« なすカレーの焼き春巻き | トップページ | おいしいダルバートが食べられる『ラージ』 愛知県知立市 »

2013年6月11日 (火)

梅しごと(その1)梅に合う手と合わない手?

20130611_1

ご近所のお庭で、たくさん出来たという小梅を、おすそ分けしていただいたので、2kg分を梅干しに、おまけの分で、少量だけ梅シロップを作っています。

梅のヘタを一つ一つ丁寧に、爪楊枝の先で取りのぞいたり、時間をかけて漬け込んだり、干したりする時間は、いいですよね~♪

塩漬けにして3日目。
梅酢が上がってきています。(落し蓋を取ってパチリ。重石は置く所なくて。。。)
                  ↓   ↓   ↓

20130611_2

とっても、いい香りです~♪

ところで、梅干し作りって、手が合う人と合わない人がいるって本当でしょうか?

手が合わない人は、どんなにキレイに手を洗って、ホワイトリカー(お酒)などで消毒して扱っても、梅酢が出る頃から上にカビが生えてきてしまうとのことなんです。

うちの母は、どうも手が合わないらしく、昔、何度か挑戦したそうですが、毎回すぐに白いカビが一面に生えてしまうので、もう諦めたそうです。
ご近所にも、同じような方が数人いるそうで、この辺の田舎では、「稀に、梅に合わない手の人がいる。」というのです。

私は、大丈夫なので、遺伝はしないようです。(笑)

本当に合う手と合わない手があるかどうか判りませんが、私は子供の頃から梅干しが大好きだったのですが、母は梅干しが嫌いだそうで、ひょっとして、それが原因だったりして。。。

ちなみに、味噌好きの母は、ご近所の方と一緒に作った味噌は、カビも生えず上手に出来ました。

それはともかく。。。

今の私といえば、「シソ漬けにしようか? 白漬けにしようか?」というのが、一番の悩みですが。。。どちらにしても、これからが楽しみです♪

梅しごと(その2)へつづく

« なすカレーの焼き春巻き | トップページ | おいしいダルバートが食べられる『ラージ』 愛知県知立市 »

しあわせ☆プチ貧乏暮らし」カテゴリの記事

心のお話」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1503757/51944347

この記事へのトラックバック一覧です: 梅しごと(その1)梅に合う手と合わない手?:

« なすカレーの焼き春巻き | トップページ | おいしいダルバートが食べられる『ラージ』 愛知県知立市 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ