« チョコ・カップケーキ2(おまけ) | トップページ | だいこんとネギのあっさりカレー »

2013年2月15日 (金)

玄米塩麹で摘菜と油揚げの“きび麺”パスタ

20130215_1
ご近所の畑で採れた「摘菜(つみな)」と呼ばれる菜の花のようなお野菜と、厚手の油あげで、きび麺のパスタを作りました。

「摘菜って何を摘んだの?」と思うんですが、毎年くださる方も、「これは、何かの菜を摘んだから“摘み菜”ではなく、もともと“摘菜”という名前のものだ」とおっしゃるのですが。。。
果たして?(植物に詳しい方、教えてくださーい!)

菜の花より、若干ほろ苦くて、とても美味しいです。

20130215_2この冬に仕込んだ玄米塩麹でシンプルに味付けしただけですが、塩麹って本当に魔法の調味料ですよね~。

もしも「今後どれか一種類しか調味料を使っちゃいけない」と言われたら迷わず「塩麹」を選びます!

塩味をつけるだけでなく素材の甘味や旨みを引き出してくれるので、出汁も何もなくても本当にこれだけで何でもおいしくなりますもん。

今回、真冬に玄米麹で塩麹を作ったので、気温が低くて、熟成させるのに時間がかかりましたが、ゆっくり熟成するとおいしく感じるのは気のせい?

20130215_3

きび麺は、以前も書きましたが、きびとタピオカでんぷんだけで作られた弾力のある麺です。
(そばや、小麦アレルギーの人も食べれます。)
近所のスーパーで、1袋100円でセールになっていたので、まとめ買いしておきました~。

[材料 2~3人分]

きび麺             200g
あら塩             適量(きび麺を茹でる時に使用)
水                適量

厚手の油あげ(大)     1枚 
 ※普通の油あげの場合 2枚
摘菜              適量
玄米塩麹           大さじ2~3を目安に加減
 ※普通の塩麹でもOK
米油(植物油)        適量
豆乳              100cc
 ※クリームパスタにするのではなく、パサつかないよう水分を加えるため

黒こしょう(or ラー油)    適宜

[作り方]

1.摘菜と油揚げを食べやすい大きさに切る。(摘菜はさっと湯がいておくと良い。)
2.大きめの鍋に湯を沸かし、あら塩を適量入れて、きび麺を5分ほど茹で、2分蒸らす。
3.2を茹でている間に、フライパンに米油などクセの無い植物油を熱し、摘菜と油揚げを炒める。
4.3に塩麹を加える。
5.4に豆乳を加える。
6.茹で上がった麺を蒸らしたら、5に加えて全体を和える。
7.6をお皿に盛り、お好みで黒胡椒やラー油など加えても。

« チョコ・カップケーキ2(おまけ) | トップページ | だいこんとネギのあっさりカレー »

ベジごはんレシピ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1503757/49203143

この記事へのトラックバック一覧です: 玄米塩麹で摘菜と油揚げの“きび麺”パスタ:

« チョコ・カップケーキ2(おまけ) | トップページ | だいこんとネギのあっさりカレー »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ