« 宇宙への想い。。。(名古屋市科学館プラネタリウム) | トップページ | 今が旬!和風コーンスープ »

2013年6月19日 (水)

のびのび元気になれる絵~「絵本原画の世界」(名古屋市美術館)

20130619

実は、昨日のプラネタリウムと一緒に、科学館に隣接した名古屋市美術館にも行ってきました。

見たのは、日本人の絵本画家さんたちの原画展です。

誰もがお馴染みの山脇百合子さんの「ぐりとぐら」の原画をはじめ、林明子さんや長新太
さん、なかのひろたかさんなどの原画を拝見することが出来ました。

この原画展のサブタイトルに「はじめての美術」とありますが、本当に、絵本は子供が人生ではじめて出会う美術作品だと、見ていて思いました。

子供の頃に出会った絵本や、読んでくれた人とのふれあいなどは、少なからず大人になっても影響を残すような気がします。

ところで、昔読んだことがあって、しばらく見てなかった絵本の原画を拝見すると、子供の頃には、わからなかった絵本画家さんの素晴らしさを再発見することが出来ます。

私は、大人になっても、絵本が好きで何冊も持っていますが、自分が持っていない絵本の中で、今回あらためて「やっぱり、すごいな~!」と思ったのは、長新太さん

良い意味で「ナンセンス絵本」と言われる長新太さんの作品は、ストーリーの発想も、絵も、子供ように自由で、のびのびしていて、おもしろ可笑しくて、普通の大人には真似できない感じなんです。

子供の絵みたいに、技法を無視した、「へたうま」な味のある、のびのびした絵と、子供がめちゃくちゃに作ったようなストーリーを見てると、なんだか元気が出てくるんですよね~。

今、私が持ってる絵本は、どちらかというと、大人ウケするストーリーのものや、キレイで緻密な絵のものが多いんですが、長新太さんの絵本も、欲しいな~と思いました。

いつか長新太さんの絵本を、たくさんの子供たちの前で、オーバーアクションで読み聞かせして、みんなで笑い転げたいです。(´∀`*)

長新太さんの作品紹介サイト→絵本ナビhttp://www.ehonnavi.net/author.asp?n=66

名古屋市美術館の「絵本原画の世界」展は、2013年7月21日(日)まで開催されています。

公式サイト→ http://www.art-museum.city.nagoya.jp/index.shtml

※その他、絵本関連記事→「おすすめの本/絵本」カテゴリー

« 宇宙への想い。。。(名古屋市科学館プラネタリウム) | トップページ | 今が旬!和風コーンスープ »

体験レポート/日記」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1503757/52097569

この記事へのトラックバック一覧です: のびのび元気になれる絵~「絵本原画の世界」(名古屋市美術館):

« 宇宙への想い。。。(名古屋市科学館プラネタリウム) | トップページ | 今が旬!和風コーンスープ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ