« 『サンタクロースって、ほんとうにいるの?』1897年の社説(動画つき) | トップページ | ヴィーガン担担鍋 »

2013年12月27日 (金)

にんじんソースのペンネ(ナッツ入り)

20131227

すりおろした「にんじん」を他の具材とオリーブ油で炒め、パスタソースにしました。

塩麹のパワーか、にんじんの臭みは、ほとんど感じず、甘味と旨みが引き出されて、おいしいです。最後にクルミとカシューナッツを加えたら、更においしくなりました。
(松の実も合うかも。)

ところで私事ですが。。。

実は、先日、利き手の右手を怪我してしまいまして、包丁が握れなかったため。。。

これも、皮むきや切るのは母にやってもらい、炒めたり味付けしたりだけを、私がやりました。(^_^;)

でも、おかげさまで順調に。。。というか、お医者さんも驚くスピードで回復してきています。

利き手が使えないと、普段当たり前に動かせることのありがたみを感じると同時に、意外に、左手だけでも思ったほど不自由しないことに驚きます。

また、いろんな人に助けられて感謝するとともに、どうしても出来ないことは、素直に人に助けてもらうのは、悪いことでなく自然なことだという学びもありました。

そして、病院での待ち時間や点滴中など、現実と隔離されて、割り切って、ゆっくり出来たことも、良い休憩になりました。

これも「怪我の功名」と言っていいんでしょうかね~?

[材料 2人分]

にんじん(中)      2本
しめじ           1パック
長ねぎ          1/2本
にんにく         小1片 (うちでは、しょうゆ漬けで匂い少なめを使用してます。)
鷹の爪 or ブラックペッパー  適宜
クルミ           適量
カシューナッツ      適量
塩麹            大さじ1と1/2くらい

オリーブ油       適量

ペンネ          180~200g
あら塩           適量

[作り方]

1.にんじんは、すりおろす。(フードプロセッサーでOK)
2.にんにくはみじん切りがスライス、長ネギは斜めにスライス、しめじは根元を除き、食べやすい大きさに分ける。
3.鍋にたっぷりのお湯を沸かし、あら塩を入れてペンネを茹でる。
4.深めのフライパンに、オリーブ油を熱し、鷹の爪を入れる場合は入れ、にんにくを入れて、1のにんじんと2のその他の具材も加えよく炒める。
5.4に塩麹で味付けする。
6.3のペンネが茹で上がったら、適量の茹で汁とともに、5のフライパンに移して、ソースと絡める。(茹で汁を加える量は、パスタがパサパサしない程度)
7.6に、粗く砕いたクルミとカシューナッツを加える。
8.7を器に盛り、鷹の爪を入れてない場合は、お好みで粗挽きブラックペッパーを加える。

« 『サンタクロースって、ほんとうにいるの?』1897年の社説(動画つき) | トップページ | ヴィーガン担担鍋 »

ベジごはんレシピ」カテゴリの記事

心のお話」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1503757/54367934

この記事へのトラックバック一覧です: にんじんソースのペンネ(ナッツ入り):

« 『サンタクロースって、ほんとうにいるの?』1897年の社説(動画つき) | トップページ | ヴィーガン担担鍋 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ