« 無病息災という奇跡 | トップページ | 『ニュー カマル』愛知県知多郡東浦町 »

2013年1月 9日 (水)

自然治癒力(1) ~いのちの不思議~

20130109_1

前回の記事を読んでメールをくださった方の中で、私が補足的に触れた「自然治癒力」について、とても参考になることを書いて下さった方がいらっしゃったので、ご本人の承諾を得て、一部をご紹介させていただきたいと思います。

その方(Aさんと呼ばせていただきます。)は、いつも、とっても明るい素敵なメールを送ってくださる方なんですが、実は持病をお持ちで、体温調節機能も弱く、冬はずっと電気毛布をお使いだったそうです。

でも、そうすると熱が出てしまったり、調子が良くなかったそうで、この冬、一念発起して電気毛布のご使用をやめてみたんだそうです。

Aさんいわく、「自然治癒力を信じてみたいと思った」とのこと。

そうしたら、それまで電気毛布が必要なほど冷えていたのに、自分で自分の体を温めようと自然に体温が上がってきたそうです。

また、口呼吸しがちだったのを改めて、今は、口を閉じてゆっくりと呼吸するように心がけているそうです。

Aさんは「人の身体の各部には、それぞれ大切な機能があり、それをこころして使わなければ、機能低下を引き起こすのではないかと、改めて知らされた気がしました。だから、いまは、自然治癒力を信じながら、過剰な補佐的なものは使わないで、のんびりと、自然な生活をしたいと思っています。」ともおっしゃっています。

Aさんの「こころして使う」という言葉を聞いて、気持ちよく身の引き締まる思いがしました。

本当に、体は、使わなければ、どんどん退化してしまいます。

ご長寿で一躍有名人になられた「きんさん&ぎんさん」も「長寿の秘訣は、何でも自分でやること!」とおっしゃっていました。

それにしても、(Aさんもおっしゃっていましたが)「自然治癒力」って、素敵ですね。

怪我をした時、その傷をふさぎ、治していく力は、神秘的で偉大だと、いつも感動してしまいます。

また、父が肺がんで亡くなる直前まで、爪や髪が伸びたり、一時的に出来た床ずれの皮膚が、また治っていったりするのも、すごいことだと思ったのを覚えています。

病状が重くても、最後の最後まで、いのちのエネルギーが体を流れ続け、体は自分で治ろうと頑張っているんですね。

その力を最大限に引き出してあげるために、体を「こころして」使い、「こころして」休めたいと思います。

※自然治癒力(2)はこちら→ 自然治癒力(2) ~宇宙の体~

トップの写真は、こんなに寒くても、咲いてるたんぽぽ。

20130109_2


←そして、こちらは、すでに春の訪れを知って咲き始めたロウバイです。

とってもいい香りです。

« 無病息災という奇跡 | トップページ | 『ニュー カマル』愛知県知多郡東浦町 »

心のお話」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1503757/48669184

この記事へのトラックバック一覧です: 自然治癒力(1) ~いのちの不思議~:

« 無病息災という奇跡 | トップページ | 『ニュー カマル』愛知県知多郡東浦町 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ