも、「ありがたい」「幸せだ」と感じられることが大きいのだと思います。

「人は、自分のことばかり心配してるうちは、幸せになれないなぁ」と思います。

自分の経験からも。(^^;)

幸せになるには、たとえどんな状況でも、自分の心配をやめること。

そして、

今この瞬間を楽しむこと。

今この瞬間を愛で満たすことだけ考えること。

(私も、いつもそうでありた~い!)

2017年3月14日 (火)

何があっても愛を選ぼう!後編~秋山佳胤先生&井上靖子先生コラボ講演会2017.3.12~

20170314_1_4 20170314_2_4

前回の記事の続きで、秋山佳胤先生と井上靖子先生のコラボ講演会のレポート(後編)です!

この後編でお伝えするのは、

4.人は死ぬとどうなるのか(死の恐怖が和らぎます)
5.免疫力と浄化
6.原発について
7.プラーナで生きること
8.「ありがとう」の言霊パワー
9.光と闇の統合
   などです。

※以下、講演会当日のお話し順不同で、内容ごとに項目を作り、下線部分は、なるべく先生方の言葉をそのままに、その他の部分は私の言葉で説明や感想を書いています。

<人は、死ぬとどうなるのか?>

「死」に対する恐怖がゼロな人は、とても少数だと思います。

でも、秋山先生の以下のお話を聞けば、死の恐怖はやわらぎ、代わりに今を自由に楽しく生きることができるようになるのではないかと思います。

秋山先生によると、人は、死んでも、それまでの意識はあり、エネルギー体の体も持ったままで、その点では生きてる時と、あまり変わらないのだそうです。

そして「死とは、服を脱いでお風呂に入るような身軽になって気持ちよいもの」だそうです。

つまり、肉体という衣を脱いで、波動だけの体になるので、身軽になり、しかも物理的な制限もないため、時間に制約されることもなく、思ったことが即実現するような世界で過ごすことになるそうです。

私の3番目の甥っ子が保育園の時に、将来なりたいものを聞いたら、明るく「おばけ!」という答えが返ってきたことがあります。

理由を聞いたら、「だって、好きな時に好きな所に行けるし、お金がなくても何でも手に入るし、何も食べなくても平気だから!」と無邪気に言ってました。

確かに、死後の世界って、そんな世界なんでしょうね!

そして、9年以上、物質的な食べ物や飲み物を必要としない秋山先生も、肉体を持ったまま、物理的制限を最小限に地上で生きてらっしゃる方です!

秋山先生は、「死ぬのが怖く感じるのは、未知のものだからだけど、実は忘れてるだけ。生まれてきたってことは、その前はみんな死んでたんだから、本当は誰もが経験済みのことなんですね。」

とも、仰ってました。

でも、「死は終わりで、意識も何も消えてなくなる」と誤解してる人が多いので、死んだ後で、そのことに気づかない人も多いのだそうです。

特に、苦しみを終わらせたくて、ご自分で命を絶たれた方は、死後も何も変わらない自分を感じて、自殺に失敗したんだと思い込んで、霊体で何度も自殺行為を繰り返してしまうこともあるそうです。

森美智代先生も仰ってましたが、病死など他の原因で亡くなられた方も同様に、まだ自分が生きていると思い込んでいたりして、悪意はなくても、親しい人や、共感できる感情を持つ人から離れなくなってしまい、くっつかれた人は、体が痛んだり不調になってしまうこともあるようです。

そういう肉体を持たない方のほとんどは、そのように気づいてないだけで悪意は無いと思うので、自分が死んだことに気づければ、それだけで無事にあちらの世界に移行でき、しかるべき手続きなどが済んだら、今度は、正しい形で、生きている人を見守ることができるそうです。

では、亡くなった人に、亡くなったことに気づかせてあげるには、どうしたらいいかですが。。。

一番有効なのは、その人のために祈ることだと秋山先生はおっしゃっています。

お葬式やお墓参りなど、儀式や形が大切なわけではないと思いますが、場合によっては、そのような形も合わせて祈ることで、亡くなられた方も自覚できる機会が増えるかもしれません。

それでも、死に対する恐怖感が強かったり、この世界での未練が強いと、なかなか自分の「死」を認めない人もいるような気がしますが、どんなに親しくても、やはり、その人を幸せにする責任を肩代わりすることは出来ないことだけは肝に銘じて、その人に癒しが起こるように、ひたすら感謝と祈りを捧げ続けるしかなのかもしれませんね。

<5.免疫力と浄化>

内外ともに、輝く美しさを持つ靖子先生ですが、実は、ホメオパシーの好転反応が強く表れ、2年前から約10か月間ほどは、仕事も出来ず、夜も眠れず、人にも会えなくて、死んでしまいたいほど、酷いアトピーに襲われたそうです。

それ以前も、ヨガビューティクリエイターとしてご活躍なさり、定期的なファスティングなどもされていた靖子先生なので、秋山先生も、まさか靖子先生にそこまで強い好転反応が現れるとは思われてなかったようです。

美しい外見が、すっかり変貌し、いつ終わるとも判らない酷い痒みや痛みの中で、何度も心が折れそうになりながら、秋山先生に励まされて、ひたすら自己治癒力を信じ、乗り越えられた靖子先生。

秋山先生も仰るように、その症状の原因は、きっと、それまで体に溜まっていた物理的な毒素や、精神的に抑圧されていた苦しみなど、一つではないのでしょうが、

靖子先生は、すさまじい闘病生活の中で、大きな気づきを得て、ある時に、白い光に包まれる神秘体験をなさった後、急速に症状が解放へ向かったそうです。

そして、「これからは、どんなことがあっても、愛と光、調和の周波数を選んでそれに合わせて生きていく」と決心なさったそうです。

素晴らしいですね!これには、私も心から共感します!

いつ終わるか判らない苦しみほど、辛いものはないと思いますが、それを乗り越えられた靖子先生は、本当に、内側からも、光を放って輝いています!

靖子先生のように、本来、人には誰にでも自然治癒力が備わっていて、時には、浄化のために、病気という辛い症状が起こることがあります。

でも、そんな時も、「一番大切なのは、自分の自然治癒力を信じ、免疫力を上げる努力をすることだ」と秋山先生は仰っしゃいます。

私も、これには、とても共感します。

<6.原発について>

ところで、この講演会が行われた前日は3月11日。

東日本大震災の起こった日です。

このことから、秋山先生から以下のようなお話もありました。

あれから6年、福島の原発問題は少しでも収束しているのでしょうか?

放射性物質は、少しでも減っているのでしょうか?

残念ながら、答えは「No」です。

報道があまりされなくなっただけで、実は、今も放射性物質は、河川にも大気にも放出され続けるばかりです。そして、それは時間と共に、国境を越え広がっています。

現実は、放射性物質を避けたくても、もはや完全に避けるのは無理な状態です。

それは、自然栽培や有機栽培の食べ物だけを食べても避けられるものではありません。

そんな中、私たちができることは、免疫力を上げることしかないんです。

そのためには、笑いの力が有効、そして、未知ゆえの恐怖を未知に挑むワクワクに変えて、こんな時だからこそ、喜びを歌い、一人でも多くの人が、美しい調和の波動を放って伝えることが大切だそうです!

(ということで、これに共感いただける方、ぜひワンドロップ聖歌隊で一緒に歌いませんか? 秋山先生も聖歌隊員ですよ!詳しくは→ワンドロップ聖歌隊

また、これは、ちょっと怪しい話に聞こえるかもしれませんが、 日本神界の神様方も、人間と同じように、あちらの世界で話し合いをなさるそうですが、その中でも原発について話し合われているそうです。

日本は、原爆によって放射能の被害を受けた国として公式に認められている国です。

どこよりも、原子力の恐ろしさを知っている国のはずです。

それなのに、戦後50基以上もの原発を建設してしまいました。

実際には、一発の原爆よりも、50基以上もの原発を長期にわたって稼働し続けることの方が、結果的にたくさんの放射性物質を産出することになります。

一説には、熊本の地震も、原発に対する警告のメッセージであると言われています。

日頃、すべてに善悪のジャッジをなさらない秋山先生ですが、「(すべてに善悪はなくても)、今、原発というものは、宇宙と調和しているものなのか?」と考えることが重要だと仰います。

私も、究極のところ、すべてに善悪は無いとは思いますが、やはり選択肢がある限り、「どちらが宇宙と調和しているのか?」、「自然と調和しているのか?」、「愛を動機としているのか?」を基準に、選びたいと思います

また、放射性物質による土壌汚染を改良する手段としてEM菌の有効性が認められています。

詳しくは、白鳥哲監督の映画『蘇生』 で解ります。

また、福島の土壌汚染改善のためのチャリティー講演&コンサートが、今年(2017年)6月3日大阪の八尾で行われます。森美智代先生、秋山佳胤先生はじめ、素晴らしい先生方がご出演されます!(→ 説明&申し込み先:プラーナライフ音楽会

7.プラーナで生きること>

秋山先生が、物質的な食べ物や飲み物も召し上がらず、プラーナだけで生きるきっかけになったのは、同じようにプラーナだけで生きるオーストラリア人のジャスムヒーンさんに出逢われたことがきっかけだそうです。

実は、私も、秋山先生を存じ上げるずっと以前から、ジャスムヒーンさんのご著書『リヴィング・オン・ライト』と、『神々の食べ物』を持っていて、長期間読まずにそのままにしていたのに、どうしても気になって手放すことが出来ずに本棚に眠らせていました。

結局、きちんと通して読んだのは、1年と少し前のことで、今も、小食のベジタリアンとはいうものの、プラーナの摂取率は上がってません。(-_-;)

秋山先生によれば、プラーナ摂取率を上げる最大のコツは、愛の周波数と調和してリラックスして生きることだそうですが、まだまだ私には、精進と意識の解放が必要なようです。

そんな私でも、秋山先生の講演会に参加させていただくと、いつも空腹感がなくなってしまい、昨日も持参した豆乳の1パックすら、なかなか飲み切れず困ったほどです。

秋山先生も、初めてジャスムヒーンさんのワークショップに参加なさった時に、5日間空腹感も感じず、その後も、仕事での会食のきっかけがなければ、そのまま食べないでいたかもしれないとのことです。

その理由は、ジャスムヒーンさんが愛の周波数を放っていたからだろうとのことですが、まさに今の秋山先生も、同じことをなさっていらっしゃるのですね!

また、森美智代先生の合宿で断食が全然辛くないのも、同じ理由で森先生の放つ愛の周波数のお陰が大きいと思います。

私は、一昨年、体を壊してからは、時期によって、「しじみやあさりなどの貝だけでも、今は摂るように」と指導された時もあって(これは、森美智代先生のご指導ではなく、その前に出逢った先生のご指導です。)、場合によって、物理的な力や命をいただくことも大切かもしれないと思っていますが。。。

物心ついた時には、「果物と木の実しか食べたくないのに。」と思っていた私は、「食べないこと」を、常に心の奥では求めているのかもしれません?

ジャスムヒーンさんは、今年7月に3年ぶりに来日し、東京でワークショップを行われる予定です。

ナチュラルスピリットさんのページに案内が出ています。

久しぶりに、ジャスムヒーンさんの新刊『「平和の道」と「本質」で在ること』も出版されました。

<8.「ありがとう」の言霊パワー>

言霊パワー、特に、「ありがとう」という言葉の持つパワーについては、以前からいろんな所で、言われていますが、これについては、秋山先生も同意なさっています。

ある方が、壊れた電化製品に「愛、感謝、ありがとう」と言ったら直ってしまった例や、秋山先生が山を下りられる時に、「愛、感謝、ありがとう」と地面と調和しながら歩いたら、滑っても転ばなかった例などお話してくださいました。

私も、パソコンの調子が悪い時は、よく「愛してます。ありがとう。」というと、直ることが多いので、やはり、言う人の調和度に関わらず、言葉自体にパワーがあるようです。

どんどん使いましょう~!

9.光と闇の統合

「かごめ、かごめ」の歌の意味について、秋山先生がご説明してくださいました。

 これについては、魂活パフォーマーMINAKOさんという方が、ブログで詳しくご説明くださっているので、ぜひご覧ください。→ 秋山佳胤先生の講演会での気づき

少しだけ私からもお伝えさせていただくと、

この「かごめ、かごめ」の歌詞の中の、「すべった」は、「滑った」ではなく「統べった」だそうですが、

人間は、二足歩行になり直立したことによって、光の柱となって天と地を統合する役目を担っているそうです。

また、「後ろの正面」つまり、自分の中の闇と向き合い、その闇を裁くのではなく抱きしめて統合することで、すべては光となるのだそうです。

誰もが自分の内側に真実の光を持っています。

心から喜びを持って行動するのは、その光を輝かせ、最高の瞑想状態にいることと同じだそうですよ!

もう、すべての恐怖や不安を捨てよう!

心から喜べることを、今すぐ始めよう!

何があっても「愛」を選ぼう!

昨日の講演会で、そう叫びたい気持ちになりました。

ありがとうございました!(合掌)

 

2017年3月13日 (月)

何があっても愛を選ぼう!前編~秋山佳胤先生&井上靖子先生コラボ講演会2017.3.12~

20170313_1

昨日の名古屋での秋山佳胤先生と井上靖子先生のコラボ講演会のレポート(前編)で~す!

今回は、お話しだけでなく、お二人の先生によるシンギング・リンとクリスタルボウル(&ライアー)のヒーリング演奏があり、高波動浴で癒されるスペシャルイベントでした!

(外見もさることながら、内側から輝きを発して女神様のような井上靖子先生(ヨガビューティクリエイター)です!

↓ ↓ ↓

20170313_2

シンギング・リンは、天から設計図が降ろされた楽器で、誰が鳴らしても癒しの周波数の音が出る不思議な楽器だそうです。
ゆほびか4月号の付録にシンギングリンのCDが付いてます。)

私も、実際に、何度も生で聴かせて(音を浴びさせて)いただいていますが、確かに、その空間が、突然、高波動で満たされて、脳波までも変わってしまうのを感じます。

秋山先生も、初めてシンギング・リンに出逢った時には、物欲はほとんど無くなっていたそうですが、「この楽器だけは欲しい!」という強い思いが湧き、即決でご購入なさったそうです。

どんどんミニマリスト化していて、シンプルに暮らしたい私も、何か「モノ」を買うならシンギングリンが欲しいです。

ところで、秋山先生のお話の内容は、やはり今回も素晴らしすぎて、とても全てを書ききることはできませんし、靖子先生の素晴らしい体験談も、私からでは全てをお伝えできません。

でも、両先生には、ブログでの内容レポートをご快諾いただいていますので、これまでの講演会レポートと重なっていない部分は、なるべく沢山書かせていただこうと思います。

長文になるため、前編と後編に分けて記事にしたいと思います。

この前編では、

1.攻撃的エネルギーを受けない秘訣
2.人前で緊張しない秘訣
3.親子関係で悩んでる人へ(親に感謝することの意味)

後編では、

4.人は死ぬとどうなるのか(死の恐怖が和らぎます)
5.免疫力と浄化
6.原発について
7.プラーナで生きること
8.「ありがとう」の言霊パワー
9.光と闇の統合   などお伝えします

どうぞ、秋山先生と靖子先生の素晴らしい愛と光のメッセージをお受け取りください。

※以下、お話の順不同で、内容ごとに項目を作り、下線部分は、なるべく先生方の言葉をそのままに、その他の部分は私の言葉で説明や感想を書いています。

<1.攻撃的エネルギーを受けない秘訣>

いつも愛と調和の周波数で生きていらっしゃる秋山先生でも、時には悪口や攻撃を浴びせられることもあるそうです。

でも、そんな時にも、先生は傷ついたり被害を受けたりすることは無いそうです。

その秘訣、知りたいですよね?

それは、①真に受けないこと、②悪口を気にしないこと、だそうです。先生は、人が自分に対して何を言っていても、気にならないそうです。

これって、難しいと感じる方も多いかと思いますが、確かに、人が自分に対して思っていることと、本当の自分は別なんですよね。

人が何を言おうが、自分の本質が変わるわけじゃありません

最近、私が思うのは、「自分が人に対して思うことは、相手がそうだというよりも、良いことも悪いことも、結局自分の中に同じものがある」ということです。 自分の中にまったく無いことは、思いつきもしないのではないかと思います。

<2.人前で緊張しない秘訣>

「私も、昔はあがり症だったんです。」とおっしゃる秋山先生。

「でも、今では、人が何を思っても気にならないから、私は勝手に喋りたいことを喋ってるだけ。 だから、緊張しないんです。私が、こうやって皆さんの前で話してることも、全部ひとり言なんですね。(笑)」

だそうです。

秋山先生、極度のあがり症を治すために、昔、路上で道ゆく女性たちに、バラの花を一輪ずつ配るという、かなり怪しまれる行動に出たことがあるそうです!

やはり、大物の発想は違いますね!(笑)
私たちも、ちょっとやそっとの恥で落ち込んでる場合じゃないですねー! ファイト!(笑)

<3.親子関係で悩んでる人へ(親に感謝することの意味)>

親しい間柄で学び合うことを決めて生まれた家族関係で、悩んだり苦しむことは、多かれ少なかれ、誰にでもあるのではないかと、私は思うんですが。。。

「親に感謝できない」と思ってる人や、そんな自分を責めてる人も多いのではないでしょうか?

秋山先生は、「親の人格も含めて感謝してくださいとは言いません。」と仰っています。

「でも、今こうして肉体を持って生きていられるのは、まさに親のお陰なので、そのことには感謝しましょう。」とのことです。

親だって、神様じゃなく一人の人間なので、完璧なわけないですよね。

反面教師の部分の多い親だって大勢いると思います。

「子供のため」とか言いつつ、余計なことをして感謝を強要するような、自己重要感を必死に求めている親もいたり。。。

自分の叶えられなかった夢を子供に叶えてもらおうと、束縛してしまう親もいたり。。。

本当に、みんな必死で幸せを模索し探求している仲間なのかも?

それに、「魂の領域では、信頼してるからこそ、自分の成長のための悪役を頼むことができ、それを引き受けてくれる人もいる」と、以前、はせくらみゆき先生も仰ってました。

私事で恐縮ですが、実はこの講演会の行われた昨日は、父の命日でした。
しかも、父が亡くなった晩も、同じように満月でした。

そんな日に、素晴らしい愛の周波数の音楽を浴び、先生方のお話を聴けたことは、最高の供養になったと感謝しています。

父が生きてる間は、あまり親孝行だったとは言えない私ですし、

実は、肉体を脱いだことを、なかなか自覚できない父と、現在肉体を持つ母の間で続いてる「わだかまりの感情」を、上手く仲裁して解消してあげることも出来ず、ちょっと苦しく思ってた自分がいるのですが、

秋山先生のおっしゃるように、この世に肉体を持って誕生させてもらえたことには、本当に心から感謝しています!

昨日、秋山先生に、

「こうしてemiさんと出会えたのも、お父様がいらっしゃったお陰なので、お父様にも感謝しています。」

と、お優しい言葉をいただき感動しましたが、確かに私も、秋山先生のお父様が肉体を脱がれたお話をお聞きした時に、先生のお父様に同じように感謝を感じたのを思い出しました。

なので、秋山先生に戴いたお言葉は、決してお世辞などでないと、感謝して受け取っています。

そして、今回、「私が秋山先生や靖子先生に出逢えたのも、父と母、そしてご先祖様がいなかったら、叶わなかったことなのだ。」と、自分の側で、あらためて感謝を感じたことが癒しにもなった気がします。本当にありがたいです!

次回の後編では、この続きで、死や霊の恐怖がなくなるお話から始めたいと思います。

2017年3月 8日 (水)

『彼らが本気で編むときは、』~目覚めて自由で優しくなれる映画

20170308

大好きな荻上直子監督の最新作『彼らが本気で編むときは、』を観てきました。

私にとって、荻上監督と言えば。。。

普通っぽいけど、ちょっとファンタジックな日常の中で、さらっと生きる、「しがらみや捉われのない自由な心」と「偏見のない愛」を持った登場人物に共感できる映画を作ってくれる監督。

そして、映像もオシャレで、観れば必ず幸せな気持ちになれる大好きな作品ばかり。

この新作も、そうしたポイントはしっかり保ったまま。。。と言うか、そういう「偏見のない愛と自由」が、更にしっかりと全面的なテーマとなってる感じで、これまでの『かもめ食堂』『めがね』『トイレット』『レンタネコ』よりメッセージ性の高い作品に感じます。

今回の、メインテーマは、「トランス・ジェンダー」ですが、それ以外にも、「親子関係や家族関係」「人が心の中に持つ恐怖から一般常識に縛られること」など、いろいろな側面から、本当の愛や自由をわかりやすく感じさせてくれます。

本当の愛とか自由のことって、エッセイや、スピリチュアル系の本や、聖典にも書かれているのですが、それが、山の上や教会やお寺の中だけでなく、実生活の中で生かすことの方が逆に難しかったりしますし、大切ですよね。

それって、地球で、物理的な肉体をまとって生きる経験から学ぶ醍醐味でもありますし。

なんだか、ごちゃごちゃ理屈っぽく書いてしまいましたが。。。

とにかく、これからの時代を生きるのに、一人でも多くの人に見て欲しいなぁ~と思ってしまう映画です。

ジェンダーの問題や、親子関係の悩みがある人はもちろん、そうじゃなくても、観れば誰もが、目覚めて、優しい気持ちになって自由になれると思います!

2017年3月 4日 (土)

毎日24時間しあわせな理由 ~すべてがうれしい~

20170302

前回の秋山佳胤先生の講演会の記事に、「辛いことがあっても嬉しい」と書きましたが、その理由というか、最近の私の心境を表現させていただきたいと思います。

「辛いことや嫌なことがあっても嬉しい」というのは、「辛いこと自体が嬉しい」という意味ではないんです。

それだったらマゾですよね!(笑)

以下、説明文だと書きにくいので、ただ言葉が出るに任せて書いたら、詩みたいになりました。

ちょっと長いんですが、ポイントは最後の方なので、お忙しい方は最後の方だけお読みください。

ちなみに、私が心から本気でこう感じるようになったのは、秋山佳胤先生や森美智代先生はじめ、素晴らしい魂の先輩方に出逢えたからこそです。

特に、詩の最後の一文は、秋山先生が、いつもおっしゃってることです。

~すべてが うれしい~ by emi

晴れた日は うれしい

おひさまを浴びて うごくと 元気になれる

雨の日は うれしい

本をよんだり ちくちく針しごとで 無心になれる

雨あがりは うれしい

湿った空気や かがやく緑で いい気分 

暑い日は うれしい

木々の間を走り抜ける風も つめたい水も 心地いい

寒い日は うれしい

ふわふわ毛布や あったかいお風呂で やすらげる

楽しいときは うれしい

こころが きらきら 輝きはじめる

つらいときは うれしい

たくさんの気づきが生まれる

やさしくされると うれしい

こころが ほかほか あったまる

傷ついたときは うれしい

たくさんの学びが生まれる

成功すると うれしい

すくすく成長した自分に逢える

失敗すると うれしい

その分だけ 成功に近づく

好きなことをすると うれしい

自分らしく 自然体になれる

嫌なことがあると うれしい

いつか作ったマイナスが清算されて消えていく

生まれてきて うれしい

星の数ほど 喜びがある

いつか死ぬのは うれしい

魂のふるさとに帰れる

すべてが うれしい

すべてが愛で できているから 

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ