« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月29日 (土)

三河みりんでビワのコンポート

20130629
ビワを沢山いただいたので、コンポートを作りました。

普通は、白ワインやリキュール類を使うんだと思いますが、本みりん(今回は贅沢に三河みりん)を使いました。

お砂糖は、まったく入れてませんが、「みりん」だけで、とっても甘くなりますので。。。
「騙されたと思って、“みりん”で、作ってみりん!」(←三河弁で「作ってみて!」という意味です。ちなみに、「見て!」は「見りん」、「食べて!」は「食べりん」となります。)

材料は、シンプルですが、アルコールをしっかり飛ばし、丁寧に作りました。

香りづけに、庭に生えているミントの葉を使いました。
普段ミントが苦手な人も、これは火を通して、ほんのりとした風味付けなので、味も香りも一般のミントのイメージとは全然違い、きっと入れた方が断然美味しいと感じると思います。

冷蔵庫で冷た~く冷やして食べるとおいしいです。

汁は、シロップとして利用したり、少し薄めて飲んだり、寒天を入れて固めて食べたりも出来ます。

[材料]

ビワ              20個
三河みりん(本みりん)  2カップ(400cc)
レモン             1/2個
ミントの葉(生)       20~30枚
水               適宜*

[作り方]

1.ビワは、手で皮を剥き、包丁で半分に切って、中の種と、種と接触していた部分の白い薄皮を丁寧に取る。(処理したビワは、全て出来るまで、レモン汁を少し入れた水に浸しておく。)
2.レモンは、絞っておく。
3.ホーローやステンレスの厚手の鍋に、みりんを入れ、蓋をせず、ひと煮立ちさせ、そのままトロ火で数分アルコールを蒸発させる。(ここで、ある程度蒸発させておくと、ビワの煮過ぎの防止になります。*少し水を足して、よく火を通してもOKです。
4.3に1のビワと2のレモン汁を入れ、中火にする。
5.4が沸騰する直前に、一旦、火を止める。
6.蓋をせずに、5~10分放置する。
7.再び、火を点け、沸騰する直前に、一旦、火を止める。
8.6と7を、2~3回繰り返す。(途中、蓋はせず、残りのアルコールを飛ばす。)
9.最後に、ミントの葉を加え、再び火を点け、沸騰する直前に火を止める。
  (アルコールが、十分飛んでなければ、ミントを入れてからも、2~3回火を点けて止めてもOK。)
10.十分アルコールが飛んだら、そのまま冷まし、冷蔵庫で保存する。

YouTubeに、手嶌葵さんの歌う『瑠璃色の地球』 をUPしてくださっている方がいらっしゃったので、今日のおうちカフェ用BGMにお借りして貼らせていただきます。

もともとは松田聖子さんの歌ですが、手嶌さんバージョンもとっても雰囲気がいいです。
大人になって、あらためて聴くと、とてもいい歌ですね♪

http://www.youtube.com/watch?v=BzCpeNaiIPg

2013年6月27日 (木)

子供は親を選んで生まれてきた?(2)(おすすめ動画付き)

20130627

このブログの過去の記事、「子供は親を選んで生まれてきた? ~人が生まれる目的~」を、多くの方が読んでくださってるようで、今回は、それに関連して、DV(家庭内での虐待)も含めて、親子のことを少し考えてみたいと思います。

いろいろお話する前に、まずは、虐待を受けた幼い子供の気持ちを歌った曲を、ご紹介したいと思います。

この歌の中の「ぼく」ほど酷い状況でなくても、何らかの理由で、精神的に辛い状況のために、自分たちのことで精一杯な親に育てられている子供が共通して感じる気持ちが歌われていると思います

文月メイさんの「ママ」という曲ですが、YouTubeからお借りして貼らせていただきます。

「ママ」 by 文月メイ  (YouTube)

虐待には、暴力だけでなく、ネグレクト(育児放棄)や、精神的な虐待などもあります。

虐待(特に、暴力や精神的虐待)をする親(や夫)は、多くの場合、自分が虐待していることに気づいていないようです。

妻に暴力をふるっていた男性のインタビューをテレビで見たことがありますが、「自分は、妻の欠点を直そうと、良かれと思って厳しく教えているつもりだった。あれがDVだとは気づいてなかった。」とおっしゃってました。

また、子供に虐待をしてしまった保護者の方にも、実際に数人お会いしたことがありますが、大抵の場合、虐待するようには見えない普通の方です

児童施設で働いていた知人も、同じことを言っていました。

だから、「人間って弱いんだな~。」と思います。(私も弱いですが。。。)

普通の人でも、精神的に追い詰められれば虐待してしまう可能性がありますし、逆に、心が充実して幸せな親は、虐待しません。

虐待する親は、自分も、何かで深く傷ついているんだと思います。
(潜在意識レベルの気づかない傷や疲れもあるかもしれません。)

その人自身もそういう親に育てられたとか、母親の場合は旦那さんから酷い扱いを受けてるとか、父親の場合は仕事がうまくいってないとか。。。

ところで、これを読んでくださってる方の中には、虐待とまではいかなくても、その時、親が精神的に幼かったり、自分たちのことで精一杯だったりして、子供の頃に素直に甘えたり、無邪気に過ごすことはできなかったとか、子供心に深く傷ついた出来事が忘れられないという方も多いと思います。

でも、本当に、親が完璧じゃなくても大丈夫なんですよ。

歴史上の偉大な人物でさえ、その親も偉大な人だったとは限らないみたいですよ。

ちょっと話が飛びすぎかもしれませんが、伝説的なヨーガ行者で、ババジという聖者の子供の頃の、こんなエピソードがあります。

ある日、幼いババジは、大好物のジャックフルーツを母親の留守中に全部食べてしまい、帰ってきた母親は、怒りのあまり、思わずババジの口に布を詰め込んだのだそうです。
危うく、窒息死させられるところだったババジは、母の行為を許し、そのことで、「愛着や幻想(理想像)にとらわれずに、執着せずに無条件に母(人)を愛する」ということを学び、それを学ばせてくれた神様に感謝したそうです。


他にも、お釈迦様の弟子の一人、モッガラーナ(目連)の実の母親は、亡くなった後、地獄に落ちていて、それを救済する話なども残っています。

これらが、「神話みたいなものじゃないか?」とか、「後で作られた話じゃないか?」とか、いろいろご意見があると思いますが、ここでのポイントは、「精神性が高い人の親も、神様みたいに完璧ではなく、やっぱり人間だ」というお話が残っているということです。

親が、どうであれ、ある程度大人になったら自分次第です。

また、「子供は親を選べないのだから!」と言われますが、虐待する親も、自分でどうしようもない苦しみの中にいて、「それを助けたい」とか、「そこから学びたい」と思って生まれてくる子供もいるのかもしれません。

虐待を受ける子供が少しでも減るように、専門家でない私たちができることの一つは、批判せずに、大人同士で助け合うこと。
子育てを協力し合ったり、ストレス解消の場を作ったりすること。。。

それに、いつも自分の心を見つめて、自分自身を癒すことなんじゃないかと思います。

その他の関連記事:
子供は親を選んで生まれてきた? (1)~人が生まれる目的~
『幸福な食卓』~傷ついた心、癒された心~
『秋日和』&『晩春』~美しい親子の絆~

2013年6月25日 (火)

小松菜とパイナップルのスムージー

20130625

少し前に「畑で、葉が固くなってしまったので、筋が噛み切れないかも?」という小松菜をいただいたのですが。。。

火を通すと、固くて食べにくい小松菜も、スムージーやジュースに入れるなら全く問題ありません!
「まったくOK!」・・・と、ありがたく戴き、パイナップルとスムージーにしました。

私は、それだけで十分なんですが、飲みにくい人は、バナナも追加すると、ぐんと飲みやすくなるので、バナナ入りバージョンで材料を書きます。

[材料]

小松菜      5枚くらい   
パイナップル  厚さ1.5cmくらいの輪切りで2切れ分くらい 
バナナ      1/2~1本
水         1/2カップ~お好みの濃さで。

[作り方]

1.皮を剥いたバナナ、パイナップル、小松菜、水をミキサーでよく混ぜる。

それでは、おうちカフェ用BGMを今日も、貼らせていただきます。

ケルティックウーマンの歌う『Bridge Over Troubled Water』をYouTubeにUPしてくださってる方がいたので、お借りします。

2013年6月23日 (日)

ベイクドポテトの胡桃豆腐クリーム添え

20130623
ご近所の畑で新じゃがが採れると、時々まるごと焼いて、皮ごと食べ、じゃがいもの醍醐味を味わいます。

普通は、バターやサワークリームをつけると思うんですが、お豆腐やクルミでヴィーガンのクリームを作りました。

ついでに、バジルペーストもトッピングしています。

ヴィーガンでも、ずっしりボリューム感と食べごたえ満点です!

[材料  4人分]

じゃがいも     4個
黒胡椒       少々
塩          適宜 
バジルペースト  適宜
(バジルペースト:生バジル、オリーブ油、松の実、塩、胡椒などペースト状にしたもの)


~クリームの材料~

木綿豆腐    100g
クルミ      半カップ
豆乳       大さじ1~2
塩麹       小さじ1/2~お好みで。
レモン汁     適量(お好みで)

※このクリームは、「あんずジャム作り(その1)きび糖と塩麹入り」の記事で、あんずジャムと一緒にパンに塗っていたものです。

[作り方]

1.じゃがいもは、皮まで食べられるように、丁寧に洗い、まるごと蒸す。
2.1のじゃがいもを180度のオーブンで、軽く焦げ目がつく程度に焼く。
3.クリームの材料をフードプロセッサーかミキサーに入れ、よく混ぜる。
4.2のじゃがいもを半分に切り目を入れ、3のクリームを間にたっぷり挟む。
5.4に粗挽き黒胡椒をかけ、お好みでバジルペーストなどもトッピング。
  必要なら、お塩も少しふります。

 

2013年6月21日 (金)

アボカドトースト(いろいろ使えるアボカドペースト)

20130621_1_2
昨日の記事の、コーンスープの横に写ってたのが、こちらのヴィーガン・アボカドトースト。

写真がイマイチで、あんまりおいしそうに見えないですが。。。

野菜類すべて一緒に焼いてるので甘味も出て、アボカドの油分で適度にクリーミーで、こうやって食べると美味しいんですよね~。

実は、塗っているアボカドペーストは、以前の記事で、お餅に塗っていたものです。
→ アボカド磯辺焼き(お餅)

この、アボカドをつぶして、わさびを混ぜただけの「アボカドペースト」は、いろいろ使えて便利なんです。

20130621_2_2


←絹ごし豆腐の冷奴にのせて、お醤油を垂らすと、ちょっと卵豆腐のような風味に。

[材料]

食パン       人数分
スライス・トマト  適量
さらし玉ねぎ    少々
塩          少々
胡椒         少々

~アボカドペーストの材料~

アボカド(完熟)
わさび

[作り方]

1.アボカドは半分に切り種を取って、皮を除く。
2.1のアボカドをフォークの背でつぶし、わさびを適量よく混ぜる。
3.食パンに、2のアボカドペーストを塗り、スライスして水にさらした玉ねぎ、トマトスライスなどを乗せる。(写真では、茹でトウモロコシも少し乗ってます。)
4.3を、トマトに火が通るくらいまでオーブントースターで焼く。
  (下が焦げすぎないように、アルミホイルを敷いて焼くといいです。)
5.4に塩や粗挽き黒胡椒など振る。(写真は、塩・胡椒をふる前のものです。)

※アボカドペーストに塩を混ぜてしまうより、野菜の上に振ってあった方が、少ない塩分で、塩味を感じます。
    

2013年6月20日 (木)

今が旬!和風コーンスープ

20130620

嬉しいことに、採れたてのトウモロコシを、多めにいただいたので、茹でたてを、そのまま食べるだけじゃなく、豆乳でコーンスープも作りました。

この時期のトウモロコシは、本当に柔らかくて甘くておいしいですね~O(≧▽≦)O

トウモロコシって、子供の頃から大好き!

子供の頃は、あんまり好きな食べ物が多くなかった私ですが、茹でトウモロコシは、好きな食べ物ベスト3に入るくらいでした。

小学校低学年の時、家族で出かけた先で、茹でトウモロコシを買ってもらったんですが、まだ少ししか食べてないうちに、下に落として食べれなくなってしまい、泣いた思い出があります。

昔のアルバムには、落とす直前に、ポーズをつけて気取ってトウモロコシを食べてる私の姿が。(^_^;)

今でも、茹でトウモロコシを見ると、必ず母に、「そういや~、アンタが小さい時に。。。」と、その時のことを言われます。(生前の父にも、ずっと言われてました。)

まあ、それはいいとして、以下にレシピ(と言っても、適当ですが)を書きます。

※玄米ごはん入りはこちら→玄米入りコーンスープ(フードプロセッサーで楽々健康料理)

※横に写ってるトーストは、アボカドペーストを利用したもので、明日の記事で説明します。

[材料 3~4人分]

トウモロコシ  2本
塩        適量
豆乳       適量
麦味噌     大さじ1程度
ショウガ     梅干しより、やや小さめくらい

水        適宜

[作り方]

1.大きめの鍋に湯を沸かし、塩を適量入れ、トウモロコシを茹でる。
2.1で茹でたトウモロコシの粒を、手または包丁で芯から取る。
3.2のトウモロコシとショウガ、味噌をミキサーかフードプロセッサーに入れ、材料の2/3くらいの高さまで豆乳を加え、よく混ぜる。
4.3を厚手の鍋に移し、弱火で、時々かき混ぜながら温める。
5.4の濃さや味を見て、塩、豆乳、水などを適宜加えて調整する。

2013年6月19日 (水)

のびのび元気になれる絵~「絵本原画の世界」(名古屋市美術館)

20130619

実は、昨日のプラネタリウムと一緒に、科学館に隣接した名古屋市美術館にも行ってきました。

見たのは、日本人の絵本画家さんたちの原画展です。

誰もがお馴染みの山脇百合子さんの「ぐりとぐら」の原画をはじめ、林明子さんや長新太
さん、なかのひろたかさんなどの原画を拝見することが出来ました。

この原画展のサブタイトルに「はじめての美術」とありますが、本当に、絵本は子供が人生ではじめて出会う美術作品だと、見ていて思いました。

子供の頃に出会った絵本や、読んでくれた人とのふれあいなどは、少なからず大人になっても影響を残すような気がします。

ところで、昔読んだことがあって、しばらく見てなかった絵本の原画を拝見すると、子供の頃には、わからなかった絵本画家さんの素晴らしさを再発見することが出来ます。

私は、大人になっても、絵本が好きで何冊も持っていますが、自分が持っていない絵本の中で、今回あらためて「やっぱり、すごいな~!」と思ったのは、長新太さん

良い意味で「ナンセンス絵本」と言われる長新太さんの作品は、ストーリーの発想も、絵も、子供ように自由で、のびのびしていて、おもしろ可笑しくて、普通の大人には真似できない感じなんです。

子供の絵みたいに、技法を無視した、「へたうま」な味のある、のびのびした絵と、子供がめちゃくちゃに作ったようなストーリーを見てると、なんだか元気が出てくるんですよね~。

今、私が持ってる絵本は、どちらかというと、大人ウケするストーリーのものや、キレイで緻密な絵のものが多いんですが、長新太さんの絵本も、欲しいな~と思いました。

いつか長新太さんの絵本を、たくさんの子供たちの前で、オーバーアクションで読み聞かせして、みんなで笑い転げたいです。(´∀`*)

長新太さんの作品紹介サイト→絵本ナビhttp://www.ehonnavi.net/author.asp?n=66

名古屋市美術館の「絵本原画の世界」展は、2013年7月21日(日)まで開催されています。

公式サイト→ http://www.art-museum.city.nagoya.jp/index.shtml

※その他、絵本関連記事→「おすすめの本/絵本」カテゴリー

2013年6月18日 (火)

宇宙への想い。。。(名古屋市科学館プラネタリウム)

20130618_1

名古屋市科学館プラネタリウムが新しくなって、もう3年も経っているそうですが。。。とうとう行ってきました。(名古屋市科学館公式サイト→ http://www.ncsm.city.nagoya.jp/

新しくなる直前に行って以来、久しぶりのプラネタリウムです。

3年も経って、平日なのに、インターネット予約では落選し、チケットを取るために、お姉さん友達のWさん&Sさんが朝から並んでくれました。
私は、今回、早朝にひと仕事してから合流したので、WさんとSさんに、すっかりお世話になってしまい、本当にありがとうございました。m(_ _)m

子供の頃は、星空を見上げては、いろいろと宇宙へ思いを馳せていたものです。
本当に、考えだしたら止まらなくて、何時間も考えてたような気がします。

小学校の低学年頃だったんですが、
「宇宙の果てって、どういうこと?」
「無限ってどういうこと?」
「宇宙が広がっているのなら、その外は?」
というようなことに始まり。。。

「宇宙には、今、自分の体が生きてる物理的な環境とは別のエネルギーレベルで存在している世界がある。」とか、「私たちの肉眼で見て生命体が生きられない環境の星にも、別のエネルギーレベルで見たら、別のエネルギー体の人達が住んでる所があるかも。。。とか、(その頃は「次元」という言葉を知らなかったんですが)要するに、いろんな次元が存在してるというような、SFの世界みたいなことも考えてました。(^^♪

なので、名古屋市科学館のプラネタリウムにも、一番最初は、小学生の頃、親に頼み込んで連れて行ってもらった記憶があります。

ちなみに名古屋のプラネタリウムは、私が生まれる前からあるほど、長い歴史があるのです。

「新しくなった今も、生で解説をやってます。」という説明があったんですが、生の解説じゃないプラネタリウムも多いのでしょうか?

池袋の「満天」とか、いつか行ってみたいと思いつつ、まだ行ったことがないのですが、生で星を解説するのとは違って、決まった「上映作品」がいくつかあるという形なんでしょうか?

もしそうなら、名古屋市科学館は、新しくなった今も、昔ながらの味の残った、天文マニアにもオススメなプラネタリウムかもしれません?

20130618_2


←これは、子供の頃、最初にもらった星座の本です。 かなり年季が入ってます。

20130618_3

←帰ってから、久しぶりに開いてみたら、プラネタリウムで説明のあった「牛飼い座」や「むぎ星」、「春の大曲線」の説明も載ってました。

20130618_4


←この本で、特に好きだったページ。
おうし座のプレアデス星団の写真がキレイだから。

・・・と、すっかり話が横道に逸れてしまいましたが、ここ数日、ちょうど夜7時~9時頃に、宇宙ステーションが、肉眼ではっきり見えるそうですよ!
詳しい情報は、以下の科学館のページでご確認ください。

宇宙ステーションは、ちょうど飛行機が飛んでいくようなスピードで動いて行きますが、飛行機のように複数のライトでなく、すごく明るい星が移動するような感じで見えます。
  ↓
6月19,21,22,23,24,25,27のISS情報(名古屋市科学館 天文情報)
http://www.ncsm.city.nagoya.jp/study/astro/iss/619212223242527iss.html

2013年6月17日 (月)

ズッキーニとエリンギの照り焼き丼

20130617
今回は、ズッキーニを和風にお料理してみました。

焼いて、中がとろんと柔らかくなったズッキーニに、照り焼き風の甘辛だれが結構合うんです。そして、そこに「わさび」を添えても、また美味しいんです~☆

そこで、エリンギと一緒に照り焼き丼にしてみました。

[材料 2~3人分]

ズッキーニ(大きめ)     1本
エリンギ            2~3本
塩麹              小さじ2
植物油             適量

炊いたごはん         人数分
わさび             適宜

~たれ~
しょうゆ             大さじ3
みりん               大さじ3
さけ                大さじ1~3
てんさい糖           大さじ1~3 ※お好みで量を調整
水                 25ccくらい

※たれの分量は、お好みで、調整してください。

[作り方]

1.ズッキーニは厚さ7mmくらいの輪切り、エリンギは厚さ5mmくらいで食べやすい長さに切る。
2.1のエリンギとズッキーニをそれぞれ別のボールに入れ、各小さじ1の塩麹をまぶす。
3.フライパンに油を熱し、2のエリンギを少し焼き色がつくように炒める。
4.3のエリンギをいったん取り出す。
5.フライパンに、必要なら少し油を足し、2のズッキーニを並べて、両面こんがり焼く。
6.5のフライパンからズッキーニをいったん取り出す。
7.フライパンに「たれ」の材料を全て入れ、煮立たせて、アルコールを飛ばす。
8.7に4と6で取り出したエリンギとズッキーニを加える。
9.炊いたご飯を丼によそって、上から8のエリンギとズッキーニを「たれ」と一緒に乗せ、お好みで、わさびを添える。

 

2013年6月15日 (土)

大人が意外に知らない名曲(動画付き)

20130615
すごく有名だけど、大人が意外に知らない名曲をお届けしたいと思います。

日々、蔭の努力を重ねながら、心静かに、世のため人のために尽くしている方々へ。。。

ヒントは、トップの写真「タイム」の花言葉「勇気」。
(※タイムという名前の語源が、ギリシャ語の「勇気」だそうで、古代ギリシャで、「心の傷を癒して勇気を与える」と言われていたそうです。)

・・・と書くと、どんな曲を想像されるかわかりませんが、それは。。。

「勇気りんりん!」が合言葉の。。。

そう、『アンパンマンのマーチ』!!! (^^♪
このアニメを見て育ってない世代は、だたの子供向けマンガだと思ってしまいますが、もともとは、大人向けのお話だったそうで、この歌の歌詞も大人の方が理解できるんじゃないかと思います。

東日本大震災の時も、救済活動をする自衛隊や消防士の方々へ、また被災地の子供たちへの応援歌として流され、多くの人が涙したそうですが。。。

そうした救済活動をしていなくても、実は、生きてるすべての人が、自分の使命を持って生まれてきたヒーローなのかもしれません?

この曲を聴くと、そんな心が呼び覚まされるかも?
(作者やなせたかしさんのすべての思いが、ここに凝縮されているような。。。そんな歌詞です。)

細かいことは、後で書くとして、歌詞をよくご存知なかった方は、まずお聴きください。
動画をYouTubeからお借りして貼らせていただきます。

アンパンマンのマーチ  (YouTube)
(※歌詞のみの表示→ アンパンマンのマーチ(うたまっぷ)

ウィキペディアのアンパンマンのページによると、作者のやなせたかしさんは、従軍経験がおありで、戦時中、「正義」というものがいかに信用しがたいものかを痛感なさったそうです。

そして、戦中、戦後の深刻な食糧事情の中、「人生で一番つらいことは食べられないこと」という考えをもち、「困っている人に食べ物を届けるヒーロー」という着想につながって、アンパンマンを誕生させたそうです。

「正義」というテーマについて、やなせたかしさんは、「『正義の味方』だったら、まず、食べさせること。飢えを助ける。」とか、「究極の正義とはひもじいものに食べ物を与えることである」と述べられているそうです。

また、空腹の人に顔の一部を与えることで悪者と戦う力が落ちると分かっていても、決して目の前の人を見捨てることはしないアンパンマンについて、「ほんとうの正義というものは、けっしてかっこうのいいものではないし、そしてそのためにかならず自分も深く傷つくものです」と、第一作の絵本『あんぱんまん』(フレーベル館)のあとがきで語られているそうです。

やなせたかしさんは、すでに年齢が90歳を超えられていて、引退も考えられたそうですが、その後、東日本大震災が起こったことから思いとどまられ、今なお現役でご活躍中です。
(※やなせさんは、私がこの記事を書いた後、2013年10月に他界されました。ご冥福をお祈りします。)

2013年6月14日 (金)

あんずジャム作り(その2)普通のジャムと塩麹入りの比較

20130614_1
昨日の記事の続きで、「あんずジャム」の比較です。

まずは、見た目から。。。

20130614_2←左側が、普通にグラニュー糖(あんずの重量の50%)だけ入れて煮たジャム。

右は、きび糖(あんずの重量の45%)」と塩麹を入れて煮たジャム。

白いグラニュー糖の方が、やはり色はキレイなオレンジ色になります。
でも、きび糖の方も、そんなに悪い色ではありません。

味ですが。。。

塩麹を入れた方が、やはり酸味が若干まろやかで、おいしく感じます。
(母に、どっちがどっちと言わずに食べてもらっても、やはり塩麹ときび糖の方が、まろやかな酸味でおいしいと言ってました。)

今回は、お砂糖の種類も、分量も違うので、厳密な比較にはなりませんが、塩麹を入れた方がお砂糖(きび糖)の割合が若干少なくても、甘くまろやかなのは、やはり塩麹のチカラなんじゃないかと思います。

これが三温糖や黒糖だと、重くなるかもしれませんが、「きび糖」ならクセもないですし、塩麹の力でより旨みも引き出されたのかもしれません?

いずれにしても、あんずって、ジャムにすると、酸味も甘味もギュッと凝縮されて、太陽を食べてるようなイメージの味ですよね?!

※塩麹と「きび糖」での作り方は→あんずジャム作り(その1)きび糖と塩麹入り 

~グラニュー糖での作り方~ 

[材料]

あんず         800g
グラニュー糖    400g(あんずの重量の50%)
            ※あんずの重量の40~45%でもOKです。

[作り方]

1.あんずは丁寧に洗い、皮付きのまま、手で半分に割って種を出す。
2.厚手のホーローまたは、厚手のステンレスの鍋などに、1を入れ、グラニュー糖を加えて、少しだけ置く。
3.2の「あんず」から水分が出てきたら、火にかける。
  最初のうちは、中火くらいで、アクをどんどん掬い、その後、とろ火で、時々混ぜたりしながら、ゆっくり煮る。(。)

※この記事も、一応おやつレシピカテゴリーにも入れさせていただきますが、今回はおうちカフェ用BGMのリンクは省略させていただきます。

2013年6月13日 (木)

あんずジャム作り(その1)きび糖と塩麹入り

20130613
20130613_2

先日、ご近所の木になった「あんず」をいただいたので、ジャムにしました。

私が、脚立持参で、ご近所の庭にお邪魔して、高いところになってる「あんず」と格闘してる間に、なんと、母にも別の人から電話がかかってきて、そちらのお宅に採らせてもらいに行ったらしいです。

こうして、2件のお宅からいただいた「あんず」を合わせて、まずは、熟している半分くらいを、第1弾のジャムにしました。

「ジャムにはグラニュー糖」というのが一般的だと思いますが。。。

私が、お邪魔したMさん宅は、酸味の強いのは苦手とのことで、結果がどうなるか判らないまま、少し塩麹を入れ、栄養面も考えて「きび糖」で煮てみました。
(出来たジャムを少しMさんに持って行ったら、おいしいと言ってくれました~。\(^o^)/)

その後、残りの「あんず」が熟すのを待ち、第2弾は、普通にグラニュー糖だけで煮てみました。
それを比較した結果は。。。

明日の記事で書きますね~。→あんずジャム作り(その2)普通のジャムと塩麹入りの比較 

~塩麹ときび糖での作り方~

[材料]

あんず         800g
塩麹         大さじ1
きび糖        360g(あんずの重量の45%)

[作り方]

1.あんずは丁寧に洗い、皮付きのまま、手で半分に割って種を出す。
2.厚手のホーローまたは、厚手のステンレスの鍋などに、1を入れ、塩麹を加えて混ぜる。
3.2にきび糖を加えて混ぜ、少しだけ置く。
4.3で、あんずから水分が出てきたら、火にかける。
  最初のうちは、中火くらいで、アクをどんどん掬い、その後、とろ火で、時々混ぜたりしながら、ゆっくり煮る。(。)

※トップの写真は、お豆腐と胡桃のクリーム(レシピ→ベイクドポテトの胡桃豆腐クリーム添え)の上に、あんずのジャムをのせています。

この記事、「おやつレシピのカテゴリー」にも入れようと思うので、おうちカフェ用BGMを貼らせて戴きます。

YouTubeに、Olivia Ongさんの歌う"My Favorite Things"をUPしてくださってる方がいました。(歌詞がわかるように、歌詞に合わせた画像でUPしてくださってます。)

ちなみに、ゆっくりとジャムを煮る時間は、私のfavorite thingsのうちの一つです♪

https://www.youtube.com/watch?v=JcciqGkqBgA&list=WL7469B3D8D3517FFD

2013年6月12日 (水)

おいしいダルバートが食べられる『ラージ』 愛知県知立市

20130612_1

インドやネパール料理マニアの愛知県民の方は、すでにご存知だと思いますが。。。

かなり本場の味を楽しめる、いいお店を見つけました~。

20130612_2
名鉄知立駅
近くの『ラージ』(0566-81-5707)さんです。

実は、電車の窓から見えるこのお店が、以前から気になってはいたんですが。。。
入ったことはなかったんです。

たまたま、友達のチカちゃんに誘われて、ここで一緒にランチをすることになったんですが。。。

この辺(愛知県の三河地域)のお店の中では、いろんな意味で一番現地っぽい(?)お店のような気がしました!

まず一番大切なことから言うと。。。「おいしい! 油くどくない!」です。

トップの写真は、ネパールの定食、ベジタリアン用「ダル・バート」(850円)です。

辛くないネパール式の豆のスープと、ごはんスパイスで味付けした野菜料理(カレー)、アチャール(漬物のようなもの)がセットになっています。

そして、この辺のお店には、あまりないチャパティも通常メニューとして注文できます

チャパティは全粒粉の小麦で、ナンよりあっさりしていて、通常ヴィーガンなので、私はチャパティが食べたいことが多いのですが、チャパティを置いてるお店はあまりないのです。

なので、ダルバートのご飯を少なめにしてもらい、追加でチャパティを一枚ずついただきました。(家庭的な素朴なチャパティでした。)

一見多そうに見えますが、油もほどほどで、割とあっさりめに完食できてしまいました。

そして、にんじんのデザートのハルワ(280円)も、今まで食べた中で一番おいしかったです!
にんじん独特の臭みが全然なくて、甘いんだけど、それがカルダモンの風味と合っていて、なかなか日本のインド料理店で食べられない現地の味!
チカちゃんも、「小麦粉使ってなくて、にんじんなのに、パウンドケーキのような不思議な感じ!」と言ってました。
本当に、目をつぶったら「にんじん」だとわからないです。

この辺には、ネパール人の方のお店が多いのですが、「カレーはインド料理。」というイメージがまだまだ強い田舎な土地柄もあってか、ネパールの方のお店でも、なかなかネパール料理は食べれなかったり、日本人向けの味だったり、女性には、こってりめだったりすることも多いのですが、ラージさんは、いい意味で、あまり日本人ウケを意識してなくて美味しいお店のような気がしました。

日本人ウケを狙ってないと言えば。。。

他のインド料理のお店は、インドの布などでインドっぽい可愛い装飾をしたりということが多いのですが。。。
こちらのお店は、全然そういう飾りつけがないんです(;゚Д゚)!

「ひょっとして女性客には入りづらいかも?」(私も一応は女ですが。)と思ったりもするくらい、飾り気のない店内にいるのは、男性スタッフのみ。

もしかして、今まで「入ってみたいけど、あやしすぎる?(←お店の方すみません!)」と思って、その一歩を踏み出せなかった女の人は。。。ぜひぜひ、勇気を出して入ってみてくださ~い!

本当においしいですから~!

そうそう、日本の他のお店では、やりづらいですが、なんだか「ここならOK!」という気がして。。。私たち、ごはんも全部スプーンを使わず右手で食べました~!

手で食べると、五感を全部使って、体全部で食事を味わえるんですよね~。 

そしたら、お店の人も、ちゃんと手を洗うフィンガーボールを持ってきてくれました。

それに、お店の人に「ベジタリアンにしてもらえますか?」と聞いた時、「もともとダルバートは野菜がメインなのでもちろん出来ますが、ニンニクや玉ねぎは入ってますがいいですか?」と、聞いてくれて、嬉しい驚きでした。
ラジャスの強いニンニクやネギ類は、ヨーガ修行中とかお寺では食べないですし、そこまで聞いてくれるのは感激!

家からも、割と近いし、また絶対行きたいと思いました。

20130612_3ネパール定食ダルバートとインド料理の店「ラージ」

公式HP: http://raj-nepal.com/

TEL:0566-81-5707
定休日:火曜日

場所:愛知県知立市長田3-38
(P:お店の前に2台くらい?)

2013年6月11日 (火)

梅しごと(その1)梅に合う手と合わない手?

20130611_1

ご近所のお庭で、たくさん出来たという小梅を、おすそ分けしていただいたので、2kg分を梅干しに、おまけの分で、少量だけ梅シロップを作っています。

梅のヘタを一つ一つ丁寧に、爪楊枝の先で取りのぞいたり、時間をかけて漬け込んだり、干したりする時間は、いいですよね~♪

塩漬けにして3日目。
梅酢が上がってきています。(落し蓋を取ってパチリ。重石は置く所なくて。。。)
                  ↓   ↓   ↓

20130611_2

とっても、いい香りです~♪

ところで、梅干し作りって、手が合う人と合わない人がいるって本当でしょうか?

手が合わない人は、どんなにキレイに手を洗って、ホワイトリカー(お酒)などで消毒して扱っても、梅酢が出る頃から上にカビが生えてきてしまうとのことなんです。

うちの母は、どうも手が合わないらしく、昔、何度か挑戦したそうですが、毎回すぐに白いカビが一面に生えてしまうので、もう諦めたそうです。
ご近所にも、同じような方が数人いるそうで、この辺の田舎では、「稀に、梅に合わない手の人がいる。」というのです。

私は、大丈夫なので、遺伝はしないようです。(笑)

本当に合う手と合わない手があるかどうか判りませんが、私は子供の頃から梅干しが大好きだったのですが、母は梅干しが嫌いだそうで、ひょっとして、それが原因だったりして。。。

ちなみに、味噌好きの母は、ご近所の方と一緒に作った味噌は、カビも生えず上手に出来ました。

それはともかく。。。

今の私といえば、「シソ漬けにしようか? 白漬けにしようか?」というのが、一番の悩みですが。。。どちらにしても、これからが楽しみです♪

梅しごと(その2)へつづく

2013年6月 9日 (日)

なすカレーの焼き春巻き

20130609

最近、春巻きの皮を利用したレシピが多いかもしれませんが。。。

これも、餃子の皮で包んでも美味しいんですが、春巻きの皮だと大きくて包む時間も短縮されるので。。。春巻きの皮を使いました。

中身を、こちらのベジ餃子の中身に替えても美味しいです。

やけ食いしそうな時の“べジ餃子”
手作りもっちり皮のベジ水餃子
サックリ&もっちり!白菜と里芋の揚げ餃子
白菜と生姜のベジ餃子

[材料 8~10個分]

なす        2本
玉ねぎ       1個
しょうが      ひとかけ
カレーパウダー 小さじ1
クミンパウダー  小さじ1(なければカレーパウダーの量を増やす。)
クミンシード    小さじ1(なければ入れなくてOK)
塩麹         大さじ2
胡椒         少々
しょうゆ       小さじ1
植物油       適量
春巻きの皮    8~10枚

[作り方]

1.なすはイチョウ切り、しょうがと玉ねぎはみじん切りにする。
2.フライパンに油を熱し、クミンシードを入れ、パチパチはじけて香りが出たら、しょうが→玉ねぎ→なすと加えながら、中火で材料がクタクタになるまでよく炒める。
3.2に塩麹、カレーパウダー、(クミンパウダー)、胡椒を加え味を整える。
4.味見して、隠し味にしょうゆを加える。
5.4の中身を少しだけ冷まし、春巻きの皮で包む。(平らな長方形に包む。)
6.5の春巻きを、油を熱したフライパンで、中火で両面こんがり焼く。

 
 

2013年6月 7日 (金)

『未来の食卓』~なぜオーガニックが大切か?~

20130607「オーガニック」という言葉からイメージされることは何でしょう?

「体に良さそうだけど、高くて手が出ない。」と言うのが、多くの方の本音かもしれませんね。

かく言う私も、自分の食べるものを、100%無農薬で、自然栽培やオーガニックにするということは出来ていません。

幸い田舎町に住んでいるので、ご近所の農家さんが作られた、無農薬または低農薬のお野菜を分けていただいたり、昨年は、畑を借りることが出来たので、少しですが、自分でも無農薬で栽培したりできたのですが。。。(今年は畑を借りられませんでした。)

「一体、農薬を使った作物がどれくらい体に良くないの?」
「農薬をやめるのは無理なの?」
「有機農業や自然農をもっと増やすことは不可能なの?」

そんな疑問の答となる様々なヒントを与えてくれるのが、南フランスのドキュメンタリー映画『未来の食卓』です。(※公式サイト:http://www.uplink.co.jp/shokutaku/

ドキュメンタリーなので実話なんですが、舞台は、南フランスのバルジャック村。
ショーレ村長は子供たちの未来を守るため“学校給食と高齢者の宅配給食をオーガニックにする”という前例のない試みに挑戦したのです。
多くの人が「オーガニックは値段が高いのに、村の財政でまかなえるのか」という疑問を持ちながらも実行!そして、その小さな村が少しずつ変化していくのです。

フランスは、アメリカなどと並び大規模農業が盛んな国。
そうした大規模農業では、大量生産するために農薬や化学肥料などに頼っているのが通常のようです。

農薬が体や環境に悪いことが指摘されると、よく「でも、人間の寿命は近年伸びているから大丈夫じゃないのか?と言われますが、この映画の中にもあるように「現時点での高齢者は、子供の頃に、今のような多くの化学物質を体内に取り入れていなかった世代」です。

農薬をたくさん使う大規模農家や周辺の子供たちの中には、小児癌を患う子供も近年になって増えているそうで、昔は、今ほど子供のうちから癌になることは多くなかったとも言われています。
アトピーやアレルギーなども、昔はこれほど多くなかったように思います。

映画の中では、母親の体内に溜まった化学物質や毒物などが、妊娠中に胎児の体の中に取り込まれてしまうことなども指摘されています。

もちろん癌の原因が農薬だけにあるというわけではなく、他の要因もいろいろと重なっている可能性が考えられます。

また、私たちの体には、免疫力、自然治癒力が備わっています。

でも、体が対応できる化学物質の量には限界があるでしょうし、自分の代までは大丈夫だったとしても、長い年月を経て子孫に伝わっていった時にどうなるんでしょうか?
環境への影響は?


特に、将来子供を産む若い女性は、気をつけた方がいいのではないかと思います。

時々、スピリチュアルな方々が、「感謝のエネルギーで全ては浄化される」というようなことをおっしゃいますし、私も、すべてに感謝することは素晴らしいと思います。

でも、癌や白血病、アレルギーなどで苦しんでいる多くの子供たちが、私たちに伝えているメッセージは、「本当に感謝しているなら、欲張らず、地球を大切に、自他の命を大切にしましょう。」ということなんじゃないかと思います。

YouTubeで予告編を見つけたので、お借りして貼らせて戴きます。(上記の公式サイトでも、見ることが出来ます。)

同じジャン=ポール・ジョー監督の最新作は、『世界が食べられなくなる日』です。
(※公式サイト:http://www.uplink.co.jp/sekatabe/

2013年6月 5日 (水)

トマトとズッキーニの塩麹炒め

20130605_2

だんだんと夏野菜のおいしい季節になってきましたね。

簡単ですが、とってもおいしいズッキーニとトマトの塩麹炒めを作りました。

20130605_2_2
「あと一品、さっぱりしたおかずが欲しいな」っていう時のサイドメニューにもいいですし、パスタに和えても、おいしいです。

(パスタに和える場合、この炒め物の塩加減を濃くするのでなく、イタリアのように、多めの塩を入れてパスタを茹で、パスタ自体に塩味をある程度つけた方が美味しくできると思います。)

また、私は、普段は入れませんが、(特にパスタに和える場合は)にんにくのスライスも少し入れても合うと思います。

[材料 2~3人分]

トマト      2個
ズッキーニ   1本
塩麹      適量
オリーブ油  適量
胡椒      適量
(にんにく   適宜)

[作り方]

1.トマトはくし切り、ズッキーニは輪切り、(にんにくはスライス)にする。
2.フライパンにオリーブ油を熱し、(にんにくを入れる場合は、にんにくを炒め)ズッキーニを並べて両面をこんがり焼く。
3.ズッキーニが焼けたら、トマトと塩麹を加え、さっと火を通す。
4.お好みで胡椒をふる。

※ズッキーニにあらかじめ少量の塩麹をまぶして焼くと、塩麹の焼ける風味が出て、おいしいですが、焦げやすいので注意。

2013年6月 3日 (月)

バナナとくるみと黒糖のお豆腐アイス

20130603
先日、「帰りに食べなさい。」と、持たせて戴いたバナナが、もったいなく感じて。。。

家に帰ってから、くるみと黒糖と一緒にお豆腐アイスにしました。

前回のオレンジのお豆腐アイスクリームに引き続き、今回も、とっても簡単で手間いらずです。

市販のアイスクリームに比べたら甘さ控えめなものの、割としっかり甘さを感じるくらいにしました。(ちなみに、うちの母には大ウケでした。)

でも、乳製品も卵も使ってないヴィーガンなので、コレステロールなどの心配はあまりないと思います。

[材料 2~3人分]

木綿豆腐    1/2丁
黒糖       25~30gくらい(今回は、塊のものを包丁で削って使用)
自然塩      ほんのひとつまみ 
バナナ      1本
くるみ      20gくらい


[作り方]

1.塊の黒糖を包丁で、削るように粉状にする。(小さな粒が多少残ってもOK。)
2.1の黒糖と木綿豆腐、塩をミキサーに入れ、よく混ぜる。
3.2の中身を、冷凍可能なタッパーなどに入れる。
  
4.バナナをフォークの背で荒くつぶす。
5.くるみを包丁で荒く刻む。
6.3の中に、4でつぶしたバナナと5で刻んだくるみを加え、ざっと混ぜる。
7.6を冷凍庫で数時間凍らせる。
(※時々、かき混ぜながら固さを見るとベストですが、固まりすぎても、少し室温で戻せば大丈夫です。)

今日もおうちカフェ用BGMを貼らせていただきます。

最近、同じ方がUPしてくださってる動画をよく貼らせていただいてますが、その方がアン・サリーさんの『のびろのびろだいすきな木』をUPしてくださっていたので今回もお借りします。
「みんなのうた」で流れていた曲だそうですが、その時は、私は知らなかったです。
とてもいい曲です♪(「こころうた」というアルバムに入っています。)

のびろのびろだいすきな木   by アン・サリー

※その他のヴィーガン・アイスレシピ(過去の記事):
  いちじくとにんじんのシナモンアイスクリーム(カシューナッツ使用)
  抹茶アイスクリーム(&抹茶ミルク)(カシューナッツ使用)
  混ぜるだけ!かぼちゃアイスクリーム(ヴィーガン)(ココナッツミルク使用)
  バナナ&ブルーベリーの簡単ジェラート (豆乳使用)
  オレンジのお豆腐アイスクリーム
  

2013年6月 2日 (日)

第14回ガーデン・マルシェ(フローラルガーデンよさみ 愛知県刈谷市)

今日は、愛知県刈谷市の「フローラルガーデンよさみ」で定期的に開催されているガーデンマルシェに行ってきました~。(※公式サイト→ http://garden-yosami.jp/ )

ベジ・フェスではありませんが、屋内と屋外の両方に、無農薬のオーガニックのお野菜や、ヴィーガン対応のお菓子、フェアトレード商品、無農薬ハーブの苗などのお店も並び、地元の人たちで賑わってました。

20130602_1
←まず最初に、引き寄せられたお店が「日和」さん。
  (ホームページ→ 日和

マクロビベースのおかゆパンや、土鍋で炊いた玄米おにぎり、お弁当などのお店です。

私も、一緒に行った友達のチカちゃんも、早速、揚げたての「揚げおかゆパン」、「玄米おにぎり」、「おやき」の3点を購入。

どれも、とても美味しかったです。

でも、商品以上にイチオシなのが。。

20130602_2
とってもナチュラルで可愛い店主さんです。

(一応、撮影と掲載の許可は頂いてますが、このショットは、揚げパンを渡してくれようと、お顔を上げられた瞬間に、構えてた指が思わずシャッターを押してしまい。。。失礼な撮り方で、本当にごめんなさい。)

実物の店主さんは、これ以上に可愛らしい方なんですが、カメラマン(=私)の腕が悪くて。。。(-_-;)

でも、素敵なお人柄は、この写真でも伝わってきますよね!

今のところ、イベント出店のみで販売なさってるそうです。
みんなで応援しましょう~!

こちらは、知多郡武豊町の黒田農園さん。(黒田農園さんのブログ:ふき村ぐうたら百姓の日記
  ↓   ↓   ↓
20130602_3
黒田農園さんは、名古屋の栄で、毎週土曜日に開催される「オアシス21オーガニックファーマーズ朝市村」にも出店なさってます。

私は、土曜日は仕事があって、なかなか朝市村には行けないのですが、オーガニック野菜のマーケットとしては、名古屋地区でとても大きなものなので、ご興味のある方はぜひお出かけしてみては?

黒田農園さんのご主人は、気さくで、雰囲気もセンスもとても素敵な方でしたよ!

そして。。。

20130602_4←こちらの大府市の笑夢農プロダクションさんでは、私はスイートバジルの苗を購入。
一つ50円でした~。

ほんわか笑顔の素敵なお二人でした~。

笑夢農プロダクションさんも、名古屋の栄で、毎週土曜日に開催される「オアシス21オーガニックファーマーズ朝市村」にも出店なさってます。

笑夢農プロダクションさんのHP:
  脱サラおやじのオーガニック野菜 笑夢農プロダクション

(ちなみに、私事ですが、実は、昨年お借りしていた畑の土地を、地主さんが売却されることが急遽決まり、今年は、我が家の猫の額ほどのスペースで、ハーブ類のみ栽培してます。。。ということで、バジル購入させていただきました。
ひょっとしたら、近くに別の畑を借りられるかもなんですが。。。)

また、自然でヘルシーな食材を使用した、アンティマキさんの、とっても美味しいスコーンも購入させていただきました。
  ↓   ↓   ↓
20130602_5

アンティマキさんは、豊田市(稲武)で草木染めと焼き菓子の工房をなさってるそうで、お料理の講習会などもされているそうですよ!

アンティマキさんというお名前は、親しみを込めて「マキおばさん」という意味だと思いますが。。。
マキさん(お写真手前の方)は、日本語の「おばさん」というイメージとは程遠いお美しい大人の女性でした。(憧れ~☆)

アンティマキさんのHP:アンティマキの場所
アンティマキさんのブログ→アンティマキのいいかげん田舎暮らし

7月19日(金)に、豊田市武節町のどんぐり工房で、パンとスコーンとスープの講習会を開かれるそうです。

最近は、近くでも、こういうマーケットが開催されて便利になり、愛知県内にも、素敵な方々がたくさん住まれて活動なさっていて、愛知県民としては嬉しい限りです♪

マルシェに誘ってくれたチカちゃんも、ありがとう~!!!
(チカちゃんのブログ→ 安城ヶ原でお米作り

20130602_6_2
←チカちゃんにもらったラベンダーとアンティマキさんのスコーンのツーショット!

2013年6月 1日 (土)

大豆ミートでオレンジ風味の酢豚もどき

20130601_1

久しぶりに、大豆ミートを使いました。

大豆ミートの唐揚げを作り、オレンジ果汁を隠し味に使って、お砂糖を控えめにし、酢豚風にしてみました。

唐揚げのカリっと感を残すために、唐揚げは、野菜と一緒に“あん”に絡めず、上に乗せました。

20130601_2
←大豆ミート以外にも、揚げ出し豆腐などのあんかけにしても。

これは、多めに作った甘酢あんを翌日使用してるので絹さやに火が通り過ぎですが。。。(^^ゞ

その他の大豆ミート(ブロックタイプ)レシピ(過去の記事):
大豆ミートで鶏チリもどき(ヴィーガン)
大豆ミートと塩麹豆腐でタンドリーチキンもどき
大豆ミート唐揚のマーマレード・ソース

~トップの写真のレシピ~

[材料 3~4人分]

<大豆ミートの唐揚げ>

大豆ミート    乾燥した状態で50g
湯          適量 (※大豆ミートを戻すため)

揚げ油      適量
片栗粉      大さじ4くらい

~下味用調味料~
しょうゆ      大さじ1と1/2
水          大さじ1
しょうが汁    大さじ1

<野菜の甘酢あん>

玉ねぎ        1/2個
にんじん       1/4本
ピーマン       1~2個
エリンギ       1~2本
絹さや        適量
塩麹         小さじ1くらい(野菜の量を見て調整)
植物油        適量 

水溶き片栗粉    片栗粉 小さじ1+水 大さじ1くらい

~材料A~
ケチャップ      大さじ3
酢           大さじ2
酒           大さじ1
てんさい糖      大さじ1
しょうゆ        小さじ1くらい(適宜)
オレンジの絞り汁  1/4カップ(50cc)くらい
水           1/4カップ(50cc)くらい


 
 
[作り方]

<大豆ミートの唐揚げ>

1.大豆ミートをたっぷりのお湯に10分~15分浸す。
 (この時、大豆ミートをひと煮立ちさせてから浸すと、もも肉っぽいジューシーな食感に、浸すだけだと胸肉っぽい感じです。)
2.1の大豆ミートが柔らかくなったら、お湯を捨て、大豆ミートを絞りながら水で2~3回洗う。
3.下味用調味料を混ぜ、その中に、2の大豆ミートを軽めに絞って入れる。
  (ビニール袋などに入れて、揉みこむようにしてから、20~30分置くとよい。)
4.3の大豆ミートの表面に片栗粉をつけ、油で揚げる。

<野菜あん>

1.玉ねぎはくし切り、ピーマンは乱切り、エリンギは食べやすい大きさに、にんじんは火が通りやすいように細めに切り、絹さやは筋を取って、さっと湯がいておく。
2.フライパンに油を熱し、1のにんじん→他の野菜の順に入れて炒め、塩麹を加えて更に少し炒める。)
3.2のフライパンから野菜を一旦取り出す。
4.材料Aを全て混ぜて、フライパンに入れ、沸騰させて酒のアルコールを飛ばす。
5.いったん4の火を切り、水溶き片栗粉を入れてとろみをつける。
6.5に3で取り出した野菜を入れてソースと絡める。

<仕上げ>

1.出来上がった野菜の甘酢あんを器に盛り、上に大豆ミートの唐揚げを乗せる。

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ