« ヴィーガン麻婆だいこん(オートミール使用) | トップページ | にんじんの葉のかき揚げ(みどりオーガニックマーケット in 南生協病院) »

2013年11月27日 (水)

『スウィート・ノベンバー』~人間らしく幸せに生きる~

20131127_2 11月なので、『スウィート・ノベンバー』という、ちょっと昔の映画についてです。

ラブ・ストーリーの分類に入る映画だと思うんですが、これを見ると「人間らしく幸せに生きるには?」と考えさせられます。

主人公のサラ(シャーリーズ・セロン)は、「死」を前に、幸せな人生について考え、その答えを生き、そして、それを人に伝えることを決心したんだと思います。(幻想の世界の中で生きてるようなところもあるのかもしれませんが。)

私は、今のところ健康ですが、それなりには色々な経験をして、何度か「有意義な人生」とか「自分にとっての幸せ」とか考えたので、サラの生き方は、すごく解るような気がします。

そして、親友のチャズという最大の理解者はいるものの、基本的に「人に頼らず(人の重荷にならず)、自分の足で立ちながら、誰かのために何かしたい」と思って頑張り続ける気持ちも、大変さも、とてもよく解るような気がします。

これはフィクションですし、サラみたいな方法で、幸せの意味を知らない男の人たちを助けるのは、私には無理。。。というか、普通は無理だと思うんですが。。。

隣の少年アブナーと友達として接したり、ボランティアで、わんちゃんの散歩を楽しんだりするような。。。そのくらいの時間と心の余裕を持てる人間らしい暮らしをしていたいです。

きっとこのブログを読んでくださってる女性の方たちは、サラに共感できる部分も多いと思いますし、サラのゲイの親友チャズの人間性にも共感するんじゃないでしょうか?

また、サラの最後の選択は、宮崎駿監督の「風立ちぬ」の菜穂子と似たような気持ちなんでしょうね。女性として、その気持ち、よくわかる気がしますね~。

ちなみに、字幕では、普通に「七面鳥」とか訳されてますが、英語のセリフではvegan turkey(ヴィーガン・ターキー)とか、vegan○○と言ってる食べ物が多かったと思います。

YouTubeに予告編をUPしてくださってる方がいらっしゃったので、お借りして貼らせて戴きます。

http://www.youtube.com/watch?v=Tm249Zbv42Y

« ヴィーガン麻婆だいこん(オートミール使用) | トップページ | にんじんの葉のかき揚げ(みどりオーガニックマーケット in 南生協病院) »

映画」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1503757/54030356

この記事へのトラックバック一覧です: 『スウィート・ノベンバー』~人間らしく幸せに生きる~:

« ヴィーガン麻婆だいこん(オートミール使用) | トップページ | にんじんの葉のかき揚げ(みどりオーガニックマーケット in 南生協病院) »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ