« 純粋な「たましい」 | トップページ | ズッキーニの天ぷら カレー風味 »

2014年5月15日 (木)

筍のベジ揚げ春巻き(余談で胃の話も)

20140515

旬のタケノコがたくさんあったので、久しぶりに、ベジ揚げ春巻きを作りました。

春巻きは、餃子に比べると、包む作業も短時間で済むので、気楽に作れますね。

実は、これ、母が、 「タケノコは、煮る以外、よーやらんわ! あんた、なんとかして!」と言うので、作ったんですが。。。

丈夫な胃が自慢の母は、70代になっても消化力バツグンなのか、揚げ物すごく好きなんですよね~。

また、ある友人も、すごく消化が早くて、体力もある健康体なんですが、二人とも、時には胃痛や、胃がムカムカするってこともあるらしいです。

逆に、私は、そんなに消化が早くないけど、「今まで生きてきて、一度くらいは、軽い胃痛があったかな?」という程度。

消化がいい人は、その分、胃酸がよく出るから、胃痛にもなりやすいってことでしょうか?

まあ、とにかく自分の消化力に合わせた食べ方が一番ですね。

[材料 10本分]

茹でたタケノコ   小さめ1個分くらい
しいたけ       2個
もやし        1/3袋
絹さや        適宜
しょうが       大きめの梅干しくらい
はるさめ       少々

水溶き片栗粉   (片栗粉 大さじ2/3くらい+水50ccくらい)
五香粉       適宜

春巻きの皮     10枚
小麦粉糊     (薄力粉 小さじ1+水 大さじ1)

 
ごま油        大さじ1/2程度
揚げ油        適量  

<合わせ調味料> 
しょうゆ        大さじ2
みりん          大さじ2
酒            大さじ2

[作り方]

1.絹さやは筋を取り斜めの細切り、茹でたタケノコも細切り、しいたけ、しょうがはみじん切り、はるさめは戻して食べやすい長さに切る。もやしは、ヒゲを取ると、食べやすい。
2.フライパンに油(分量外)を熱し、しょうが→タケノコ→しいたけ→もやし、絹さや、はるさめと、順に入れて炒める。
3.2に合わせ調味料で味を整え、お好みで五香粉を少々ふり、水溶き片栗粉を入れて絡める。
4.3にごま油で香り付けする。
5.4の「たね」を、春巻きの皮で包み、皮の最後のところに、小麦子糊を塗って、しっかり閉じる。
6.180度くらいの油で、カラッと揚げる。(中身は、火が通っているので、皮がキツネ色にパリっとなればOK。)

※食べる時は、お好みで、定番の塩こしょうをつけて。

 

« 純粋な「たましい」 | トップページ | ズッキーニの天ぷら カレー風味 »

ベジごはんレシピ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1503757/56197078

この記事へのトラックバック一覧です: 筍のベジ揚げ春巻き(余談で胃の話も):

« 純粋な「たましい」 | トップページ | ズッキーニの天ぷら カレー風味 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ