« 『ソウル・オブ・マネー』 ~お金から解放されて豊かに生きる~ | トップページ | 『T'sレストラン』東京都目黒区自由が丘 »

2014年1月 7日 (火)

People Tree 自由が丘店へ(&ウールのお話)

20140107_1

先日から、お金の使い方のお話が続いてますが、そこに意識が向いていたところ、偶然が重なり、フェアトレードを代表する会社『People Tree』自由が丘の直営店を訪ねることができました。
(公式サイト:http://www.peopletree.co.jp/shop_jiyugaoka/index.html

交通事情で、東京に1泊することになった為なんですが、それがかえってラッキーでした~!

フェアトレード商品を取り扱うお店は愛知県にもありますし、ネットショップでの購入もできますが、『People Tree』の直営店に初めて伺うことが出来て嬉しかったです♪

ただ、Uターンラッシュで、東京に着くのが遅れて、いったんホテルに向かう時間も、もったいなくて。。。

大きなリュックを背負ったまま、ダサダサな格好で、おしゃれな自由が丘を歩く自分の姿に、何度「お上りさん!」という言葉が脳裏に浮かんできたことか。(^_^;)

そんな私にも、お店の方は、とても親切で優しく、本当にありがとうございました。m(_ _)m

この日は、お世話になった人と出産を控えた人への小さなプレゼントと、自分用のミトン(トップの写真)を買いました。

仕事の移動で、普通の切符式の回数券を使うこともあり、電車の中で読書もするので、指先の空いた手袋が欲しかったんです。(ちなみにこのミトン、手の小さい私には、指先がほんの少し出るだけなので、寒くなくて、ちょうどいいです。)

このミトンは、ネパールの「クムベシュワール・テクニカル・スクール」という、社会的立場の弱い人たちに、職業訓練と仕事の機会を提供するための学校で作られたものです。
(詳しくは→ http://www.peopletree.co.jp/fairtrade/partner/kts.html

ベジタリアン、ヴィーガンの人は、ウール製品も買わないことが多いですが、この場合はフェアトレード製品で、羊に無理な負担をかけて取ったウールではないと思い購入しました。

ウールに関して、よくある問題の一つは、安く大量生産するために無理な品種改良をされて、重い皮膚病などで苦しむ羊たちが多いことだそうです。

その他の理由も合わせて、「ウールよりも、アクリルなどの化学繊維の方が、かえって環境に負担がない。」という説もあります

ただ、最後に自然に「土に還る」という点では、天然繊維の方が環境への負担が少ないんじゃないかとも思います。

なので、結局は、大量消費と大量生産のために、動物や環境に無理な負担をかけないように、必要十分な量のオーガニック・コットンや、ウールを大切に長く使ったり、場合によって、化学繊維で補ったり。。。とバランスをとるのが大切なんじゃないかと思うんですが、本当のところ、それが正しいかどうか、私にはわかりません。

でも、この日買ったミトンを、ずっと大切に使いたいと思ってます。

✩『People Tree 自由が丘店』の1~2月のお知らせ✩
     ↓  ↓  ↓

20140107_2

« 『ソウル・オブ・マネー』 ~お金から解放されて豊かに生きる~ | トップページ | 『T'sレストラン』東京都目黒区自由が丘 »

しあわせ☆プチ貧乏暮らし」カテゴリの記事

体験レポート/日記」カテゴリの記事

心のお話」カテゴリの記事

環境のお話」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1503757/54524010

この記事へのトラックバック一覧です: People Tree 自由が丘店へ(&ウールのお話):

« 『ソウル・オブ・マネー』 ~お金から解放されて豊かに生きる~ | トップページ | 『T'sレストラン』東京都目黒区自由が丘 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ