« 半断食中 | トップページ | 不食の弁護士秋山先生のお話 »

2015年10月24日 (土)

マナーズ・サウンド~音で癒す~

20151024

静止しているように見えても、すべての物質は振動していているのだそうですが。。。

この振動は、近くにある物質の振動にも影響を与えるそうです。

これは、一つの音叉を鳴らすと、近くの音叉が共振して鳴り出すことと同じだそうです。

そうした仕組みによって、健康な細胞の振動音を全身に浴びるように聴くことで、細胞の振動の乱れを正常化し、癒しの効果をもたらすとされているのが、マナーズ・サウンドだそうです。

一見あやしく聞こえるかもしれませんが、これを作ったマナーズ博士の「サイマティクス音響振動療法」は、代替治療として国連やWHOにも認められているそうです。

マナーズ・サウンドでは、体の細胞や、心に影響を与える振動音だけでなく、体をとりまくエーテル体の振動を整える振動音まであるのです。

マナーズ・サウンドのような物質レベルぎりぎり近い比較的粗い波長の振動までは、可聴音にできるということなんでしょうか?

この振動が更に、細やかになると、科学的に証明できないヒーリングエネルギーになっていくのかもしれませんね。

マナーズ・サウンドは、普通の人が、耳で聞くことのできる振動レベルのヒーリングエネルギーみたいなものと言うと解りやすいかも?(かえって、あやしい?)

ところで、このマナーズ・サウンドのCD2枚が付録になった、CDブックが920円(+税)という手軽なお値段で、マキノ出版から販売されています。(トップの写真)

『自律神経を整えて超健康になるCDブック』というものです。

マナーズ・サウンド自体は、ブーンと言う感じの音だったりするのですが、この付録のCDは、リラクゼーションミュージックの背景に、マナーズサウンドが流れているので、普通に聞いていても違和感がなく、かつ普通のリラクゼーションミュージックより、体に響きます。

マナーズサウンドについての詳しい説明は、以下のサイトにありました。

マナーズサウンドとは? (マナーズインターナショナル株式会社)

« 半断食中 | トップページ | 不食の弁護士秋山先生のお話 »

体験レポート/日記」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1503757/62198888

この記事へのトラックバック一覧です: マナーズ・サウンド~音で癒す~:

« 半断食中 | トップページ | 不食の弁護士秋山先生のお話 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ