« 地味だけど香りのいい花 | トップページ | 「時期」を逃さない »

2014年4月19日 (土)

皮付き新じゃがの甘辛中華炒め

20140419

小さな新じゃがを皮付きのまま、お料理すると美味しいですよね?

先日見つけた、新じゃがの小芋を、ひと手間かけて、甘辛の中華炒めにしました。

炊きたてご飯のお供にも、お弁当にも、たぶんビールのおつまみにも合う(?)美味しさです。

[材料]

新じゃが小芋     10個くらい
玉ねぎ(大)      1/2個
しょうが         ひとかけ
豆板醤         小さじ1/4くらい
豆鼓醤         小さじ1/2

ごま油         小さじ1/2
揚げ油         適量
植物油         適量

白煎りごま       適宜
  

<合わせ調味料A>
しょうゆ         大さじ1
酢            小さじ1 
てんさい糖             大さじ1/2 (みりんを切らしていたので、てんさい糖を使いました。)
水            大さじ1

[作り方]

1.新じゃがの小芋は、皮を剥かず、丁寧に洗う。
2.揚げ油を熱し、1の水気を拭き取り、(大きめのものだけ、半分に切って)低温でじっくり、串が刺さるくらいまで素揚げする。
 (※トップの写真の半分のものは、中を見せるため、写真用に、揚げた後で切ったものです。)
3.玉ねぎはみじん切り、、しょうがは千切りにする。
4.深めのフライパンに植物油を熱し、豆板醤、豆鼓醤と、3のしょうがと玉ねぎをよく炒める。
5.4に、素揚げした新じゃがを加え、更に、合わせ調味料を加えて、水気を飛ばしながら新じゃがに絡める。
6.お好みで、白煎りごまをトッピングする。






 

« 地味だけど香りのいい花 | トップページ | 「時期」を逃さない »

ベジごはんレシピ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1503757/55835780

この記事へのトラックバック一覧です: 皮付き新じゃがの甘辛中華炒め:

« 地味だけど香りのいい花 | トップページ | 「時期」を逃さない »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ