« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月24日 (水)

ヤオスズ・アップティー店でオーガニック食品増えてます!

20160824_1

田舎町って、都会に比べて、オーガニック食材やベジタリアン対応食品を取り扱うお店が少ないんですが。。。

最近は、「食の安全」に取り組んでくれる小規模スーパーも、増えてきてます。

西三河近辺では、「やまのぶ」さんが有名ですが。。。

最近、ヤオスズさんでも、オーガニック食材の取り扱いが増えてますよ!

今日ご紹介するのは、ヤオスズ・アップティー(小垣江)店です。

こちらのお店の近くには、Aコープさんという強者ライバル店も存在するんですが。。。

アップティーさんは、一般のスーパーなので、単に「地産地消」というコンセプトだけでなく、オーガニック食材ベジタリアン食材大手スーパーより添加物の少ない店内調理のお惣菜なども、購入できるようになっています。

店長さんに許可を取って、店内の商品の写真を撮らせていただいたので、一部ご紹介しますね!

こちらは、トップの写真に説明のある有機いちじく。今が旬です!

お値打ち!
  ↓↓↓

20160824_2

オーガニックのドライフルーツや国産の安全なマーマレード!
  ↓↓↓

20160824_3

20160824_4

20160824_5

オーガニックの全粒粉パスタや、ケチャップ類、生ソースなども。
  ↓↓↓

20160824_6

20160824_7

20160824_11

有機味噌も。

お味噌は、外国産有機大豆の場合は、お値打ちですね。

有機じゃないけど、国産大豆を無添加でしっかり発酵させた物も、ここにあるより高額だけど健康に良いと思うので、どちらを選ぶかはお好みですね。
  ↓↓↓

20160824_8

20160824_9

ヤオスズさんが、契約した農家さんの納豆なども販売ありです。
  ↓↓↓
20160824_10

その他、ベジタリアン対応のカレールーなど。
  ↓↓↓

20160824_14


ココナッツミルク缶も、このメーカーの物は、漂白剤とか入ってないみたいです。
(「ゆうき」は「ゆうき」でも、有機じゃなくて「有紀」というメーカーのもの。)
このメーカーのココナッツミルクの取り扱いは、近所の大手スーパーにも、なかなか無いです。
 ↓↓↓

20160824_13

話題の水素水も月額1000円で飲み放題!
  ↓↓↓

20160824_15

他にも、いろいろあるんですが。。。

きりがないので、これくらいにします。

アップティーさんは、地元の密着型の小さな、あったかい雰囲気のお店なので、特にオーガニックコーナーというふうには、まとめられてないです。

それぞれの食品がある箇所に、少しずつオーガニックなどの食材が紛れてますので、気を付けて探してみてくださいね!

大手スーパーさんにも、無いようなものが、見つかったりしますよ!

私個人的には、こういう「昔からの小さなスーパーの雰囲気って、とてもいいな~」と思ってるので、そこで、安全な食の取り組みがあることが、すごく嬉しいです♪

地元密着型で感じ良いと言えば、お魚売り場の気さくな背の高いおじさん、いい感じです。

あと、最近、お見掛けしないけど、以前、野菜売り場にすごく感じ良い優しくて明るいおばさんの店員さんもいました。

今後、もっともっと無農薬のお野菜なども販売してくれたらいいな~。

そしたら、今、「お取り寄せ」や、遠くまで買いに行ってる人たちも、助かりますよね。

2016年8月22日 (月)

秋山佳胤先生に学ぶ「愛と調和のある生き方」

20160822

昨日、念願かなって、秋山佳胤先生の講演会に行ってきました~!

秋山先生と言えば、お水も飲まない「不食」の人として有名なんですが、そのことよりも、不食を可能にするほどの先生の魂の輝きというか、愛のオーラが素晴らしく、本当に生き神様にお会いできた気持ちです。

「闘わない弁護士」とも呼ばれる通り、秋山先生は、本当に「愛の人」です。

先生にお会いすると、「愛とは何か」ということが、よくわかります。

それは、先生が「愛ってこういうことだよ」と言葉で教えてくれるからではなく、先生ご自身の行動すべてから、自然に愛が伝わってくるからです。

先生は、すべてに対して、一切「善悪のジャッジ」をしません

それは、よくある「寛大な許し」などとは別のものです

例えば、世間には、他にも人格が素晴らしい先生方は、たくさんいらっしゃいますし、素晴らしい先生ほど、優しくて、弱点を笑い話にしてくれたり、許してくれます。

でも、秋山先生の愛は、許すとか許さないというのとは、ちょっと違うんです。

「許し」って、もともと、「悪」という前提があって、それを温かい目で見てくれるという感じのことが多いような気がしますが。。。

秋山先生の場合は、最初から、すべての物事をニュートラルに捉えられて、何に対しても批判的な目では見ないのです。

どう表現していいのか解りませんが、母性と父性が調和していて、しかも子供よりも純粋な感じで、「上から目線」なところが一切なく、不思議な方で、「生き神様」という表現になってしまうのです。

会場にいらっしゃっていたお医者様が調べたところ、秋山先生は、普段から常に、瞑想状態の脳波のまま過ごされてらっしゃり、先生のそばにいると、他の人の脳波も共鳴してくることがあるそうです。(確かに、すごいリラックス状態で癒されました!)

また、先生が時折奏でてくださった「シンギングりん」と「ライアー」の響きにも、特別な癒し効果が!

実は、講演会の前日に、私の現状の問題点が浮き上がってくるような出来事があり、当日は、完璧に晴れやかな気分ではなかったんです。

それも、先生が人並み外れたパワーを持ってらっしゃるゆえに、「浄化のために、そういうことがあったのかな?」とも思いました。

そして、昨夜は、夜中に一度も目覚めずに、朝まで熟睡し、いつにも増して、すっきり目覚めました。

そういえば、昨日のお話の中に、「本当にやりたいことをやることが健康につながる」という内容がありました。

それは、前回の記事の内容とも重なっていますが、これからの時代は、秋山先生のように「これまでの常識にとらわれず、人の意見に揺らがず、善悪のジャッジをせず、自分の心に素直に、自然体で、やりたいことをやる」ことが、健康のためにも、とても大切だと思います。

主催者の方や、参加者の方々(ほとんどが「じゆう工房」さんの会員の方?)も、素晴らしい方ばかりで、気おくれしそうでしたが、「そこに参加させていただけたご縁があったのだから」と、良い意味で自信を持って、今後も精進したいと思いました。

2016年8月20日 (土)

「喜び」が体を生かす

20160820

昨日、ご近所の方から、とっても良いお話を聞きました。

その方のお父様は、現在89歳で、先日、目の手術をなさったそうです。

でも、手術後も、なかなか溜まった水が抜けずに、見えるようにならなかったのだそうで、毎日が辛く、食欲もなかったそうですが。。。

お盆休みに、こちらから、家族総出で、にぎやかに里帰りし、みんなで会いに行ったら。。。

その時から、うっすら目が見え始め、食欲も出て、休み明けの病院の検査では、溜まった水が随分抜けたことが判ったそうです。

「それって、たまたま治る時期が来てたんじゃないの?」と思う人もいるかもしれませんし、そうじゃないとは言い切れませんが。。。

「嬉しい」という感情で、免疫力がUPしたんじゃないでしょうか?

笑うとNK細胞が活性化することは、科学的にも証明されていますが、ケラケラ笑えなかったとしても、「楽しい」、「嬉しい」という気持ちになるだけで、体は元気になるように思います。

先日の記事でご紹介した苫米地英人博士によると、アメリカの統計からも、人が人生の目的や希望を失った場合、その後の寿命は18か月なのだそうです

傍から見て、張り切ってるような人でも、実は、その人が自分自身の喜びを犠牲にして頑張っているだけだと、やはり体を壊してしまうようです。

よく、「いい人」「真面目な人」ほど、病気になりやすいというのは、そういうことかもしれませんね。

日本人が気軽に使う「がんばって!」という言葉も、欧米では使いません。

頑張ってる人には、むしろ゛Take it easy!"というのが、普通です。

「忍耐」や「努力」が美徳とされる日本ですが、社会事情は昔とは大きく変わってきています。

だから、無理せずに、自分が心から喜びを感じることをやっていきましょう!

そうすれば、無理しなくても、自然に周りの人も幸せになっていくはず。

写真は、昨日見つけたハス畑の花です。ちょうどラッキーな流れで、きれいなハスを見ることができました! 

2016年8月17日 (水)

冷たい炭水化物のお腹スッキリ効果がすごい!

20160817

最近、「冷ご飯」の健康効果をよく耳にしますが。。。

簡単に言うと。。。

「加熱調理してα化した炭水化物のでんぷんは、冷めるとレジスタントスターチというでんぷんに変わり、胃で消化されずに大腸まで届き、食物繊維の働きをしてくれる」というものです。

そのため「血糖値が上がりにくい」とか「便秘解消」などの効果が期待できるそうです。

そして、ヨーグルトやぬか漬けなどの発酵食品やオリゴ糖などの摂取をしても、なかなか便秘が改善されなかった人が、冷ごはんを食べるようになって、見事に便秘が治ったという例も多いそうです。

お米以外にも、冷たい蕎麦うどんそうめんなどにも、レジスタントスターチは含まれるそうです。

私は、普段は玄米を食べていますし、玄米はお通じに良いと言われますが、玄米も炊き方や食べる量に気を付けないと、不溶性食物繊維が上手く消化できずに、かえって便秘になってしまう場合もあります。

また、腸の調子によって、それまでは大丈夫だったのに、一時的に便秘になってしまうことも。

そんな時にも、血糖値を急上昇させずに、大腸に届いて、食物繊維の働きをしてくれる白米(+雑穀)ごはんの「おにぎり」や、ざる蕎麦などが、強い見方をしてくれるかもしれません。

ちなみに、私自身は、このレジスタントスターチの効果をすごく実感しています。

玄米も、発芽させて炊き、3~4日保温しながら寝かせ玄米にして、自然に冷めた状態で食べたり。。。

時に、写真のような、サラダ仕立てのお蕎麦を食べたり、白米雑穀ごはんのおにぎりを食べたりしていると、すごく調子いいです。

2016年8月15日 (月)

聴くだけで脳を整える~苫米地博士の特殊音源

20160815

前回、苫米地英人(とまべち ひでと)博士の著書をご紹介しましたが。。。

苫米地博士の開発した「聴くだけで、脳をリラックスさせたり、活性化させたり、ポジティブ思考になって夢を実現しやすくしたり・・・」という特殊音源が聴けるYouTubeの公式チャンネルを発見しました。
 ↓  ↓  ↓

苫米地英人YouTube 公式チャンネル

https://www.youtube.com/channel/UCF5_b1FCKAX_GvRu7ePMG3w

こういった特殊効果音楽は、他にも、高周波数を含むモーツァルトの曲や、α波ミュージック、倍音ヒーリング、ソルフェジオ周波数、以前ご紹介したマナーズサウンドなどなど。。。いろいろあって、どれも、それぞれに効果があると思います。

「音」って、目に見えない波動ですし、私たちの心も体も、量子的に見れば波動なので、理に適ってますよね。(苫米地博士の特殊音源は、それだけではないのでしょうが。)

苫米地博士の特殊音源シリーズのCDセットみたいなものもあるようで、きっと「効果」も高いでしょうが、お値段の方も「高価」なので。。。

まずは、YouTubeで1曲10分程度の無料ヴァージョンで何日か視聴をし。。。

自分に合ってると思った方は、1曲200円でダウンロードし。。。

それで、うまく「引き寄せ」的な効果が働いて余裕が出て、「これは、イケルぞ!」と思った人は、本格的にセットで入手するというのも無理がなくていいかもですね。

よく、「ちょっと自分にとって痛いかな?くらいの値段を出すことが、後々の実りに結び付く」とかいう感じのことが言われますが。。。

一昔前と今では、一般国民の経済状況や社会状況、就職状況なども違いますので、本気で人生を変えたい人こそ、「無理をしない」のが一番大切な気がします。

無理して得たものは、得た後で心の底から幸せを感じる本物の成功とは違っていることが多いですし、その人に本当に必要なものは、小さい物から順番に、自然に無理なく得られて、それを辿っていくと、いつか大きくなっていくものだという気がします。

2016年8月11日 (木)

心の声を聴く簡単な方法は?~『脳を味方につける生き方』

20160811

みなさんは、いつも自分の本音(心の声、魂の声)を自覚していますか?

実は、「自分の心の奥から本当に望んでいるものが明確になれば、実は、それだけでその夢は叶う」ということが、スピリチュアル的にも、脳科学的にも判っているそうです。

それなら、幸せになるには、自分の本当の気持ちに気づくのがすごく大切ですね!
(最下部に、苫米地博士オススメの自分の気持ちに気づく方法を、簡単にご紹介します。)

でも、このブログを読んでくださってる方は、(私自身も含め?)真面目な方も多いので、時に自分の本当の気持ちがわからなくなることもあるかもしれません。

巷で流行ってる「引き寄せの法則」みたいなものも、「自分にだけ都合のいいことを引き寄せてはいけない。何が全員にとってベストなのか?」と、考えすぎたりして、気楽に楽しめないこともあるかもしれません。

「全員にとってベスト」というのは確かに不可欠ですが、問題は、そう考えてる時に、無意識に自分の欲求は置き去りしがちなこと

そういう人は、正統派のスピリチュアルな教えに惹かれたり、常識的な素晴らしい人格者の方の話に沿った生き方をしようと、一生懸命努力したりすることもあるかもしれません。

そして、それがまた自分を追い詰めてしまってキケンな場合も!

真面目な人ほど、今まで目を止めなかったような型破りな人の話を聞いたり、これまでと正反対の行動をとってみることで、ブレイクスルーできて、救われることがあります

そんな時に、オススメの一冊が、苫米地英人博士の『脳を味方につける生き方』(知的生き方文庫)です。

脳科学的な側面から説明される苫米地博士の理論は、スピリチュアルな世界にも通じるような気がしますが。。。

たまには、博士の提案する方法で、遊んでみるのもいいかも?

・・・とは言え、苫米地博士ご自身も、個性的ですが、いい意味で真面目な方(=愛ある方)ですので、ご存知ない方もご安心ください。

博士の人生の目的(抽象度の高い使命)は、「世界から戦争と差別をなくすこと」だそうで、そのためにできる具体的なことを、いろいろやってらっしゃる方です。

それに使うため、たくさんお金を稼いでらっしゃるのですが、ご自身は「衣食住」には、こだわらない、ある意味ミニマリスト的発想で暮らしてらっしゃるようです。

話が逸れましたが、この本の中で紹介されてる「自分の本当の気持ちに気づく方法」がすごくシンプルだけど、「これでいいんだ!」というものでした。

博士曰く、多くの人は、「本当の心の奥からの願い事じゃなく、単に、社会的に”こういうことが幸せだ”と思い込まされてたことを、自分の願い事だと勘違いしてる」ケースが多いそうです。

それじゃあ、願いが叶わなくても当然だし、仮に叶っても、その後で幸せ感があまり無かったりしてしまいます。

なので、座禅の姿勢で静かに座り、(呼吸法など使って)心を落ち着けて、その夢が叶った状況をできる限りリアルに思い浮かべるんだそうです。

そして、すごくリアルに、既にその夢が叶っている状況を感じた時に、心が嬉しいと感じれば、本物の願いだけど、特に嬉しい感じが無ければ、偽物の願い(世間体や、社会的洗脳に影響された願い)だそうです。

「なーんだ。そんなことか!」と思うんですが、大切なのは、「特に嬉しくなかった場合に、その嬉しくない(=本当は特にやりたくない)という気持ちを大切にしてもいい」ということなんじゃないでしょうか。

2016年8月 6日 (土)

ヘルシー鬼まんじゅう(リブレフラワー使用)

20160806

今年もサツマイモの初ものが出始めましたね。

近所のおじさんが作ってくれたサツマイモをいただいたので、リブレフラワー(ホワイト)を使って、「鬼まんじゅう」というか、「芋ういろう」のようなものを作ってみました。

今回は、甘味に、ほんの僅かの黒糖を使用しています。(玄米甘酒を切らしていたため。)

甘味は、みなさん、それぞれのお体に合わせて、調整してくださいね。

<材料 直径7cm 4個分>

リブレフラワー(ホワイト) 大さじ7
葛粉             大さじ3
黒糖  小さじ1 または 玄米甘酒 大さじ1くらい)   
水              180~200cc
蒸したサツマイモ     適量
塩              少々

<作り方>

1.ボールにリブレフラワーと葛粉、(黒糖)を入れて混ぜる。
2.1に水、(玄米甘酒)を入れて混ぜる。
3.蒸したサツマイモに、塩を少々ふる。
4.グラシンカップなど入れたココット皿に、2の生地を入れる。
5.4に3のサツマイモ数切れを押し込むように入れる。
6.蒸し器などで、12分前後蒸す。

※出来上がりは、グラシンカップにくっつきやすいので、ゆっくり丁寧にはがすか、あらかじめ米油など表面に塗っておいてはがしやすくしても?

2016年8月 4日 (木)

無農薬の果物と感謝の心

20160804_1

写真は、健康食品店で購入した無農薬、無化学肥料、EM農法のデラウェアです。

20160804_2

昨年から体質改善を続けている私は、このブログを始めた頃と違い、現在は、あまり果物を食べないんですが。。。

無農薬で国産の旬の果物ということで、買ってみました。

デラウェアと言えば、一般的に「種無しぶどう」というイメージですよね?

でも、これは、昔、日本で作られてたタイプのぶどう(?)って感じで、種があります。

甘みも控えめで、種の周りの果肉はしっかりしています。

最近の果物は、品種改良されていてとても甘いので、こういう昔の自然な果物は、一般ウケしないかもしれませんが、自然な味で美味しいです。

果物は、お野菜と違って、無農薬のものが少ないですよね?

お庭で育った果物でも、庭師さんが食べ物でなく庭木を対象にした農薬をかけてるのを、よく見かけたりします。 特に輸入物の場合、運搬のために、防カビ剤なども加えられています。

「あれもダメ、これもダメ」と恐れるのは良くないですし。。。

品種改良して美味しい物を作ってくれる農家さん達への感謝とか、

日本に居ながら、世界中の食べ物が食べられることへの感謝とか、

どんなことにでも感謝できるポイントは確かにあるんですが。。。

一生懸命、働いてくれてる自分の体(細胞さん達)に感謝を感じると、なるべく負担が少なく、体質に合った食べ物を食べてあげたいと思えてきます。

そして、人間の体に負担が無い食べ物が作られる時、環境汚染も減り、地球にかかる負担も少なくなります。

生態系のバランスがとれていれば、益虫が害虫を食べてくれて農薬も要らなくなるそうです。

農薬などの化学物質が無くなれば、私たちの腸内細菌のバランスもとれて健康になれますね。

すべては、つながってるので、いろいろなものに感謝すればするほど、安易に表面的な便利さや、経済効果だけを追求できなくなってきますね~。

2016年8月 2日 (火)

挽きたて黒豆きなこ

20160802

パソコンの調子が悪かったのか、記事の作成ページがなかなか開けず、久しぶりの更新です。

さて、最近、ちょっとハマってるのが「挽きたてきなこ」です。

写真は、市販の「煎り黒大豆」を、食べる直前に家庭用のミルで粉砕しただけですが、挽きたてって、風味も豊かで美味しいですね。

コーヒー好きな人が、豆を自分で挽く気持ちわかります!

粉モノって、粉にした瞬間から酸化が始まりますもんね。

以前は、「きなこ」は粉になった状態で買うのが当たり前と思ってましたが。。。

「煎り豆」をミルで粉砕すればいいことに気づいたら、いつでも新鮮なきなこが食べれるようになりました。

節分のお豆も、きなこにすれば、消費しやすいですね。(まだまだ先の話ですが。)

今は、黒大豆と黒ゴマを一緒に挽いた「黒ごまきなこ」がお気に入りです♪

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ