« 人生の目的や使命の見つけ方(おすすめ動画付き) | トップページ | 揚げ豆腐の白菜あんかけ(余ったベジ餃子の中身利用) »

2013年2月27日 (水)

白菜と生姜のベジ餃子

20130227
心のお話が続いていたので、この辺で、料理レシピを挟みますね。

「挟みます」ということは、そうなんです。。。実は、まだまだ「心のお話」の続きが、いろいろあるんです。

Dr.ディマティーニ関連のおすすめ動画シリーズは、いったん終了ですが、そこから派生したお話や、数人の方が、フィードバックしてくださったことのお返事記事とか、ご紹介くださった本や、映画のお話とか。。。いろいろ。。。本当に書きたいことがたくさんあって。。。、でも、他に仕事もあるので、焦らず、しばらくは2日に1回くらいの更新にしますね。

はい。では、本日のレシピです。

↓    ↓    ↓

夏場のベジ餃子と言えば、「なす」が主役ですが。。。
冬に、夏野菜の「なす」を、わざわざ食べるのもなんなので。。。

冬に旬のお野菜「白菜」に主役になってもらいました。

白菜の水分で、とってもジューシーなベジ餃子の完成!

生姜もたっぷり多めに入れれば、体もポカポカ温まり、消化も良くなって、いくつでも食べれちゃいます。

[材料 ※分量は適当に加減してください。]

白菜           5~6枚
ねぎ           1~2本
しょうが         梅干より大きいくらい~ (多めがおいしい)
塩             小さじ1弱
塩麹(または醤油)  小さじ1弱
胡椒           少々
ごま油          小さじ1~2
(五香粉         ※風味を変えたい時には、お好みで少々加えても。) 

餃子の皮         25~30枚

植物油         適量 

※中身が余ってしまったら →揚げ豆腐の白菜あんかけ(余ったベジ餃子の中身利用)

<たれ>

しょうゆ

ラー油    

[作り方]

1.白菜は荒いみじん切り、ねぎは小口切り、生姜は細かいみじん切りにする。
2.白菜に小さじ1弱くらいの塩をまぶし、全体に混ぜて揉んでから水気を切る。
3.2に生姜、ねぎ、ごま油、胡椒、塩麹(醤油)を加えて、全体に混ぜる。
4.3を餃子の皮で包む。
5.フライパンに植物油を熱し、4を並べて片面を中火で焼く。(途中、蓋をして湯を差し蒸し焼きに。)
  
6.たれは、醤油と酢を1:2くらいの割合で混ぜ、お好みでラー油を少々加える。

« 人生の目的や使命の見つけ方(おすすめ動画付き) | トップページ | 揚げ豆腐の白菜あんかけ(余ったベジ餃子の中身利用) »

ベジごはんレシピ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1503757/49624377

この記事へのトラックバック一覧です: 白菜と生姜のベジ餃子:

« 人生の目的や使命の見つけ方(おすすめ動画付き) | トップページ | 揚げ豆腐の白菜あんかけ(余ったベジ餃子の中身利用) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ