« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月30日 (土)

嬉しい手作りプレゼント

20160430

このブログを通して知り合ったA子さんに、またまた心のこもった嬉しいプレゼントをいただいてしまいました!

それは。。。

手作りお味噌。

海外在住のA子さんですが、先日一時帰国された際に、飛行機の手荷物の中にわざわざ保冷材を入れて持ってきてくださったんだそうで、もう本当にサプライズ・プレゼントでした!

オーガニックの大豆とキレイな海のお塩を使って作られたお味噌だそうで、つぶつぶ感があってとってもおいしいんです。

お味噌汁だけじゃなく、お豆腐に乗せたり、胡麻だれを作ったり、玄米で作った五平餅の味噌だれなどにも使わせていただいています。

一緒に、お友達が自然栽培されたおいしい黒米やハーブティーもいただき、それ以来、ごはんの時間が本当にウキウキです♪

不食の人に憧れながらも。。。

「うーん、やっぱり体も心も喜ぶナチュラルな食べ物を食べることって幸せ~っ!!!」と叫びたくなります。

これを機に、最近の食事がシンプルすぎてストップしてたレシピ記事も「超健康シンプルレシピ」カテゴリーを新規に作って再開しようかしら?と思ったりもしてます。

おいしいだけじゃなく、A子さんのお心遣いにすごく大きなパワーをいただき癒されました。

感謝してます。ありがとうございます!

2016年4月22日 (金)

少食とミニマリズムで災害に備える

20160422
熊本を中心とした今回の九州地方の震災で、依然として大変な状況が続いていますが、被害に遭われた方々の状況が、少しでも良くなりますようお祈りしています。

火山列島の日本に住む私たちが、将来どのような「発展」をすれば幸せに暮らしていけるのかについて、このところ、いろいろな思いが心に浮かびます。

「発展」という言葉の一般的なイメージは、経済的な発展を伴うことが多いのではないかと思います。

こんなに地震が多い国で、原発が必要だとされているのも、いろいろな面からの経済的な理由でしょう。

そして、常に安定しない世界情勢の中で、少しでも平和に暮らすためには、どの国も、逆に武装を強化し合うという手段を取り、そのためにも経済発展が重要とされています。

国民が安全に豊かに幸せに暮らすためには経済の発展が不可欠だというのがこれまでの常識だと思います。

そうした中で、東北地方の大震災など、度重なる自然災害が連続し、私たち日本人の価値観が二極化してきているというか、新たな価値観に目覚めた人たちも増えてきているのではないでしょうか?

たとえば、最近、徐々に注目され始めた「少食」「不食」

そして「ミニマリズム」

私も、以前からそのような生き方を望みつつ、一般常識や、心配してくださる他者のアドバイスに捉われて、ここ数年間苦しみつつ、無理して今までの常識からはみ出さないように頑張っていました。

でも、今は、誰が何と言おうと、自分の魂の声に従って生きることに決めました。

そして、なるべく最小限のモノでシンプルに暮らし、自分の体が必要とする自然なものを最小限に食べて、心から幸せに「今日この日」を、「今の瞬間」を暮らせるようになってきました。

「少食」と「ミニマリズム」を無理なく取り入れていくと、それまであったいろんな執着も自然になくなってきます。

前回の記事に書いたように、今でもお気に入りのモノなどはありますし、まだまだミニマリストへの道を歩み始めたばかりですが、ずいぶんと部屋もスッキリし、日常の暮らしもシンプルに、身軽で心地よくなってきました

そして、今は、まだ「微食」や「不食」なんてほど遠い状態ですが、仮に、「微食」や「不食」が出来たら、災害時にも、かなり不安も減り、人様のお役にも立てるのではないかと思います。

そうは言っても、もし実際に災害に遭って、寒かったり、不便な避難所生活をすることになれば、きっと辛いと感じることが沢山あるでしょうし、もしも親しい人と、この世でのお別れに遭遇したら、モノを失くすことの何倍もの悲しみに襲われることと思います。

今、現在、そうした思いをなさっている方が、たくさんいらっしゃると思うと、こんな記事を書いていることも不謹慎だと思います。

ただ、将来生まれてくる私たちの子孫のためにも、これまでの常識の物理的な限界を踏まえて、新たな価値観で、新たな社会の可能性を模索してみることは、大切なんじゃないかと思えます。

後日、そのヒントになる本の紹介や、私自身がモノを減らしながら気づいたことなども、このブログで書かせていただこうと思っています。

2016年4月20日 (水)

お気に入りの木の道具たち

20160420

自然素材のモノは、使うたびに嬉しくなるので、毎日が楽しくなります。

写真の木製品も、毎日、大切に幸せに使わせていただいてるお気に入りの道具です。

一番上は、石川県のお土産にいただいた「あすなろ」の木に天然の漆が塗られた料理用ヘラ。
最近、玄米を乾煎りしてから炊いてるので(健康に良いため)、その時に、とっても便利で重宝しています。

真ん中の2つのスプーンは、遠くシベリア杉の間伐材で作られたもの。
まったく塗装をされてなくて自然ですが、食べ物の水分が染みて困ることはありません。

以前、安い木製スプーンで熱いスープを飲んだら、天然ではない塗装の変な味がして、健康に良くないと感じたので、このスプーンは、とても重宝してます。

一番手前のお箸は栗の木です。
これは、近所のAコープで150円で購入したものですが、今のところ塗装の変な味を感じないし、デザインも気に入ってるので愛用しています。

クリスタルなどの天然石も素敵だけど、植物好きの私は、こういう素朴な木の道具が好きでたまりません。

ちなみに、下に敷いてあるランチョンマットも、誕生日にいただいたもの。
コットン100%の優しい風合いでお気に入り。

雨の日も晴れの日も、こんな自然素材の日用品と暮らす毎日は、一瞬一瞬が喜びでいっぱいです♪

2016年4月16日 (土)

花を飾ること

20160416_1

以前は、咲いてる花を切って部屋に飾ることに、ほんの少しだけ、ためらいを感じることがありました。

「植物にとって、切られてしまうのは、本当のところ幸せなのだろうか?」という疑問が頭の隅にあったから。

最近になって、「どこに在っても、より多く(強く)人間に愛でられ、喜ばれ、役に立つことが植物にとって幸せなんだ」と感じるようになり(都合のいい思い込み?)、庭のすみや道端に咲いていて、あまり人間に鑑賞されてないような花を摘んでは、部屋に連れ帰り、飾っています。

黄色のフリージアは、とてもいい香りなので、部屋に戻ってくるたびに、喜びが湧いてきて幸せな気持ちになります。

野菜やハーブのように体を健康にしてくれる植物。

樹木のように空気をきれいにしてくれる植物。

花のように環境を美しく彩ってくれる植物。

すべての植物が、なくてはならない存在。

もっともっと植物を大切にすると、もっともっと人間は幸せに暮らせるようになると思います。

ところで、こちらは少し前にプレゼントでいただいたターシャ・テューダーさんのお花の本。

美しい写真を見てるだけでも、心癒されます。

20160416_2

ターシャさんのように、日々、多くの時間を屋外で植物の世話をしながら、丁寧に日常の手仕事をしたり、絵を描いたり創作的なことをして暮らすことには、いつも憧れます♪

2016年4月 7日 (木)

食べ物を変えたら花粉症も完治しました!

20160407

玄米菜食の少食を続けて、もうすぐ半年になります。

これまで、好転反応と思われる症状も、いくつか経験しながらも、日々体調が良い方向に変わっていくのを感じています。

感じる体調の変化の中で、特に顕著なのが、花粉症が治ったことです。
(※下部に、効果的と思ったポイントを箇条書きでご紹介。)

昨年のこの時期、突然、目が開かないほど腫れ、眼科で花粉症と診断されました。

薬をもらって、一時症状が抑えられても、屋外で過ごした翌日は、また目が開かない状態でした。

おまけに、喉や、顎下腺も腫れあがって声が出なくなったり、考えてみれば何年も前から、春には軽い鼻づまりや肌荒れなどもあったんですよね。(軽い症状だったので、気に留めてなかっただけで。。。)

そして、この春、そういった症状は、一つもありません!

もちろん薬は、一切使っていません。(目薬など外用薬も、まったく不使用です。)

晴れて花粉も「多い」という日に、何時間も公園で過ごしても、まったく大丈夫!

念のために作った花粉ガードのゴーグル眼鏡も不要になってしまったという嬉しい誤算。

花粉症が治ったこと以外からも、免疫力が徐々に上がってきているのは感じています。

思えば、ここ数年、ちょっとした雑菌に対しても抵抗力がなかったことが、今になってわかりました。
(それが、普通だとか、年齢のせいだと思ってた。)

以下に、私が感じている花粉症完治や、免疫力UPに効果があったと思うポイントを箇条書きで、書き出してみたいと思います。

私にとっては、「花粉症って、好きな暮らし方をして、こんなに簡単に治るんだ~!」という実感ですが、ひょっとしたら、「そんな食生活には耐えられないので難しい」と感じる方も多いかもしれません。

また、これらは、私が今さら言うことでもなく、昔から言われていた知恵や、最近ブームになったような健康知識の再確認でもあると同時に、必ずしも、現代西洋医学の常識に当てはまっていることばかりではないので、反対意見のある方もいらっしゃるでしょうし、万人に当てはまるとも言えませんが、あくまで、私個人の体験談としてお読みください。

花粉症などのアレルギーに関しては、特に1~3番が最重要事項と私は感じますが、私の場合は、以下の項目すべてを半年前から楽しんで継続しています。

1.油で加熱調理した食べ物を食べない。
オメガ6系の油や、トランス脂肪酸を摂らない。揚げ物、炒め煮、一般的な作り方のパン類も含めて食べない。

2.オメガ3系の新鮮な油(アマニ油、えごま油)を、加熱せずに少量だけ摂る。
私の場合は一日に小さじ1~2杯分くらい。
(アレルギーに関しては、新鮮な松の実に含まれるピノレン酸も有効なので、ごく少量の松の実や松の実オイルもOK)

3.乳製品以外から、乳酸菌とビフィズス菌を摂る。

4.甘いものを食べない。
特に白砂糖使用のもの。
(私の場合は、現在、煮物系にも糖分を加えず野菜の甘味を引き出す調理にしている。)

5.よく噛んで唾液を出して食べる。
玄米は一口100回以上、柔らかい食べ物も一口30回以上。
(消化を助けるだけでなく、唾液にはパロチンなどの有効成分が含まれるそうです。)

6.腹七分目に食べる。

7.空腹の時間を作る。

8.動物性食品を食べない。
(私の場合は、肉、魚、卵、乳製品すべて食べませんが、日本人の場合は、健康上は魚だけは食べたほうが良いと、よく言われています。)

9.化学物質をできるだけ体に入れない。
農薬、化学肥料、食品添加物、医薬品(可能な限り)などを避ける。
(私の場合は、スキンケア用品なども自然な植物油やバームを少量使うだけ。)

10.精製した穀類などを食べない。(基本的に玄米を食べる。)

11.腹式呼吸の時間を作る。

12.朝日を浴びる。

13.早めに寝る。

14.体を冷やさない。(温める。)

15.酵素をたくさん摂る。(発酵食品や、体質に応じて生の食品から。)

16.天然の抗酸化物質をたくさん摂る。(食品や、添加物のない良質なサプリから。)

・・・など。(もし、他に思いついたら、また追加します。)

以上のようなことで、心身ともにデトックスされ、毒素が抜けてきたら、本来、体がもっている自然治癒力が働き始め、アレルギーや体の様々な不調が、私の場合は良くなってきました。

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ