« 新美南吉記念館(生誕100年) | トップページ | 自然に咲いたユリ »

2013年8月23日 (金)

玉ねぎと梅のさっぱり炊き込みご飯

20130823_1
暑いので、手間いらずのさっぱりした炊き込みご飯を作りました。

手抜きは、いつものことですが。。。(^-^;

玉ねぎの甘味と程よいコクに、生姜と梅のさっぱり感で、夏場は、案外おいしく感じるんですよ~。

(梅干しは、一緒に炊き込んでますので、写真に取ると、赤い色が見えてないですね。
すみません。実物は、ところどころ、赤く梅肉が混ざってます。)

20130823_2

←梅干しの代わりに、梅シロップの後の梅で作った梅味噌を入れても、おいしいです。

[材料]

お米    2合
玉ねぎ   1個
梅干    4個くらい(小梅なら8個くらい) または、梅味噌 大さじ5~6くらい
       ※梅干や、梅味噌の塩加減によって加減してください。  
しょうが  梅干より大きめくらいのひとかけ
だし昆布 お好みで、3~4cmくらいをひと切れ
       ※玉ねぎからも出汁が出るので、入れなくてもおいしいです。
お酒    大さじ2~3

 

[作り方]

1.玉ねぎは、くし切り方向に、やや厚めにスライス、しょうがは針生姜にするか、みじん切りにする。
  
2.といだお米に、水加減を普通より大さじ4~5杯分くらい少なめにして、1の玉ねぎと、しょうが、お酒を入れて混ぜ、上に梅干し(と昆布)をそのまま乗せて炊く。
  (梅味噌を入れる場合は、玉ねぎなどと一緒に混ぜて。)
3.2が炊き上がったら、昆布を取り除き、しゃもじで切るように混ぜ、梅肉が全体に混ざるようにし、種を出す。
 ※梅は、包丁でたたいて梅肉にしておいて、ご飯が炊き上がってから混ぜても、また違う美味しさです(お好みで。)

« 新美南吉記念館(生誕100年) | トップページ | 自然に咲いたユリ »

ベジごはんレシピ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1503757/52931339

この記事へのトラックバック一覧です: 玉ねぎと梅のさっぱり炊き込みご飯:

« 新美南吉記念館(生誕100年) | トップページ | 自然に咲いたユリ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ