« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月27日 (月)

自由に生きる!~秋山佳胤先生講演会 (じゆう工房 2017年2月26日)

20170227

昨日の秋山佳胤先生の講演会は、まさに至福の時間でした!

いつも、秋山先生の講演会は、お話はもちろん、会場が高次元波動で満たされて素晴らしいのですが、昨日はまた特別だったように感じます。

秋山先生もおっしゃってましたが、場所が、一般の会議室でなく、普段から、意識の高い素晴らしい人たちの集まる「じゆう工房」さん(神奈川県藤沢市)だったのも、高波動の講演会になった理由の一つだと思います。

もともと場のエネルギーの高いところ、更に、秋山先生の高波動ですから、もう会場は別次元でした!

主催者の外山美恵子先生が、「魂の故郷に帰った」と表現なさってましたが、本当に私たちすべてが、「同じ一つの命の源」から生まれたこと、その命の源は、「無条件の愛」だということを実際に感じさせていただけた講演会でした!

秋山先生は、お話の内容を書かせていただくことを許してくださっていますので、今日も、先生の素晴らしいメッセージを、いくつか、私の理解の及ぶ範囲で、ご紹介させていただきたいと思います。

でも、私というフィルターを通したお話になってしまいますし、先生のそばにいるだけで愛の波長が伝染する体験は、実際に先生にお目にかかってこそですので、ぜひ実際の講演会などのご参加や、先生のご著書をお読みになることをオススメします!(本からもエネルギーが出てますので。)

以下、特に下線の部分が先生の実際のお言葉に一番近い部分です。

<選択に迷った時や、人からアドバイスを受ける時の注意点>

選択肢があるということは、天からどちらを選ぶことも許されているということだそうです。

Aの道を行けば、Aの景色が広がり、Bの道を行けばBの景色が見える。そのどちらも間違いではないそうです。

けれども、より「自由度」が広がる方を選ぶことが大切だそうです。

私は、この「自由度が広がる」というのは、「心が軽やかになったり、こだわりのない明るい気分になれる」という感じじゃないかと思います。

先生が挙げられた例では、「食品添加物は体に悪いからということで、それを徹底的に避けようとストレスに感じれば、自由ではなく、執着になってしまう。 また選択肢がない時に「悪い物を食べている」と思う意識が、何より最も有害だということです。

けれども、「化学肥料や農薬が減れば、体にも環境にも負担が減るので、愛の気持ちで、自然農や有機農業を選ぶ」という道もあるとのことです。

確かに、このブログでも、何度か書いてますが、「悪い物を徹底的に避けよう」として、かえって健康を壊すことは多々あると思いますし、かといって、自分の体や環境に負担がかかるのを無視して罪悪感を感じたり、無理しても、愛や喜びにはなりませんもんね。

秋山先生によると「自由」をひとことで表すなら、「ら」の「来(=中心)」から離れないことだそうで、「自分らしさから離れないこと」「常にじぶんらしくあること」が「自由」ということだそうです。

私も、選べるときは、「自分が周りから良く見られる方」じゃなくて、「自分の本質に合った方」「自分の魂が喜ぶ方」を選びたいなぁと思います。

確かに、いつでも、そんな選択ができることが、自由なんじゃないかと感じます。

また、先生のお知り合いで、50歳過ぎて学校に行った人もいらっしゃるそうです。

秋山先生ご自身も、弁護士になると決めてから、司法試験を何度か受けられているそうです。

私も、いったん社会人になってお金を貯めてから、大学に行ったり、留学したりしましたが、一般常識にとらわれずに、やりたいことをやりたい時(または、やれるようになった時)にやるというのも「自由」ですね!

<自分の内側に、もともと備わっているもの>

講演会では、ワンドロップ聖歌隊 のお話も出て、私たちの中には、神様の「分け御霊」があるというお話もしていただきましたが、実際に、私たちは、外を探さなくても、必要なものは、自分の内側にすでに宿っているので、いつでも自分の内側に意識を向けることで、問題も解決していくのだそうです。

また、先生がアマゾンにいらっしゃった時に、現地の人たちのお祈りの踊りに体の動きを合わせるのに、頭でなく、ご自分の腸のリズムに意識を合わせてみたら、周りの人たちの動きと調和できたそうです。

オーケストラの名指揮者と呼ばれる人も、演奏を始めるタイミングを宇宙のリズムと合わせられる人なのだそうです。

英語でも、直観のことをgut feelingといいますが、腸や、第2チャクラで感じることで、宇宙のリズムと調和できるようです。

前回の記事で「腸」の大切さを書きましたが、心身の健康だけでなく、腸は、自然とつながる大事な場所なんですね。

<ウルトラマンの教え>

子ども時代の教育は大切なので、子供向けの物語などが製作されるのには、宇宙からの助けが入ってることが多いそうで、ウルトラマンも実は、以下を表現しているそうです。

ウルトラマン=私たちのハイアーセルフ(高次の自分)

警備隊=肉体をまとって地上で生きる私たち

ウルトラマンが3分間しか地上にいられないこと=私たちの肉体を持った時間は限られていること

児童文学の中には、かなり哲学的なものや、スピリチュアルな真理を感じるものが数多いですが、ウルトラマンもなんですね~!

<“今”に集中する>

「後でゆっくりしたいから、今、急いでやっておこう」という考えは良くないそうで、後でゆっくりしたいなら、「“今”、ゆっくりすればいい」そうです。

確実に存在しているのは“今”なので、喜びを後回しにして、今を犠牲にするのは、ナンセンスということですね。

私も、昔は、将来の生活の心配のために貯金して、やりたいことを我慢しているうちに、自分がやりたいことがわからなくなってしまっていた時期がありました。

そんな中でも、自然にやっていた喜びの一つが、このブログを書くことだったんですが、それでも、しばらくは、同時に無理もしていたり、ストレスもあって、約1年前に体を壊しました。

それでは老後のお金を貯めていても、それを使う時は来なくなってしまいますね!

それに気づいた今現在のところ、収入源の勤務の量を減らし、体調を整えながら、貯金を切り崩しながらも、心からやりたいことをやっています。

今、この世界でやりたいことを優先的にやることに決めたんです。

だから今、最高に楽しく幸せです!

辛いことが一つも無いという意味ではないんですが、ちょっとくらいは起きても気にならないし、実は辛いことが起こるのも嬉しいんです。(この理由は、後日あらためて記事で書きますね。→ 毎日24時間しあわせな理由

話が逸れましたが、最後に秋山先生からのワンネスのメッセージをお伝えして終わりたいと思います。

<ワンネス>

一枚の紙を細かく破ると、どの破片も違う形になるけど、パズルのように合わせれば元の一枚の紙になる。

これと同じで、人と人がぶつかり合うように見えても、それは表面がぶつかっているだけ。

違うように見えても、実は本質はみんな同じ。

これが、美恵子先生がおっしゃる、「魂の故郷へおかえりなさーい」「ただいまー」という感覚で、実際、講演会の前と後では、参加者全員の本質が輝き、調和度が増していたのを、しっかりと感じることができました!

秋山先生、すばらしい愛の次元を体験させてくださってありがとうございました!

2017年2月21日 (火)

簡単に楽しく「腸」を元気に!

20170221

今日のトピックは「腸」についてです。

前半に甲田療法後半にマキノ出版ムックの最新号の感想で、腸について書きます。)

年末年始に森美智代先生の断食合宿に参加させて戴き、西式甲田療法の食事法や体操なども、少しずつ取り入れていたら、すごく効果を感じるとともに、あらためて、腸の健康の重要性も実感しています。

20170221_2

甲田療法の4つの体操は、シンプルながら、すご~くよく考えられていて、効果が高いことも、やっていると体が教えてくれます。

また、裸療法温冷浴も、とっても効果が高くてお気に入り!

しかも、私は、毎日長時間やってるわけでないので、それでも効果が実感できるって、すごいな~と思います!

効果は腸だけでなく、いろいろと沢山あります!

私にとって、特に嬉しい効果は、①体が冷えにくくなった、②筋肉がついてきた、③抜け毛が減った、④石鹸を使わなくても、肌があまり汚れないです。

効果が感じられると嬉しくなって、無理なく続けられるんですよね!

ところで、ご近所のお庭で実った、無農薬&無化学肥料のレモンをいただいたので、「塩レモン水デトックス」にもトライしてみました~!

これは、甲田療法ではないのですが。

マキノ出版ムックの『腸の大掃除でやせる!病気が治る! CDブック』に書いてあった方法です。

とっても簡単で即効性があります。

(1Lのお水に、小さじ2の天然塩と1個分のレモン汁を入れて30~40分以内に飲み切る。)

このCDブックには、他にも、いろいろ腸をお掃除する自然で簡単な方法がまとまって書いてあって便利です。

便秘薬などのお薬は飲みたくないので、こういう即効性がある自然療法も、いくつか知ってると便利ですね。

(ちなみに、同じ「マキノ出版ムック」に、CD付きでない腸の大掃除系の本もありますが、CDは、以前もご紹介した「マナーズサウンド」のものなので、特にCD付きの最新号がオススメです!)

マナーズサウンドは、WHOにも効果を認められているそうです。

健康な体の臓器や細胞が発信している音の波動を浴びることで、音叉が共鳴するように、体の不調な細胞が、健康な波動に共鳴して修正されていくという音楽療法です。

マナーズサウンドだけだと、機械的なシグナル音みたいで、聞きにくいため、気持ち良い音楽を重ねて録音されたCDブックがいろいろ出てますが、この『腸の大掃除』編のCDは、モーツァルトの曲なので、ヒーリング音楽が苦手な方や、ヒーリング音楽を流しにくい場所でも使えます!

「腸」の状態は、心の状態も左右し、「腸を整えることで、子供の問題行動がなくなった」とか、「鬱が治った」とか、いろんなことがあるそうですし。。。

腸をキレイにすれば、体調もお肌も良くなるのを実感できます!

2017年2月12日 (日)

結成決定!ワンドロップ聖歌隊名古屋支部

20170212_1

昨日行われたワンドロップ聖歌隊名古屋支部のカンファレンス、盛り上がりました~!

「ワンネス」の愛と調和の道を選び、「いのちの喜び」を伝えるという志を持った仲間が集合!

これからは、名古屋でも、楽しく、笑いと感動の練習がスタートします!

東京のメンバーによると、ワンドロップの歌を歌うたびに、心洗われ、魂も輝くように元気になり、いろんな奇跡も起こるようになって、練習の場は、いつも笑いと感動があるそうです。

現場に駆けつけてくださった秋山佳胤先生も、主催者の清水浦安先生や愛宕なみさんも、おっしゃってましたが。。。

ワンドロップ聖歌隊員に求められることは、歌の上手下手でなく、

「仲間と心を合わせること」、
「楽しく参加する心」、
「愛と調和を選ぶこと」、
「地球を素敵な場所にしたいという思い」、

そして、
「誰もが魂の中に神様の愛の光(ワンドロップ)を持ってる素晴らしい存在なんだと伝えたい気持ち」

など。

20170212_2

(↑ライアーとシンギングリンで盛り上げてくださる秋山先生&息子さん。)

来月から月2回の練習が始まり、今年の12月24日に埼玉で、本番のコンサートを行います!

詳しくは、こちら→歌でつながる!~ワンドロップ聖歌隊名古屋支部結成!

昨日の説明会には参加できなかったけど、興味があるという方は、まだまだ参加可能ですので、以下に連絡してくださいね!

お待ちしてまーす!!!

20170212_3

お申込み・お問い合わせ 
080‐3601‐1375  
※ 愛宕(あたご)様へ、お申し込みお願いします。

 

2017年2月 9日 (木)

災害用ヘルシー非常食リスト(ベジタリアン対応)

20170209_1_2

みなさん、災害時のための非常食は準備されていますか?

普段からプラーナ食や、長期断食に慣れてる方、また「食べなくてもプラーナがある」と知ってるだけでも、数日間食べないくらいなら大丈夫だと思いますし。。。

最近は、非常食として「生玄米」と「水」と「塩」があれば、玄米を水に浸して、生のまま塩をかけて食べるのが理想かも?と思ってるんですが。。。

以下に、常温で長期保存可能な、ベジタリアン(ヴィーガン)&グルテンフリーのヘルシー食材を、定番品から市販で見つけにくい物まで、10項目リストアップしてみました。

非常用としてだけでなく、登山や数日の旅行にも便利です。

1.オーガニックのレトルト食品

20170209_2_2

非常食として定番のレトルト食品も有機のマクロビ系の物がいろいろ販売されてます。
基本的に、温めなくても食べれます。

2. 豆乳

20170209_3_2

常温で長期保存が可能な豆乳も、タンパク質や水分が同時に摂れますね。

3. テンペ

20170209_4

生テンペでなければ、常温で長期保存可能です。
テンペ菌で「発酵」させた大豆なので、消化も良く、そのまま調理せずに食べれます。

4. 無添加の栄養スナックバー、シリアル

20170209_5

ローフード(生)で、オーガニックの保存料無添加の栄養バーもあります。

左は、発芽させた生と加熱の穀類や種子類を使用。
右は、生のナッツとドライフルーツ使用で、砂糖類も無添加。

特に右のローバイトは、すご~く美味しいそうです。
(写真の物は非常用なので、私はまだ食べたことがありませんが、非常時のストレス緩和のために、美味しいスイーツ系の物が欲しい場合には良さそうです。)

また、オーガニックで小麦不使用のシリアルもあります。(同じメーカーでも、フレーバーが違うだけで小麦入りもあるので注意。)

5.無添加の有機ライ麦パン(グルテンフリー)

20170209_6

写真は、マイアーベアーというメーカーの有機ライ麦パンです小麦粉は不使用です。

保存料などの添加物は不使用ですが、発酵の力で、常温で、製造日から1年間保存できるようです。
写真の種類は、ナッツ類が入ったミューズリーブロート(左上)と、甜菜シロップとなどで少し甘みを付けた大麦入りのプンパーニッケル(右下)ですが、同じメーカーで「ライ麦、塩、酵母」のみの基本のライ麦パン(フォルコンブロート)もあります。

グルテンフリーのライ麦パンも、私は、すいぶん昔に食べたことがあるだけですが、その時の印象から思うと、ライ麦パンの独特の酸味などに慣れてない人や、災害用にカロリーや栄養価の高い方がいい場合は、写真のミューズリーブロートや、少し甘みのあるプンパーニッケルの方が、フォルコンブロートよりも良いかも?

6.有機玄米ポンせん

20170209_7

軽くて持ち運びには便利ですが、割れやすいのと重ばるのはネック。
お湯やお水に浸せば、インスタント粥にも、離乳食にもなります。
非常食としては、ファスナー付の袋入りのものが便利です。
写真のものは、塩も無添加でファスナー袋入りです。

7.ドライフルーツ&ナッツ、煎り豆、干し芋など

20170209_8

トップの写真のようなドライフルーツナッツ、また昔ながらの煎り豆干し芋、落花生なども、栄養のある保存食ですね。

「松の実」「麻の実」「クルミ」は、浸水せずに生のままで食べても、発芽抑制酵素の毒性がなく、、栄養的にもオメガ3系の油のバランスが良いそうです。

麻の実には、必須アミノ酸も全て含まれているそうです。

また、ヴィーガンではありませんが、各種アミノ酸や酵素の含まれたビーポーレン(ミツバチ花粉)も、体質に合えば非常時の強い味方になると思います。

8.スピルリナ、モリンガ、粉末青汁

普段から青汁中心の食事の場合は、粉末や錠剤状に固めた葉緑素があれば安心ですね。
スピルリナは、藻の一種ですが、動物性にしか含まれないとされるアミノ酸も含まれてタンパク源にもなります。

9.ベビーフード

オーガニックのベビーフードは、赤ちゃんだけでなく、いざとなれば大人でも利用できますね。

瓶入りでなくパウチ入りの物だと非常時には便利です。

10.天然塩&黒砂糖

20170209_9 20170209_10

究極、写真のような、無添加の「黒砂糖」のブロックや、海藻の含まれた「天然の塩」と「水」があれば、断食に慣れてない人でも、食事しなくても何日も生き延びれると思います。重量がありますが、ごく少量を舐めるだけで、普通の飴玉より栄養価が優れてます

 
以上、10項目リストアップしてみましたが、もしも参考にしていただける場合は、ご自身の体質に合ったものを選んでくださいね。
 
どんなにヘルシーだと言われる食品も、人それぞれ合う合わないがありますので。
以下の本は、体質に合った食べ物チェックの参考にオススメです。
これを読むと、ただベジタリアンならヘルシーというわけでもないことや、生まれつき、お肉を食べて元気になれる人もいれば、まったく合わない人もいること等が解ります。
 
 

2017年2月 6日 (月)

遊び心を取り戻す~エンジェルさん達との5日間

20170206

年末年始に参加した「あわあわ断食合宿」の可否の診察に森美智代先生の鍼灸院にお伺いした時に私がいただいた、処方箋と口頭でのアドバイスは。。。

「無理せず、毎日を楽しみましょう! また来院する時には、ここでエンジェルさん達と楽しく遊ぶ気持ちで来なさいね。」というものでした。

これは決して自慢ではありませんよ

これまで健康を過信したり、変な頑張りで隠れストレス(宇宙との不調和)を溜めてしまったりして、一昨年、体を壊した私は、こういう処方箋をいただいたからと言って、「あなたは完全に健康です」という意味ではないのです

確かに、通常は食事指導や必要な体操と回数などが処方されるそうで、珍しい処方箋だとのことですが。。。

私の場合、食事は、元からベジタリアンで、ここ一年以上は一日2食の玄米菜食を心から楽しんでいるので、たまたま食べてはいけないものを、最初から食べてないというだけのことですし。。。

体操は、「細かく指導すると無理するか、逆にやれないかも?」と思われたのかもしれません。

そして、きっと今の私の一番の課題は「固い頭を柔らかくして、何事にも善悪のジャッジをしない」ってことなんじゃないかと思います。(尊敬する森先生や秋山佳胤先生を見習って。)

そんなことを思っていた矢先、たまたまホスティング・エンジェルのお誘いをいただきました。

これ、以前の私だったら、以下のように考えてお断りしてたかもしれません。

「なんだかチェーンメールみたいなことで、大天使様のような高次の存在を呼ぶのは変?」

「どんなに意識の高い願い事でも、それを叶えて欲しいという煩悩に反応した未浄化霊が寄ってきてしまうんじゃない?」

「仕事や家族の関係で、ルール通りにやるのが無理。」 

「そんなことしなくても、毎日を平和な心で愛をこめて過ごすことが、何より神様や天使様と共に過ごすことではないか。」  などなど。

今でも、基本的な考え自体は変わってないのですが。。。

今回の私は思ったんです。

「そんなに、深刻に考えることなの?」

「神様や天使様は、厳格な重い波動じゃなくて、愛と喜びに満ちた軽い波動だよね。」

「神様や、天使さんたちは、遊び心いっぱいの、楽しい、嬉しい、感謝の心を何より喜んでくださるはず!」

「どんな行動も、すべては、それをする人の動機や心の状態次第じゃないの?」

「これをきっかけに、神様や天使さん達が来てくれるのに相応しいお部屋環境を見直そう!」

「ルール通りにできないことを咎めるのは、低級な存在だけ。」

そして、5大天使様たちに楽しいゲームに付き合っていただく気持ちで、ルールも無理の無い程度に変更して、この5日間過ごしてみたのです。

今は、「未熟な私でも、大きな存在に見守られて生かされている有難さ」を感じて、むしろ、もっと神聖な気持ちで参加すればよかったとも感じています。

余談ですが、いつも愛に溢れ、オシャレでセンス良く、自由な心を持った素敵な知人が、なんと、私と同じ日程で、ホスティング・エンジェルをしていたのも偶然(必然?)Facebookで知り、その方が、私より、きちんとやってらっしゃるのを知って、ちょっと反省もしました。

また、遊び心を取り入れ、何事も深刻にならずに無邪気に楽しむことが、いかに大切か実感できた私にとっては学びある5日間でした~。

※ちなみに、ホスティング・エンジェルとは、5人の大天使様を5日間家に迎えるというもので、トップの写真のように、白いお花、キャンドル、りんご、封筒に入れた願い事の紙(①地球のため、②家族のため、③自分のための3つの願い事を書く)を用意します。

私は、ネーミングに惹かれ、「星の金貨」という品種の青りんごを選びました♪

2017年2月 4日 (土)

無農薬のお茶「龍香園」さん(愛知県西尾市)

20170204_1

愛知県西尾市と言えば、地元ではお抹茶やお茶で有名ですが、そこで無農薬のお茶を栽培なさっているのが、「龍香園」さんです。

龍香園さんは、農薬だけでなく除草剤や化学肥料も使わずに、完熟の有機肥料で、お茶を栽培なさってるそうです。

アレルギーの方や、化学物質に敏感な方にも安心して飲めるようなお茶作りにご尽力されているご主人と奥様の愛が伝わる銘茶です!

体に優しいということは、同時に、地球の環境の汚染をしないということにもつながります。

だから、龍香園さんのようなお茶農園さんがあることは、地元民にとって誇らしく嬉しいことでもありますね!

こうした無農薬の農家さんが増えれば増えるほど、将来この土地に暮らす子供たちの健康が守られるということですもんね。

20170204_2

(↑ やさしい味わいの葉の形を残した「ばん茶」。 もともと愛知県の番茶は格下のものでなく、「晩茶」と書くほど「単に緑茶とは別のタイプのお茶」だというだけの逸品だそうです。) 

龍香園」さんは、毎月第一日曜日に行われる、よさみガーデンマルシェにも毎月出店なさっています。

今月ガーデンマルシェは、ちょうど明日(2017年2月5日)開催です!

アレルギーをお持ちの方や、お子さんに安全なお茶をお求めのお近くの方は、ぜひお出かけになってみては?

20170204_3

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ