« 素揚げ野菜のトマトカレー | トップページ | 野菜のチリソース »

2015年2月 9日 (月)

仕事とプライベート

20150209

「趣味を仕事にする」のに、憧れてる人って、たくさんいると思いますし。。。

私も、昔は、「趣味を仕事にした人って、すごいな!」とか「自分のライフワークとか使命とかを仕事にしてる人は、他の趣味は無くていいんだろう。」なんて思っておりました。

が、どっちにしても、やっぱり仕事となった以上、それとは別の趣味や休暇を持つことが必要かもしれないと、今は思います。

私も、おかげさまで、趣味とか好きとか言うより、ライフワーク的な仕事で充実していますが、やっぱり他の趣味の時間や、何もしない空白の時間が取れる時の方が、本業も順調に感じます。

(ちなみに、このブログは、とりあえず「本業とは別の趣味」の方に入ります。)

視野を広げるためにも、本業で使うエネルギーを充電するためにも、仕事とは別の時間を持つことはとっても大事なんですね。

そうは言っても、日本で働き盛りの年代だと、朝7時前後に家を出て、夜10時過ぎに帰るような毎日もめずらしくないですよね。

私は、今は、長い日でも、朝8時に出て夜9時頃には帰宅できますが、仕事に行くためには家での準備が必要なので、実際にはプライベートな時間と仕事の区別がつきにくいです。

だから意識的に、家での時間を上手に使い分けるようにしたいと思っています。

でも、もっと何とかしたいのが、自分の部屋のスペース!

家での仕事の準備が必須な為、会社から貸与されてる数十冊の本やCD、自作の用具、定期的に増え続ける書類のファイルや、文具類で、背の高い大きな棚一つ分くらいでは収まりきらないのです。

以前、同業他社で働いていた時でも、ここまで家で多くを管理する必要は無かったので、狭い部屋に暮らす身では、結構それが負担に感じることもあります。

現在、実家に暮らす私は、家の中にオフィスにするような部屋もなく、自分の部屋に、ほとんどの仕事用具の一式と、プライベートの自分の衣類、本、ベッド(布団をしまう押入れが無い為)、机、コタツなどが置いてあります。

それでも、そんなに所狭しというほどではないのは、自分のプライベートな荷物が、年齢の割に、とても少なく、また、入り切らない分を少し、リビングの方に置かせてもらっているからですが。。。

プライベートと仕事の区別のない自室の居心地は、やっぱり、あまり良いものではないかもしれません。

もともと、モノが少なくシンプルに暮らしたい性格だからなのか?

ライフワークに繋がってるとは言え、“趣味”を仕事にしたわけではないからなのか?

(たとえば、介護をライフワークだと感じている人でも、自分の部屋の中が介護用具や医療の本でいっぱいだと、居心地のいいプライベート空間とは言えないですよね。)

今の課題は、自分の部屋の空間を、狭いなりに仕事とプライベートで、区切ることでしょうか?

昨年は、夏にリゾート風インテリアを取り入れたり、冬にコタツも買って、居心地良くしたはずなのに。。。

会社の仕事用具いっぱいの空間の波動が、最近、なぜか妙に気になるぅ~。
(;>_<;)

・・・と、結局、最後は愚痴で終わった本日の記事でございます。(ーー;)
失礼いたしました。m(_ _)m

(まあ、こんなことで悩んでるなんて、平和ですね~。)

« 素揚げ野菜のトマトカレー | トップページ | 野菜のチリソース »

体験レポート/日記」カテゴリの記事

心のお話」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1503757/58876926

この記事へのトラックバック一覧です: 仕事とプライベート:

« 素揚げ野菜のトマトカレー | トップページ | 野菜のチリソース »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ