« 『春を背負って』 本当にやさしい人たち | トップページ | いい香りのバスタイムでリラックス »

2014年6月25日 (水)

『人生逆戻りツアー』 ~後悔しない人生のために

20140625

少し前に面白そうな本をプレゼントして戴いたんですが、気ぜわしい日が続いてなかなか読み始められませんでした。

そして、一段落した・・・というより、疲れてヘロヘロになったところで、読み始めたら、疲れも忘れていっきに最後まで読んでしまいました。

この本をくれた人は、私が気を使って無理に早く読まなくてもいいように、「貸す」じゃなく、「あげる」と言ってくれたんだと思いますが、忙しい今、ちょうどいいタイミングで読めたと思います。

この作品の主人公のように、私の守護天使が、その人に働きかけて、私に本を渡してくれたのかも?と思うくらいです。

実は、この本を開く直前、私は、忙しく目の前に来ることをこなすのに必死で、気力だけで頑張って疲れてました。今も体調はイマイチ。

少し前なら、ちょっとした気分転換で復活できたのに、今回は、気分は元気になっても、体調の方が下り坂のせいか、だんだん気力まで弱ってきてしまい。。。

そんな時、この本を戴いたのを思い出して、一気読みしたんです。

「うんうん、知ってるけど、今はどうしようもないので、あえて意識から遠ざけていたかも。」というような内容が、物語として面白く読めるように書いてあって。。。

「初心に戻りなさい」と言われた感じ。

これを読んで、急に「今の状況を変えよう」とか、「脱出しよう(=逃げよう)」という感じではないんですが。。。

物事への「向き合い方」を見直すことが大切だと思えました。

ところで、この物語の中のエピソードの一つで、「神様の絵を描いてくる」という宿題を出された主人公が、全てに神様の愛が宿ってることに気づいて、植物や虫の絵を描いて笑われ、頭のいいお兄さんに「先生はクリスマス用に教室に飾れる絵が欲しかったんだよ。状況を考えなきゃだめ。」というようなことを言われて、心を閉じてしまった気持ち、よく解りますね。

お兄さんは、この世で生きてくための要領がわかってますね。

今回の人生で、もともとの目的が思ったほどやり遂げられなかったとしても、それは失敗ではなく、また次の人生で続きをやればいいだけですし。。。

主人公が、一人の少年が自分の道を進むのを助けたように、どんな小さなことでも、誰かのために一つでも何かできれば、それで十分だと思いますが。。。

あんまり、人の意見に振り回されて、自分の感性や考えを「間違い」だと否定してしまわないように気をつけたいですね。

« 『春を背負って』 本当にやさしい人たち | トップページ | いい香りのバスタイムでリラックス »

心のお話」カテゴリの記事

本/絵本」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1503757/56590294

この記事へのトラックバック一覧です: 『人生逆戻りツアー』 ~後悔しない人生のために:

« 『春を背負って』 本当にやさしい人たち | トップページ | いい香りのバスタイムでリラックス »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ