« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月31日 (日)

いちごとバナナのヨーグルト風

20130331_1

バナナに酸味のある果物を合わせると、ちょっと甘いフルーツヨーグルト風になりますよね。 
今回は春らしく「いちご味」にしてみました。

色もピンクで可愛くて、なんだか気分も春めいてきますね~♪

作り方もとっても簡単!

[材料 2人分]

いちご      7~10粒
バナナ      1本
豆乳       50cc(1/4カップ)

[作り方]

1.すべての材料をミキサーで、よく混ぜる。

20130331_2

←豆乳の量を100ccくらいに増やせば。。。

 いちご味のヨーグルトドリンク風に。

今日も、おうちカフェ用BGMをYouTubeから探してみました。

つじあやの さんが、ご本人自らホームビデオで撮影なさった映像と一緒にUPなさってる曲があったので、ご紹介させていただきます。

今まで、つじさんを、あまり詳しく知らなかったんですが、こんな自然体で心和む作品を作ってらっしゃったんですね~。

ご存知ない方は、ぜひ、以下の動画をご覧下さい♪
家族の温かみを感じる映像と歌詞も合っていて、とってもいいです。

花よ花よ  by つじあやの

2013年3月30日 (土)

サティシュ・クマールさん講演会のお知らせ

20130330
直前ですが、サティシュ・クマールさんの来日ツアー(サティシュ・クマールBe the Change!ツアー2013)が、本日より、順次行われます。

スケジュール詳細は→ http://www.sloth.gr.jp/movements/satish-tour2013/

簡単に書くと:

3月30日(土) 京都
3月31日(日) 福井
4月1日(月)   岡山
4月2日(月)   福岡
4月3日(水)  名古屋
4月4日(木)&5日(金)  東京 (満席)
4月6日~2日間 神奈川   (満席)


・・・とのことです。

サティシュ・クマールさんは、エコロジーの巨匠と言われているインド生まれの思想家です。
E.F.シューマッハガンジー の思想を引き継いで、イギリスにスモール・スクールシューマッハ・カレッジを創設されました。
現在、エコロジー&スピリチュアル雑誌「リサージェンス」編集長を務めながら、世界中で講演を行なってらっしゃいます。

とりあえず、私も行く予定の名古屋講演について以下に書きます。(まだお席はあるようです。)

日時:2013年4月3日(水) 18:30~21:00

場所:南生協病院大会議室(JR南大高駅より徒歩3分)

参加費: 大人 2000円、 学生 1500円 (当日券はそれぞれ500円増し)

【第一部】 映画「今、ここにある未来 with 辻信一」

歩くこと、眠ること、食べる事、仕事と遊び、幸せと悲しみ・・・。現代エコロジーの巨匠、サティシュ・クマールが、これらの問いにシンプルな言葉で伝えていくドキュメンタリー作品。2010年製作。70分。(Eco-Branchさんのサイトから引用)

【第二部】サティシュ・クマールさん講演 通訳辻信一さん &質疑応答

映画のプロモーション映像はこちら
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=ueOh7ioXrX8

2013年3月29日 (金)

忙しい時の対処法(子育てにも応用?)

20130329_2

毎日、あれもこれもやらないといけないことがいっぱいで、時間に追われてしまうことってありますよね?

会社でも、複数の業務を同時にこなさないといけないことは多いと思いますし、

学生さんでも同時に複数の教科を勉強して、部活やサークル、習い事など、いろいろやることはあると思います。

子育て中のお母さんや、ご主人が自営業の奥さんの毎日も、めまぐるしいですよね。

「忙しくて、やることが沢山ある時に思い出して使うと効果的」だと、私が感じるのが以下の4つのルールです。

どれも、一般的によく言われていることですが、忙しい時は、すぐに忘れてしまうので、自分用のメモのためにも、まとめて書いておこうと思います。

(1) 「今ここ」ルール

(慣れないと難しいんですが)何かやってる時は、“今”目の前のことだけに集中して、他のことは考えないようにする。

そのためには、「朝、その日やることを箇条書きでメモして、一つやったら線を引いて消していく」と楽です。
メモに書いてあれば、「何かやり忘れたらいけない」という心配で気を取られることがなくなりますし、やれたことを、一つずつ消していく時に、充実感も味わえます。

また、効率の良さを求めて、あれもこれも、いっぺんに同時進行するのは、あえて控えて、一つずつ順番にやるのも手かと思います。

(2) 優先順位ルール

とにかく優先順位を決めて、上位のものから順番にやる

(1)の「箇条書きのメモ」に、優先順位の番号もふっておくと効率的。

優先順位が高いものが、かなり難易度の高いもので、取り掛かりにくい場合は、とりあえず、優先順位は低くても、簡単ですぐ終わるものをどんどん片付けておくというのもいいかもしれません。

(3) 8割ルール

全てに完璧を目指すと、どうしても少数のことに縛られ、やれることが限られてきてしまうので、とりあえず8割くらい出来ていればOKとする。
「あと、もう少し時間をかければ100%の結果が出せる。」と思っても、8割くらい出来ていればよしとして、その分の時間を他に回す。
特に、(1)の箇条書きメモで、優先順位が低いものは、完璧にやらない。

「上手に手抜きする」のが一番かもしれませんが、「そういう器用なことが出来ない」と思った時は、「8割くらいの結果でOK」と思うとちょうどいいかもしれません。

(4) 「楽しみながら」ルール

特に楽しく感じない作業があれば、それを楽しくするためにひと工夫したり、メリットを見つける

~例~

・書き物は、ペン習字の練習を兼ねる。
・通勤などの徒歩移動は、ウォーキング散歩のつもりで。
 (ある友人は、「普段走る機会がないので、近所のコンビニには必ず走って行く」と言ってましたよ~。)
通勤電車の中は、バランスを取って立っている運動だと思ったり、好きな本を読む
・好きな音楽を聴きながら家事
・一人なら、お顔のパックやアロマオイルを焚きながら家事やパソコン作業
食器を洗う時に、ハンドクリームをつけ、布の手袋と薄いビニール手袋をはめてお湯で洗うと、温熱密閉効果で、ハンドパックになり手がスベスベに!
・キリのいいところで、丁寧にお茶を淹れて飲む
・駅などでの待ち時間に、瞑想や深呼吸
・事務的、肉体労働的な単純作業は、一種のヴィパッサナー瞑想だと思って、一つ一つの自分の動きを観察する。        

・・・などなど。

「楽しみながらルール」は、子育てにも効果的です。
お片づけ、歯磨き、お風呂、ご飯を待つ時間など、すべてを遊びやゲームに変えてしまうんですが、最初は、大人が楽しそうに見本を見せないといけません

たとえば、大人が、掃除や片付けを嫌々やっていれば、子供も「お片付けは嫌なことだ」と学んでしまいます

でも、おもちゃを数えながら、誰が一番たくさん箱に入れられるかゲームにしたり、大人も楽しそうに歌を歌いながら片付けたりすれば、お片付けの動機が、「叱られるから」とか「褒められるから」じゃなくて「楽しいから」になります。

私も、仕事でいろいろなタイプの子供たちに接するので、すべての子が同じやり方で、楽しめるわけではなく、様々な工夫が必要だと感じていますが。。。

「褒める」ことも大切ですし、「辛抱」を教えるのも大切ですが、「人からの評価のために我慢してやる子」より、「何でも楽しくやれる子」の方が、後々、幸せなんじゃないかなぁと、思うんです。

2013年3月27日 (水)

卵なしで、ふわとろオムライス

20130327

卵を使わない、ヴィーガンのふわとろオムライスです。

見た目や食感は、本当にふわとろ卵みたいで。。。

ちょうど、切り目を入れて開き、中身をとろ~んと出したプレーンオムレツを乗せたオムライスみたいな感じになって、味も、結構おいしいんです。
しかも、簡単!

卵の代わりに何を使ってるかですって?

えへへ。。。何だと思いますか?

スイートコーン缶(クリーム状)と、木綿豆腐と、フレンチマスタードです。

コーンの甘味で、意外に美味しくなるんです。

缶詰は、あまり頻繁には使わないようにしてますが、少し買い置きしておくと、いざという時に便利です。

フレンチマスタードは、黄色の色付けにもなりますし、お塩とビネガーが入っているのもあって、マヨネーズを入れて焼いた卵焼き(?)のような風味づけにもなります。

コレステロールが気になる人や、卵アレルギーの人も、これなら大丈夫!

もともと、卵好きでコレステロール要注意の母に、「ふわとろオムライスが食べたい」と言われて、思いついたアイディアなんですが、これには母も大満足で、私自身も結構気に入ってる簡単メニューです。

[材料  2~3人分]

~卵もどき~

スイートコーン(クリーム)の缶詰  1カップ
木綿豆腐                  1/2丁 (水は切っておかなくてOK)
フレンチマスタード           大さじ1 (動物性のエキスが入ってないもの使用)

※茹でたスイートコーンの缶詰は、粒状のものと、クリーム状に潰したものがあるので、クリーム状の方を使ってください。

~ケチャップライス~

炊いたごはん                     お茶碗に軽く2杯くらい
玉ねぎ                         1/2個
にんじん                        1/4本くらい
生しいたけ                1個 
ケチャップ                        適量
こしょう                            適宜
植物油                         適量 

※ケチャップライスの具は、適当にあるものを使ってください。

[作り方]

~ケチャップライス~

1.玉ねぎ、にんじん、ピーマンなど好きな野菜をみじん切りにする。
2.フライパンに油を熱し、1の野菜を炒める。
3.2の野菜に十分火が通ったら、ケチャップを加えて混ぜる。
4.3に炊いたご飯を加えて混ぜながら炒める。

~卵もどき~

1.できれば、フライパンに油をひかずに、コーン(クリーム状)と木綿豆腐を入れる。
2.1の豆腐を木べらなどで崩し、コーンと混ぜながら温める。
3.2が温まってきたら、フレンチマスタードを加え、更に混ぜる。
4.器に盛ったケチャップライスの上に、3をかける。

 

2013年3月25日 (月)

『ごきげんならいおん』 ~ごきげんなら他者を傷つけない~

20130325
とっても心和む、かわいい絵本、『ごきげんならいおん』です♪

ある日、動物園を抜け出した、らいおん君。

いたずらに、怖がって騒ぎ立てる人々を気にもとめず、というか、不思議に思ったり、ちょっと寂しく思ったりしながらも、飄々とマイペースならいおん君の様子が、微笑ましくて、可愛いんです。

そして、飼育係の息子のフランソワとの交流。

もちろん、これは絵本の中のお話ですが。。。

動物が、何かを襲う時って、お腹が空いているか、恐怖を感じて防衛本能が働いた時ですよね?

人間が、他人を傷つける時も、同じかもしれませんね。

幸せな人は、いたずらに人を攻撃しませんものね。

2013年3月23日 (土)

すぐに元気になれる歌♪(おすすめ動画付き)

20130323

ちょっとツイてない時や、調子が悪い時って、つい深刻になって落ち込んでしまうこともありますが。。。

1分半で、そんな気分を抜け出せそうな、動画をYouTubeで見つけました~!
まずは、ご覧下さい。
   ↓    ↓    ↓
https://www.youtube.com/watch?v=eNRwi-zXx68

・・・元気になりましたか?

20130323_2


尚、これを歌ってるマドレーヌという女の子は、ルドウィッヒ・ベーメルマンスの絵本『げんきなマドレーヌ』(福音館書店)のシリーズの主人公です。

上に貼らせていただいた動画の歌は、この絵本を原作にしたアニメの挿入歌のようです。

  私も一冊持っています。
    ↓   ↓   ↓
20130323_3


2013年3月21日 (木)

紅茶にプルーンひとつ

20130321

ちょっと肌寒さが戻ってきた春の朝や、午後のお茶の時間には、温かい飲み物が恋しくなります。

巷では、黒砂糖と紅茶で煮たドライプルーンが、女性ホルモンのバランスを整えるのに効果的(?)だと言われていますが。。。

たとえ、黒砂糖でも、あんまりお砂糖を使いたくない時や、「今すぐ、何かちょっと。」という時には、普通の紅茶にドライプルーンを一つ入れて飲むだけでも、気分転換できます

(女性ホルモン効果はわかりませんが。。。)

甘くないあっさりした紅茶をゆっくり飲んだ後には、ちょうど柔らかく食べ頃になったプルーンが待ってます♪

食物繊維ミネラルも摂れて栄養価の高いプルーンですが、そのまま食べるのが苦手な人も、紅茶に入れて柔らかくなって、あっさりしたプルーンなら食べやすいと思います。
※プルーンの栄養について → 女子栄養大学:食材百科事典(ドライプルーン)

それでは、今日も、YouTubeからおうちカフェ用BGMをお借りして貼らせていただきます。
ボサノヴァ調で心地いい今井美樹さんの『Tea for Two』です。

https://www.youtube.com/watch?v=6eHBdRRg9Wg&list=WL7469B3D8D3517FFD

2013年3月19日 (火)

りんごとバナナのカカオ・スムージー(ローフード)

20130319

りんごとバナナのスムージーを、ほんのりカカオ風味にしてみました。

私は、写真の2倍くらいの量(以下の材料の3分の2くらい)を朝ごはん代わりにしたりもしますが、小腹がすいた時に、おやつにしても、ヘルシーですね。

先日から書いてますように、春先はデトックス期間なので、しばらくの間、レシピ記事の時は、ローフード系や軽いメニューになると思います。

今日のように、おやつにもなりそうなレシピには、いつも通り音楽リンク付きにして、お腹に入れるものが軽い分、気分だけでも、いっぱい満たせるようにしたいと思います♪

[材料]

りんご(小)     1個
バナナ        1本
カカオパウダー  小さじ1
塩          ほんの少々
水          適宜(お好みの濃度に調節)

[作り方]

1.りんごとバナナは皮をむき、適当な大きさに切る。
2.1のりんごとバナナと残りの材料すべてをミキサーに入れ、よく混ぜる。

YouTubeに、アン・サリーさんの『はなのような人』をきれいな動画付きで、UPしてくださってる方がいらっしゃったので、お借りして貼らせていただきます。

本当に、自分にとって「はなのような人」がいれば、心が温まって、強くなれますし。。。
自分も誰かにとって「はなのような人」になれたら、もっと幸せかもしれませんね。(こっちは、なかなか難しいですけど。。。)

でも、小さなお子さんのいるお母さんは、お子さんにとってもお母さんにとっても、きっと、お互いが「はなのような人」なんじゃないでしょうか。

http://www.youtube.com/watch?v=O9y0BHRYftE&list=WL7469B3D8D3517FFD

 

2013年3月17日 (日)

にんじんと胡桃とレーズンのサラダ(クルミの栄養)

20130317

前回の記事にも書いたように、デトックス期間ですので。。。

とにかく、ヘルシーさが優先のサラダです。 味より。。。(^^ゞ

オリーブ油など使わず、油分は生のクルミだけです。

私のレシピに、クルミがよく登場するのは、私がクルミ好きだからというのもあるんですが、ベジタリアンでお魚も食べないので、DHAの不足を補うためでもあります。

クルミには、青魚に多く含まれるDHAやEPAの前駆体となるオメガ3脂肪酸が豊富に含まれているので、通常は、それを材料に体内でDHAやEPAが合成できるのだそうです。

(ただ、稀に、体内でDHAやEPAが合成できない体質の方もいらっしゃるそうですので、注意が必要かもしれません。)

DHAには、血液サラサラ効果の他、それに関連して頭脳明晰効果もあると言われてますね。

中国でも、「クルミは脳みその形をしているので、食べると頭がよくなる」というようなことが言われてるらしいですが、科学的にも正解みたいですね。

カロリーは高いので食べ過ぎには注意ですが、その他にもポリフェノールがたくさん含まれていて、抗酸化作用もあるので、老化防止になったり、乳がんのリスクを抑制する可能性も高いことがわかってきているようです。

(参考→ カリフォルニアくるみ協会:栄養と健康、 ナッツの栄養:クルミ

また、レーズンにはミネラルも多く含まれますし、にんじんとクルミにレーズンの甘さが、なかなか合います。

やや歯ごたえもあるので、たくさん噛むことで、味も出てきて、たくさん食べたような満腹感も味わえて、ダイエットにもいいかもしれません。

[材料  ※分量省略]

にんじん
生クルミ
レーズン
塩麹または塩
レモン汁(または酢)
黒胡椒

[作り方]

1.にんじんは、スライサーなどで、ごく細く切る。
2.1のにんじん、クルミ、レーズンを、塩麹(または塩)を少々とレモン汁(または酢)黒胡椒で和え、にんじんがしんなりするまで、しばらく置く。

※にんじんを、より柔らかくしたい場合は、先に、にんじんだけに塩をまぶし、しばらく置いて、水気を絞ってから、残りの材料すべてを混ぜる。

2013年3月15日 (金)

春はキレイに! ~フルーツモーニング&おやつ~

20130315

日に日に、日が長くなってきましたね。

春です♪

春先はデトックスに最適だそうで、キレイになるチャンスです!

確かに、春先には、解毒効果のある苦味のある野菜も多いような気がするので、それが自然のリズムなのかもしれませんよね。

私も、ひと月ほど前から、まだ寒くても、体もなんとなく春の気配を感じていたのか、生の野菜や果物がとてもおいしく感じるようになっていました。

そして、朝は、基本のフルーツ・モーニング。

毎年この時期には、知多半島で採れた「はっさく」を、そのまま食べたり、スムージーに入れたり。。。毎朝いただいています。

(朝、果物が食べにくい人は、夕方の空腹時のおやつとして食べるのも、とても体に良いそうです。 ※参考記事→ お腹がすいたら果物朝食は軽く?酵素のチカラ ~ローフードが体にいい理由~

また、無理は禁物ですし、初めての方は、専門の機関に行ってやった方がいいと思いますが、特に春先には、ファスティング(断食や半断食)をすることで、体に溜まった毒素が出て、体が軽くなったり、お肌がキレイになったり、気分もスッキリしたりすることが多いみたいです

「体がだるい」「肌あれ」「気分が重い」などの原因が、体に溜まった毒素だということもあるそうです。

私は、今は、日常的に、かなり体を動かしているので、春先でも、食事を減らしすぎないようにしていますが、仕事の合間を見て、短期間だけ、毎年恒例のファスティングをしてデトックスしようと、徐々に備えています。

ただ、体質などによっても、向き不向きがあると思いますし、初めてなのに一人でやるのは、危険が伴うので、興味のある方は、まずは、2泊3日程度の半断食合宿などに参加してみるのもいいかもしれませんね。(参考カテゴリー: 断食(ファスティング) ※断食センターでの体験記事含む。)

~写真のフルーツ盛り合わせ~

りんご (角切りにして、薄い塩水にくぐらせたもの)
はっさく
デコポン
レーズン(短時間、水に浸したもの)
クコの実(短時間、水に浸したもの)
生クルミ(1/2個分)

久しぶりの、おうちカフェ用BGMには、YouTubeから、『春咲小紅』をお借りして貼らせていただきます。

大人になったら、昔はわからなかったこの曲の良さがわかりました。
そして、矢野顕子さんの内面から出る大人の女性としての可愛らしさも、いつまでも古く感じさせない作曲のセンスも、今だからわかる気がします。

https://www.youtube.com/watch?v=2Vt_9ugc6fI&list=WL7469B3D8D3517FFD

2013年3月13日 (水)

心が苦しい時に ~河野進神父の詩~

20130313

先日、「マイナス面」は幸せに不可欠!(おすすめ動画付き)という記事で、「一見マイナスに見えることにも、プラスの意味がある」ということを書いたんですが、それについて、数人の方から「ただハッピーなものを求めがちなプラス思考より納得がいく」というご意見をいただきました。

そこで、それに関連して、(再び、南インドでお世話になったエバーグリーントラベルの真美・デービスさんに教えていただいた)河野進神父の詩をご紹介したいと思います。

河野進神父の著書は、絶版のものも多いようで、図書館でもなかなか見つからないのですが、以下のサイトに、作品が少し掲載されています。

河野進 詩集 http://fish.miracle.ne.jp/hibarak/kouno.html

上記サイトに掲載された作品の一つ、「病む」という詩をお借りして、この記事の最後に、ご紹介します。

「病む」ということを「失敗する」とか「過ちを犯す」という言葉に置き変えて読んでもいいように思います。

病気で苦しむことの他、罪悪感や、自己嫌悪で苦しむこともあると思います。

そういう苦しみは、時に、「本当は自分が悪くないのに悪く言われる苦しみ」より、苦しいかもしれません。
濡れ衣を着せられた時は、「天は解ってくれている」と思えても、「自分が悪かった」と思うと、立ち直れない気持ちになることがあります

時々、いろんな不祥事があって、ニュースなどで当事者が、インタビューを受けていて、最初に、「自分は悪くない」という感じで、一見図々しく見えたり、逃げ腰だったり、反感を買うような態度を取っている人ほど、本当は内面では自分を責めていたり、自分が受け入れられず、心が弱りきってしまって、後にご自分で命を絶たれることがよくあります。

自分が過ちを犯した時に、自分を正当化すればするほど、実は、自分の心を追い詰めてしまうんだと思います。

自分の非を認め、責任を負うのは、とても辛く勇気もいることだと思いますが、同時に自分を救うことでもあるように思います。

ちょっと話が逸れてしまいましたが、病気の時だけでなく、自己嫌悪や、罪悪感で苦しい時にも、「病む」を「失敗」や「過ち」という言葉に置き換えて、以下の詩の一言一言を噛み締めることで、心がラクになるのではないでしょうか

私は、これを読むと「どんな苦しみも、自分の魂を磨くために天から与えられたヤスリのようなものだ。」と思えて、ありがたく、感謝が湧いてきます。

(特に、ここ最近、3件ほど、ちょっとしたトラブルがあって、内1件は、私自身の失敗のせいなのですが。。。(-_-;) 本当に、時々、自分が失敗しないと「聞き得ない慰めのみ言葉があり」、「下り得ない謙遜の谷」があって。。。)

もし自分が完璧な人間だったら、人の失敗が許せない傲慢な人になってしまうかもしれません

また、自分が病気になったことがないと、病気の人の苦しみが分からず、体調不良の人を「怠けている」などと決めつける冷たい人になってしまうかもしれません

 

     病む

病まなければ

聞き得ない慰めのみ言葉があり

捧げ得ない真実な祈りがあり

感謝し得ない一杯の水があり

見得ない奉仕の天使があり

信じ得ない愛の奇跡があり

下り得ない謙遜の谷があり

登り得ない希望の山頂がある

河野進 神父 作  参照サイト: http://fish.miracle.ne.jp/hibarak/kouno.html

2013年3月11日 (月)

祈り

20130311_3
震災から今日で2年。

今まだ困難な状況の中にいらっしゃる方々が、少しでも早く、普通の暮らしを取り戻すことが出来ますように。

心に深い傷を抱えていらっしゃる方々が、少しでも早く、癒されますように。

健康的な被害を受けられた方々が、少しでも早く、回復なさいますように。

また、今生きている私たちみんなが、理解し合い、協力し合い、笑顔で、心満たされて過ごしていけますように。

アン・サリーさんが、先日コンサートで「いつも自分に言い聞かせながら歌っています。」とおっしゃっていた歌を、YouTubeで見つけたので、ご紹介したいと思います。

http://www.youtube.com/watch?v=htJvS15K0sw&feature=player_embedded

2013年3月 9日 (土)

ねぎ味噌もち稲荷

20130309

油揚げの中に、玄米餅とねぎ味噌を詰めて、グリルで表面をパリッと焼きました。
(オーブントースターなどでも、焼けると思います。)

軽食や、おやつにもなって、便利です。

ちょっと写真がイマイチおいしそうじゃないですね~。すみません。

地味ですが、案外おいしいですよ~。

[材料 4個分]

長ネギ             1本
こうじ味噌           大さじ2くらい
みりん              大さじ2くらい
白すりゴマ          大さじ1くらい
てんさい糖          大さじ1くらい
(植物油          適宜)

玄米餅(or 普通の餅)  大きさによって2個または4個
油あげ             4枚 

[作り方]

~ねぎ味噌~

1.長ネギは、太めの小口切りにする。
2.器に、味噌、みりん、てんさい糖を混ぜておく。
3.厚手の鍋かフライパンに、1のネギを入れて弱火にかける。
  (※少し油をひいて炒めてもOKです。ごま油などでコクを加えてもおいしいです。)
4.3に、すぐに2の調味料を加え少し炒める容量で、しばらく火を通す。
5.4にすりごまを加えて混ぜる。

※余ったねぎ味噌は、ご飯にのせて食べたりできます。

~仕上げ~

1.お餅を少し、蒸し器や電子レンジなどで柔らかくしておく。
2.油揚げの1辺に包丁で切り目を入れ、6のお餅と5のねぎ味噌を大さじ2/3くらい入れる。
3.グリルや、オーブントースターなどで、弱火で表面をパリッと焼く。
    ※油不要のフライパンで油をひかずに焼いてもOK。

2013年3月 7日 (木)

小さな日常に隠れたヒント~ 人生の目的や使命の見つけ方(補足2) ~

20130307
前回は、「やりたいことが複数あって人生の目的が絞れない時」のお話だったんですが。。。

「満足もしてないのに、やりたいことが全然思いつかない」というお話も、お聞きしたので、またまた参考にならないかもしれませんが、それについて、ちょっと書いてみたいと思います。

(今回も、長文なので、パソコンでご覧の方は、太字部分が概要になります。)

みなさんは、こんな経験ありませんか?

1.仕事に行くのも楽しくないけど、休みで時間が空いても、ヒマで退屈。
2.家事をするのも億劫だけど、やらなければ、つい見たくもないテレビを見てしまう。
3.とりあえず、適当に出かけたり、買い物したりしても、その場限りの気晴らし程度で、特に充実して楽しいわけでもない。

私は、この中では、特に3番のようなことが、昔よくありました。

誰でも、長い間、小さなストレスが沢山ある状況にいたり、
何かの事情で、やりたいことを我慢しなければならない時期が続いたり、
運悪く、自分が言うこと為すこと否定され続けたりする環境に慣れて過ごしていたり、
病気ではないけどイマイチの体調が続いている(例えば、更年期)、などなど。。。

「自分では気づかない原因」で、「自分では気づかない疲れ」が、心に溜まってしまうことも、ありますし。。。

いろんな理由で、無意識に自分に規制をして、やりたいことを我慢するのが癖になってしまうこともあるような気がします。

そんな時は、「是非これがやりたい!」というものも、心の奥の方に隠れてしまって、なかなか出てこないんですが、「なんとか人生の目的に気づいて、充実した毎日が送りたい!」と思いますよね。

私の経験では、最初は漠然とでも「こういうことだ!」と気づいたら、その後は、それまでのように退屈を感じたり、無駄な暇つぶしをすることが、ほとんどなくなります。

自分の目的が、はっきりすればするほど、それ以外のものは小さなことに見えるので、人を羨ましいと思うことも少なくなり、欲しいものは減って、「やる気」は増してきます


ただ、困難や辛いことがなくなるわけではないです。(たぶん、それは、いつまでも、なくならないものだと思います。)

それでも、毎日は充実して感じます。

じゃあ、心が疲れてる時に、どうしたら、早く人生の目的を見つけて、充実した毎日を過ごせるのか?

まず、基本中の基本は、アーユルヴェーダなどで言われてるように、「ヘルシーな食事をして、睡眠をきちんと取り、その人に合った運動をする」ことだと思いますが、他にも、一見「無駄かもしれない」と思える色々な気分転換をしてみるのも効き目がありそうです。(※参考記事→ 波動を上げる7つの方法

そうやって気分転換しながら、日常を丁寧に過ごしていると、普段の仕事や遊びや雑用などの中に、努力しなくても自然に「“今この瞬間”に100%集中してしまうこと(=時間を忘れて無心になってしまうこと)」が見つかることもあると思うんですが、そういうことがあれば、それが、どんな小さな、つまらないことでも、なるべく沢山やると、更に、脳も休まって、ストレスが解消されてきます。

特に、「座禅や瞑想をしたいけど、なかなか出来ない」という場合、まずは単純な動きがあった方が、落ち着きやすいかもしれません。

単純作業をやってるうちに、時間を忘れて夢中になって、気分がすっきりした経験ありませんか?

私は、草取りや外の掃き掃除、ゆっくり洗濯物をたたむ。。。などの単純作業が、無心になれて好きなんですが。。。(草取りは、一時期ちょっと悩みましたが。。。)
他にも、ぬり絵、陶芸、編み物、裁縫、図画工作、折り紙など、もう少しクリエイティブに手を動かしたり。。。
ゴルフの打ちっぱなしなど、集中できる運動もいいかもしれません?

直接人生の目的につながらない、つまらないことに見えても、下手でも、自分が無心になれることなら何でもOK!

焦らず、そんなふうに過ごしていると、だんだん他にもやりたいことが出てきたり、そういう小さなこと自体が、どこかで自分の人生の目的につながってくることも多い気がします。

ところで、素晴らしい庭園と手作りの暮らしで有名な絵本作家ターシャ・テューダーおばあちゃんは、2度の離婚を経てからは、ずっと独身でしたが、「私の本業は専業主婦!花の球根を買うためのお金が欲しいから、絵本を描いてるの。」というようなことを、おっしゃってました。

普通は、何十冊も絵本を出版していたら、「私は、絵本作家。」というアイデンティティーを持ち、自分の使命は「絵本を作ること」だと思いそうなんですが、ターシャおばあちゃんにとって、自分のアイデンティティーは「自分の手で暮らしを紡ぐ主婦」であり、そうした日常の暮らしを堪能することが生きがいだったんですね。

そして、そこで得た智慧を世に語ることや、その生き方を見せることで、多くの人にインスピレーションを与えるのが使命だったのかもしれません。

結局、人生の目的は、人それぞれで、何が幸せかは、本人にしか判らないものなんだなぁ~と思います。

自分の人生の目的がわからない時は、幸せや成功を、地位や名誉や収入で測りがちで、自分の人生の目的を探す時も、それに囚われて、「他人の価値観」で、大きなことばかり探してしまい、小さな日常の中に隠れた人生の目的は、つい見落としてしまいます

とりあえずは、プロの主婦とか、お掃除のプロとか、資料作りのプロとか、お茶出しのプロとか、まずは小さな日常の中で、今の自分の立場や得意なことを極めてみるのも、案外楽しい第一歩かもしれません。

ちなみに、小学生の甥っ子は、何かを回すプロです!
やっと歩けるくらいの頃から、ミニカーのタイヤや、歩行器のキャスターを手で回して遊び初め、ベイブレード(コマ)は、2~3歳からずっと飽きずに回し続け、どんぐり、ネジ、画鋲のようなピンや石ころなど、何でも素手で上手に回せます。
今のところ、その特技が実用的に役立つことはないんですけど。。。(~_~;)

損得考えずに、好きなことを夢中で続ける子供たちの純粋さは、見習いたいと思います。

2013年3月 5日 (火)

2足のわらじ~ 人生の目的や使命の見つけ方(補足1) ~

20130305

先日、おすすめ動画のご紹介で、「人生の目的や使命の見つけ方」という記事を書きましたが。。。

「やっぱり人生の目的が一つに絞れない!」と、悩んでしまうと聞きましたので、ちょっと補足です。

あんまり参考にならないと思いますが、私の経験や、他の人の例など、お話したいと思います。

(長文なので、パソコンでご覧の方は、太字部分が概要になります。)

たぶん、「一つに絞れない」というのは、職業(天職)など具体的にやることを考えた時じゃないかと思うんですが、そういう場合は無理に一つに絞らなくてもいいかもしれないと思います。

大きな目的は一つでも、そのために具体的にやることは、複数あるかもしれません?

「あれもこれも手を出したら中途半端になる!」という人もいるかもしれませんが、中には、とても器用でマルチな才能を持った人とか。。。
2つやることで両方を生かし合うことが出来る人もいるでしょうし。。。
(後で、ご紹介するアン・サリーさんのように。)

視点を変えれば、大抵の仕事は、複数の業務や能力が同時に必要なんじゃないかとも思ったり。。。

私の今の本業も、自分の(数少ない中でも)いくつかの特技や経験や趣味など、いろいろ組み合わせて必要な仕事です。

「この仕事以外では絶対ダメだ。生きていけない。」というような「執着」は無いのですが、大好きで、やりがいを感じています

でも、必要な能力が100%自分に備わってるわけでもなく、未熟者なので、いろいろ失敗もありますし、お役に立てるというよりは、自分の方が学ばせていただいてることが多いです。(-_-;)

一方、その仕事には直接関係ないけど、やめられないこともあるんです。
それは、このブログにも書いてるように、「ベジタリアン料理」と。。。
「健康や心の世界の探究(?)」みたいなこと。
「探究」なんて大袈裟ですが、「勉強」という感じでもないんです。(「ベジタリアン料理」も、この中に含まれてるのかもしれません。)

今、これを読んでくださってる心優しい皆さん以外は、私の「健康や心の世界の探求」とか「ベジ料理」に、興味を持つ人もいませんし、「ベジタリアン」という点では、むしろ周りにご迷惑をかけることもあるくらいなんですが。。。

これは、趣味というよりも、私の特徴みたいなもので、誰にも評価されなくても、忙しくても、報酬が無くても、無意識に続けていたことで、今後も、生きてる間ずっと続けてしまうんじゃないかという気がします

だから、今書いたことの全部が、私の「人生の目的」につながっているんです

「じゃあ、その人生の目的を一言でいうと何?」と思われるかもしれませんが。。。
恥ずかしいので、ここでの発表は、お許しくださいm(_ _)m

それに、私の例だけでは、あまりに頼りないし、説得力ないので、もっと素晴らしい実在の人物の例を出しますね。

「最初から出せ!」って感じですよね。すいません。私の例を出したのは、「そんなんでも、とりあえず幸せに生きてる人がいるなら、私の方がマシかも?」と安心してもらうためです

実は、先日、初めて、アン・サリーさんのコンサートに行ったんですが、アン・サリーさんは、プロの歌手であると同時に、普段は、現役の内科医として勤務なさっているんです。
そして、プライベートでは二人のお子さんのお母様でもいらっしゃいます。

世の中には、ものすごい才能に溢れた人がいるんですよね~!
そして、そんなすごい才能をお持ちなのにもかかわらず、楽しくユーモアがあって、深い人間性も感じさせる素敵な女性なんです。

なので、アンさんを見る限り、2足のわらじを履くことが、「全部を中途半端にやる」ことだとは、決して言えません

アンさんの歌声も、内科医としてのお仕事も、どちらも多くの人を癒しています。

一つのことに集中型の職人気質の人もいるので、誰もが、複数のことを同時にやればいいとは限らないかもしれませんが、心が強く求めることが複数ある場合は、最初は優先順位を決めて、どれも全部やってみてもいいかなぁ~と思います

やってるうちに、一つに絞れてきたり、あるいはアンさんのように、2足のわらじを完璧に履きこなす運命なのかもしれませんし。。。

とにかく、焦って「早く、たった一つの人生の目的をみつけよう」と、必死で考えていて、見つかるまで何もしないと時間がもったいないですし。。。

「すぐに一つの目的に絞れない」のも、それなりに意味があると思うので、そのチャンスを生かして、年齢に関係なく、いろんなことにチャレンジしながら変化&成長し続けるのもいいと思いませんか?

※次回は、逆に「やりたいことが全然思いつかない」という時のことを書こうと思います。

2013年3月 3日 (日)

カリフラワーと胡桃のポタージュ

20130303

ひな祭りですが、ひな祭りと関係ないレシピです。(^^ゞ

先日、なかなか出来ずに畑で放置状態だったカリフラワーの第2弾が、いつのまにか出来ていたので。。。

今度は、胡桃と一緒に、クリーミーなポタージュ・スープにしてみました。

これが、思いがけず、とてもおいしかったので、レシピを書きたいと思います。

[材料 4人分くらい]

カリフラワー(小)     1個
生くるみ           1/2カップ
豆乳             2カップ
塩麹             大さじ2
              (私は冬は塩分控えめに塩麹を作っています。味見して加減して下さい。)
こうじ味噌         小さじ1
水                             1/2カップくらい(濃度や味見して加減。)

~トッピング~
粗挽き黒胡椒      少々
ローストオニオン    適宜(なくてもOK)

[作り方]

1.カリフラワーは、適当な大きさに切って、柔らかくなるまで蒸すか茹でる。
2.ミキサーに1のカリフラワーと、トッピング以外の材料全て入れて、なめらかになるまで、よく混ぜる。
3.2を厚手の鍋に移し、焦げ付かないように、かき混ぜながら、弱火~中火で温める。
  (この時、濃度や味を加減してください。)
4.3が温まったら、器に入れ、黒胡椒(あれば、ローストオニオンも)を、ふりかける。

2013年3月 1日 (金)

大切なことを「言葉」で。(おすすめ動画付き)

20130301
「以心伝心」という言葉がありますが。。。

もしも、わかりきったことだったとしても、やっぱり大切なことは、きちんと言葉で伝えることも重要ですよね。

そんなことを思い出させてくれる感動のお話を、南インドでお世話になった、エバーグリーントラベルの真美・デービスさんが、紹介してくださいましたので、この記事でも紹介させていただきたいと思います。(※一番下に文章リンクと朗読の動画を貼らせていただきます。)
20130301_2


それは、『ずーっと ずっと だいすきだよ』(ハンス・ウィルヘルム作 評論社)です。

愛犬との交流が語られた感動のお話で、小学校の国語の教科書にも載っているとのことです。

そして、このお話は、相手がワンちゃんに限らず、自分にとって大切な人すべてに当てはまることだと思います。

真美さんも、このお話を知って、長年の特別な心の友だった愛犬のジュディーちゃんに、毎朝「大好き」だと、言葉で伝えていたそうです。

そんな、真美さんの深い愛情をいっぱい受けたジュディーちゃんは、天国に旅立ったばかり。
今は、深い悲しみの中にいらっしゃる真美さんですが、ジュディーちゃんは、真美さんと一緒に暮らせて、どんなに幸せだったことでしょう!

(※トップの写真は、私が昔一緒に暮らしていたジュリーの子供の頃です。)

1.文章で読みたい方はこちら → ずうっとずっと大好きだよ
                       (http://www003.upp.so-net.ne.jp/inugurashi/zutto.html

2.小学生の男の子の朗読も、YouTubeで見つけました。
  
  この男の子の朗読は、とってもいいです!
  もともとの絵本の挿絵と共に。(4分25秒)
 
  https://www.youtube.com/watch?v=PmHcPYB7Bho&list=WL7469B3D8D3517FFD

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ