« 満足と進歩、コツコツとワクワク | トップページ | 大豆ミート唐揚のマーマレード・ソース »

2013年1月15日 (火)

『しあわせのパン』~わかちあって癒される~

前回の記事で、ちらっと触れた映画『しあわせのパン』についてです。

20130115


北海道で、宿泊できるパン・カフェを営む若い夫婦と、そこに訪れるお客さんとのふれあいを通して、いろんな人生模様が描かれている映画です。

毎日をゆっくりと丁寧に暮らしながら、心をこめてお客さんをおもてなしするオーナー夫妻の様子に、心なごみます。

そして、私の場合は、特に、三組目のお客さん(老夫婦)が訪れた以降のストーリーが良かったです

未来の希望を失い、最初は、「(このまま生きていても)年のせいで、出来なくなることが更に増えていくばかり。」と言っていたおじいさんが、カフェに滞在し、温かいもてなしを受け、他の人たちと触れ合ううちに変わっていくのです。

最初のきっかけは、それまでパンが嫌いで食べなかった妻(おばあさん)が、おいしそうにパンを食べ始めたことなんですが。。。

それから、そのおじいさんは、「(いくら年を取っても)人は生きてる限り変わり続ける。」ということに気づき、生きる希望を見出すのです。

そこに描かれているのは、見ず知らずの他人同士でも、人と人が心を通わせ、よい時間を分かち合うことで生まれる大きな癒し

主人公のパン・カフェのオーナーの水縞くん(大泉 洋)の好きな言葉は「カンパニオ」

「仲間」という意味なんですが、その語源は「パンを分け合う人」なんだそうです。

「人はパンのみにて生きるにあらず(=人は、物質的な充足だけでは生きていけない。)」と言いますが。。。

私たちがパンを分け合う時、分け合っているのは、パンだけじゃなくて。。。

そして、それを分け合うことは、どんな言葉よりも、どんな薬よりも、癒しのパワーを持っているんですね。

~主題歌の原曲~

https://www.youtube.com/watch?v=yyIY8MMBpSI

« 満足と進歩、コツコツとワクワク | トップページ | 大豆ミート唐揚のマーマレード・ソース »

心のお話」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1503757/48747811

この記事へのトラックバック一覧です: 『しあわせのパン』~わかちあって癒される~:

« 満足と進歩、コツコツとワクワク | トップページ | 大豆ミート唐揚のマーマレード・ソース »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ