« たっぷりリンゴのオートミール粥 | トップページ | 柿とバナナのスパイス入りスムージー »

2013年11月 5日 (火)

渋柿を甘くする先人の知恵

20131105

先日、渋抜きをして、甘くした渋柿を、お裾分けいただきました。

そういう柿って、元が渋柿だったとは思えないくらい甘くて美味しいですよね。

以前の記事(生かしてプラスに転じさせる工夫)に書いたことと似てますが、「そのままじゃ食べれないから捨てちゃおう」じゃなくて、なんとか美味しく食べれる方法を考えて生かす昔からの知恵って、すごいですよね。

他にも、猛毒を持つふぐの卵巣を粕漬けにして発酵させて毒抜きした食べ物もあるそうですが、日本も今のように食べ物が豊富に無かった時代に、人は、色々な方法で、そのままでは食べれない物を食べれるように加工したり、保存方法を工夫して生き延びてきたのかもしれませんね。

昔の人の、そういう姿勢を見習って、身の周りを見直すと、「もったいない」ことが、結構見つかります。

そういうのが見つかったら、ひと工夫して有効活用したいですね。

野菜の皮や芯を、出汁に使ったり、いろいろな調理法で美味しく食べることもできますし。。。

リフォームも寄付も不可能な着古したTシャツや部屋着などは、捨てる前に、ハサミでチョキチョキ切っただけの「使い捨て雑巾」にすれば、不器用な私でも、手間をかけずに、最後まで使い切れます。(^-^;

本当は、ちゃんと縫って、使い捨てない雑巾にするか、ボロ布リサイクルに出した方がいいんですが、それも出来ない時は、せめて、そのまま捨てるよりは、使い捨て雑巾に。。。

話が逸れ過ぎかもしれませんが、「溜め込まずに、活かしきる」、かつ「捨てる前に、ひと工夫する」など、心がけたいですね~。

※ご参考までに、五條市公式サイトに、いろいろな渋柿の渋抜き法が、紹介されていました。→ http://www.city.gojo.lg.jp/www/contents/1192081191977/
  

« たっぷりリンゴのオートミール粥 | トップページ | 柿とバナナのスパイス入りスムージー »

しあわせ☆プチ貧乏暮らし」カテゴリの記事

心のお話」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1503757/53825805

この記事へのトラックバック一覧です: 渋柿を甘くする先人の知恵:

« たっぷりリンゴのオートミール粥 | トップページ | 柿とバナナのスパイス入りスムージー »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ