« 名古屋ビーガングルメ祭り行ってきました! | トップページ | 天使 »

2013年5月 7日 (火)

ベジ・カインチュア(ベトナム南部のスープ)

20130507_2

身近な食材で、カインチュアを作りました。

ホーチミンなど、ベトナムの南部を訪れたことのある方は、きっと一度は召し上がったことがあるんじゃないでしょうか?

最初は、ちょっとだけ独特な感じがしますが、クセになる味ですよね?

本来は、ここにナマズや雷魚などメコン川の魚が入りますが、ベジタリアンでも美味しいんです。

ずっと前に、カノウユミコ先生のお料理教室に参加させていただいた時にも、メニューに入っていました。(※お料理教室の様子→カノウユミコさんのお料理教室へ

カノウ先生が、タマリンドの代わりに、梅干とレモン汁を使ってらっしゃいましたので、私も、真似させていただいて、あとは、その都度、いろいろ自己流にアレンジさせていただいてます。

カノウ先生の教室では、他にフォー(汁麺)もあったせいか、上品に、汁少なめで具を多めに食べる感じで、とても美味しかったんですが。。。

私は、ベトナムで食べたみたいに、汁気を多めに作って、それを炊いたご飯にかけて食べてます。

日本では、お行儀悪い(?)感じの食べ方ですが、甘酸っぱくてサラッとしたカインチュアを、ご飯にたっぷりかけると、さっぱりして、夏場でも食欲が湧くんです。(ベトナム南部も暑いですからね。)

これで、ごはんも、粘りの無い軽い東南アジアのお米だと、何杯でも食べれそうですが。。。

[材料  4~5人分  ※お好みで分量や材料を変えてください。]

トマト(中)        5~6個
パイナップル(生)   トマトの2/3くらいの量
エリンギ(中)      4本
山芋           10~15cmくらい
スナップえんどう    適量
セロリの葉       適宜 (お好みでパクチーなど)
油             適量

~調味料~
梅干            4~5個
レモン汁         スープの酸味をみて、たっぷりめに。 (※酢でもOK)
塩             適量
胡椒            適量
醤油            適量
(てんさい糖        大さじ1 ※入れなくてもOK)

その他、もやし、レンコン、大根、さつまいも、オクラ、シメジ、マイタケなどを入れてもOK。

[作り方]

1.トマトはザク切り、パイナップル、エリンギは食べやすい大きさに切る。
2.山芋は、食べやすい大きさに切って、酢水につけておく。
  (シャキシャキ感のため、筋の方向が長くなるように切る。輪切りにしない。)
3.スナップえんどうは、筋を取っておく。
4.梅干は、種を除いて、包丁でペースト状にしておく。
5.圧力鍋か厚手の鍋に油をひき、エリンギ(きのこ類)を炒める。
6.5にトマトとパイナップルを加え、かぶるくらいの水(分量外)を入れて煮る。
  ※圧力鍋の場合、ピンが上がってから5分くらい。
7.6に、スナップえんどうを入れ、調味料類を加えて味を整える。
8.火を切る直前に、山芋を入れる。(シャキッとした食感が残るように。)
9.8を大きめの器に入れ、香り付けに、セロリの葉(パクチー)をトッピングする。

« 名古屋ビーガングルメ祭り行ってきました! | トップページ | 天使 »

ベジごはんレシピ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1503757/51477765

この記事へのトラックバック一覧です: ベジ・カインチュア(ベトナム南部のスープ):

« 名古屋ビーガングルメ祭り行ってきました! | トップページ | 天使 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ