« 人の笑顔が見たいという欲求 | トップページ | 野沢菜チャーハン »

2015年7月25日 (土)

地産地消の田舎の暮らし

20150725

今は、場所も時間も無くて、家庭菜園ができない私ですが、ご近所の農家の方から、夏野菜を、ただでお裾分け戴いたり、購入させていただいたりと、ラクして新鮮な地場野菜たっぷりのご飯をいただく毎日です。

本当に、「地産地消」、「旬のものだけ食べる」という贅沢を味わっています。

新鮮な旬の食材は、あまり手をかけなくてもおいしいですし、特に夏は、火を通す時間も短い調理が適してる気がするので、手軽に食事を楽しめます。

写真のトマトソースは、加熱用トマトではなく近所で採れた普通のトマトで作りましたが、甘味とコクを出すために、少しだけみりんを入れました。

ズッキーニも、近所の畑からのいただきもので、青ジソも自分のうちの庭に自生したもの。

今は、自分で自分の食べるものを作ることはできませんが、ご近所に親切な農家の方が多くて、本当にものすごく恵まれています。

「もしも、なんか野菜が足りなかったら、畑からとって来てあげるよ。」とか、言ってくれる人までいて、なんと感謝したらいいか!

私は、この田舎町で生まれ育ってるのですが。。。

今は、都会から田舎暮らしを求めて、もっともっと地方の田舎に行く人もいますよね。

慣れるまでは、田舎の近所付き合いで大変なこともあるかもしれませんし、不便や退屈もあるかもしれませんが、こだわりの無い人なら、すぐに慣れて、都会より人間らしい暮らしが満喫できるのではないかと思います。

文明に逆行するわけじゃないけど。。。

逆に、もっと文明が進んだら、人は、今よりもっと自然を大切にするようになるんじゃないかと思います。

« 人の笑顔が見たいという欲求 | トップページ | 野沢菜チャーハン »

体験レポート/日記」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1503757/60861306

この記事へのトラックバック一覧です: 地産地消の田舎の暮らし:

« 人の笑顔が見たいという欲求 | トップページ | 野沢菜チャーハン »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ