« 免疫力を高める生活(基本の6項目) | トップページ | 玉ねぎと梅のさっぱり炊き込みご飯 »

2013年8月21日 (水)

新美南吉記念館(生誕100年)

20130821_1

今年は、『ごんぎつね』を書いた新美南吉の生誕100年ということで、愛知県半田市の新美南吉記念館と併設の童話の森に、小3の甥っ子を連れて行ってきました。

甥っ子のママのTちゃん曰く、「ああいう場所には、お義姉さんに連れて行ってもらった方がいいから!」とのことだったんですが。。。

甥っ子に説明するよりも、思わず自分が見入ってしまいました。

誰かの記念館って、見ていると、その人の生前の思いが胸に伝わってくるようで、思わず目頭が熱くなってしまうんですよね~。

結核のため29歳で亡くなられたのは、もったいない気もしますが、若い頃から、精神的に成熟していた南吉だからこそ、そんな短い生涯でも、多くの素晴らしい作品を残すことができたのだと思います。

まさに、「作品を書くために生まれてきたような人」です。

地元に、こんな素晴らしい作家さんがいたことが、あらためて嬉しくなりました。

記念館の中では、10分間にまとまった『ごんきつね』のアニメが上映されていたり、展示物の他、デジタル画面での説明などもあって、甥っ子も楽しんでくれてたようでした。

そして、あちらこちらに、可愛いキツネがたくさんいました~。

20130821_2

←図書室の入口付近の「こぎつね」。
  (右手が人間なのは、てぶくろを買いに行く時、お母さんぎつねが、安全に買えるように人間の子供の手に形を変えてくれたから。)

20130821_3

←トイレの個室の上を見上げると。。。
 (もちろん内側から外を覗いてます。いくら何でも、中を覗かれちゃあ、落ち着けません。。。)

(甥っ子に確認してもらったら、男子トイレにもいるそうです。)

20130821_4_2

←これが、生前の新美南吉さんですが。。。

20130821_5

←ロビーに飾られた凧の顔が微妙。。。 

20130821_6
←隣接した童話の森のお散歩も、春や秋には気持ちいいはず!

1周7分程度で回れるとは言え、山じゃないので、暑かった~(゚ー゚;

(甥っ子も、歩きたいと言ってくれたし、もし私が一人で行っていても歩いたと思うんですが、他には誰も歩いてませんでした~。)

20130821_7

←南吉の童話に登場する木には、こんなクイズ看板が。

20130821_8

←上の部分のフラップをめくると、答えが出てきます。

20130821_9

←記念館のすぐそばのコメダ珈琲店の前に、きれいなお花畑が広がってました。

知多半島って、のどかで良いところですね~。

そうそう、記念館のショップでは、大人が欲しくなるような、センスのいいグッズがたくさん販売されていました。

20130821_11

←たとえば、このポストカードのイラスト(『てぶくろをかいに』)なんて、すごく可愛い~♪

20130821_10
←子供向けの物の方が少ないくらいでしたが、甥っ子が見つけたのは、このコマ。

小さい頃からの、「回るもの好き」が出ました。

普段は、カワイイ系のキャラにあんまり興味を持たないのに、これはものすごく気に入ったようでした。

ちなみにこのコマの売上の一部は、「南吉のふるさと」保全に寄付されるそうです。

« 免疫力を高める生活(基本の6項目) | トップページ | 玉ねぎと梅のさっぱり炊き込みご飯 »

体験レポート/日記」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1503757/52955031

この記事へのトラックバック一覧です: 新美南吉記念館(生誕100年):

« 免疫力を高める生活(基本の6項目) | トップページ | 玉ねぎと梅のさっぱり炊き込みご飯 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ