« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月31日 (木)

かぼちゃクリームのパスタ(卵・乳製品不使用)

20131031
今日は、ハロウィーンですね。

そこで、かぼちゃを使った、簡単なパスタです。

小さな子供でも食べやすいシンプルなかぼちゃクリーム(ヴィーガン)ですが、おいしい「栗かぼちゃ」を使うと、特別な調理をしなくても、素材の味で十分おいしいです。

[材料 2人分]

かぼちゃ  生の皮付きの状態で400gくらい
豆乳     300ccくらい
玉ねぎ   (お好みで)1/4個 ※玉ねぎを入れなくても出来ます。
植物油   適量
塩      適量
こしょう   少々
フェヌグリークパウダー  (お好みで)少々 

スパゲティー  160~200g 

[作り方]

1.かぼちゃは、分量の4分の3(300g)を蒸し、残りは、薄めにスライスする。
2.玉ねぎは、薄くスライスする。
3.蒸したかぼちゃと豆乳をミキサーかフードプロセッサーで、よく混ぜる。
4.深めのフライパンに油を熱し、1でスライスしたかぼちゃの両面を焼く。
5.4のかぼちゃを一旦、器に出し、油を追加して、弱めの火で2の玉ねぎを透き通るまで、よく炒める。
6.その間に、鍋に湯(分量外)を沸かし、塩(分量外)を入れて、スパゲティーを茹でる。
7.5の玉ねぎによく火が通ったら、フライパンの中に3の中身を加える。(先に玉ねぎを炒め、3のミキサーで一緒に混ぜてしまってもOK。または、玉ねぎ無しでもOK。)
8.7に塩、胡椒、お好みでフェヌグリークパウダーを加え、味を整えながら温める。
9.8のフライパンの中に、茹で上がったスパゲティーを加え、ソースと絡める。
10.9のスパゲティーを器に盛り、4のかぼちゃをトッピングする。

2013年10月29日 (火)

イオンのフェアトレードチョコ(ノン・ヴィーガン)

20131029_2

イオンが、フェアトレードチョコを販売しているということで、買ってみました。

1箱(48g)で118円とリーズナブルなお値段です。

これなら「フェアトレード製品は高くて手が届かない」ということもありませんね?

けれども、原料のカカオマスとココアバターは、きちんと国際フェアトレードラベル機構が定める基準を遵守したものだそうです。
(ちなみに、砂糖も、てんさい糖が使用されているようで、白砂糖よりヘルシーですね。)

チョコレートは、カカオの他にも使用する原材料があるので、その他の原材料はフェアトレードではなく、全体として36%の原料がフェアトレード認証のものだそうです。
(それも、安価な理由の一つなんでしょうか?)

(※なぜ、カカオのフェアトレードが大切かについては、こちらを→チョコレートの現実) 

近年、こうした大企業による社会貢献への取り組みが増えていますが、その取り組み方を多方面から深く追求したり、完璧を求めると、まだまだ、いろんな疑問や、ご意見も出てくるかもしれませんね。

でも、Better than nothingで、「無理せず、長い時間をかけて、少しでも良い方向に」とか、「より多くの人が、世界の現状に目を向けるきっかけが作られる」と考えれば。。。とても良いことじゃないかと思います。

いきなり完璧を目指すのは難しいですが、気づいた人が、こうした無理のない製品だけでも、フェアトレードの物を選ぶようにすると、「塵も積もれば山となる」で、今後の社会の方向性が良くなっていくかもしれません。

その他、フェアトレードコーヒー(1缶98円)なども販売されています。

イオンのフェアトレードについての公式サイト:http://www.topvalu.net/brand/csr/fairtrade.html

2013年10月27日 (日)

『覚王山 吉芋』 愛知県名古屋市

20131027_1
先日、名古屋に、とある勉強の講座を受けに行ったので、帰りに「芋けんぴ」と「芋ようかん」を買いました。

久しぶりに、生徒になって勉強でき、気分も充実したので、母にお土産でも買っていこうという気になったんですね~。

あ、受講料は、もちろん自分で払ってますよ! 
でも、もっと若い頃と違って、今さら勉強のために自分にお金を使うって結構贅沢ですよね。
家族のために自分にはお金を全然使わない人も大勢いらっしゃると思いますし。

だから、自分のためにお金を使えて勉強できて嬉しいという気持ちが、私を太っ腹にさせ。。。という割に、お値段の安いお土産ですが、これが大当たりだったので、ご紹介します。

まず、トップの写真は、『覚王山 吉芋さんの「花火」という芋けんぴ
(お店の公式サイト→ http://www.kichiimo.com/index.html

細切りなのですが、なんと、職人さんが包丁で手切りしてるそうです!

機械切りと違って、大量生産できない分、いつも新鮮なものが販売されてるんでしょうね。

「芋けんぴ」って、油で揚げてあるので、時間が経ったものは、油臭くなってしまいますが、新鮮で、まったく油臭くなくって、蜜がかかっていても、お芋の自然な味がわかります。

材料は、サツマイモ、砂糖、食塩、水飴、植物油脂のみ。

20131027_2

そして、「芋ようかん」も、余分な物は一切入ってなくて、お芋の自然な味が楽しめます。
材料は、サツマイモ、砂糖、水飴、食塩のみ。
寒天さえ入ってないんですよ。

こういうシンプルなものは、家で手作りするのもいいですが、職人さんが丁寧に作ってくれたものを購入すると、気分も贅沢になりますね~。

ちょっとした手土産にも良さそうですね。

覚王山 吉芋

本店:
〒464-0844
愛知県名古屋市千種区日進通5-2-4
052-763-2010

名古屋駅店:
〒450-8505
愛知県名古屋市中村区名駅1丁目2-1
名鉄百貨店B1
052-585-2179

松坂屋店:
〒460-8430
愛知県名古屋市中区栄3丁目16-1
松坂屋名古屋本館 B1
052-264-2928

※商品の中には、卵や牛乳を使ったものもありますので、アレルギーの方、ヴィーガンの方は、ご確認ください。

2013年10月25日 (金)

ヴィーガン麻婆茄子(オートミール使用)

20131025
挽肉の代わりにオートミールを使って麻婆茄子を作りました。

オートミールでとろみも出るので、片栗粉も不要です。

なるべく、どこの家庭にもある調味料で、失敗しにくい作り方にしました。
なすは、あらかじめ素揚げしておくと、とろんと柔らかく美味しく出来ます。

ご飯にかけて、麻婆なす丼にしてもおいしいですよ。

<材料  3~4人分>

なす            3本
長ねぎ           1本
しょうが          1片
にんにく          1片
 
オートミール        1/2カップ弱
豆板醤          小さじ1~1と1/2
豆鼓醤(または味噌)  小さじ1
揚げ油           適量(なすの素揚げ用)
植物油           適量(炒め用)

しょうゆ          小さじ2
酒              大さじ1
てんさい糖        小さじ1
湯              1カップ~1と1/2カップくらい

ごま油           小さじ1(仕上げ用)
花椒(または山椒)    少々

※なすの大きさによって、調味料は増減してください。

<作り方>

1.なすは乱切りにし、素揚げして油を切っておく。
2.にんにくとしょうがは、みじん切り、ネギは小口切りにする。
3.小さめの器に、しょうゆ、酒、てんさい糖、湯を混ぜ入れておく。
4.深めのフライパンなどに、植物油(炒め用)を熱し、1のにんにく、しょうがを炒め、豆板醤、豆鼓醤(or 味噌)を加えて炒める。
5.2で小口切りにしたネギを加え、さっと炒める。
6.5に、3の器の中の調味料を全部入れる。
7.6に、オートミールを加え、少し火を通す。(この時、水分が少なすぎると思ったら、水を適宜加える。)
8.7に、ごま油、花椒(or 山椒)を加え、1で素揚げしたなすも加えて、ソースと絡める。

2013年10月23日 (水)

中原淳一展 ~美しく生きる工夫~

20131023_1

仕事の合間や外出先で1時間~2時間くらい空き時間が出来て、家に帰るのも中途半端な時、みなさんは、何してますか?

公園を散歩したり、カフェで読書や勉強?

近くに美術館があれば、立ち寄ってみるのもいいですよね?

私も、先日、約2時間の空き時間の合間に、刈谷市美術館に寄り、中原淳一展を見てきました。

身も心も周りの環境も美しく整え、美しく生きる“Art de vivre”の哲学を、日本人に、深く、わかりやすく伝えてくれた中原淳一の生誕100周年記念展です。

一般的には、瞳の大きな少女のファッション画が有名ですが、私が最も共感できるのは、ファッションそのものではなく、中原淳一の「美」についての考え方、そして、制限のある条件の中で、美しく幸せに心を潤わせて生きる「工夫」の精神

以前にも、「おしゃれと身だしなみ」という記事で、「人のために、自分自身を美しく整えるのは思いやりだ」というようなことを書きましたが、中原淳一も、以下のように言っています。

美しくなりたい、と思う心は、街を歩いていて「美人だナ」と皆に振りむいてもらうためではなくて、自分自身の心のためにこそある・・・(中略)・・・「美しくなる」ということは、必要以上に濃い化粧をしたり、身分不相応にお金をかけたものを着ることでもありません。自分の欠点、つまり醜いところを目立たせないようにすることです。それは、自分のためだけではなくて、むしろ、相手に不快な感じを与えないために補うということだともいえます。(中略)日本中の女性-といっても、実は、あなたがた一人一人が、自分をもっと美しく、と考え、ほんの少しでも努力して心がけていれば結局はそれが日本を美しい国にすることになるのです。(『中原淳一エッセイ集 しあわせの花束』 平凡社 p8~9より引用)

ここで、言われている「美しさ」には、ただ外見的なことだけではなく、内面的なものや立ち居振る舞いなども含まれていることは、その他の多くのエッセイなどで語られている内容からも容易に推測できます。

たとえば、「雑用に追われていても、その生活のすべてに愛情をこめた一日であってほしいのです。」(『中原淳一エッセイ集 しあわせの花束』 平凡社 p12より引用)などとして、具体的に、愛情を込めて、お茶を淹れたり、植木に水をやったりということが書かれていたり、「しあわせになりたかったら、自分の身のまわりのしあわせを自分で感じるような人になることが一番大切だということを知って下さい。(『中原淳一エッセイ集 しあわせの花束』 平凡社 p24より引用)などとも書かれています。

20131023_2

←帰りに、ミュージアムショップで、思わず買ってしまったエッセイ集。

また、中原淳一が雑誌「それいゆ」「ひまわり」で活躍した時代は、終戦後まもなくのこと。

戦後の貧しい時代に、ただ、きらびやかな夢を見させるために雑誌を作っていたのではなく、「何も無い中で、いかに工夫して、少しでも生活に彩りを与えるか」という知恵を伝える内容が多かったようです。

例えば、「少ない布地で着物を仕立てるために、上下セパレートで、帯でつなぎ目を隠してしまう仕立て方」とか、「当時の狭い家で、センスよく、機能的に暮らすための床の間や押し入れの改装利用法」とか、戦後の日本でも参考になりそうなことがたくさん書かれていたようです。

中原淳一の伝えたかった「美」は、決して人の視線を自分に集めたり、優越感を持つために着飾ることではなく、「自分も周りの人も快適に幸せに生きるために、外見から内面、立ち居振る舞いから、身の周りの環境まで。。。全てを工夫して、少しでも美しく清潔に整えること」だったのだと思います。

西洋風のイラストやデザインの奥には、そんな「所作を大切にし、周りの人たちに心配りする」禅的、日本的な心が基盤にあるように感じます。

20131023_3

←中原淳一のデザイン画を再現したファッションも展示されていました。

20131023_4


←狭い部屋を美しく整えるアイディアを再現した展示。

2013年10月21日 (月)

紅いもパイ(春巻きの皮利用)

20131021

またまた、春巻きの皮利用の簡単レシピです。

今回はご飯のおかずではなく、おやつを作りました。

紅いもパイです。

普通のさつまいもでも出来ます。

まとめて作っておいて、焼く前の状態で冷凍しておき、欲しい時に、焼いたり揚げたりすると便利です。

[材料  10個分]

紅いも        皮を除いて400g
ココナッツミルク  165mlの小さい缶を1缶(※これより少なめの豆乳でもOK)
黒糖         50g (※きび糖などでもOK)
春巻きの皮     10枚
薄力粉        少々
水           少々
植物油        適量

[作り方]

1.紅いもは蒸すか、茹でる。(皮は除く)
2.塊の黒糖は、包丁で、削るように粉状にしておく。
3.1の紅いもを熱いうちにボールの中で潰し、ココナッツミルクと黒糖をよく混ぜる。
  ※フードプロセッサーで混ぜてもOK。(特に冷めた紅いもで作る場合。)
4.小さめの器に、薄力粉少々を少量の水で溶いておく。
5.春巻きの皮の真ん中に3を長方形にのせ、手前→左右と折って、最後に折り返す部分に4の水溶き薄力粉を塗って留める。
6.フライパンに、油を熱し、弱火~中火で、両面を焼く。(※揚げてもOK)

~おうちカフェ用BGM~

YouTubeに、Enyaさんの『On My Way Home』を歌詞つきでUPしてくださってる方がいらっしゃったのでお借りします。

秋冬の昼下がりや夜になると、暖かいおうちの中で、Enyaさんの曲を聴きたくなります。

2013年10月19日 (土)

夢を与える“おもてなし”(動画付き)

20131019
前回ディズニーランドに行ったのは20年くらい前?
ディズニー・シーなんて、もちろん、行ったことない。

・・・というくらい、長い間、特に行く機会もなく、その余裕があったら、自然の中に出かけたいと思っていたんですが。。。

仕事で多くの子供たちと接する中、ちょっと興味が湧いてきました。

と言うのも、ディズニーの子供を惹きつける力、子供に夢を与える力、エンターテイメントやホスピタリティー(“おもてなし” ←流行語?)から、いろいろ学べるような気がするから。

「ディズニーランド=夢の世界」と見ると、なんだか、きれいに取り繕った虚構の世界のようで、魅力を感じないという方も多いかもしれませんが。。。

子供たちが大好きな物をよく見ると、そこから、善でも悪でもない人間の自然な本能が見えてきて、それを受け入れて、良い形で生かしたり、昇華させることの大切さみたいなものを感じます。

話が、飛躍しすぎてしまいましたが。。。

とにかく、子供が好む、「明るい」「美しい」「ユーモアがある」などの性質は、自分自身や周りの環境を整える上で大切な要素ですね。

それに、人を楽しませ、夢や希望を与えることは、エネルギーを与えることだと思いますし、相手が子供なら、それが心を育み、いろんな物に興味を持って取り組むきっかけにもなるように思います。

現実逃避するのではなく、どんな現実の中にも、希望を見つけて前に進めるように、大人は、子供たちに夢を与えたいですね。

YouTubeにウォルト・ディズニーの格言集をUPしてくださってる方がいらっしゃったので、お借りして貼らせていだだきます。

https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=CfqDeqnbjsk

2013年10月17日 (木)

やわらか“さつまいも餅”

20131017
最近、さつまいもレシピばかりで、すみません。

これ、素朴ですが、簡単に出来て、冷めても、「ういろう」のような柔らかいモチモチ食感が続き、おいしいので、よかったらお試し下さい。

このところ仕事が忙しいので、ごく普通の簡単なおかずばかり作っていて、載せるほどのレシピがないのですが、30分でも時間が空けば、何かおやつを作ったり、簡単でおいしかったおかずなども載せていきたいと思ってます。

[材料]

さつまいも       皮を除いて、150g
白玉粉         100g(約1カップ)
片栗粉         大さじ1
きび糖          50gくらい
水            100cc(1/2カップ)

きなこ          適量
きび砂糖        適量
塩             少々
シナモンパウダー   適宜

[作り方]

1.サツマイモは、皮を除き、蒸すか茹でる。
2.1のサツマイモときび糖を、ボールに入れて潰すか、フードプロセッサーで混ぜる。
 ※多少のつぶが残ってもOK
3.別のボールに、白玉粉と片栗粉を入れ、水を加えながら耳たぶくらいの固さの生地にする。
4.3の生地に2のさつまいもペーストをよく練りこむ。
5.4のさつまいも入るの生地を、食べやすい大きさに丸める。
6.蒸し器にクッキングシートや布巾を敷き、5を並べて10分ほど蒸す。
7.きなこ、きび糖、塩、シナモンパウダーをお好みの割合で混ぜ、蒸し上がった6にまぶす。

※蒸し上がったサツマイモ餅は、クッキングシートなどにくっついた感じで取りにくいかもしれませんが、手で触れる熱さになったら、ゆっくりと丁寧に、はがすように取るとキレイに取れます。

~おうちカフェ用BGM~

最近になって、やっとYouTubeで知ったKOKIAさんですが、「ぬくもり」という曲をUPしてくださってる方がいらっしゃったので、今回もお借りして貼らせていただきます。(UPしてくださった方ありがとうございます。)

http://www.youtube.com/watch?v=aHA2cH_VXF8

2013年10月15日 (火)

いのちの意味を教えてくれる絵本(6)~『オフェリアと影の一座』

20131015

ある意味では「光は良いもので、影は悪いもの」と単純に言うこともできますが、結局、正反対に見える全てのものは、同じコインの表と裏のようなものでもありますよね。

だから、平和で静かで、そこに神様の愛が入るスペースがある心は、裏返ったコインを表に返すように、自分だけでなく周りのネガティブなものもポジティブに変えてしまうパワーがあるのかもしれません。

代表作『モモ』の他、数々の名作を残しているミヒャエル・エンデの作品の一つ『オフェリアと影の一座』(岩波書店 絵本)は、そんな内容の物語です。

私自身の解釈でのあらすじは以下ですが、とても深いお話なので、ご興味のある方は、図書館などでも一度、実際にお手に取られると、また別の、より深い解釈や、感動があることと思います。

人目に出ないで陰で行なう地味な仕事を、長年こなして年老いた後、失業したオフェリアおばあさんは、静かで温かい心で、行き場を失った「影」たちを次々と引き受けていきます。

そのせいで、一時は苦難に合うものの、その苦難も心静かに引き受けて、流れに身を任せるうち、逆に引き受けた「影」たちに助けられるようになっていきます。

そして、最後に引き受けた大きな「影」によって、大いなる光の世界に帰るのです。

ネガティブなものを受容し包み込むことで、ポジティブに変容させてしまうところが、愛の偉大さなのかもしれませんね。

2013年10月13日 (日)

冬瓜とトマトのスープ

20131013

とうがんとトマトでスープを作りました。

塩麹とごま油を使い、出汁無しの簡単スープです。

ご飯にかけて、スープごはんにしても美味しいです。

[材料  4人分くらい]

とうがん    皮を除いて150gくらい
トマト(中)   3個
塩麹      大さじ3
水        4カップ
酒         20~30cc
植物油     適量(なるべく少なめに)
ごま油      小さじ1
塩        適宜
胡椒       適宜
みつば、パクチー、セロリの葉などお好みで、適宜

[作り方]

1.とうがんは皮をむき食べやすい大きさで薄切り、トマトは乱切りにする。
2.深めのフライパンや、厚手の鍋にクセのない油を少量熱し、中火で1のとうがんをよく炒める。
3.とうがんに大体火が通ったら、水、酒、塩麹を入れる。
4.3が沸騰してきたら、トマトを加え、少ししたら、蓋をして火を止めておく。
  ※できれば、少し冷まして、味を染み込ませる。
5.4を温め直し、塩加減を見て必要なら塩を加え、ごま油を加える。
6.5を器に入れ、お好みで、胡椒をかけ、みつばやパクチー、セロリの葉など薬味をトッピングする。(セロリの葉の場合は、温める時に入れても。)

※とうがんを先に炒めず、最初から水に入れて煮てもOK。

 

 

2013年10月11日 (金)

ギリシャの素朴なオリーブ・ソープ(レセルおばさまの石けん)

20131011
環境にもお肌にもやさしく、しかも価格もお手頃な万能オリーブ石けんということで、顔や体、時に髪まで洗うのに、よく愛用させていただいているのが“レセルおばさまの石けん”です。

万能の純石鹸といえば、以前にも、ねば塾さんの“白雪の詩”をご紹介しましたが。。。
(→ 環境にもお財布にもやさしい純石鹸

“白雪の詩”の場合、純石鹸とはいえ、本来は台所用と書いてあるように、特に秋冬には、体に使うとお肌の油分をかなり取ってしまうのが難点なんですよね。(食器や、化粧パフ、布の手洗いや、つまみ洗いには、とってもいいんですが。。。)

そこで、レセルおばさまのオリーブ石けんなら、顔も、髪も洗えるくらいの、しっとりした使い心地で、まとめ買いすれば、一個あたり200円くらいでお財布にも優しいんです。

香料などは入ってないので、匂いは、なんとなくオリーブ油の匂い?って感じで、物足りないかもしれませんが、素朴で本当に使い勝手がいいです。

この石けん、ギリシャ・レスボス島の農業協同組合(食用オリーブ油を生産している)が、作っているものなんだそうです。

で、でも。。。残念なことに、ギリシャから日本への輸入が中止になってしまったそうです!
ショック!

インターネットを通して、いろいろなお店で販売されているので、試してみたい方は、今のうちかもしれませんね~。

日本人なんだから、地産地消で日本の良い石鹸を使えばいいんですが、やっぱりちょっと残念です。

2013年10月 9日 (水)

お豆腐でふんわり“さつまいもパンケーキ”

20131009
木綿豆腐を使って、ふんわり、しっとりしたさつまいものパンケーキを作りました。

卵を使わずに、ふんわりさせるには、やっぱり木綿豆腐が手軽で便利ですね~。

[材料 4人分くらい]

蒸したさつまいも     皮を除いて180gくらい
木綿豆腐          1/3丁
豆乳             1カップ弱(180ccくらい)
  ※生地はタラタラでなく、やや固めくらいで、ふんわり出来ますので、様子を見て加減してください。
きび砂糖          大さじ4
薄力粉            1カップ
 
ベーキングパウダー   小さじ1/2
植物油            適量

メープルシロップ      適量

[作り方]

1.あらかじめ蒸して皮を除いたサツマイモ、木綿豆腐、豆乳、きび砂糖をフードプロセッサーやミキサーで、クリーム状によく混ぜる。
2.1の中身をボールに移し、薄力粉とベーキングパウダーを混ぜて振り入れ、ゴムベラなどで切るように混ぜる。
3.フライパンに薄く油をひき、2の生地を弱火で、片面5分以上かけて、じっくり蓋をして両面を焼く。
4.焼きあがったら、お皿に移し、メープルシロップをかける。

~今日のおうちカフェ用BGM~
YouTubeにKOKIAさんの『空でつながっている』という歌を、きれいな映像付きでUPしてくださってる方がいらっしゃったので、お借りして貼らせていただきたいと思います。
歌詞も良くて、曲のイメージに合った景色で元気をもらえるので、みなさんも見てみてくださいね~。

https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=mo3pav9Ux7k

2013年10月 7日 (月)

時間を作り出すエネルギー

20131007
よく「時間は作り出すもの」と言われますが。。。

私も、この年になって、ようやく、少しは解るような気がしてきました。(今さら!)

以前は、遊びでも仕事でも、一日にいろいろ複数のことをするのは慌ただしく時間に追われた感じて、苦手だったんです。

性格的にも、何か一つやり始めたら、終わるまで一日中でも、ずーっとやっていたいと思う方ですし。

でも一番の理由はエネルギー不足だったんでしょうね。

それが、最近は、曜日によっては、同じ日に、早朝、午前、午後と、3箇所で別の仕事(私の中では、意義や目的は同じで一貫してるつもり?)をして、夜は次の日の仕事の準備や勉強をしたり、ブログを書いたりすることにも慣れてきました。

好きな仕事ばかりしているからエネルギーが湧くというのもありますし、「コツ」みたいなものも解った気がします。

そのコツとは、「今この瞬間の目の前のことに集中する」こと。
(昔から言われてることですが、今さらながら実感です。好きなことだと、自然に目の前のことに集中できるので、これがよくわかります。)

それから、「何事も、完璧を目指さず、8割くらいできれば良しとする」こと。

次のことを気にして考えたりせず、今やってることだけに集中すれば、慌ただしさが随分減り、「8割で良し」というリラックス感で、肩に力を入れて頑張るより、かえって良い結果に繋がることも多いです。

それに、同じ時間で、いろんなことが出来るので、いい意味で一日が長く感じ、まさに、時間が作り出された感じです。

・・・とエラそうに言っても、実は、まだまだ不器用で容量の悪い私。

だから、本当のところは、コツが解ってきたというのも、今こうして充実した毎日を過ごせるのも、お世話になっている方々や、目に見えないところから、沢山のエネルギーや恩恵をいただいているからなんです。

エネルギーが沢山あると、時間も拡大するみたいです。

こんな小さな私でも、励ましてくれる人たちや、生かして成長させてくれる宇宙を思うと感謝せずにいられません。

2013年10月 5日 (土)

さつまいもプリン(オーブン不使用)

20131005
ご近所で採れたさつまいもをいただいたので、豆乳と寒天を使って、あっさりめのプリンにしました。

[材料]

蒸したさつまいも  200g(皮を除いて)
豆乳          300cc(1と1/2カップ) ※さつまいもの種類と水分により量を調整。
てんさい糖      大さじ5~ ※さつまいもの甘味やお好みで量を調整。
シナモンパウダー 適宜
粉寒天          4g
水             1カップ強

メープルシロップ  適量  ※なければ、作る時に、てんさい糖を多めに加える。

[作り方]

1.さつまいもは、あらかじめ蒸し、皮は除いておく。
2.フードプロセッサーかミキサーに1のさつまいも、豆乳、てんさい糖、シナモンパウダーを入れ、クリーミーになるまでよく混ぜる。
3.小鍋に水と粉寒天を入れ、中火で混ぜながらよく煮溶かす。
4.3を弱火にし、2を加え、よく混ぜる。
5.火を止めて、粗熱が取れたら、プリン型やタッパーなどの容器に入れて、冷蔵庫で冷やし固める。
6.5が固まったら、メープルシロップをかけていただく。
  ※てんさい糖を多めに加えて、メープルシロップをかけずに食べてもおいしいです。

サラ・ブライトマンさんが歌うスカボローフェアを雄大な自然の景色とともにUPしてくださってる方がいたので、今日のおうちカフェ用BGMにお借りして貼らせていただきます。

癒し効果抜群です。

http://www.youtube.com/watch?v=O2ddS7AU844

2013年10月 3日 (木)

音楽は心の食べ物?~自分のテーマ曲を決めよう!~

20131003

「無くても死なないけど、無いと、ちょっと物足りないもの」の一つが「音楽」だと言ったら、多くの方は、賛成されるんじゃないかと思います。

確かに「音楽」が無くても、きっと体は死なないでしょう。

でも心は?

イギリスで、「音楽に合わせて歌ったり、踊ったり、楽器で遊ぶことは、子供を楽しませるだけでなく、子供の社会的連帯能力と問題解決能力まで育んでくれる」という研究報告があったそうです。
※参考サイト→「音楽を奏でる子供は他人にやさしく、問題解決能力も高まる」―英研究結果

もし、「子供の心を育もう」とか、「能力を引き出そう」とまで意識できなかったとしても、小さい子供と接する時は、何かにつけて、楽しく歌を歌いながらコミュニケーションするだけで、相手が心を開いてくれるのも、絆ができるのも断然早いです

子供だけでなく大人でも、音楽は聴くだけでも、心に大きな影響がある気がしますし、自分も歌ったり、楽器を弾いたり、踊ったりすれば、もっともっと影響力が大きいように思います。

常時、聴いたり歌ったりしてる音楽は、いつの間にか自分に影響を与えてますよね。

(ちなみに、今の私は、仕事柄、ほぼ毎日、長時間、子供の歌を元気に歌ったり踊ったりしてるせいか、つい自分の年を忘れてしまい。。。おまけに仕事用の服も子供ウケを狙ってますし、若作りの変なオバサンじゃないかと。。。(^_^;) ←これはこれで問題ですね~。でも、久しぶりに会った人たちは、みんな「なんか若返ったよね?」とか「元気そう!」と言ってくれます。)

本当に、音楽によって、脳波も簡単に変わりますし、楽しい曲でノリノリの時に、悲しく暗いことを考えるのは、かなり難しいですよね?

それから、例えば「ロッキーのテーマ」を聴くと、やる気が湧くっていう男子もたくさんいますね? 古い曲だけど、すごく若い世代の男子が聴いても盛り上がるらしいです。
(↓ YouTubeからお借りしました。)
http://www.youtube.com/watch?v=GJ5ufqcj_hA

女子も、自分を応援する曲を何か1曲決めておくといいかもしれません。

たとえば、こんなのどうでしょう?(↓)

「Perfect Day」
by Hoku (映画『キューティー・ブロンド』の主題歌です。)
(YouTubeからお借りしました。)

http://www.youtube.com/watch?v=84odSvKFrkY

他に、こんなのも?(↓)

「Fly To Your Heart」 by Selena Gomez(映画『ティンカーベル』の主題歌です。)
(YouTubeからお借りしました。)

http://www.youtube.com/watch?v=SiksnrSUMWM(←大きい画面で見ると歌詞も読めます。)

また、同じ音楽を共有するだけで、人と人との連帯感も生まれます。
よくコンサートに居合わせた知らない人同士が意気投合したり、お祭りで一緒に踊った人同士が連帯感を持ったりしますよね?

以前の記事で、「ニューヨークで、建物などに書かれた落書きを消してキレイにしたら、犯罪が減った」、「刑務所の壁を、柔らかなピンク色にしたら、囚人同士のケンカが減った」というニュースについて書きましたが、刑務所では、穏やかで綺麗な音楽を常に流すべきじゃないかと思ったりします。
(※以前の記事→花のパワー ~『ルピナスさん』バーバラ・クーニー作~

日頃から、その時の気分にあった音楽を聴くだけでもいいですが、今の自分に足りないエネルギーを音楽で補給するのもいいかもしれません。
まさに音楽は、心の食べ物です。

また、理想の自分を思い描いて、それに合った曲を「自分のテーマ曲」にして常時聴くようにしてみたり。。。もっともっと音楽を有効活用してみるのも楽しいかもしれませんね!

私も、「自分の応援歌」(パワフルで元気が出る曲)「自分のテーマ曲」(本来の自分らしい人生のテーマに合った曲)を探してみたいと思います。

2013年10月 1日 (火)

『ベニシアさんの四季の庭』~日日是好日~(動画付き)

20131001

先日、名古屋では、ひと足遅れて劇場公開となった『ベニシアさんの四季の庭』を見てきました。(公式サイト → http://venetia.jp/

京都、大原で自然と調和した暮らしを営むベニシアさんの暮らしに、共感する女性は、私だけではないでしょう。

普段、私たちは、ベニシアさんの美しいお庭やライフスタイルなど、まずは目に見える部分だけを見て憧れてしまうんですが。。。

この映画は、ベニシアさんの美しい日々の暮らしを紹介するだけでなく、彼女の山あり谷ありの人生での、人並み以上の努力と忍耐と優しさも伝えてくれます

多くの人の憧れの的、羨望の的となる人は、陰での努力やご苦労も並大抵ではない場合がほとんどだと思います。

ベニシアさんも、その例に漏れず、娘さんの統合失調症の発症や、再婚なさったご主人の一時的な家出や事故など、いろいろなご経験をなさっています。

ベニシアさんがおっしゃるように、人生も、花のように、咲くときも枯れる時も、また芽が出てくる時もありますね

そして、枯れるから、咲いた時の喜びがあるというか。。。

この記事のタイトルに書いた「日日是好日」という禅語は、単に「毎日が良い日だ」という意味ではなく、「楽しい日も辛い日も悲しい日も全部が大切な日だ」という意味なんだそうですが。。。

しなやかな心で、困難を乗り越えてこられたベニシアさんの姿に、そんな「日日是好日」の意味を教えられ、勇気を与えられるのは、私だけではないでしょう。

また、そんなベニシアさんが、「天使だ」とおっしゃるお孫さんの浄くんの姿にも、また、心洗わる方が多いのではないでしょうか。
(浄くんは、ベニシアさんの統合失調症の娘さんのお子さんです。)

予告編をYouTubeでお借りして貼らせて戴きます。

http://www.youtube.com/watch?v=NYXzKoBkHDY

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ