« ギリシャの素朴なオリーブ・ソープ(レセルおばさまの石けん) | トップページ | いのちの意味を教えてくれる絵本(6)~『オフェリアと影の一座』 »

2013年10月13日 (日)

冬瓜とトマトのスープ

20131013

とうがんとトマトでスープを作りました。

塩麹とごま油を使い、出汁無しの簡単スープです。

ご飯にかけて、スープごはんにしても美味しいです。

[材料  4人分くらい]

とうがん    皮を除いて150gくらい
トマト(中)   3個
塩麹      大さじ3
水        4カップ
酒         20~30cc
植物油     適量(なるべく少なめに)
ごま油      小さじ1
塩        適宜
胡椒       適宜
みつば、パクチー、セロリの葉などお好みで、適宜

[作り方]

1.とうがんは皮をむき食べやすい大きさで薄切り、トマトは乱切りにする。
2.深めのフライパンや、厚手の鍋にクセのない油を少量熱し、中火で1のとうがんをよく炒める。
3.とうがんに大体火が通ったら、水、酒、塩麹を入れる。
4.3が沸騰してきたら、トマトを加え、少ししたら、蓋をして火を止めておく。
  ※できれば、少し冷まして、味を染み込ませる。
5.4を温め直し、塩加減を見て必要なら塩を加え、ごま油を加える。
6.5を器に入れ、お好みで、胡椒をかけ、みつばやパクチー、セロリの葉など薬味をトッピングする。(セロリの葉の場合は、温める時に入れても。)

※とうがんを先に炒めず、最初から水に入れて煮てもOK。

 

 

« ギリシャの素朴なオリーブ・ソープ(レセルおばさまの石けん) | トップページ | いのちの意味を教えてくれる絵本(6)~『オフェリアと影の一座』 »

ベジごはんレシピ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1503757/53547275

この記事へのトラックバック一覧です: 冬瓜とトマトのスープ:

« ギリシャの素朴なオリーブ・ソープ(レセルおばさまの石けん) | トップページ | いのちの意味を教えてくれる絵本(6)~『オフェリアと影の一座』 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ