« ナシゴレンペーストで簡単ナシゴレン | トップページ | トマトのらっきょう和え »

2014年8月25日 (月)

『おおかみこどもの雨と雪』~ありのままを受け入れる

20140825お盆休みの間にDVDをレンタルして、『おおかみこどもの雨と雪』を、やっと見ました。

(※公式サイト→ http://www.ookamikodomo.jp/index.html)

これを見た友人は、主人公の母親(花)の子育ての仕方を絶賛していたのですが、本当に「母親の愛情」がいっぱい詰まってる作品でした。
母は強し!

花の子供たちへの愛は、外に広がって、周りの人たちとの繋がりも作っていきます。

『アナ雪』が「ありのままの自分を受け入れて出す」という印象が強いとすれば、この『おおかみこども』は、「ありのままの相手を“受け入れる”」という印象の方が強いです。

主人公の母親(花)の姿は子育てに悩むママたちを勇気づけてくれそう

また、姉の雪ちゃんと弟の雨くんが成長し、それぞれに自分の道を見つけて進む姿も印象的

本物の愛情で結ばれてるからこそ出来る親離れ&子離れ

一見、親孝行でも、本当は親離れや子離れが出来てないってこともありがちですが、本当は、子供は巣立っていくのが自然ですよね。

(理由があって、子供が親の面倒をみないといけないなどの場合もありますので、「巣立つ=別れる」とは限らないと思うんですが。。。)

また、特別立派なことをしなくても、お金や社会的地位がなくても、ただ普通に生きることが素晴らしくて偉大だということも、この映画を見て感じます。

それから。。。おおかみおとこ(雨と雪のお父さん)も、成長した雨くんもカッコイイですね~。

YouTubeで予告篇を見つけました。
http://youtu.be/6etBUwJsAYE

« ナシゴレンペーストで簡単ナシゴレン | トップページ | トマトのらっきょう和え »

心のお話」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1503757/57106965

この記事へのトラックバック一覧です: 『おおかみこどもの雨と雪』~ありのままを受け入れる:

« ナシゴレンペーストで簡単ナシゴレン | トップページ | トマトのらっきょう和え »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ