« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月24日 (日)

『食べない人たち』~少食は世界を救う

20160124

前回の記事に、図書館で借りたと書いた『食べない人たち』の前篇、後篇2冊を読み終わりました。

(ちなみに、こういう素晴らしい本を書かれる先生方や出版してくださる会社が、更にご活躍できるよう小さな支援をするためにも、素晴らしいと感じた本は、自分でもできる限り購入をしていますが、素晴らしい情報が公共の図書館にあり多くの方に広まるのも、嬉しいですね!)

最初、前篇の方が貸し出し中だったため、後篇から先に読み終わり、それだけでも満足感ありましたが、前篇も素晴らしい内容で、両方読んで良かったです!

不食を実践なさっている3人の先生方のお話に引き込まれ、いっきに読んでしまいました!

まだ、たった3か月あまりとは言え、1日2食の少食の玄米菜食を始めてから読んだので、書かれている内容も、実感として納得できたり、共感することばかりでした。

健康、環境問題、経済からスピリチュアルな面、そして「人間の本当の幸せってなんだろう?」という答えまで。。。いろんな分野に渡って、少食や不食の有効性が、誰にでもわかりやすく書かれています。

このブログのタイトル「じぶんと地球をしあわせにする食べ方」は、結局のところ、この本の内容に書かれている「少食」や「不食」に行きつくのだと思います。

・・・とは、言っても、著者の先生方がおっしゃるように、今まで普通に食べていた人が、いきなり極端に少食にするには、心身共に無理があり危険な場合もあると思うので、本当に少しずつ少しずつ、長年かけるつもりでやっていくといいのかもしれませんね。

本の中にも、不食は断食と違い、無理したり我慢することでなく、あくまで、自分が少食の素晴らしさを実感しながら、やがて行き着くことだというように書かれています。

私は、ベジタリアン料理とはいえ、このブログを始めてから、おやつや揚げ物まで、いろいろ作るのに夢中になってしまい、家族に喜んでもらえれば、なおさら、たくさん作って、自分も食べてしまっていましたし、目の前の仕事が忙しくなってからは、「食べないと乗り切れない」と勘違いしてしまっていたので、それは完全に間違いだったと、今は、深~く反省しています。(-_-;)

これからは、自分の体と心の声を聞きながら、このまま少食を継続していきたいと思います。

それから、話が飛びますが、この本の内容で「人は、暇だと食べ過ぎてしまう」ということが書かれています。

人は、食事をしないと時間がつぶせなくなるのだそうです。

もしかしたら、自分の使命みたいなものを発見する前とか、夢中になれる趣味が無いとか、特にやりたいことが見つからない時は、少食や不食が困難に感じるのかもしれません。

でも、それでも、少食をしていると、逆に自分の使命や本当にやりたいことがわかってくるかもしれません。

それについて、著者の一人である森美智代先生が、インタビューで語られている動画が参考になりますので、以下にお借りして貼らせていただきます。

今まで常識を大切にしてこられた方には、森先生のお話は、最初は夢物語や宗教みたいで危なく聞こえるかもしれませんが、深い所で理解すると、まったくその通りだと思えるんじゃないでしょうか。

森先生、写真で見るより、ずっとずっと可愛らしい年齢不詳な感じの方です♪

<まゆともトークwith森美智代先生 >

https://youtu.be/T7G4gswLMgE

2016年1月19日 (火)

土鍋で玄米ごはん(少食継続3か月後の報告)

20160119_1

先日まで、玄米雑穀ごはんは、圧力鍋で炊いていたんですが、圧力鍋で高温高圧で炊くと、アクリルアミドという発がん物質が微量に発生する(?)という話もあり。。。

炊飯専用の内蓋つき土鍋を買ってみました。

20160119_2

これが大正解!

普通の土鍋で炊くより、さっぱりしすぎず、圧力鍋で炊くよりは、甘味が抑えられ、適度な甘味とふっくら感です。

(写真は、冷めた後で撮ったのもあり、おいしそうに見えないんですが。。。)

圧力鍋で炊くよりは、少し時間と手間もかかりますが、普通の土鍋よりは断然早くて簡単です。

ところで、一日2食の完全玄米菜食(油を使った料理も無し)を始めて約3か月になりますので、現在のご報告をさせていただきます。

私の場合は。。。

この3か月の間、「他の物を食べたい」というストレスは、ほぼ感じたことがありません

たまに、他の食べ物を見て味を思い出すけど、シンプルな玄米菜食のごはんを食べ始めると「やっぱり、これが一番!」と満足できます。

そして、だんだんと味に敏感になってきたせいか、副菜も、蒸しただけの根菜類とか、シンプルな物がおいしく感じます。

蒸し野菜には、生味噌を少しつけたり、還元塩を少々振ることもありますが、何の味付けもせず食べることもあります。 野菜そのものの味だけで十分においしいと感じるようになったからです。

蒸し野菜だけでなく、時々食べる納豆やブロッコリースプラウトなどにも、醤油などをかけなくても、十分に素材の味だけで、おいしいと感じるようになりました

「慣れ」ってすごいですね!

こういう食事にすると、最初の3か月は、どんどん痩せ、徐々に体重が戻って安定すると聞きますが、私も3か月経った今、体は痩せました

でも、玄米ごはんを、一口200回くらい噛んでいるので、顎の筋肉は鍛えられてるから、頬がこけたとか、顔がげっそりした感じは特にないと思います。

ただ、体全体の筋力はちょっと落ちてる感じなので、もっと運動を増やして筋肉量を増やしたいです。

肩や背中の凝りなどの体調は、20代の頃から今までで一番ラクに感じます。

だんだん、適度な空腹感のある方が体が楽だと実感し、いくら玄米菜食でも、お腹いっぱい食べるのは、体が重くなるので自然に避けるようになりました。

少し前までベジ料理を考えたり作るのが好きだった私が、今は、「食」はシンプルが一番と思うようになり、その分を瞑想や他の活動に使いたくなりました。

慣れたら、一日1食にしたいです

芸能人にも、一日1食の人がたくさんいらっしゃるようですが、そのうちの多くの人は、その1食を、かなりしっかり食べてるみたい?

私は、以前の記事でご紹介した、稲葉耶季先生のように、玄米菜食の少食の1食でOKな体になりたいんですが。。。 

食から解放されて自由になる「不食」にも、ますます興味が増し、図書館で、秋山佳胤弁護士森美智代先生、山田鷹夫さんの『食べない人たち』(マキノ出版)という本も借りてみました~。

2016年1月17日 (日)

熊野の遊歩道

20160117_1

前回の記事で、「続きを書きます」と書いたんですが。。。

特に、重要なテーマがあるわけでもないんです。(^_^;)

(なので、軽いおしゃべりを聞くつもりで読んでくださいね。)

熊野一帯は、パワースポットでもあるからか、エネルギーの充電も出来て、心身ともに癒されます。

なんだか、呼吸法をしても、瞑想しても、自然からのエネルギーがたくさん戴けるんです。

最初に、この熊野自然公園付近を訪れて以降、なぜか、よく龍神さまのイメージも浮かんだり、ふとした時に、空を見上げると、登り龍みたいな雲の形だったり、なんだか龍が好きになってしまったら、その土地は、白い龍と金の龍に守られた場所と言われているんだそうです。

こういうのシンクロっていうんでしょうか???

2回目に向かう途中の電車の窓から見た雲も、ふと、右を向いた龍の形に見えてしまいました~。
(この龍は、イメージの中の龍より、ちょっとコワイ顔?)

20160117_3

そうそう、自然道から、海岸に降りることも出来るのですが、そこは砂浜じゃなく石の海岸でした。

長年の波の力で、大小問わず、角が取れて、まあるくなってる石がたくさんありました。

並べると、なんだか可愛いですね。

20160117_2

人間も、荒波に揉まれて角が取れるとか、丸くなるって言われますが、こんな可愛くなれるものなら、荒波に揉まれるのも悪くないかもしれませんね。

冬に、ここを歩いてると、所々で、なぜかイギリスの北部を歩いてるような雰囲気もします。(イギリス北部の海岸沿いには、実際には行ったことないんですが。。。ちょっと懐かしい感じでノスタルジックな気分にもなりました。)

あんまり、まとまらない記事になってしまいましたが。。。

最近の一連のお話は、またいつか、別途まとめてお伝えできたらと思っています。

2016年1月15日 (金)

自然の音に癒されて

20160115

写真は、先日訪れたお気に入りの場所。
熊野付近の自然道です。

お気に入りと言っても、まだ2回ばかり行っただけですが、2回とも、天気予報に反して到着すると素晴らしい晴天になり、自然と対話しながら至福の時が過ごせました。

すぐ下は海なので、波の音と小鳥のさえずりが同時に聞こえ、木々や苔むした小道の緑と海の青さを同時に味わえます。

私たちの体も、すべての物質も、波動で成り立っていて、自然の音の周波数は、私たちの身も心も癒してくれるように思うのですが。。。

海の音と、山の音の両方が混ざり合った周波数の音に満ちたこの場所では、すごく元気をいただけます。

ただ歩くだけでも、じっと座ってるだけでも、何時間でも飽きませんので、予定の合間には、必ず屋外に出てました。

自然の中で静かに過ごす時に、一番の幸せを感じますが、特に、この場所に行くと、なんだか「今までの人生で、今この瞬間が一番幸せ」というか。。。

自然に「今」という時間だけに焦点が合って、心の深くから幸せな気持ちになれるのです。

つづきは、また次回。

2016年1月 7日 (木)

静寂を満喫してます

20160107

今年の抱負がスローライフなだけに。。。

ブログの更新もスローになって、すみません。

今までパソコンに向かっていた分の時間も、瞑想やストレッチや読書、モノの片付けなどに使わせていただいております。

お正月も、お陰様で暖かい日が続いたので、屋外でも過ごしやすく、ずいぶん自然の中で静寂を満喫し、至福の時間を持つことができました。

最近の記事の内容や、スローな更新のせいで、何人かの方にご心配のメールをいただいたり、私が孤独なんじゃないかと心配した友人知人に食事のお誘いを受けたりして、本当に感謝しています。

ほんと、皆さんのこと大好きです!

でも、私は、大丈夫ですよ。

今は、一人静かに過ごす時間がマイブームというか。。。(笑)

静寂を心から味わっています。

そして、一日2食の玄米菜食の少食も、私にとっては我慢じゃなくて、むしろ夢が叶ってる感じなので、せっかく心配してもらって、食事に誘ってもらってるのに、お付き合い出来ないのが本当に申し訳ないです。

でも、今は、わがままを許してもらって、自分の心の声に従わせてくださいね。

きっと、これから自分の本当に進むべき道に、ようやく一歩、足を踏み入れたような気がするので。。。

2016年1月 1日 (金)

あけましておめでとうございます。

20160101

みなさま、新年あけましておめでとうございます。

一年前にも書かせていただいた「今年の抱負」ですが。。。

今年は、はっきりしています。

昨日、書いたことと重なってしまいますが。。。

「シンプルに自然のリズムで生きること。」

具体的には、モノをもっともっと減らして「ミニマリスト」を目指します。

そして、忙しく頑張った昨年までとは反対に、やりたいことだけやるスローライフ

長年やりたかったこと、おばあさんになるまで「おあずけ」にしないといけないと、我慢していたことを、今年やる!

自然栽培やオーガニックのシンプルな玄米菜食、天然素材の必要最低限の衣類や日用品瞑想呼吸法散歩やヨガ。。。ただ、そんなことを繰り返すお坊さんのような毎日が一番の理想です♪

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ