« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月29日 (日)

オートミールで手軽にチェー(ベトナムぜんざい)

20130929
オートミールをココナッツミルクで煮て、温かいチェー(ベトナムのぜんざい)のような感じにしてみました。

チェーは、本来、緑豆やタピオカを使うんですが、オートミールを利用すれば、手間もなく、数分間で、あっという間にできて、お味の方もそれなりに美味しいですし、ヘルシーな朝ごはんにも、おやつにもなります。

[材料 2人分]

オートミール      1/2カップ
ココナッツミルク    1と1/2カップ
バナナ          1本
てんさい糖       大さじ1~2くらい (お好みで、きび糖や黒糖でもOK)
水             適宜

~アレンジ~
・カルダモンパウダーを少々入れると、インド風に。
・シナモンパウダーを少々入れると、体もより温まります。

[作り方]

1.バナナは皮をむいて輪切りにする。
2.なるべく厚手の小鍋に、オートミールとココナッツミルク、てんさい糖を入れ弱めの火にかける。
3.2が温まってきたら、時々混ぜながら2分ほど煮る。
  水分が少なすぎると思ったら、途中、少しずつ水を加える。
4.3に1のバナナを入れ、蓋をして1~2分蒸らす。
5.お好みで、カルダモンパウダーやシナモンパウダーを加える。

今日のおうちカフェ用の曲は、KOKIAさんの「River」という曲です。
私も、YouTubeで初めて知りましたが、声もキレイで、良い曲だったので、お借りして、貼らせて戴きたいと思います。(UPしてくださった方ありがとうございます。)

「流れる川のように生きたい」「強く生きたい」という意味の歌です。
  

http://www.youtube.com/watch?v=6AvXy0ilgHQ

2013年9月27日 (金)

ゴーヤとトマトと豆腐のココナッツカレー炒め

20130927

夏の名残りでいただいたゴーヤを、ココナッツミルク風味のカレー炒めにしました。

おかずとして食べても、ごはんにかけて食べても、おいしいです。

[材料    ※分量が大雑把ですみません。]

ゴーヤ(小)     1本 (大きければ1/2本)
トマト         1個
木綿豆腐       1/2丁
しょうが        ひとかけ
(にんにく       お好みで少々)

米粉          適量

カレーパウダー    適量
 ※カレー粉の代わりに、クミンパウダー、コリアンダーパウダー、ターメリックパウダーを同量合わせて、レッドチリパウダーを少々加えても。
ココナッツミルク       適量
塩麹(or 塩)           適量
植物油                   適量

[作り方]

1.木綿豆腐は、水を切っておく。
2.ゴーヤは縦半分に切って、種と白いわたを丁寧に取り除き薄切りにする。
 (お好みで、下茹でしてもOK)
3.トマトは角切り、しょうが(と、にんにく)はみじん切りか擦りおろす。
4.1の木綿豆腐を角切りにし、表面に米粉をつける。
5.フライパンに油を熱し、4の豆腐をこんがり焼き色がつくまで焼き、いったん器に出す。
6.5で空になったフライパンに、3の(にんにく)→しょうがを入れ炒める。
7.6に2のゴーヤを加えてよく炒める。
8.7に、塩麹(塩)、カレーパウダーを加えて炒める。
9.8に、3のトマトを加え、ココナッツミルクを、ひたひたくらいに注ぎ軽く煮る。
10.9に、5で焼いた豆腐を加えて混ぜる。

2013年9月25日 (水)

花の妖精たち(おすすめ動画付き)

20130925
昔、高校を卒業した時、英語の先生に、シシリー・メアリー・バーカー花の妖精の詩集をいただきました。(※シシリーさんについて→ウィキペディア シシリー・メアリー・バーカー

「英語をがんばった人」がもらえるプレゼントだったのですが、本の挿絵が、とても素敵で、小さい頃から妖精好きだった私には、とても嬉しいプレゼントでした。

ちなみに、特に好きだった絵の一つが、トップの写真の「スイートピー」の妖精です。

「自然」と「子供」を愛するシシリーさん素晴らしい絵は、見ていて本当に癒されます。

このシシリーさんの残したとてもたくさんの作品を、美しいインストロメンタルの音楽とともにYouTubeにUPしてくださっている方がいらっしゃいましたので、お借りして、下に貼らせていただきます。

どの絵も、本当に素敵です!
(ちなみに7分くらいすぎた後で、流れている曲(インスト)は、森山直太朗さんの「さくら」ですね。日本の曲も使われているのは嬉しいですね~。)

みなさんも、しばし現実を忘れて、妖精たちの世界へ、ヴァーチャル・トリップしてみてはいかがですか?

そして、次に自然の中に出かけたら、子供の頃のように、妖精に心の中で話しかけてみてください。何か答が返ってくるかもしれませんよ~。 (o^-^o)

https://www.youtube.com/watch?v=KIf0-ty3eIc&feature=player_embedded#t=451

2013年9月23日 (月)

さつまいものオートミール粥

20130923
秋になって、朝方は冷んやりと感じる日も多くなってきましたね~。

肌寒く忙しい朝や、お昼を食べ損ねた時のおやつなどには、短時間でパッとできる温かいオートミール粥が重宝します。

オートミールって、未だに日本人に馴染みの少ない食材のような気もしますが、いざ使ってみると、とっても便利です。

調理時間が少なくてすむし、結構いろいろな料理に応用できて、ヘルシーです。

高校の頃だったと思うんですが、外国の童話やマザーグースに登場するポーリッジと呼ばれるオートミールのお粥がどんなものか食べてみたくて、わざわざ遠くの輸入食品店まで買いに行ったことがあります。
(※ポーリッジの説明→ウィキペディア http://en.wikipedia.org/wiki/Porridge

最初は、あんまりおいしいとは思わなかったんですが、今ではおいしくいただいています。

もっと手間をかけたい時はこちらを→ お腹すっきり!雑穀のおやつ粥

[材料  2人分]

オートミール      1/2カップ
豆乳           1と1/2カップ(私は、水分多めが好きなのですが、お好みで減らして下さい。)
蒸したサツマイモ   50gくらい
レーズン        大さじ山盛り1杯分くらい

メープルシロップ   適宜 (てんさい糖、黒糖、きび糖などでもOK)
シナモンパウダー   適宜

[作り方]

1.あらかじめ蒸しておいたサツマイモは、小さめの角切りにする。
2.できれば厚手の小鍋に、オートミールと豆乳を入れ、時々混ぜながら弱火で温める。
3.豆乳が温まってきたら、1のサツマイモとレーズンを入れて、混ぜながら弱火で1~2分煮る。
4.3に、お好みで、シナモンパウダーを加える。(メープルシロップがなく、甘さが足りないと思ったら、ここで、てんさい糖や黒糖、きび糖などを適宜加える。)
5.器に盛り、甘さが足りなければ、メープルシロップをかける。

それでは、甘いものなので、一応おやつレシピにも入れて、恒例のおうちカフェ用BGMをYouTubeからお借りします。

大貫妙子さんの『ピーターラビットとわたし』という曲をビアトリクス・ポターのピーターラビットの絵とともにUPしてくださっている方がいました。

ピーターラビットって、大人が読む方と、より可愛さがわかるような絵本ですね。
ポターが、美しい自然を守るために購入してナショナルトラストに託した土地を含む、イギリスの湖水地方を訪れてみたいですね~。

http://www.youtube.com/watch?v=XMmoM_PbmzU

2013年9月21日 (土)

お腹お掃除カレー(にんじんジュースの残りカス利用)

20130921
にんじんジュースの残りカス(にんじんパルプ)を使ったレシピの第2弾です。
(第1弾はこちら→インド風にんじんアイス(にんじんジュースの残りカス利用)

今回は、デザート系ではなく、トマト味のあっさりしたカロリー控えめのカレーにしました。
食物繊維たっぷりで、お腹をキレイにしてくれそうです。

[材料   ※お好みで調整してください。]

にんじんジュースの残りカス     2本分
玉ねぎ                   1/2個
セロリ                   1/2~1本
干し椎茸                 2~3個
ホールトマト缶(カットトマト缶)    1缶
オートミール               大さじ3~4
豆乳                    150ccくらい
ココナッツミルク             150ccくらい(入れずに豆乳の量を増やしてもOK)
干し椎茸のだし汁            200ccくらい

しょうが                  ひとかけ
にんにく                  お好みで1片(いれなくてもOK)
たかの爪                 1本
クミンシード                小さじ1
カレーパウダー             大さじ3くらい
カルダモンパウダー           お好みで少々
塩                      適量
オリーブ油                適量

[作り方]

1.干し椎茸は、ふきんなどでよく拭いて、水に浸しておく。
2.玉ねぎ、しょうが、セロリ、干し椎茸、(にんにく)をみじん切りにする。
 
3.深めのフライパンに油を熱し、クミンシードを入れ、パチパチはじけたら、鷹の爪、2のしょうが、(にんにく)を入れて炒め、玉ねぎ、セロリも加えて弱めの火でよく炒める。
4.3に、干し椎茸とにんじんパルプを加えて炒める。
5.4に、カレーパウダー、カルダモンパウダー、塩を少々加えて軽く炒める。
6.5にトマト缶の中身、しいたけのだし汁を加えて中火で煮る。
7.6にオートミールを加え、その後、豆乳(とココナッツミルク)を加えて温める。

2013年9月19日 (木)

お豆腐の白玉だんごでお月見

20130919
今日は中秋の名月・・・ということで、簡単な「お豆腐と白玉粉のお月見だんご」レシピです。

混ぜて、丸めて、茹でるだけ。

時間がたちすぎると固くなってしまうけど、お豆腐で作ると、お水だけで作るよりは、柔らかさが続きます。

今回は簡単にメープルシロップとシナモン入りきなこで。
メープルシロップだけでもおいしいです。

[材料 15~20個分]

白玉粉     100g
絹ごし豆腐   1/4丁
 ※木綿豆腐の場合は、もう少し白玉粉を減らすかお豆腐を増やす。
(柔らかさを、より長持ちさせるには、木綿の方がいいですが、水分が多い絹ごしだと、より手早く簡単かもしれません。)

メープルシロップ
きなこ+きび糖+シナモンパウダー+塩(少々)

[作り方]

1.白玉粉にお豆腐を少しずつ混ぜながら、耳たぶくらいの固さにする。
2.食べやすい大きさに丸め、少しつぶす。(まん丸でもOK)
3.2を沸騰したお湯に入れ、お団子が浮いてきてから、更に2分茹でる。
4.3を冷水に取り、水を切って、器に盛る。
5.4にメープルシロップや、きなこなどお好みでかける。

今日も、おうちカフェ用BGMに、YouTubeから動画をお借りしました。

映画『ティファニーで朝食を』の中で、オードリー・ヘップバーンさんが歌っている「Moon River」を、手嶌葵さんが歌っているもので、満月より輝いている(?)オードリーさんの画像入りです。(英語歌詞つき)

http://www.youtube.com/watch?v=Mi5Q4hXkI1g

2013年9月17日 (火)

丁寧な暮らし~ターシャ・テューダー~(おすすめ動画付き)

20130917
ターシャ・テューダーさんの動画をYouTubeで見つけました。

ターシャは、世界的に有名な絵本作家ですが、そのこと以上に、ナチュラルで美しいお庭やライフスタイルで知られています。

ターシャがアメリカ、バーモント州の広大な土地で、ほぼ自給自足の一人暮らしを始めたのは、50代半ば。2度もの離婚を経験した後です。

それを聞くと、なんだか勇気をもらえて希望が湧いてきます。

・・・と私が言うと、大抵の人から、「でも、彼女の場合は、そばに息子さんやお孫さんがいて、力仕事など手伝ってもらえたから、男手がなきゃ無理、無理!」と言われます。

いえ、別に、「ターシャのように広大な土地で一人で自給自足するぞ~!」と言ってるわけではないんです。。。

第一、彼女のように有名な絵本作家ではない凡人は、そんな広大な土地に住めるわけではないですし。。。

目的が、ターシャのように有名になることでも、大規模な自給自足をすることでもなく、自然と調和して、無駄を省き、できるだけ自分の手で、丁寧に暮らしを味わいながら日々過ごすことなら。。。
誰にでも、希望はあると思うんです。

ターシャは、そのお手本となる人物の一人だと思います。

そう、ターシャのライフスタイルの真髄は、「広大なナチュラル・ガーデンを“所有”していた」ということではなく、「四季折々の自然の中で、コツコツと自分の手で暮らしを作りあげ、それを心から味わい楽しんでいたこと」

ある部分では、“禅”的とも言える、ターシャの暮らしぶりの一端が、この動画から垣間見えます。

1.Tasha Tudor's Garden(日本語) (10分)

2.ガーデナー達が憧れたターシャ・テューダーPart 2✾ TashaTudor (5分31秒)
 ※上の動画と同じだと思われるものが、短くまとめられています。

2013年9月15日 (日)

あずきのお豆腐アイス

20130915
つぶ餡とお豆腐とココナッツミルクで、あっさりタイプの和風アイスにしました。

[材料]

つぶ餡       1カップ 
  ※参考レシピ→ 黒糖の小豆ぜんざいの記事のぜんざいを煮詰める。
    黒糖を使わなくてもOK
  ※缶の「ゆであずき」など使ってもOK
木綿豆腐      1/2丁
ココナッツミルク  1カップ(200cc)
きび糖        適量(つぶ餡の甘さによるので、味見しながら加えてください。)

[作り方]

1.ミキサーかフードプロセッサーに木綿豆腐、ココナッツミルクを入れ、よく混ぜる。
2.1をボールに移し、ヘラなどで、つぶ餡をざっくり混ぜる。
3.味見して、お好みの甘さに、きび糖を加える。
4.3を容器に入れ、冷凍庫で冷やし固める。

それでは、おうちカフェ用BGMをYouTubeからお借りして貼らせていただきます。

アン・サリーさんの『星屑』です。
アン・サリーさんの声は、生で聴くともっといいですよ~。
またライブに行けたらいいな~♪

http://www.youtube.com/watch?v=Pd0Tqvh-1Bk

 

2013年9月13日 (金)

なす入り焼きカレーコロッケ(衣なし)

20130913

衣なしで、カロリーオフしたカレー味の焼きコロッケを作りました。

衣がないので、コロッケと呼んでいいのかわかりませんが。。。

[材料]

じゃがいも(男爵など水分少なめのもの)  2~3個
なす                         1本 
たまねぎ                                                1/2個
しょうが                       ひとかけ(適宜)
クミンシード                    小さじ1
カレーパウダー                  適量
塩                          適量 
コショウ                       適量
しょうゆ                       少々
米粉                         適量
植物油                       適量
  

[作り方]

1.じゃがいもは蒸して、つぶす。
2.なすはイチョウ切り玉ねぎは粗いみじん切り、生姜はみじん切りにする。
3.フライパンに油を熱し、クミンシードを入れ、パチパチはじけたら、2のしょうが、玉ねぎ、なすを入れ、なすが柔らかくなるまでよく炒める。
4.3に塩、コショウ、カレーパウダー、しょうゆ(隠し味程度)を加えて、やや濃い目に味つけする。(この後、じゃがいもと合わせるため。)
5.4の炒め野菜を1のつぶしたじゃがいもと混ぜ合わせる。
6.5を好きな大きさに丸め、表面に米粉をたっぷり付ける。
7.フライパンに油を熱し、6をキツネ色に焦げ色がつくまで焼く。

2013年9月11日 (水)

奄美の素朴なお菓子

20130911

奄美大島のお土産に、素朴なお菓子と黒砂糖をいただきました~。

くださった方は、私がベジタリアンだということはご存知ないと思うんですが、どれもヴィーガンでヘルシーです。ヽ(´▽`)/

昭和なパッケージもいい感じで、食べてみると、これがまたとっても美味しいんです♪

黒糖、味噌、ピーナッツなど、シンプルな材料だけで、甘すぎず辛すぎず。。。止まらなくなる味。(ヘルシーだけどカロリーは高いので、美味しすぎてキケン!)

ちなみに、ピーナッツのお菓子「サタマメ」と「みそまめ」は、有限会社安田製菓さんのものです。

みなさんも、奄美に行かれた際や、鹿児島物産展などで見つけたら、ぜひお試しください~。

2013年9月 9日 (月)

揚げなすと豆腐のおろし麺

20130909
きび麺で、冷たいおろし麺を作りました。

具は、揚げなすと、サイコロ型の揚げ豆腐です。

そうめんや、パスタや稲庭うどんでも美味しいですが、きび麺特有のツルッとした腰のある食感を味わいました。

麺を冷やさず、温かいものも、おいしいです。

[材料 2人分]

なす      1本
木綿豆腐   1/3丁
だいこん   適量
米粉      適量
万能ねぎ   適量
白いりごま  適宜
揚げ油    適量
きび麺     200g

~つゆ~
昆布出汁   200~300ccくらい
しょうゆ     80ccくらい
みりん     50~60ccくらい
 

※または、市販の「めんつゆ」など利用しても。

[作り方]

1.木綿豆腐はあらかじめ水を切っておく。
2.フライパンや鍋に「つゆの材料」を入れ、煮立たせてみりんのアルコールを飛ばし、冷ましておく。
 ※水分が飛びすぎてしまったら、水(分量外)を足して調整してください。
3.ナスは乱切り、水を切った木綿豆腐は、2cm弱くらいの角切りにする。
4.2の豆腐の表面に米粉をまぶす。(お好みでナスにも。)
5.3の豆腐とナスを多めの油で揚げ焼きにするか、180度くらいの油で揚げる。
6.きび麺を、少し塩を入れたたっぷりのお湯で5分ほど茹で、更に蓋をして2分ほど蒸らす。
7.きび麺を茹でている間に、だいこんは擦りおろし、万能ネギは小口切りにしておく。
8.6のきび麺をざるにあけ、流水で洗う。
9.器に8のきび麺を盛り、5の揚げなすと揚げ豆腐、7の大根おろしとネギをトッピングして、周りにつゆを回しかける。(お好みで白いりごまもトッピングする。)

2013年9月 7日 (土)

無駄話の効用?

20130907
『クロコダイル・ダンディー2』という古い映画で、こんな場面がありました。

オーストラリアの田舎で暮らしていた主人公の男性が、ニューヨークの雑踏の中で、すれ違う大勢の人たちに、次々と挨拶して、キリがない状態になっている場面です。

笑えるところなんですが、田舎町に暮らす私には、彼の気持ちがわからないこともありません。

うちの近所でも、近隣の市町村でも、道を歩いていて誰かとすれ違うと、相手を知らなくても、大抵は、あいさつし合って通り過ぎることが多いです。
小学生でも、大人でも同じです。
知らない人に挨拶して、怪訝な顔をされることは、あまりありません。

小さな子供やわんこ連れの人とは、知らない人でも、挨拶プラス・アルファくらいの会話をすることも多いですし、特に、おじいちゃん&おばあちゃん達とは、ゆっくりすれ違いながら当たり障りのない会話が数秒続き、駅に向かう朝なら「いってらっしゃい。」と言われて会話が終了します。

実はこれが、無意識に、お互いの心の癒しにも繋がっている気がします。

でも、名古屋の繁華街になったら、話は別です。
クロコダイル・ダンディーじゃないですが、通り過ぎる人みんなに、いちいち挨拶してたら、キリがないですし、変人だと思われます。

だから、その場面を見たときは、爆笑しながらも、クロコダイル・ダンディーの気持ちも理解できました。

人口密度が高いとプライベートを守るために人間関係は希薄になって、逆に人口密度が低いと、人との「つながり」が自然に強まるのは人間の本能かもしれませんね。

都会では、マンションの隣の部屋に住む人と顔を合わせることも、ほとんどないかもしれません。

それに、(田舎でもですが)大型スーパーやショッピングモールが主流になって、日常で、お店の人と会話して買い物することも少なくなりましたよね?

だから、すぐに「どこどこの誰それさん」のことが町中に知れ渡るような心配もありません。

でも、都会で大勢の人が集まって、お互いの領域に踏み込まないように、無視し合ってる状況も、ちょっと不自然な感じがします。

もしも、都会でも、田舎でも、昔みたいに、もうちょっとだけ、気軽に誰とでも挨拶したり、とりとめのない無駄話したりする機会が増えて。。。

子供たちも、近所のおばちゃんや、おにいちゃん、おねえちゃんにも、気軽に甘えたりできる。。。

そんな、気軽で自然な地域の「つながり」があったら。。。

悲しい事件も少しは減るかもしれないと思うことがあります。

どんなにネット上での「つながり」が増えても、それは、身の周りの世界での体温のある「つながり」とは、意味が違うような気がするのです。

2013年9月 5日 (木)

インド風にんじんアイス(にんじんジュースの残りカス利用)

20130905
ミキサーでなく、ジューサーでにんじんジュースを作ると、にんじんの繊維の残りカス(にんじんパルプ)がいっぱい出来ますよね。

残りカスと言っても、食物繊維いっぱいですし、まだまだカロチンなどの栄養もたくさん残っているので、捨ててしまうのは、もったいないですよね。

それを、生のまま、サーモンパテに見立てたりして、サンドイッチなどに利用する方法もよく見かけますが、生のままだとザラザラ固いので、うちでは、火を通して利用します。

普通に、パウンドケーキに入れたり、クッキーに入れたりもできますし。。。

今回は、インドのデザート「にんじんのハルワ」風に、じっくり柔らかく甘く煮たものを、凍らせてアイスにしました。

お味は。。。
「にんじんのハルワ」がフローズンになっただけという感じで、おいしいです。
(フローズン・ハルワ」と呼んだ方がいいかも?)
にんじん独特の臭みは全然ありませんし、ザラザラと繊維が口の中に残ることもありません。

通常、「ハルワ」は牛乳(やバター)を使いますが、ここでは、豆乳とココナッツミルクを使いヴィーガンにしています。

[材料]

にんじんジュースの残りカス  2本分
豆乳                 200cc
ココナッツミルク          200cc
  ※豆乳だけ、またはココナッツミルクだけでもOK お好みの割合で。
レーズン              大さじ2~3
きび砂糖              大さじ6~7
  ※凍らせると甘味を感じにくいので、お好みでもっとたくさん入れても。
カルダモンパウダー       小さじ1/2

[作り方]

1.鍋に豆乳、ココナッツミルク、にんじんジュースの残りカスを入れ、弱火で、かき混ぜながら2煮る。
2.10分くらい煮たところで、レーズン、カルダモンパウダー、きび砂糖を入れ、更に10分ほど弱火で、かき混ぜながら煮る。
※途中、水分が少なくなっても、まだ、にんじんが固かったら、適宜、水を足す。
3.2のにんじんがクリーム状に柔らかくなったら、火を止めて冷ます。
4.3が冷めたら、容器に移し、冷凍庫で冷やし固める。

それでは、おやつレシピなので、おうちカフェ用BGMに(超!)おすすめ曲をYouTubeからお借りして貼らせていただきます。

スピッツの新曲『小さな生き物』です。

草野マサムネさんの詞は、素直に弱音を吐いたり、後ろ向きになってしまえるところが、無理してなくて、逆に前向きに感じて癒されることも多いんですが。。。
この曲は、スピッツらしい繊細さ優しさはそのままに、もっともっと大きなチカラを感じますね~。

ファンクラブに入ってる友人が12月の名古屋公演のチケットを取ってくれたので、当日がすっごく待ち遠しいです♪

http://www.youtube.com/watch?v=tU5mPtGk1Eg

2013年9月 3日 (火)

人との距離感

20130903

先日、仲良しご夫婦の奥様が「夫婦円満の秘訣は、距離感!」と言っていました。

なるほど~。
身近な人ほど、相手が自分の理想通りでなかったり、自分を理解してくれないとストレスを感じるものですが、身近な人だからこそ、意識的に適度な距離(物理的にも、心理的にも)を保つことも大切なんですね~。

人間関係でストレスを感じることって、誰にでもあると思うんですが。。。
きっと、大抵の場合は、距離に無理があるのかもしれませんね。

そうは言っても、家庭や職場では、物理的な距離を保つのが、どうしても難しい場合もありますし。。。

身近な人ほど、「もう少し離れたいと思ってしまう自分に罪悪感を感じる」、「なんとか仲良くするよう努力すべき」、「自分さえ我慢すれば丸くおさまる」、または逆に「相手の悪いところを正せばうまくいく」とか思って無理してしまい。。。心理的距離を置くのも難しいかもしれません。

(よく、ベジタリアンの女性から、「夫がお肉ばかり食べることが許せない」というようなことを聞きますが、私は、「お肉を食べることと、その人の人格は別」だと分けて考えてます。食の志向が違う人と生活を共にするのは、すごく大変ですけど。。。お互いの体質や健康を思いながらも、それぞれ食べたいものを食べるようにするしかないかな~と思います。)

とりあえず、「物理的、心理的に適度な距離を置くことは、冷たいことではなく、正しいこと」だという、もっと偉い人の言葉を以下に引用させていただきたいと思います。

物事に執着しない。言葉にも執着しない。人間関係がうまくいかないときも、その関係に執着しないで、少し距離を置いてみる。それが仏様の知恵なのです。
(『禅 シンプル生活のすすめ』枡野俊明 著 三笠書房 知的生きかた文庫 p163より)

うまくやることに執着し、仲よくしなければと自分を縛ってしまう。嫌われたくないという気持ちばかりが先走ってしまう。だから、人間関係のストレスが生じてくるのです。(中略)あえて嫌われる必要はないけれど、同じようにあえて好かれなくてもかまわない。そんな気持ちをもつことです。

(『禅 シンプル生活のすすめ』 枡野俊明 著 三笠書房 知的生きかた文庫 p157より) 

わたしが心がけてきたことは、騒音、ごたごた、攻撃的で付き合いにくい人を避けること。(以下省略)
(『ターシャ・テューダーの言葉 特別編 生きていることを楽しんで』 メディアファクトリー p14より)

嫌な人とはどのようにつき合っていけばよいのでしょうか?
いちばん大切なポイントは、自分の心を汚さないように心がけることです。
(中略)
もしこちらから和解ムードに持ち込む力がないのであれば、嫌な人となるべく顔を合わせないようにするのが賢明です。心を汚さない鉄則にしたがって、ケンカ波動の情況から逃げるようにというか撤退したほうがよいでしょう。
(中略)
顔を合わせると反発し、冷静ではいられなくなるものですが、離れてしまうと相手の長所や美点に眼が向く余裕も生まれてきます。

(『人生の流れを変える 瞑想クイック・マニュアル』 地橋秀雄 著 春秋社 p82~84より)

誰とでも、仲良く理解し合うことは理想ですし、ましてや、親しい間柄の人とは、良い関係でいたいものですが、だからこそ、お互いの気質や好みや考え方が違っても、無理に変えようとしないで平気でいられる距離感こそが、愛情かもしれませんね。

すべての人とパーフェクトな関係を築けるのは神様だけですし。。。自分はただの人間だと認めて、無理せず、お互い恨みあったり攻撃しあったりする前に、ほど良い距離を置きたいものです

2013年9月 1日 (日)

ポテサラ・トースト(ヴィーガン)

20130901

マヨネーズの代わりに、オリーブ油を混ぜた粒マスタードを使った、トマト入りポテトサラダをパンにのせて、オーブントースターで焼きました。

たまたま、粒マスタードが大安売りだったので、結構贅沢にたくさん使いました。

粒マスタードの代わりに、フレンチマスタードを使っても。

[材料 3~4人分]

じゃがいも  2個
トマト     1/4個
玉ねぎ    1/8個
とうもろこし 適量
塩       適量
胡椒     適量

オリーブ油  大さじ3~4くらい
粒マスタード 大さじ3~4くらい
 ※粒マスタードには、動物性のエキスの入ったものも市販されていますので、ベジタリアンの人は注意。

スライスしたパン  人数分(普通の食パンは、乳製品が入っています。)

豆乳          適宜

[作り方]

1.じゃがいもは茹でて、粗くつぶす。
2.とうもろこしは、塩茹でし、粒をとっておく。
3.玉ねぎはスライスして水につけておく。
4.トマトは、細かめの角切りにする。
5.粒マスタードとオリーブ油を、大体1:1で混ぜておく。
6.1のじゃがいもに、2のとうもろこしと3の玉ねぎを混ぜ、薄味に塩コショウをする。
7.6に5のマスタードを半量混ぜる。
  ※ここで、ポテとサラダに、もっと水分が欲しい場合は、豆乳をごく少量混ぜる。
8.7に4のトマトをさっと混ぜる。
9.8をスライスしたパンにたっぷりのせ、上に7の残りのマスタードをまばらにのせる。
10.9をオーブントースターなどで焼く。

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ