« あんずジャム作り(その2)普通のジャムと塩麹入りの比較 | トップページ | ズッキーニとエリンギの照り焼き丼 »

2013年6月15日 (土)

大人が意外に知らない名曲(動画付き)

20130615
すごく有名だけど、大人が意外に知らない名曲をお届けしたいと思います。

日々、蔭の努力を重ねながら、心静かに、世のため人のために尽くしている方々へ。。。

ヒントは、トップの写真「タイム」の花言葉「勇気」。
(※タイムという名前の語源が、ギリシャ語の「勇気」だそうで、古代ギリシャで、「心の傷を癒して勇気を与える」と言われていたそうです。)

・・・と書くと、どんな曲を想像されるかわかりませんが、それは。。。

「勇気りんりん!」が合言葉の。。。

そう、『アンパンマンのマーチ』!!! (^^♪
このアニメを見て育ってない世代は、だたの子供向けマンガだと思ってしまいますが、もともとは、大人向けのお話だったそうで、この歌の歌詞も大人の方が理解できるんじゃないかと思います。

東日本大震災の時も、救済活動をする自衛隊や消防士の方々へ、また被災地の子供たちへの応援歌として流され、多くの人が涙したそうですが。。。

そうした救済活動をしていなくても、実は、生きてるすべての人が、自分の使命を持って生まれてきたヒーローなのかもしれません?

この曲を聴くと、そんな心が呼び覚まされるかも?
(作者やなせたかしさんのすべての思いが、ここに凝縮されているような。。。そんな歌詞です。)

細かいことは、後で書くとして、歌詞をよくご存知なかった方は、まずお聴きください。
動画をYouTubeからお借りして貼らせていただきます。

アンパンマンのマーチ  (YouTube)
(※歌詞のみの表示→ アンパンマンのマーチ(うたまっぷ)

ウィキペディアのアンパンマンのページによると、作者のやなせたかしさんは、従軍経験がおありで、戦時中、「正義」というものがいかに信用しがたいものかを痛感なさったそうです。

そして、戦中、戦後の深刻な食糧事情の中、「人生で一番つらいことは食べられないこと」という考えをもち、「困っている人に食べ物を届けるヒーロー」という着想につながって、アンパンマンを誕生させたそうです。

「正義」というテーマについて、やなせたかしさんは、「『正義の味方』だったら、まず、食べさせること。飢えを助ける。」とか、「究極の正義とはひもじいものに食べ物を与えることである」と述べられているそうです。

また、空腹の人に顔の一部を与えることで悪者と戦う力が落ちると分かっていても、決して目の前の人を見捨てることはしないアンパンマンについて、「ほんとうの正義というものは、けっしてかっこうのいいものではないし、そしてそのためにかならず自分も深く傷つくものです」と、第一作の絵本『あんぱんまん』(フレーベル館)のあとがきで語られているそうです。

やなせたかしさんは、すでに年齢が90歳を超えられていて、引退も考えられたそうですが、その後、東日本大震災が起こったことから思いとどまられ、今なお現役でご活躍中です。
(※やなせさんは、私がこの記事を書いた後、2013年10月に他界されました。ご冥福をお祈りします。)

« あんずジャム作り(その2)普通のジャムと塩麹入りの比較 | トップページ | ズッキーニとエリンギの照り焼き丼 »

ちょっと息抜きに(心理テスト、癒し動画など)」カテゴリの記事

心のお話」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1503757/51688793

この記事へのトラックバック一覧です: 大人が意外に知らない名曲(動画付き):

« あんずジャム作り(その2)普通のジャムと塩麹入りの比較 | トップページ | ズッキーニとエリンギの照り焼き丼 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ