« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月29日 (火)

『レンタネコ』~寂しくない静かな日常を

20150929

『かもめ食堂』『めがね』で有名な荻上直子監督の映画『レンタネコ』が、今、GYAO!の無料動画で見られます。

これまた、『かもめ』や『めがね』に並んで、気分のほぐれる作品なので、オススメです。

私は、シルバーウィーク中に見たんですが、紹介記事が遅くなってしまいました。

無料配信が終了しないうちに、ぜひご覧あれ~!

私は、主演の市川実日子さんも大好きなんですが、その他の人たちも皆、味があって、にゃんこ達も可愛いし、普通の日常が楽しくなりますよ~。

「寂しくない静かな暮らし」していきたいな~。

GYAO!のレンタネコのサイト→ http://gyao.yahoo.co.jp/p/10062/v00001/

レンタネコの公式サイト→ http://www.vap.co.jp/rentaneko-movie/#/main

~予告編~

https://youtu.be/0-SUW2qcduQ

2015年9月25日 (金)

ひまし油湿布

20150925

さて、このところ、ゆったり自分の体を癒すのを、楽しんでる私ですが。。。

食べ物だけでなく、自分で、お手当てもしています。

写真は、iHerbで個人輸入した「ひまし油」「コットン・フランネル」

これで、エドガー・ケイシー流の「ひまし油湿布」を始めました。

ひまし油湿布については、賛否両論あって、たくさんの効果が報告されてるとともに、効果の無いオカルト的治療という意見もあります。

それ、どっちも正しいというか、こういうのって効く人と効かない人がいると思います。

私は、エドガーケイシーの熱心な信望者ではありませんし、「何が何でもこれで治してやる!」という意気込みも無いんですが。。。

湿布の時間が、とっても気持ちいいリラックスタイムになるので、その至福の時間を味わうのが好きで、今のところ続けています。

湿布で、多少でもデトックスできたら嬉しいし、湿布した部分のお肌もしっとりキレイになって気持ちいいので、もし、言われてるように子宮筋腫などにも効果があったら、二重に嬉しいなぁ~♪という感じです。

湿布してる1時間は、好きなヒーリングミュージックと、アロマの香りに包まれて、蚊帳を吊るしたベッドの中で、ゆったり寝ころんでいます。

もう、蚊の季節は過ぎたけど、蚊帳の中って、自分の聖域って感じで落ち着くし、楽しいので、いまだに使ってます。

ケイシーは、「湿布の間は、キリストの御手に包まれてると思いながら」と言ってるそうですが、実際、湿布の間は、ふんわりしたエネルギーに包まれる感じがして、本当に気持ちいいです。

ご興味ある方は、以下のサイトの真ん中あたりにイラストで、やり方が説明されてます。

エドガーケイシー療法 ひまし油湿布の効能・やり方 http://matome.naver.jp/odai/2140953335948011201

(サイト内の説明にもありますが)湿布を温めるための温熱ヒーターなどは、私は持ってないので、寝る時は背中側に貼るカイロ、お腹側に小さいオフィス用湯たんぽを乗せて、湿布部分を温めています。

また、オイルカバーも持ってないので、食品用ラップを使ってます。

今後、簡単に気軽に続けるためには、夕食前に布団の中に湯たんぽと湿布を入れて温めておき、夕食後少したってから、1時間湿布して、その後、重曹入りのお風呂で、洗い流してから入浴し、就寝という流れだと、無理なく続けやすいかなぁと思ってます。

2015年9月23日 (水)

ムラキテルミさんの『世にも美しいガンの治し方』

20150923

先日は、健康診断の事でみなさんにご心配をおかけした私ですが。。。

まだ精密検査には行ってないものの、たぶん胸も良性で、筋腫の方も退縮する可能性が十分あるだろうと、根拠の無い安心感を感じています。

でも、この機会に、時間の許す限り、趣味の自然療法を試したり、目に見えないエネルギーの研究に楽しく勤しんでおります。

今回、何人かの方から温かいメールをいただきましたので、自然療法に関して私が知った情報を、今後もっと、このブログでご紹介していきたいと思います。

そこで、まず初めにご紹介したいのが、ムラキテルミさんという方について。

ご存知の方も多いと思いますが、ムラキさんは、余命3か月と宣告された肝臓がんを自然療法で克服されています

ムラキさんは、主に、石原結實先生の指導に基づいた自然療法をなさったそうですが、それについて、本も書かれていますし、ご自身のホームページでも、「絵本形式」で、すごく簡単にわかりやすく、まとめて全貌を説明してくださってます

これは、実際にガンにかかられた方にも、現在健康な方にも、有益で希望の湧く情報だと思いますので、以下のリンクから、ぜひ一度ご覧ください。

ムラキテルミ オフィシャルウェブサイト 「世にも美しいガンの治し方」
http://murakiterumi.com/cancer

この中で、語られてるガンを治すポイント(主に石原結實先生の説)は、以下のようにとてもシンプルです。

・ガンは、低体温で作られる→体温を上げると治りやすい
・ガンは、血液の汚れを浄化するための体の最終手段→デトックスが必要
・オススメの食事→朝:りんごと人参ジュース、昼:お蕎麦、夜:和食中心 他:生姜紅茶

食事については、その人のその時の状態で、変わってくると思いますので、上記は石原先生オススメの基本的な食事だと思いますが。。。

他の、いろいろな情報を合わせて考えても、どんなに良い物でも、食べ過ぎは「万病の元」だなぁと思います。
(成長期の子供と大人は別だと思います。)

ちなみに、「冷え」「ストレス」「食べ過ぎ」「運動不足」「睡眠不足」をなくせば、きっと自然治癒力が出てくるけど、それを全部なくすのが難しいんですよね。

現代人の生活って、生物学的にも不自然なことが、たくさんあるような気がします。

現代人がやりがちな、「疲れたら、モリモリ食べて元気を出そう!」というやり方、良くないですね。
むしろ、疲れたら「あまり食べずに、しっかり寝る」が正解な気がします。

2015年9月22日 (火)

『おにぎりカフェ マザーズ』愛知県安城市

20150922_1

私も、今週に入ってシルバーウィークの連休が取れ、近所でのんびりとした休日を過ごしています。

以前から、気になっていた、おにぎりカフェ マザーズさんにもランチに行ってきました。

写真は基本の、おにぎりプレート(パワーランチ 600円)です。

20150922_2

発酵玄米の粒や豆を入れて炊いた御飯のおにぎり、ミネラルの多い自然塩や、熟成味噌を使ったお料理に、びわの葉のお茶など、体に良い材料ばかりで作られたランチです。

(お肉やお魚料理はありませんが、小さな卵焼きがついてますし、お出汁には、たぶんカツオ節など使われてると思いますので、ヴィーガンではありません。

※2回目にうかがった時から、卵焼きは無しでお願いしたら、代わりに昆布の佃煮を添えてくださいました。

この基本のランチに、体に優しいデザートやドリンクをプラスすることも出来ます。

たぶん、普通の人だと、基本のランチだけじゃ少なく感じるかも知れませんが、今、自分の基本に戻った私には、何もプラスしなくても、これだけで、量的にも十分でした。

この「おにぎり」は、玄米そのものを炊いた御飯ではなく、発酵玄米を砕いた粒を白米に混ぜているため、玄米ごはんのように、一口100回とか噛まなくても、白米ごはんのように、一口30回くらい噛むと口の中から消えてます。

この発酵玄米の粒は、販売もしているので、玄米の消化の悪さが苦手な方や、家族の人が玄米嫌いな人は、おうちでご飯を炊く時に入れると良さそうです。

私も一袋購入してみました。

もともと、自然療法などが趣味で、ベジタリアンなのもあって、自分でも、生活習慣病にはかかりにくいと思いますが、最近は、疲れが溜まって、筋肉の緊張も取れないストレス体質になっているというサインが、先日の健康診断結果や、今年の春先の急なアレルギー症状などだと思うので、なるべく、疲れや緊張を取る機会を、日々の中で少しずつ取り入れながら過ごし、キリのいいところで、根本的な部分も改善していきたいと思います。

そう思うと、静かな嬉しさが湧いてきます♪

2015年9月17日 (木)

ありがとうございます。

20150917_1

前回の記事を読んでくださった方々から、あたたかいメールをいただいたり、お心遣いをいただき感謝しています。

ありがとうございます。

メールをいただいた方には、お一人お一人お返事したいので、来週あらためて、ゆっくりとお返事させていただきたいと思います。

また、一緒に、保育関連の勉強をした方から、お土産に写真のカワイイお守りもいただきました。

裏返すと。。。

20150917_2

ありがたいです!

私自身も、「大したことないといいな~」と願ってますが、どっちにしても、自分の考え方や、今後の生き方を見直す良い機会となりました。

実は、私、7,8年前にも左胸にしこりを発見し、精密検査をしたことがあって、結果は「良性」だったんですが。。。その時は、結果が出るまで、すごく凹んだのを覚えてます。

今回は、その時ほど落ち込んでないですし、まだ精密検査もやってないので心配するのも早すぎるんですが。。。潜在意識の中にあった「隠れ疲労」が、どんどん表に出てきたというか、自覚できてきました。(^_^;)

なので、今後の検査の結果次第では、来年度は、無理せずスローダウンし、まずは健康第一を心がけたいと思ってますが、私が、そう言うと、経済的なことや世間体などを心配してくれてるのか、身内からは、「甘えてないで、このまま頑張れ!」っぽいことを言われるので、困っております。(-_-;)

幸い、私の場合、心は元気で、長い目で、自分の人生を冷静に見直しているだけなので、そう言われても何とか大丈夫なんですが。。。もしも、私が心も弱ってたとしたら危険だと思うんですよね~。

それに、冷静に見ると、今あんまり頑張ってない人が、頑張ってる人に、「もっと頑張れっ」とか「甘えるな」とか言うのって変だよね???

せめて、自分も頑張ってる人に、言われたいわ~。

・・・と言えるほど、私は元気ですので、皆さん、ご心配おかけして、本当に申し訳ありません。

そして、本当にありがとうございます。感謝しています。

2015年9月14日 (月)

「原点」へ強制送還中。。。

20150914

このところ、私自身の心がスッキリ定まってなくて、記事の内容が「優柔不断」だったと言うか。。。

きっと、読んでくださってる方の中には、「この人、最近、無理してない?」と感じてた方も、いらっしゃることと思いますが。。。それ、図星です!

先日の健康診断の結果はまだ出てないんですが、婦人科健診で、その場で子宮筋腫が発見されてしまい。。。

マンモグラフィーでも、しこりは無いけど、両方に全体的に石灰化が見られるとのこと。。。

(出産を経験してないので、やはり年齢的にも婦人科系が弱いですね~。)

健診全部の結果が来たら、精密検査に行くことになりますが。。。これを機に、「初心」に戻ることを、やっと決心できました

今は、不安より、むしろ「これで、やっと、ゆっくり休んだり、堂々と玄米菜食系の食生活ができる!」という喜びもあります。
(そんな風に思うなんて、隠れ疲労度が、MAXに近い状態ってこと?!)

そして、「人がなんと言おうが、興味ある方向に進もう!」という気持ちです。

自分の体を実験台に、自然療法や環境&体に優しい生活など、もっと本気で実践したいし、仕事でも、「自然と調和して生きる力」を子供たちに伝えられる内容であることを重視したい!

今まで、社会人としてバランスを取るため、「これってワガママ?」と迷うことも多く、なかなか答えが見えなかったけど、今回「体の異常」という明確な形で、神様から答えをいただき、半ば強制的に「原点」へ戻されてる感じで、なんだか感謝すら感じます

家族なんかは、逆に「やっぱりお肉も魚も食べた方がいい」と言ってますが。。。(^_^;)

婦人科系の病気は、エストロゲンに依存するところが多く、動物性脂肪などが良くないことや、栄養過多が原因となりうることも、医学的にもわかってきてるらしいです。

でも、私、最近は、「自分が作れなかった時に、作ってもらった食事は感謝して食べないと申し訳ない」とか、「みんなで食べる時は楽しく」という理由で、(お肉やお魚は食べないけど)卵や乳製品、甘い物を食べる量も増えてました。

それに、仕事がハードな日は、最後まで元気に動き回るために、エストロゲンに作用してしまう「マカ」パウダーをスムージーなどに入れたりしてました。(これって、筋腫を育ててるようなもの?)

風邪をひいても、薬で症状を抑えて、何もなかったことにして元気に仕事。(これは、社会人なら誰でも、やってることだと思いますが、本当は良くないですよね。)

長期的なヴィーガン食は、お医者さんは決して勧めないとは思いますが、今回は婦人科系ということもあり、しばらくは、玄米菜食中心の食事を、よく噛んで腹八分目に食べることを続けてみます。(写真は、玄米でなくキヌアとくるみ入りごはんですが。)

ローフードで筋腫が治った人もいるけど、“私の体質の場合は”、ローフードは少なめの方がいいらしいし、自分でも、それを感じてるので、マクロビ的な基本食をこころがけます。

具体的な「やらない」宣言は。。。

・周りに合わせて、無理に乳製品、卵、甘い物を食べない。(もちろんお肉お魚も。)
・体を冷やさない。体を冷やす飲食物を摂りすぎない。
・もともとは苦手だったコーヒーは、やっぱり飲まない。
・婦人科疾患に賛否両論のある、大豆製品(イソフラボン)を摂りすぎない。
・農薬や食品添加物の多い物を食べない。
・体調不良の時、ただ薬に頼って、むやみに頑張らない。

ちなみに、これらは、私の場合、特に我慢しなくても実行できることで、これまで妥協してやってしまってたことなんです。

そして、前述したように、今後、もっと本格的に、自然療法や環境&体に優しい生活を実践し、仕事でも、「自然と調和して生きる力」を子供たちに伝えることへとシフトしていきます!

2015年9月10日 (木)

多様な価値観

20150910

台風による大雨の影響で、各地に被害が出ていますが、みなさん大丈夫でしたでしょうか?

うちの辺りは、台風がかなり接近して通ったものの、おかげさまで暴風や大雨の影響はあまり出ませんでした。

私も、子供たち相手に仕事しているので、台風など発生時は、いろいろな対応があったり、緊急時の備えをしたりするのですが、昨日は、仕事の前に健康診断もあったりで落ち着きませんでした。

でも午後からは、無事に仕事も出来て、今日は、こうして記事を書いたり、明日からの自分の予定の準備や心配をしていられるのは、すごくありがたいことだと思います。

ところで、このところ、公私ともに、試験なども連続していて、やっぱり大人になっても試験って、ストレスになるものですが。。。

これも沢山受けてると、似たような分野の試験でも、同じことが、「こっちでは正しく、こっちでは間違い」とされることもあるんですよね?

本当に、世の中、答えが一つではないことが沢山あるものです。

たとえば、総理府青少年対策本部の資料によると、日本人とアメリカ人の考える「良い子」とは、以下の要素のある子だそうです。

<日本>

1位 基本的生活習慣
2位 規則を守る
3位 辛抱・努力

<アメリカ>

1位 独立性・リーダーシップ
2位 基本的生活習慣
3位 異なる意見への寛容

「基本的生活習慣」以外、全然違います。

ところ変われば価値観も変わるんですね。

「石の上にも三年」という言葉がありますが、同時に、魚は陸の上では生きられません

また、陸で、よちよち歩くペンギンは、水に入った途端、別の生き物のように、すごいスピードで泳ぎます。(どっちが良いというわけじゃないですが。)

すべてにおいて優れている必要はないし、自分の欠点が、逆に長所につながっていくこともあるかもしれないので、周りの評価だけに一喜一憂しても、しょうがないですね。

2015年9月 7日 (月)

和風クリームソースのペンネ(高野豆腐の唐揚げ添え)

20150907

最近は、何の変哲もない普通のメニューや、一度記事に載せたことのあるようなものばかり作っていて、なかなかレシピ記事が無いんですが。。。

先日作った和風の豆乳クリームソース・ペンネを載せてみます。

記事にするつもりでなかったので、あまり分量など、計ってないのですが。。。

いつも作る、豆乳と麦みそのヴィーガンクリームソースにアレンジを加えたものです。

高野豆腐の唐揚げは、大豆ミートの代わりに、高野豆腐を使っただけです。

大雑把な作り方だけ書きますが、お許しください。

[材料  2人分]

豆乳     3カップ
麦みそ    大さじ3
玉ねぎ(小) 1個
オリーブ油  適量

高野豆腐  適量
下味調味料(しょうゆ、こぶ出汁、にんにく&しょうがのみじん切り、ごま油)
片栗粉
揚げ油  適量

ペンネ   2人分
万能ねぎ  適量
黒こしょう  適量

[作り方]

1.高野豆腐は、水で戻したあと絞り、下味調味料に浸しておく。
2.1の表面に片栗粉をまぶして、油で揚げ焼きにする。
3.玉ねぎはみじん切りにする。
4.深めのフライパンにオリーブ油を熱し、3の玉ねぎをよく炒め、豆乳、麦みそを加えて混ぜる。
5.2で、余った片栗粉(高野豆腐の調味料が混ざっていても可)に水を適量加え、4に少しトロミをつける。
6.5に塩茹でしたペンネを加え和える。
7.6を器に盛り、揚げ焼きした高野豆腐の唐揚げを乗せ、万能ねぎを散らし、黒こしょうをかける。

2015年9月 5日 (土)

「ありのままの自分」でいられる暮らし

20150905

今月に入って初めての更新です。

またまた今月半ばまで、いろいろ忙しくて、ゆっくりペースの更新になりますが、よろしくお願いします。

今後3月末までは、定期的に、山場が何度も来るので、なかなか落ち着きませんが、なんとか、落ち着いて日々を過ごすことを心がけたいと思います。

ところで、目の前のことで忙しく、「自分らしさ」というものを見失うことってありませんか?

自分が心からホッと出来る時間や場所など思い出すと、それが原点で、そこに「自分らしさ」があるのかなぁと思いますが。。。

ちなみに、私は、体質的な理由もあってベジタリアンですが。。。

時々、2つの気持ちの間で、ちょっとだけ辛くなります。

特に、仕事関係などで、みんなで外食をした時など、「お肉を食べないと、結果的に、一緒に食卓を囲む目の前の人達の気持ちを害し、すでに殺されてしまった動物の命を更に無駄にしてないか?」という気持ちと、「人それぞれ、自分の体質や心身の自然な要求に沿った食生活をした方が良く、私も無理せず堂々とベジタリアンでいればいいんじゃないか。」という気持ちの間で、辛くなりつつ後者を選んでいます。

ベジタリアンの人の中には、肉食する人たちを批判する人もいますが、私は、自分はベジタリアンだけど、親しい友人も家族もみんなお肉や魚を食べますので、お肉を食べる人は意識が低いとか、ベジタリアンの方が意識が高いとか思ってないので、とても悩みます。

「ヨガをずっと続けていて、自然に体がお肉を受け付けなくなってきた。」と言う人がいますが、その感じが、すごくわかります。

でも、普通に生活してると、現代の日本に生まれて、ベジタリアンを通す方がワガママじゃないかと苦しく思うことも多く、ベジタリアンが環境に及ぼす好影響などの情報を得ると、気持ちがすごく楽になります。

私は、小さい子供に関わる仕事をしているので、仕事では、「ベジタリアン」とは公表できません。

「人の幸せのために働きたい」、「その時その時に目の前にいる人に敬意を表し、大切にしたい」と思うと、「ベジタリアンはやめるべきじゃないか?」と思うこともあります。

普通の人がこれを読んだら、ベジタリアンを続けるのは、結局は社会性が無いからだと思うかもしれません。

それか、大げさだと思うかな?

いつか、ベジタリアンというのを隠さず、肩身の狭い思いもせず、普通に仕事したり社会生活を送り、少ないモノでシンプルに丁寧に暮らしたいと、密かに願っています。

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ