« キノコや余り野菜は干しながら保存 | トップページ | パリパリ&もっちり玄米クレープ(リブレフラワー使用) »

2016年6月12日 (日)

腸デトックス寒天あずき(砂糖不使用)

20160612

砂糖を加えず、甘さ控えめで、腸のお掃除をしてくれる寒天あずきを作りました。

厳密な玄米菜食をしている人や、少食の実践をしてる人でも、ちょっとしたデザートを楽しみたくなったら、こんなの如何でしょうか?

寒天の水溶性食物繊維あずきの塩煮のデトックス効果干しプルーンのバランスの良い食物繊維とソルビトールという成分、そして、もしあれば、腸内のビフィズス菌を増やしてくれる純度の高いビートオリゴ糖【植物性)やフラクトオリゴ糖(植物性)などの粉末(シロップタイプだと、実際のオリゴ糖含有率が3~5割程度のものが多い)も使用すると、おいしくて自然な便秘薬になってしまいます。

(オリゴ糖の粉末は、ネットで簡単に購入できます。)

尚、農薬や食品添加物などの化学物質は、腸内環境を悪化させてしまうことがあるそうなので、できれば小豆や、プルーンも有機栽培のものを選びましょう

<材料  1人分>

水だけで作った寒天  1人分 (自然塩を少々加えて寒天を作ってもOK)
あずきの塩煮  大さじ2
※あずきに、3~4倍の水を加え、茹でこぼさずに煮て、柔らかくなったら塩を少々加えたもの(コチラ参照→あずきの塩煮) 
※最近はスーパーなどで糖分を加えてない小豆の水煮も売っているので時間の無い方は利用してみても?)
ドライ・プルーン      1個
オリゴ糖粉末(あれば) 小さじ1/2~1

<作り方>

1.ドライプルーンを包丁で細かく切り刻む。
2.1をあずきの塩煮に混ぜる。
3.寒天を器に盛り、2のあずきをかけ、あればオリゴ糖粉末もかける。

« キノコや余り野菜は干しながら保存 | トップページ | パリパリ&もっちり玄米クレープ(リブレフラワー使用) »

ベジおやつレシピ」カテゴリの記事

栄養と健康」カテゴリの記事

超ヘルシー簡単レシピ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1503757/65926062

この記事へのトラックバック一覧です: 腸デトックス寒天あずき(砂糖不使用):

« キノコや余り野菜は干しながら保存 | トップページ | パリパリ&もっちり玄米クレープ(リブレフラワー使用) »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ