« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月29日 (木)

森美智代先生の断食リトリート(2)~参加前日のお知らせ

20161229

いよいよ、明日から一週間、森美智代先生の「あわあわ」で、断食合宿スタートです!

結構ぎりぎりまで仕事があって、私がいない間の母のための買い物などして、さっきは弟と甥っ子が訪ねてきて(甥っ子に会えるのはすっごく嬉しいけど)、準備がはかどらず焦るぅ~っ!sweat01

4日前からの断食前の準備食だけは、しっかり守っています。

写真のような、玄米の三分粥とお豆腐を昼食と夕食にいただいてます。

準備食最初の2日は、朝、青泥(甲田式グリーンスムージー?)もいただきました。

(※詳しい断食のやり方は、森先生のご著書「おうち断食で病気は治る」(マキノ出版)や「断食の教科書」(キラジェンヌ)が、とってもわかりやすいですよ!)

水分補給には、柿の葉のお茶や生水(浄水器を通して石に浸したもの)を飲んでます。

本当は、今の職場では、休憩室で「給食」が基本ですが、私は、普段も玄米菜食のお弁当持参を許可していただいてるので、準備食も保温ポットに入れた玄米粥と小さいパックのお豆腐持参。

「新しいパートさんって変わってるね。」という空気を感じなくもないけど。。。

すみません。今の私には、これだけは譲れないポイントでして。。。sweat01

と、マイペースを貫きながら、玄米菜食の小食や断食準備を楽しんでおります。はい。

この断食合宿は年末年始を、尊敬する森先生とご一緒させていただけるので、本当に楽しみです。

今回、できればFacebookページで、その日の様子など、短い進捗情報を一日一回くらいご報告させていただこうかとも思ってます。

(ごめんなさい。Facebookの正しいリンクの貼り方が解りません。:Emiko Ishikawaで濃いめのピンクのTシャツを着てるのが私です。)

だた、この期間中は、できる限りデジタル離れして、その分を瞑想時間などに当てたい為、コメントなどのお返事がすごく遅くなるかもしれませんが、ご理解いただければ嬉しいです。

また、このブログでのご報告は、合宿後にさせていただきたいと思いますので、よろしくお願いします。<m(__)m>

今年も、たくさんの方にこのブログを読んでいただけて、心より感謝しています。

みなさま、良いお年をお迎えください。

<関連記事>

森美智代先生の断食リトリート(1)~森鍼灸院訪問 

森美智代先生の断食リトリート(2)~参加前日のお知らせ 

森美智代先生の断食リトリート(3)~5次元ボディへシフト! 
※森先生からの波動UPメッセージです。

森美智代先生の断食リトリート(4)~一日目(伊勢神宮参拝)
※プラーナ摂取率UPのコツや、すまし汁断食1日目の様子について。

森美智代先生の断食リトリート(5)~2日目(甲田療法ってすごい!)
※甲田療法の効果や、シンギング・リンについて。

森美智代先生の断食リトリート(6)~3日目(40分合掌行)
※感動の40分合掌行について。

森美智代先生の断食リトリート(7)~4日目(龍体文字、お豆腐レシピ)
※不思議なパワーの龍体文字と、簡単でおいしいザル豆腐の作り方 

森美智代先生の断食リトリート(8)~5日目(鶴見神社参拝)
※今年(2017年)のラッキーカラーやナンバーなどもご紹介。

森美智代先生の断食リトリート(9)~6日目(枚岡神社参拝、断食の美容効果) 
※五分粥の回復食、枚岡神社参拝、断食後のお肌の変化などについて。 

森美智代先生の断食リトリート(10)~7日目(今を生きること、ワンネス)
※最終日の様子、合宿に参加して感じたことのまとめなど。

森美智代先生の断食リトリート(11)~健康情報の注意点
※目からウロコの健康情報や便利情報のまとめ。

2016年12月25日 (日)

ミトコンドリアを増やす方法

20161225

写真の可愛い男の子は、『スターウォーズ エピソード1』に登場するアナキン・スカイウォーカー(後にダースベーダ)。

このアナキンですが、映画の中で、細胞内のミディ・クロリアン値が、マスター・ヨーダよりも高く、フォースの感知能力も高いとされています。

秋山佳胤先生によると、フォースは、現実世界でプラーナのこと、

そしてミディ・クロリアンは、ミトコンドリアだそうです。

ミトコンドリアが多いと、アンチエイジングや健康につながることが、科学的にも解っています。

じゃあ、ミトコンドリアを少しでも増やしたいですよね?

日本医科大学教授の太田成男先生によると、以下の簡単な方法で、ミトコンドリアが増やせるそうです。

(※『致知』2011年2月号 第96回大自然と体心~体内のミトコンドリアを増やせば体は一週間で若返る~で、先生が書かれたことだそうです。)

1.背筋を伸ばす

  ミトコンドリアは、特に背筋と腿の筋肉に含まれているそうです。
  1分間、背筋を伸ばした正しい姿勢を保つだけでミトコンドリアは活性化されるそうです。

2.1分間ずつ片足立ちをする

  上記のように、腿の筋肉にもミトコンドリアは多いため片足立ちで負荷をかけると良い。

3.初めにエネルギー枯渇状態を作る有酸素運動をする

  「30秒小走り→1分間歩く→30秒小走り」 
  これを運動の最初に2~3セット行う。

4.ゆっくりした不自然な動きをする

  ヨガ太極拳などのゆっくりした運動で姿勢を保つ筋肉を刺激する。

5.寒中稽古、サウナ後の水風呂

  時に寒さを感じると体が「エネルギーを作る必要がある」と感じ、ミトコンドリア活性化するそうです。
  (注意:長時間、体を冷やすのは、かえって良くありません。)

こうして見ると、古来からのお坊さんの修行や、武道の稽古など、科学的にも理にかなっていることが解りますね!

ちなみに、スターウォーズの製作順は、エピソード4→5→6→1→2→3→7です。

現在公開中の作品は、4でレイアが持っていた帝国軍基地の図の入手に関するストーリーだそうですが、まだ私は見てません。

2016年12月24日 (土)

そば粉のプチ・ケーキ(乳製品・卵・小麦粉不使用)

20161224

クリスマスイブでも、いつも通りの玄米菜食。

でも、ちょっとだけクリスマス気分を味わってみようと蕎麦粉&米粉でヴィーガンのプチケーキ作り、YouTubeで、伝統的で幸せな雰囲気の動画を見ながら食べてみました。

https://www.youtube.com/watch?v=wZLqzxxxnDc

普段から甘いものを全然食べてない私には、お砂糖なしで、煮リンゴやサツマイモと玄米甘酒少々の自然な甘さだけで十分でしたが。。。

バターや甘い物が好きな母の口には合わなかったようなので、普通の人にとっては、おいしくもなんともない代物です。(-_-;)

なお、「超ヘルシーレシピ」のカテゴリーでは、精製した穀物も不使用にしてますが、今回は白い米粉を少し使いました。
(なるべくバサバサ感をなくしてふんわりさせるため。)
また、白い米粉でも粗い粉だとバサバサした素朴な食感になり、微粉末になるほど、ふんわり、もっちりと柔らかくなります。

ダイエット中の方や、お砂糖を使わない食生活の方の参考に、一応レシピを書かせていただきます。

普通の方は、適宜、甘みを追加してください。

<材料 直径7cmくらいのココット型で4個分>

生地:

そば粉  35g
米粉   35g
豆乳   100cc
重曹   小さじ1と1/2
ココナッツオイル 大さじ1

クリーム①:
木綿豆腐 1/4丁(水を切っておく)
玄米甘酒 小さじ1

クリーム②
蒸したサツマイモ 適量
万能酵母液(または玄米甘酒) 少々

フルーツ:
りんご 1/2個
万能酵母液 適量(または 塩こうじ 小さじ1/2)

※万能酵母液については、コチラ参照→玄米菌は救世主!(万能酵母液作りました。)

<作り方>

1.リンゴは無農薬以外は皮を剥き、適当な大きさに切って鍋に入れ、万能酵母液か水を材料が被るくらい入れ、水の場合は塩麹を小さじ1/2くらい加えて柔らかく煮る。
(中に挟むリンゴを薄めに、トッピング用を大きめに切ると使いやすい。)

2.ボールの中で生地の材料の粉類を泡だて器で混ぜ、更に豆乳を加えながら混ぜる。

3.冬場は、ココナッツオイルが固まっているので、湯せんで溶かして1の生地に加え混ぜる。

4.ココット皿にグラシンカップを入れ、2の生地を入れて、10分蒸す。

5.3を蒸している間に、水を切った木綿豆腐と甘酒をクリーム状によく混ぜる。

6.別途、柔らかく蒸したサツマイモ少々と万能酵母液(または甘酒)もクリーム状に練る。

7.蒸し上がった生地を上下半分に切り、真ん中に6のサツマイモクリームを塗り、煮リンゴを並べて5の豆腐クリームをかけ、上の生地を乗せて、更に豆腐クリームを塗り、煮リンゴをトッピングする。 

2016年12月18日 (日)

アマゾンの森の恵み(秋山佳胤先生の講演会から)

20161218

前回の記事の続きです。

秋山佳胤先生の講演会(第20回ロータスカフェ・アフタヌーン)での、「アマゾンの熱帯雨林」のお話を書かせていただきます。

<アマゾンの森の豊かな文化>

・「アマゾンの森の文化」と「日本の縄文時代の文化」との共通点は、「女性性」

 縄文文化が、一万年以上続いた理由:
  ①大自然との調和
  ②女性性を中心にした文化

以前は、歴史で、あたかも「縄文人は粗野で野蛮だが、弥生人は洗練されている」というような間違った説が唱えられていたが、実は、「縄文文化には争いが無く、弥生文化には争いがあった」ということが判ってきている。

アマゾンの森の文化も「大自然との調和」と「争わない、豊かに育む女性性」を中心とした文化で、今後は、地球全体が男性性から女性性へと移行

<熱帯雨林保護とフェアトレード>

・アマゾンの森林伐採により、二酸化炭素の排出量が増加している。
 環境保護のために、私たちができることの一つが、アマゾンの自然保護と、現地の人の生活支援をするためのフェアトレード。

※フェアトレードについては、以前も、何度か書かせていただいていますが、一口にフェアトレードと言っても、どの地域を守るものか、その地域に、どこまで利益がもたらされているかなど様々です。

秋山先生が以前から支援してらっしゃるNGO/NPOグリーンハートさんの協力団体、サポートジャングルクラブの運営するフェアトレード、コパイバは、アマゾンの森やそこに住む人々を守る仕組みとなっています。

その商品は、アマゾンでしか得られない貴重な植物などから、意識の高いシャーマンの人々が祈りを込めて作った、高波動で高品質の「アマゾンの愛の産物」です。
(秋山先生もおっしゃってましたが、「製品」とか「商品」と呼ぶには申し訳ないものです。)

ちなみに、コパイバとは、アマゾンの聖木で、特にコパイバ・マリマリ (=マリア様)という種類の木の樹液には、抗菌作用など素晴らしい効果と高いエネルギーがあるようです。

(実は、講演会の2~3日前から酷い口角炎ができていましたが、お試しでコパイバ・マリマリの樹液を塗らせていただき、秋山先生の愛のオーラに触れて、家では、手作り「万能酵母液」も塗っていたら、数日で、ほとんど治ってしまいました。 昨年、口角炎ができた時は、治るまでに一か月以上かかったんですが。)

コパイバは、最初に1000円だけ入会金を払うと、その後は、延長料金も年会費も無しに、永久会員となりサポーター価格で購入ができるそうです。

私も、サポーターになりました。
(まだ、商品の購入はしてませんが。)

環境保護という目的以前に、昔からジャングル音が大好きで、CDなどでいつも聞いていたんですが、アマゾンの環境保護にもなるのでしたら、たった1000円でサポーターになるのに迷うことはありません!

グリーンハート公式サイト: https://ngo-greenheart.jp/

コパイバ公式サイト: http://copaiba.jp/ 

2016年12月12日 (月)

秋山佳胤先生のロータスカフェ・アフタヌーン第20回

20161212_1

秋山佳胤先生の講演会「第20回 ロータスカフェ・アフタヌーン」(にんげんクラブ主催)に参加させていただきました。

「不食(プラーナのみ摂取)」で有名な秋山先生ですが、「不食」というのは、先生が常時「愛と調和」で「今この瞬間」を生きてらっしゃる結果現れた、ほんの一部の特徴にすぎません。

それより、むしろ、先生が、「すべてに善悪のジャッジをせず、常に、愛と喜びと調和に生きてらっしゃること」を、私は心から尊敬し、少しでも、それに近づきたいと思っています。

そんな秋山先生のイメージの一面をイラストに描かせていただきました。
ジェダイ・マスター(スターウォーズ参照)です!(笑)

20161212_2

本当に、先生のお話は、いつお聴きしても感動と喜びでいっぱいになり、心の底から共感できるだけでなく、新たな気づきや学びを与えていただいています。

他にも、いろいろな分野で、私が心から尊敬し感謝している素晴らしい先生方がいらっしゃいますが・・・、

私にとっての秋山先生は、「お話の内容」や「考え方」という点で、最も無理なく理解でき、関心事や趣向の共通点も多いために何時間お話を聞いても飽きない先生です。

そんな秋山先生に、今回も、健康、宇宙、神様、言霊、お金、熱帯雨林保護などなど。。。

多岐にわたって、約3時間お話を聴かせていただき、素晴らしい時間をすごさせていただきました。

その一部を、各項目ごとに、以下にご紹介させていただきたいと思いますが、これは、あくまで、私というフィルターを通して語ることですし、先生の著作権(?)の侵害になるほど内容を詳細にお伝えするのも控えたいのですが、ぜひ、先生の大切なメッセージを受け取り、更にご興味ある方は、先生の講演会などで、直接お話をお聴きください。

<現代人の健康、化学薬品>

・自分に合わないことをして、無理に頑張ると心身に不調が現れる。

・真面目な人ほど、知らぬ間に作ったルールがあって、人や自分がそれに反する度にイライラしたり怒りを感じる。

・「炎症」とは、体が異物毒物を排出するためにおこる反応。
それを化学薬品で抑えてしまうと、毒素が体に溜まり不調の原因になるだけでなく、慢性炎症となり、血管に小さな穴が開きっぱなしの状態で、常に異物を血液中に取り込んでしまう結果、アレルギーにもなる。
現代人のほとんどが、現在、慢性炎症を持っている。

・細胞の一つ一つが意識を持っているため、上記のように異物を体内に取り込むことで、精神的にも「自分が何者なのか」判らなくなる。

・そのように人間一人一人に起きていることは、地球にも起きている

※確かに、私も、幼い頃、「自分は、とてつもなく大きな巨人の細胞の一つだ」というように感じていて、また私という巨人も、体内の意識のある細胞の一人一人(一つ一つ)から構成されてると感じてました。

<スターウォーズ、宇宙、地球の覚醒>

・スターウォーズの中で、「Force(フォース)」と呼ばれているものは、「プラーナ」のこと。
それは、映画の中で「命と命を結び付けている力」と表現されている。

プラーナライフサミット記事にも書きましたが、誰でも多かれ少なかれ、プラーナを摂取して生きていて、その摂取率を上げるには、やはり愛と喜びと調和でリラックスして生きることが大切なんですね。

「誰かを攻撃している時は、実は、一番無防備で弱い。」

これは、映画の中でも、ルークを攻撃中のシスを、ダースベーダが投げ飛ばすシーンがありますが、そのシーンの説明で先生がおっしゃったことです。

※更に言えば、シスを投げ飛ばした時のダースベーダは、息子ルークへの愛を感じていたのですから、やはり、「人は愛している時に最も強くなり、傷つけている時に弱くなる生き物だ」と言えるのではないでしょうか。

・昨年公開された「スターウォーズ エピソード7」のサブタイトルは、「フォースの覚醒」だが、「覚醒」とは、本来の自分を思い出し、目覚めさせること。

これからは、外側の神様を頼ったり崇拝するのでなく、誰もが、自分の中に宇宙の命の源の力を持っていることを思い出し、目覚めることが大切。

・スターウォーズは、世界中の神話をもとにして作ったストーリーで、世界の神話には、驚くほど共通点がある

そして、それは、かつての「オリオン星」に起きた戦争をベースにした話である。

「争い」とは、痛い思いをして慈愛の心を学ぶという貴重な経験でもあり、善悪のジャッジはできない。

だが、地球が「争い」によって学ぶ時代は終わった

(これからも、「争い」を通して学びたい人は、別の星に移動して(生まれ変わって)続けることになるらしいです。)

これから地球は、「喜び」を体験する場所になったので、争いは放棄しよう!

※「争い」を放棄するためには、たとえ正義感でも、自分と違う意見の人を非難したりすることもやめなければならないと思います。

<お金、経済システム>

いずれ、現在の経済システムはなくなる

・移行期の今、「不安」から古いシステムにしがみついている人もいる。

一方で、日本でも、3年間ボランティアだけで収入を得ずに暮らしている人たちがいる。

※以前、このブログでご紹介した、ドイツのハイデマリー・シュヴァルマーさんも、お金なしで暮らしている、素晴らしいお手本だと思います。
お金の無い豊かな暮らし~ハイデマリー・シュヴァルマーさん

・(「お金がないと生きていけない」という不安から、お金を稼ぐことばかり考えるのでなく)、豊かなリソースを豊かに分かち合うこと、今この瞬間にあることを喜んで過ごせばいい

<御岩神社、神様、言霊>

・NASAが宇宙から地球を見た時に、一か所(電気の明かりでなく)光っている場所があり、それが「御岩神社」だった。

・そこで、先生が「アメノミナカヌシ様」から聞いたことは:

「お参りの作法などは、人間が作った物で、決して神様が要求しているものではない。神様が望んでいるのは、人間が(実生活の中で普段から)笑顔で過ごしてくれることなのだ。」

ということだそうです。

※確かに、神社に行った時だけ、どんなに丁寧にお参りしても、普段、不平不満ばかり言っていたり、自分の正しさを主張して他の人を裁いていたりしたら、なんの意味もないと思います。
以前、このブログで「正義に燃える悪い人たち」という副題で記事を書かせていただいてますが、いわゆる「悪い人」も、もともとは正しさを追求しすぎて人をジャッジしたり、トラウマで苦しんだりした結果、そうなったんですよね。(ダースベーダのように。)

やはり秋山先生のように「善悪のジャッジをしない」ということこそ愛の道ですね。

ちなみに、反対に、「一見、正しくないけど愛がある」人の記事も以前書かせていただきましたが、スターウォーズの若い頃のハン・ソロも、そんな感じですね。

「ありがとう」「愛してる」という言葉を言っている時、体の余分な力が抜け、スムーズに体の力を発揮できる

<選択の基準、その他、今後の生き方>

迷った時は、「楽しそう」、「心地よい」と感じる方を選ぶことが大切。

(損得や、物質的利益、不安(恐れ)で決めない。

・「楽しいことを知りたい」というアンテナを立てる。

・その時に「お金が無いからできない」とか、つまらないことを考えない。

ただ自分が純粋にやりたいことを考えるだけ。するとそれが引き寄せられる。

<アマゾン、熱帯雨林保護、フェアトレード>

※これについては、別途、以下のページで、
アマゾンの森の恵み(秋山佳胤先生の講演会から)

http://natural-eating.cocolog-nifty.com/blog/2016/12/post-a69d.html

それにしても、ここで書ききれない濃い内容の講演会でした!

秋山先生と「にんげんクラブ」の皆様に感謝です!

ありがとうございました。(合掌)

2016年12月 7日 (水)

『ハーバードで学んだ脳を鍛える53の方法』~目からウロコの簡単しあわせマニュアル!

20161207

「自分の天職や使命は?」とか「自分が本当にやりたいことは何?」

「それさえ解れば人生が充実するのに。」と悩んでいる人って、多いと思いますが。。。

そんな人に(そうでない人にも)オススメな本をご紹介したいと思います。

トップの写真の『ハーバードで学んだ脳を鍛える53の方法』(川崎康彦著、アスコム)です。

タイトルだけ見ると、「脳を鍛えるなんて面倒くさそう」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

実は、理論系が苦手な私も、タイトルを見ただけなら読まなかったと思います。

そんな私がこの本を手に取ったのは、著者の川崎先生の不思議な(?)人物像に魅力を感じて、興味を惹かれたからなんです。

先生は、「小学生の頃は、勉強も運動もこれと言って得意なことがない冴えない人間だった。」と仰っていて、動画でお話ししている姿を拝見しても、のんびりした口調で、特に、てきぱきとした様子は見られないんですが。。。

なんと、7か国語を習得し、
中国医科大学で東洋医学、西洋医学の両方を学ばれ、
ハーバード大学で、いくつもの論文を執筆して認められただけでなく、
趣味も幅広く豊富で、スポーツも堪能、
現在、様々な分野でご活躍中なんです!

でも、それを全然鼻にかけてる様子もなく、一見ごく普通の人に見えるほど、気さくでピュアなお人柄。

「・・・ってことは、先生は特殊な天才脳を持ってる人だから私には無理。関係ない。」と思っちゃいますよね?

ちょっと待った!

先生が特別な天才だとしても。。。いえ天才だからこそ、そんな人の頭の中身や、やってることを「のぞき見」したくありませんか?

そして、「のぞき見」すれば、冒頭に書いた疑問も、目からウロコがはがれ落ちるように解決すると思います。

たとえば。。。

「自分の天職や使命」「本当にやりたいこと」って、一つだけだと思ってません?

「たった一つのベストな仕事」、「たった一つの究極に好きなこと」が何かを、一生懸命に探していませんか?

この本を読むと、まずは、それがそもそもの間違いだと気づきます。

ちょっと話が逸れますが、川崎先生によると、思い通りの人生を歩む秘訣は、「ワクワクすること」と「ハラハラすること」のたった2つをやるだけだそうです。

そのワクワクすることを見つけるためのリストの作り方があるんですが、先生ご自身が過去に作られたリストも、本の中で公開されています。

先生のリストを拝見すると、「職業」という分野があり、その中に「科学者、セミナー講師、音楽家、通訳、写真家、DJ、睡眠カウンセラー」という7つの職業が書かれています!

(先生は、2015年時点で7つ全ての職業を達成なさってるそうです。)

やりたいことを、一生懸命考えて、一つに絞らなくてもいいんですね!

むしろ、子どものように好奇心に任せて、興味のあることを、どんどんやった方がいいそうなんです。

人によって、やりたいことが自然に1つにフォーカスされてる場合は別かもしれませんが。。。

天職探し、使命探ししてる人は、「二兎を追う者は一兎をも得ず」っていう諺は、無視しましょう!

また、「天職なら、その分野で一番にならなくてはいけない」とかいう、「結果志向」や「競争志向」もやめ、そこに向かう過程を、仲間と助け合って、楽しみましょう!

そして、結果的に充実した人生を送ることができたら最高ですね。

この本には、そのために、誰でも簡単に実行できる、行動の仕方や、考え方、運動法、食事法など、様々な分野で幅広く紹介されています。

しかも平易な文章で、とっても読みやすいです。

私も、読ませていただいて、いろんなインスピレーションが湧き、実際に日常の質が向上するのが実感できてます。

なお、川崎先生が日本で代表を務めるパッションテスト(本当にやりたいことを見つけるテスト)について書かれた『心に響くことだけをやりなさい』(ジャネット・アットウッド著 鶴田豊和、ユール洋子訳 フォレスト出版)、

そのパッションテストを日本に初めて導入なさった鶴田豊和先生の著書『めんどくさいがなくなる本』も、タイトル以上の内容でオススメです。

(これらについては、後日、別途ご紹介させていただく予定です。)

2016年12月 6日 (火)

菊芋の甘酒みそ漬け

20161206

昨日の「にんじんの葉のポタージュ」の写真の右に写ってる物なんですが。。。

これも、青ノ木農園さんで購入させていただいた自然栽培の菊芋と、ご近所の農家さんでいただいたカブを甘酒とこうじ味噌で一夜漬けにしたものです。

このまま、ごはんと一緒に食べても、葉野菜や、お豆腐などと混ぜて、アマニ油やオリーブオイルをかけてサラダ仕立てにしても、納豆と混ぜたりしても美味しいです。

菊芋は、生だとシャキシャキした歯ごたえを楽しめますし、煮たり、ポタージュにしたり、お味噌汁の具にしたり、どんな食べ方でも美味しいですね。

そして、イヌリンを多く含んでいるので、膵臓や肝臓の機能を向上させたり、中性脂肪を減らしたり、血糖値をコントロールして糖尿病の予防になったり、お通じにも効果的だそうで、その効果から、菊芋サプリメントも作られてるそうです。

なかなか、入手しずらいのが難点の菊芋を自然栽培のもので入手できて、青ノ木農園さんに感謝です。

<材料>

菊芋
その他、好きな野菜
甘酒(できれば玄米甘酒)
こうじ味噌

(適宜、黒砂糖や米飴で甘みを追加してください。)

<作り方>

1.ホーロー容器やタッパーウェア、食品保存袋などに、味噌と甘酒を入れて混ぜる。

2.皮の気になる部分を取り除いて切った菊芋などを、1の中に一晩漬け込む。

2016年12月 5日 (月)

にんじんの葉のポタージュ

20161205

自然栽培の新鮮な「にんじん」を葉付きで購入できたので、葉の部分を使ってポタージュスープを作りました。

にんじんの葉は、「かき揚げ」が美味しいんですが、私は、揚げ物や油炒めを食べなくなったので今回はスープに。

この食べ方だと、「おひたし」では硬い茎の部分まで食べれます。

このにんじんは、よさみガーデンマルシェで、「青ノ木農園」さんから購入させていただきました

青ノ木農園さんのお野菜は、有機ではなく完全自然栽培なので、より安全でパワフルです~!

<材料 分量はお好きな割合で。

にんじんの葉
かぶ
じゃがいも
たもぎ茸

豆乳
こうじ味噌

<簡単な作り方>

1.上記の「にんじん~たもぎ茸」までの材料を適当な大きさに切り、自然塩を少々入れて硬い物から入れて茹でるか蒸す。

2.ミキサーに1の材料と豆乳、こうじ味噌を入れて、よく混ぜる。

3.2の中身を鍋に移し、弱火で混ぜながら温める。

※1と味噌、少量の豆乳をフードプロセッサーに入れて混ぜ、鍋に移してから、豆乳で伸ばしてもOK。

食べる前に、体調に合わせて、小さじ1くらいのアマニ油やエゴマ油、バージンオリーブ油などを垂らしても、ヘルシーで美味しくなります。

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ