« コーンとほうれん草のオムレツ風 | トップページ | 才能に気づくこと »

2014年3月19日 (水)

不思議な助けとプライドのお話

20140319_2

少し前の記事で、「自分に合った仕事を一生懸命して、それで、老後に最低限の生活ができないなら、生活保護を受けるという手段もある」というようなことを書いたんですが、「そうなったら恥ずかしい」とか、「プライドが許さない」とかいう方もいるかもしれませんね。

(※参照記事:「金持ち脳 vs 貧乏脳?(おすすめ動画付き)」)

でも、不正や贅沢もせず、毎日、精一杯働いてるなら、結果がどうでも恥ずかしくないと思いますよ。

まして、人の力になりたいと思って、勉強して資格も取ったり、努力を重ねて、毎日一生懸命働いて、浪費もせず、それで、仮に老後に生活保護を受けないといけないことになったとしても、全然恥ずかしくないんじゃないですか。

私の場合も、私より能力の高い人は、世の中に山ほどいるかもしれませんが、だからといって簡単にできる仕事というわけでもなく、勉強も必要で、自分なりに一生懸命やってるつもりなので、それで、もし将来困っても「恥ずかしさ」はないです。

それに、一生懸命やってると、不思議といろいろ助けられることも多いんです。

たとえば、書き物が多くて、ボールペンのインクが、すぐになくなってしまうなぁ~と思ってると。。。
「粗品のボールペンがたくさんあるから」と、何本ものボールペンをいただいたり。。。

忙しくて買い物に行けないなぁと思ってると、ご近所の方から畑で採れたお野菜をいただいたり。。。

仕事がスムーズに続けられるよう、何かと助けられるのです。

そして、助けてもらったからには、「これは天から応援されてるのかも?」と思えて、また、がんばれる。。。そんな繰り返しです。

これは、昔「生活のため、お金のために頑張らなきゃ!」とやってた仕事の時には、あまり起こらなかったこと。

そういう時って、結局は自分のことばかり心配して働いてたり、根本的に好きじゃないことを無理してやってたんですよね~。

自分の心配は忘れてベストを尽くせば、不思議な助けが得られるし、お給料じゃなくて、自分の性質を活かせるかどうかで選んだ仕事を精一杯やれば、充実して、結果がどうなっても「プライド」が傷つくことはないんだなぁと感じます。

それを、私なんかより、ずっと解ってる有名人は、スポーツ選手かもしれませんね。
浅田真央ちゃんとか、葛西紀明選手には頭が下がります。

 

« コーンとほうれん草のオムレツ風 | トップページ | 才能に気づくこと »

心のお話」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1503757/55409546

この記事へのトラックバック一覧です: 不思議な助けとプライドのお話:

« コーンとほうれん草のオムレツ風 | トップページ | 才能に気づくこと »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ