« がんにも効く? びわの葉の成分 | トップページ | 未来の病院 »

2015年10月15日 (木)

あずきの塩煮

20151015

デトックスを促すため、先日、東城百合子先生オススメの「ゆであずき」(あずきの塩煮)を作って食べました。

あずきを3~4倍の量の水で、煮こぼさないで柔らかく煮て、最後に天然塩を少々加えただけのものです。

聞くだけだと、「お砂糖を入れないあずきって?」と思うんですが、あずき本来の甘味が結構ありますし、少し入れたお塩も、甘味を引出してくれて、すごく美味しいんです。

東城先生によれば、疲れた時や、毒素を出したい時に、この小豆をお碗一杯食べると利尿、便通を助けてくれたりして、毒出しになるそうです。

こんなに美味しいもの食べて健康に良いなんて幸せ~!

びわの葉療法にしても、この「塩ゆであずき」にしても、昔から伝わる知恵って、素晴らしいなぁ~と思います。

緊急時や重病の治療など、現代の医療も必要ですが、普段から、日々の暮らしを自然と調和させることは、心身の健康につながる、とても大切なことだと感じます。

自然療法を実践し、自分を大切に自然と調和していくと、体だけでなく心の幸せ感も、どんどん増してきます

« がんにも効く? びわの葉の成分 | トップページ | 未来の病院 »

体験レポート/日記」カテゴリの記事

栄養と健康」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1503757/62004750

この記事へのトラックバック一覧です: あずきの塩煮:

« がんにも効く? びわの葉の成分 | トップページ | 未来の病院 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ