« 森美智代先生の断食リトリート(6)~3日目(40分合掌行) | トップページ | 森美智代先生の断食リトリート(8)~5日目(鶴見神社参拝) »

2017年1月11日 (水)

森美智代先生の断食リトリート(7)~4日目(龍体文字、お豆腐レシピ)

20170111_1

森美智代先生との断食合宿も4日目(2017年1月2日)になり、一週間の、ちょうど真ん中の日です。

(そして回復食もスタートです。)

楽しい時間は、あっという間に過ぎていきます!

だから、「一瞬一瞬をしっかり味わわなきゃ!」と思います。

そういえば、前の晩は、断食効果なのか、夢の中で、とっても美しい自然の風景で、穏やかで優しい人達ばかりが住んでるヨーロッパ風(?)の、懐かしい太古の村みたいな場所に行きました。

色も鮮やかで、とてもリアルでキレイな夢だったので、そういう夢を今年最初に見れて、「初夢」になって嬉しいなぁ~と思いました。

ところで、1月2日と言えば、「書き初め」です!

トップの写真のように、龍体文字のフトマニ図を書き初めしました!

一見難しそうですが、森先生の書かれた見本の上に、半紙を重ねて写すだけなので、誰にでも楽しめます。

龍体文字は、5600年前に神様から降ろされたと言われる文字で、森先生によると、その文字から、すごいパワーが出ているそうです。

例えば、龍体文字で、「キニ」と体の痛いところ書くと治ったり、「ツル」とポスターに書くと参加申し込みが増えたりするなど、不思議なことがたくさん起きてるそうです。

※詳しく知りたい方や、森先生の書かれたパワフルな「龍体文字のカード」が欲しい方は、2017年1月号の「安心」に、説明と付録がついてます。

何年か前に、お寺で写経して以来の、お習字でしたが、無心になれて、とっても楽しかったです。

さて、この日から始まった回復食は、3分粥とお豆腐100gの一日2食(500kcal/日)です。

20170111_2

森先生が、有機豆乳と「にがり」で手作りのざる豆腐を作ってくれました。
大豆の甘みが美味しくて、味付け無しでも食べれるくらいですが、ミネラルたっぷりの天然塩をかけて、更に甘みを引き立てていただきました。

20170111_3

翌日以降は、参加者の女性陣で協力して、毎日お豆腐作りを楽しみました。

作り方は以下です。

~ざる豆腐の作り方~

<材料>

・豆乳
・にがり(塩化マグネシウム35%くらいの濃い物だと失敗がない)
 ※上記の場合は、豆乳の1%のにがりを入れる。
  例:豆乳500ccなら、小さじ1(5cc)
  (それ以外の濃さの「にがり」では、製品に表示された分量参照。

<作り方>

1.豆乳を鍋に入れ、木べらなどで、やさしく混ぜながら中火で温める。

2.75~85度くらい(沸騰する直前)になったら、にがりをサッと回し入れ、木べらで3回ほど、サーッ、サーッ、サーッと切るように混ぜて、鍋に蓋をする。

3.そのまま、30分ほど放置。

4.器に竹ざるなど乗せ、リードクッキングペーパーなど敷き、3の豆腐を入れる。

(ざるで水を切らずに、汲み上げ豆腐として食べても美味しいです。)

<次の記事>
森美智代先生の断食リトリート(8)~5日目(鶴見神社参拝)
※今年(2017年)のラッキーカラーやナンバーなどもご紹介。

« 森美智代先生の断食リトリート(6)~3日目(40分合掌行) | トップページ | 森美智代先生の断食リトリート(8)~5日目(鶴見神社参拝) »

体験レポート/日記」カテゴリの記事

奇跡の人、素敵な人」カテゴリの記事

断食(ファスティング)」カテゴリの記事

栄養と健康」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1503757/69167502

この記事へのトラックバック一覧です: 森美智代先生の断食リトリート(7)~4日目(龍体文字、お豆腐レシピ):

« 森美智代先生の断食リトリート(6)~3日目(40分合掌行) | トップページ | 森美智代先生の断食リトリート(8)~5日目(鶴見神社参拝) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ