« 玄米だんご(しょうゆ、きなこ、黒ごま) | トップページ | ごぼうと玉ねぎの腸デトックス・ポタージュ »

2016年5月21日 (土)

『楽しみは創り出せるものよ』ターシャ・テューダーの言葉2

20160521

ターシャ・テューダーさんのお気に入りの本は何冊もありますが、その中の1冊が、この『楽しみは創り出せるものよ』(メディア・ファクトリー)です。

ターシャさんの素朴で美しい暮らしぶりが、言葉と写真で伝わってくる素敵な本です。

ターシャさんが自分たち家族の年中行事を描いた『輝きの季節』という絵本もすごく素敵で、2冊とも読むたびに幸せな気持ちになります。

・・・といっても、2冊とも持ってなくて、見たい時に毎回図書館で借りてるのですが。

この本の冒頭に書かれてるのは、こんな言葉です。

「なくし物
日の出から日の入りまでのどこかで、ダイヤモンドの六十分を埋め込んだ黄金の一時間をなくしました。見つけた方への謝礼はありません。それは、永遠に失われたままです。」
わたしもずっと休みなく働いてきました---欲しい物を手に入れるために。でも、よく見ると、この世界には、夢や希望、不思議なこと、楽しいこと、よい物、美しい物がいっぱいです。(p3より引用)

他に、ターシャさんが座右の銘としてるバーナード・ショーの言葉は、以下だそうです。

「人は自分が置かれている立場を、すぐ状況のせいにするけれど、この世で成功するのは、立ち上がって自分の望む状況を探しに行く人、見つからなかったら創り出す人である」(p163より引用)

それに、次のような気持ちにも共感できます。

ハーブと華やかな花に囲まれ、忙しく蜜を吸うハチドリやミツバチを眺めていられるだけで楽しいわ。それに暖かい日差しがあれば完璧ね。
(p168より引用)

例えば、努力の末に、何か大きなことを成し遂げた瞬間なども幸せだと思いますが、ただ自然の中で平和に過ごしてる時や、無心に手を動かして何か作ったり、歌ったり、創造的なことをしている時(たとえ上手じゃなくても)が、私も一番幸せだと感じます。

社会的地位とか、高価な持ち物などには、全然興味がないけど、ターシャさんのように、
「人を喜ばせ、人の役に立ち、自分もおもしろいと思う生き方」(p172)が出来たら、それが一番の理想かもしれません。

過去のターシャさんの記事→丁寧な暮らし~ターシャ・テューダー~(おすすめ動画付き)

« 玄米だんご(しょうゆ、きなこ、黒ごま) | トップページ | ごぼうと玉ねぎの腸デトックス・ポタージュ »

心のお話」カテゴリの記事

本/絵本」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1503757/65605248

この記事へのトラックバック一覧です: 『楽しみは創り出せるものよ』ターシャ・テューダーの言葉2:

« 玄米だんご(しょうゆ、きなこ、黒ごま) | トップページ | ごぼうと玉ねぎの腸デトックス・ポタージュ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ