« 野菜のチリソース | トップページ | ミネストローネをカレーに »

2015年2月13日 (金)

簡単ヴィーガンお好み焼きソース

20150213_2

擦りおろしリンゴとウスターソースで作ったヴィーガンのお好み焼きソースを、山芋たっぷりのヴィーガンお好み焼きにかけました。

市販のお好み焼きソースって、大抵の場合はお肉のエキスとか入ってるのですが、ウスターソースには、動物性原料が入ってないものもあるので、それをベースにお好み焼きソースに作り変えます。

ミキサーやフードプロセッサーなどで作った擦りおろしリンゴか生りんごジュースとウスターソースをお好みの割合で煮て、水溶き片栗粉で少しとろみをつけるだけ!
少しだけケチャップを加えてもおいしいです。

最初に撮ったトップの写真は、あんまり美味しそうに見えないので、後日取り直した写真がこちら(↓)

20150213_2

でも、これって、写真用に、はりきってフレンチマスタードとか、たっぷりかけ過ぎです。

こんなにかけたら、味濃すぎますので要注意!

生地には、4人分で15cm以上使うくらい、たっぷりの山芋の擦りおろしを入れて、ふわふわにします。

~ソース~

[材料]

擦りおろしリンゴ(または、生りんごジュース)
ウスターソース
ケチャップ    適宜
水溶き片栗粉

[作り方]

1.擦りおろしリンゴとウスターソース(と、ケチャップ)を小鍋に入れ煮立たせる。
2.水溶き片栗粉で、少しとろみをつける。

ちなみに、「お好み焼き」の方は、適当ですがこんな感じです。(↓)

[材料]

<生地>
山芋擦りおろし   とにかくたっぷり
薄力粉 少なめ
塩    ひとつまみ
水    適宜

ヴィーガンじゃなくていい人は、卵も1個入れると、より「お好み焼き」らしくなります。

<具>
キャベツ
長ネギ
エリンギ
にんじん
その他好きな材料

[作り方]

1.キャベツはなるべく細かく、長ネギは細めの小口切り、にんじんはスライサーなどで極細にする。
2.エリンギは、短冊に切る。
3.ボールに、生地の材料を入れて混ぜ、切った具を混ぜる。

 

« 野菜のチリソース | トップページ | ミネストローネをカレーに »

ベジごはんレシピ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1503757/58909099

この記事へのトラックバック一覧です: 簡単ヴィーガンお好み焼きソース:

« 野菜のチリソース | トップページ | ミネストローネをカレーに »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ