« レーズン・チョコトリュフ | トップページ | フライパンで、ベジすきやき(大豆ミート・スライス使用) »

2013年2月 9日 (土)

自然治癒力 (2) ~宇宙の体~

20130209


体って、話しかけると、それに応えてくれるような気がしませんか?

今から書く話は、偶然かもしれないんですが。。。

最近、おでこの小さなイボのようなものに話しかけていたら、取れたんです!

2年前くらいに、眉間近くに、針の先くらいの小さな黒い点が出来たんですが、それが長い時間をかけて少しずつ大きくホクロのようになって、ここ数ヶ月で、だんだんポコンと飛び出してきて。。。直径2mmくらいに。

最初は「そんなに目立たないし、いいか。」と思ってたんですが、最近になって、時々話しかけてみていたんです。

話の内容は。。。

「不必要になったものが体から出ていこうとして出来たの?」とか、「何か私の体を守るために、出来てくれたの?」ということ。
そして、もし、そうなら感謝していること。
「もう出て行っていいよ。」ということ。
その周りの皮膚細胞さんたちへの感謝と応援メッセージ。

・・・などなど。

そして、それが、ポロっと自然に取れるイメージを描いてみました。

そのうちに、そのイボみたいなのが、ちょっと固くなって、どんどん外に飛び出してきて。。。
「これ以上飛び出したらすごい目立つかも~?!」
と、思って寝た翌朝、取れていました。

今は、ほんの小さな痕が残ってますが、ほとんど目立ちません。

結局あれは、なんだったんでしょう?

痛くも痒くもなかったけれど、2年かけてゆっくり成長した“できもの”で、どっちみち、いつか取れるものだったという線も濃厚です。

でも、イメージ通りに、ポロっと取れていた時は、ちょっと感動でした!

ところで、幼稚園や小学生の頃、この宇宙が、大きな巨人のようなイメージをもったことはないですか?

私は、自分が、その大きな大きな生命体を構成する、ほんの小さな一つの分子のようなものだと想像をしていたことがあります。

そして、自分の体も、目に見えない小さな生命体が、数え切れないほどたくさん集まって構成されていて、その小さな生命体も、それぞれに意識(心)を持って、でも私の体の一部だとは、あまり気づかずに生きているという想像もしていました。

その感覚も、全くのでたらめではないかもしれません?!

わたしたちの体も、また一つ一つの宇宙なのかもしれませんね。

※ここで書いたことと、同じような趣旨のことを、同じココログで記事を書かれているkokageさんが、もっと詩的な表現で書かれているのを発見したので、ご本人の了解を得て、リンクを貼らせていただきます。
kokageさんの表現の方が、ピンとくる方も多いのではないかと思いますので、こういうお話に、ご興味のある方は、ぜひご覧下さい。→ 木陰でお昼寝Zzz 『天使』

※自然治癒力(1)はこちら→ 自然治癒力(1)~いのちの不思議~

« レーズン・チョコトリュフ | トップページ | フライパンで、ベジすきやき(大豆ミート・スライス使用) »

心のお話」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1503757/49098286

この記事へのトラックバック一覧です: 自然治癒力 (2) ~宇宙の体~:

« レーズン・チョコトリュフ | トップページ | フライパンで、ベジすきやき(大豆ミート・スライス使用) »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ