« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月31日 (木)

焼肉丼もどき(大豆ミート・スライス使用)

20130131_1

スライスタイプの大豆ミートで、ヴィーガンの焼肉丼もどきを作りました。

私は一瞬「うわっ!」っと思うほど、食感が、昔食べた牛肉カルビみたいでした。

(大人になって、一時期は、焼肉も食べていたんですが、ベジタリアンになった今は、子供の頃の感覚に戻ってしまったので、あまりにお肉っぽいと、ぎょっとしてしまいます。)

スライスタイプの大豆ミートは、ブロックタイプと違って薄い分、下味をつけずに、熱湯で戻して、すぐに調理しても、おいしいです。

[材料 3~4人分くらい?]

大豆ミートスライス  20切れくらい
白ねぎ         1本
にんじん(小)     1/2本
にんにく醤油漬け   1片(普通のにんにくでもOK)
豆板醤         小さじ1/2
米油など植物油   適量

ごま油          小さじ1/2くらいを適宜

炊いたごはん    人数分

<合わせ調味料>
醤油           大さじ1
みりん          大さじ1
酒             大さじ1

[作り方]

1.大豆ミートは、柔らかくなるまで熱湯に浸し、柔らかくなったら軽く水洗いして、水気を絞る。
2.にんにくはスライス、白ねぎは斜めに切り、にんじんは適当な太さの薄切りにする。
3.小さめの器に、合わせ調味料の材料を入れて混ぜておく。
4.フライパンに植物油を熱し、にんにく→豆板醤の順に入れ、香りが立ったら、にんじんを加え、少し火が通るまで炒める。
5.4に大豆ミートを加え、軽く焦げ目がつく程度に炒める。
6.5に2の白ねぎと合わせ調味料を加え炒める。
7.好みで、ごま油で香りづけする。
8.丼に、炊いたごはんをよそい、7をのせる。

20130131_2

←丼にしなくても、普通におかずにしても。

2013年1月29日 (火)

いのちの意味を教えてくれる絵本(5)~『般若心経 絵本』

20130129_1
数ある「般若心経」の本の中でも、私が一番好きなものがこれです。

20130129_2

深~い内容が、とてもわかりやすいシンプルな文章と、心なごむ温かい絵で描かれています

私も、今までに、そんなに何冊もの般若心経の本を読んだわけじゃないんですが、この『般若心経 絵本』諸橋精光著 小学館)の内容は、心にすっと入ってきて納得できました。

20130129_3_3私の般若心経との出会いは、まだ子供の頃。あることで困っていた時に、ちゃんと私の話を聞いて信じてくれた大人が、般若心経にフリガナをつけて紙に書いてくれたのが最初です。

その時は、お経の内容なんて全然わからなかったですし、特に知ろうとも思ってなかったんですが。。。
大人になった今、般若心経の良さは、とてもよくわかるような気がします。

この本は、表紙のシールに「絵で読む“経典の心”」とあるように、般若心経の内容のエッセンスをわかりやすく伝えてくれるもので、歴史上の事実に従って書かれたものではありません。
(例えば、この本の登場人物のシャーリープトラくんは、子供のように描かれていますが、実際は、お釈迦様に出会った時点で既に自分もたくさんの弟子を持つ大人だったとされています。)

なので、事実との一致を追求するための本ではないのですが、著者の諸橋僧侶の「般若心経」の内容の解釈に、とても共感できます

ある時、私は、自分の心の中に、どんどん小さくなって潜っていったら、いつの間にか宇宙に広がって浮かんでいるような。。。
小さくなったのに、大きくなったような。。。
中に行ったはずなのに、外に飛び出してしまっていたような。。。
中は外で、外は中のような。。。
そんな感じがしたのですが、この本の中にも、そういうことが、すごくわかりやすく書かれていました。

ちなみに、私のその体験は、何かの高尚な体験ではありませんし、みなさんご存知のように、悟りを開いたわけでも、迷いや煩悩が一切なくなったわけでもありません。(念のため。)

今でも時々、「自分のやってることは、これでいいのか?」と思うこともありますし、つい最近までは、「トイレットペーパーの切り口は三角に折るのと折らないのと、どっちが後の人のためになるのか?」と迷ってました。(^^ゞ

それに、できることなら「動物と暮らせたらいいな~。」とか、「もっと自然の中で過ごせたらいいな~。」とか、冬が来ると「温め直しできるお風呂だったらな~。」とか。。。

とにかく探し始めたら、普段は、特に気にしてなかった煩悩がいろいろ見つかります。(~_~;)

話が逸れましたが、そうやって迷いや煩悩があってもなくても。。。

この本をじっくり味わい、宇宙の深淵な温かさに思いを馳せると、「すべて天におまかせして、ただ無心に今やれることをやればいい。」と、心が軽くなり、安心した気持ちになれます。

2013年1月27日 (日)

カリフラワーまるごとサラダ with 胡桃ディップ

20130127_1

20130127_2
なかなか大きくならなかった畑のカリフラワーが、なんとか食べれそうな大きさに成長したので。。。

細かく切るのが、もったいなくて。。。
まるごと塩茹でして、胡桃で作った濃厚なディップを添えてみましたー!

(食べる直前に、ナイフで8等分しました。)

胡桃ディップは、とりあえず黒胡椒無しで多めに作って、豆乳鍋などに加えたり、酢やレモン汁、お醤油など加えてドレッシングにしても美味しいです。

[材料]

カリフラワー(小)  1個
塩            適量
ありあわせの野菜 適宜

~胡桃ディップ~
胡桃          1/2カップ
豆乳          50~60cc
こうじ味噌        小さじ2くらいを目安に加減。
黒胡椒         適量

[作り方]

1.カリフラワーは少し塩を加えて茹でる。
2.その他、ありあわせの野菜をスティックにしたり、食べやすく処理する。
3.ミキサーかフードプロセッサーに胡桃ディップの材料を入れ、なめらかになるまで混ぜる。
  ※量が少なくて、ミキサーが回りにくい場合は、少し多めに作り、余った分は、豆乳鍋のスープに加えたり、酢やレモン汁お醤油など加えてドレッシングにできます。

2013年1月25日 (金)

生姜入り野菜ポタージュ

20130125

1月21日の記事「野菜ポタージュ」のレシピです。

どこの家の台所にもあるような材料で、簡単に作っただけですが、以下のようになります。

生姜の代わりに、黒胡椒を加えても、おいしいです。

[材料  作りやすい分量]

じゃがいも(小~中)  3個
にんじん(小)      1/2本
玉ねぎ(小)       1個
豆乳            2カップ
水             1カップくらい
こうじ味噌        大さじ2
しょうが           ひとかけ
植物油          適量 
塩             適宜

ローストオニオン    適宜(なくてもOK)

[作り方]

1.じゃがいもとにんじんは、柔らかく蒸すか茹でる。
2.玉ねぎは、スライスして、フライパンに植物油を熱し、弱火で炒める。
3.1と2の野菜と、豆乳、味噌をミキサーに入れて、なめらかになるまで混ぜる。
4.しょうがは、すりおろす。
5.3の中身を、鍋に移し、弱火で温めながら、水で濃度を調整する。
6.5に4のしょうがを加え混ぜる。
7.味見をして、必要なら塩を加える。
8.あれば、ローストオニオンをトッピングする。

2013年1月23日 (水)

レモン蒸しケーキ

20130123

先日作ったレモン・マーマレードを使って蒸しケーキを作りました。

ちょっと久しぶりに作った蒸しケーキですが、やっぱり寒い季節は、蒸したてホカホカがおいしく感じますね~♪

オーブンで焼くケーキに比べて、短時間で簡単にできるし、その時にある材料、なんでも使えるので、おやつにも、場合によっては朝ごはんにも最適ですね。

[材料 直径7cmくらいの蒸しケーキ4個分]
    ※写真の蒸しケーキは、これより大きめに作ったものです。

米粉                   1/2カップ
地粉(薄力粉でもOK)  1/2カップ
ベーキングパウダー  小さじ1/2
重曹             小さじ1/4

豆乳              160~170cc
米油              大さじ1
レモン・マーマレード  大さじ4

[作り方]

1.ボールに、米粉~重曹までの粉類を入れて混ぜる。
2.別のボールに、豆乳~マーマレードまでを混ぜる。
3.1の中に、2を少しずつ加えて混ぜる。
4.プリン型や、ココットなどに、グラシン紙のカップを敷き、3の生地を入れる。
5.4を、蒸し器などで、12~13分ほど蒸す。

YouTubeから、おうちカフェ用BGMを選ばせていただきました。
Hayleyが英語で歌う『Love Love Love』。

いろんなお花が、早回しで咲いていく様子の動画です。
お花も生きてるんだと、あらためて感じられますね。

https://www.youtube.com/watch?v=_IOc5txFH-E&list=WL7469B3D8D3517FFD

2013年1月21日 (月)

私の食生活 ~食事が不規則になってしまう時の工夫~

20130121


みなさんの中には、お仕事で、食事の時間が不規則になったり、ゆっくり噛んで食べる暇がなくて悩んでる方が多いみたいですね。

実は、私も、仕事で食事の時間が不規則なんです。

でも、あんまりそれを気にしてないんですが、自分の体がラクなように、無意識に工夫してることもあるかもしれません。

たとえば、以前、朝食は軽く、消化の良いものだけにするか、食べない方が良い場合も多いというお話をさせていただきましたが。。。(※参考→ 朝食は軽く? ) 

私も、以前は、朝食は、スムージーや果物だけでしたし、今も夏場はそれに近い感じですが。。。冬は、お粥や、お味噌汁、野菜スープなど温かいものも、少し食べています。

特に、昨年からは、仕事で、朝から運動量が多く、お昼も午後2時~4時くらいまで食べれない日も出てきたため、果物にしても、スープ類にしても、以前よりは多めに朝食を摂っていますし、場合によってはパンなど少し食べることもあります。

ところで、時々聞かれるので、ご参考までに、私の普段の食生活についても以下に書いてみます。

私の場合、今のところは、体調良好で、健康診断の結果も体重以外はAです。(体重的には、やや痩せぎみらしいです。)

でも、私も、今後はどうなっていくかわかりませんし、人それぞれ体質が違いますので、無理してマネしないでくださいね。

1.時間がない時は、たくさんの量を食べることよりも、よく噛んで食べることを優先する。

2.食事の時間が遅くなって空腹の時に、一気にたくさん食べない。

3.朝は、最初に白湯をゆっくり飲む。(夏は冷えてない水を飲む。)

4.午前中は、なるべく搾りたての生ジュースやスムージー、果物を食べる。

4.寒い季節で、昼食が遅くまで食べられない時は、朝、生姜入りのお味噌汁、野菜スープ、お粥など、温かく消化の良い物を中心に食べる。

5.食事の時は、「生のもの→発酵食品→その他の加熱食品」の順に食べる

6.インスタント食品、コンビニ弁当、スナック菓子などは、ほとんど食べない。
 

7.手作りで白砂糖不使用でも、甘いものはなるべく控えめにする

8.なかなか食事ができずに空腹の時は、ナッツかドライ・フルーツをつまむ。

9.一日を通して、水分は、お水、白湯、ハーブティーで摂る。(時々、紅茶や日本茶、ごく稀にコーヒーも飲みます。清涼飲料は何年も飲んでいません。)

10.夜9時以降(または、寝る2時間前)には何も食べない※理想は8時以降食べない。
  
  ※仕事で、それ以降の帰宅の時は、時間が許せば、夕方~9時に少し何か食べる。
  ※それも無理なことが、一定期間以上続く場合は、なるべく遅めの朝食と昼食をきちんと食べる。

11.なるべく精製していない穀類(玄米や全粒粉の小麦粉など)を摂る。

12.豆類や、ナッツを多めに摂る。

13.なるべく発酵食品を、たくさん摂る。

14.体調や、その日の食事によっては、酵素の入った天然のマルチビタミン&ミネラルなどのベジタリアン・サプリメントで補うこともある。(日本の製品は、私には高額なため、アメリカの製品をネットで購入。)

15.最後に、(ご存知のように)私は、家ではヴィーガンですが、外食時などは、乳製品、鶏卵、鰹だしの入った麺類や煮物をいただくこともあります

(私は、お坊さんでも、偉い先生でもないので、自分一人がベジタリアンだということで、周りの人に気を使わせたり、場の雰囲気を壊したりしないようにだけは、気をつけています。)

以上、ざっと思いつくままに、書いてみました。

今の私にとっては、この食生活が、心にも体にも一番ラクで、決して、我慢して頑張ってるわけではありません。

今後のことも、自分の心と体に相談しながら、無理せずに決めていこうと思っています。

ですので、これは決して、万人に良い食事法という訳ではありませんし、特定の健康法に従ったものでもありませんので、くれぐれも無理にマネしないでください。


写真のメニューは。。。
・生姜入り野菜ポタージュ
・きゅうりと大根のわさびレモン和え
・手作りレモン・マーマレード
・雑穀食パンのトースト ←福引で当選 (*^^)v

2013年1月19日 (土)

餅入りミネストローネ&レタスの胡麻レモン和え

20130119

うちは、餅好き一家なので、お正月明けても、お餅をついて食べています。

そして、とうとう。。。

ミネストローネにも、お餅を入れてみました。

うーん、お餅を入れると、どうしてもスープがちょっと苦く感じてしまうのですが。。。食べてる母の様子を見ると。。。どうも“餅好き”には、そんなことお構い無しみたいです(^^ゞ

そして、またまた、ご近所の畑で採れた無農薬レモンを使って、サニーレタスを胡麻和えサラダにしました。

簡単に、レシピも書いておきます。

~ミネストローネ~

[材料 ※分量省略]

ホールトマト缶
セロリ
玉ねぎ
にんじん
じゃがいも
ブロッコリー
キャベツ
あらかじめ塩煮してあった茶豆と大豆
にんにく醤油漬け
オレガノ(ドライ)
バジル(ドライ)
塩麹

黒胡椒
オリーブ油

[作り方]

1.材料を食べやすい大きさに切る。
2.香味野菜や固い野菜を、オリーブ油で炒め、その他の材料とともに煮込む。

※今回は、最後に焼いたお餅を、入れています。

~レタスの胡麻レモン和え~

20130119_2

[材料 ※分量省略]

サニーレタス
白すりごま
レモン

[作り方]

1.サニーレタスを食べやすい大きさにちぎる。
2.レモンの一部を皮を剥いて、小さく切る。
3.残りのレモンを絞り、絞り汁と塩、すりごまを混ぜる。
4.ボールの中で1、2、3を和える。

2013年1月17日 (木)

大豆ミート唐揚のマーマレード・ソース

20130117

大豆ミートの唐揚げに、手作りレモン・マーマレード(12月24日の記事の戴き物の無農薬レモン使用)を使った和風ソース(たれ)を絡めてみました。

もちろん、市販のマーマレードでも、出来ます。

[材料 2~3人分]

~唐揚げ~

大豆ミート       乾燥した状態で50g
片栗粉         大さじ2くらい
揚げ油         適量

<下味用調味料>
醤油            大さじ1
にんにく醤油漬け    1片(普通のにんにくでもOK)
ごま油           小さじ1
水             大さじ1

~ソース~

レモン・マーマレード   1/2カップ
醤油            大さじ3
ケチャップ         大さじ1
水              70~80cc
水溶き片栗粉      片栗粉 小さじ1+水 大さじ1~2くらい

[作り方]

~唐揚げ~

1.大豆ミートをたっぷりのお湯(分量外)に10分~15分浸す。
 (この時、大豆ミートをひと煮立ちさせてから浸すと、もも肉っぽいジューシーな食感に、浸すだけだと胸肉っぽく歯ごたえがあります。)
2.1の大豆ミートが柔らかくなったら、お湯を捨て、大豆ミートを絞りながら水で2~3回洗う。
3.にんにくはスライスし、その他の下味用調味料と混ぜ、その中に、2の大豆ミートを軽めに絞って入れる。
  (ビニール袋などに入れて、揉みこむようにしてから、20~30分置くと作りやすい。)
4.3の大豆ミートの表面に片栗粉をつけ、油で揚げる。

~ソース~

1.水溶き片栗粉以外の材料を、小鍋に入れて混ぜ、ひと煮立ちさせる。
2.1に水溶き片栗粉を入れて、手早く混ぜ、とろみをつける。

~仕上げ~

大豆ミートの唐揚げをソースの鍋に入れて絡め、器に盛る。

<その他の大豆ミートレシピ>

大豆ミートで鶏チリもどき

大豆ミートと塩麹豆腐でタンドリーチキンもどき

2013年1月15日 (火)

『しあわせのパン』~わかちあって癒される~

前回の記事で、ちらっと触れた映画『しあわせのパン』についてです。

20130115


北海道で、宿泊できるパン・カフェを営む若い夫婦と、そこに訪れるお客さんとのふれあいを通して、いろんな人生模様が描かれている映画です。

毎日をゆっくりと丁寧に暮らしながら、心をこめてお客さんをおもてなしするオーナー夫妻の様子に、心なごみます。

そして、私の場合は、特に、三組目のお客さん(老夫婦)が訪れた以降のストーリーが良かったです

未来の希望を失い、最初は、「(このまま生きていても)年のせいで、出来なくなることが更に増えていくばかり。」と言っていたおじいさんが、カフェに滞在し、温かいもてなしを受け、他の人たちと触れ合ううちに変わっていくのです。

最初のきっかけは、それまでパンが嫌いで食べなかった妻(おばあさん)が、おいしそうにパンを食べ始めたことなんですが。。。

それから、そのおじいさんは、「(いくら年を取っても)人は生きてる限り変わり続ける。」ということに気づき、生きる希望を見出すのです。

そこに描かれているのは、見ず知らずの他人同士でも、人と人が心を通わせ、よい時間を分かち合うことで生まれる大きな癒し

主人公のパン・カフェのオーナーの水縞くん(大泉 洋)の好きな言葉は「カンパニオ」

「仲間」という意味なんですが、その語源は「パンを分け合う人」なんだそうです。

「人はパンのみにて生きるにあらず(=人は、物質的な充足だけでは生きていけない。)」と言いますが。。。

私たちがパンを分け合う時、分け合っているのは、パンだけじゃなくて。。。

そして、それを分け合うことは、どんな言葉よりも、どんな薬よりも、癒しのパワーを持っているんですね。

~主題歌の原曲~

https://www.youtube.com/watch?v=yyIY8MMBpSI

2013年1月13日 (日)

満足と進歩、コツコツとワクワク

20130113_3

今更ですが、みなさん、今年の抱負や叶えたい夢はありますか?

私はここ十年来、毎年の年賀状に、その年の目標や欲しい物などを書いているんですが。。。

今年は、「昨年に引き続き、このまま進んでいきたい。」と思って、あまり新たな目標や欲しい物が見つからず困りました。(^^ゞ

それは、自分が大切にしたいものや人生の目的が、ある程度はっきりして、それ以外のことには、あまり「こだわり」が無くなったからでもあるんですが、それが行き過ぎても、なんだか既にお婆さんみたいですよね?(^^ゞ

ちょっとした欲も出して、小さくても何か夢を持ってみると、生活に新たなハリが出て楽しく過ごせるかもしれません。

そんなことを思ったのは、今朝の坐禅会で、みんなで今年の抱負を言い合い、例えば、20代の人の「今まで交流したことのなかったタイプの人達とも、積極的に交流して自分の世界を広げたい!」とか、ご住職の「富士山登頂!」とか、気持ちが活気づくような目標が聞けたからです。

このブログを読んでくださった方が、よくメールに書いてくださる内容に「自分のやりたいことや天職がはっきりしない。」というのがあるんですが、それを探して、いろいろやってみたり、いろんな人と交流したりするのも、なんだか楽しいことですよね!

「実は、天職とか人生の目的とか、はっきりしてもしなくても、どっちもいいんじゃないかなぁ~。いろいろやりながら、人は変わっていくものだし。」なんて、私も、今更ながらに思えたりします。

先日観た『しあわせのパン』という映画の中にも、一時、心が行き詰まっていたおじいさんの「人は生きてる限り変わり続ける。」という言葉と、その良い例が出てきたのが、印象に残っています。
(※この映画については、次回の記事に書きたいと思います。)

今あるものを最大限に感謝して楽しみつつも、新たな扉も開いていくのって大切ですね。

ところで話は変わりますが、「世間から見たら小さなことなのに、自分にとっては叶えるのが困難な夢」ほど、それに気づくと落ち込みますね。

実は私、ほんとにお恥ずかしいことに、つい最近「現実的に考えて、もう二度と犬も猫も飼えないかも?!」と気づいて、予想外に落ち込んだんです。
もう、それは、今でも若干尾を引いてるくらいで、自分でも、ものすごーくびっくりしています。

「落ち込むべきポイントなら、他にもっとあるだろ!」と言われそうですが、他の人が不満に感じるかもしれないことでも、私には大したことに感じられず、充実して毎日過ごしていただけに。。。
これは、本当にショックでした。\(◎o◎)/!

(その後、「将来、なんだか馬を飼いそう。」(←冗談です。)と言われて、なぐさめられました~。)

でも、世の中、自分では考えつかなかった方法や奇跡が起こる可能性だってありますからね!

真面目な抱負を抱いて努力するだけじゃなくて、同時に、人に笑われようが、ワガママだと言われようが、楽しい夢も見てみるのもいいかもです!

「現状に満足すること」と、「更に進歩して変わっていくこと」、そして「コツコツひたすら努力すること」と「ワクワク希望を描いてみること」、両方のバランスをとるのが大切かもしれませんね!

※トップの写真は、ご近所のわんこ。
 通りかかるといつも、フェンスから、顔を出して、吠えずに話しかけてきます。(*´▽`*)
 とっても、おりこうさんです。

2013年1月11日 (金)

『ニュー カマル』愛知県知多郡東浦町

20130111_1

JR武豊線の石浜駅のすぐそばのネパール・インド料理のお店『NEW KAMAL』さん(0562-84-3348/090-9880-8045)で、ランチしました。

写真は、ネパール・セットです。
(ネパールでは、レンズ豆のカレーがついたセットをダルバートと呼ぶそうです。チャパティとアチャールがついてないのは、ちょっと残念ですが、ここのナンは、適度に弾力もあって、美味しいです。)

通常は、チキン・チリがつくところを、野菜チリ炒めに替えてもらいました。

この辺のカレー屋さんは、ネパールの人が多くても、ネパール料理が無く、インド料理だけのところが多いんですが、このお店には、他にも少しネパール料理があります

テーブル全体をお見せすると。。。

ジャーン!  こんな感じです。(↓)

20130111_2
このボリュームで、1100円ですが、毎回10%割引チケットを使えるので、990円です。
(お得でしょ?)

全部食べきれなければ、頼むと、持ち帰れるように包んでもらえます。

インドやネパールのお店は、乳製品や鶏卵まで除外したヴィーガン料理は難しいことが多いですが、ラクト・オボ・ベジタリアンなら、ベジタリアンだと言えば、お肉を野菜に変更したり、融通をきかせてもらえるので、たまには、ギー(澄ましバター)などOKなベジタリアンの人は助かりますよね。

こちらのニューカマルさんは、お料理も、おいしくて、ランチは、カレーライスセット650円から有りチョーメン(ネパール焼きそば)トゥクパ(ネパールうどん)550円など、お財布に優しいものもあるので、気軽に立ち寄れます。

こじんまりしたアットホームなお店で、お店の人も、とても親切なので、オススメです。

20130111_3
左から、最近日本に来た新しいシェフのUmalal(ウマラル)さん、漢字も読み書きできて、フレンドリーなRishiram(リシラム)さん、そして、落ち着いた優しい雰囲気のJamuna(ジャムナー)さんです。

ちなみにランチのセットメニューはこちら(↓)

20130111_4_2

2013年1月 9日 (水)

自然治癒力(1) ~いのちの不思議~

20130109_1

前回の記事を読んでメールをくださった方の中で、私が補足的に触れた「自然治癒力」について、とても参考になることを書いて下さった方がいらっしゃったので、ご本人の承諾を得て、一部をご紹介させていただきたいと思います。

その方(Aさんと呼ばせていただきます。)は、いつも、とっても明るい素敵なメールを送ってくださる方なんですが、実は持病をお持ちで、体温調節機能も弱く、冬はずっと電気毛布をお使いだったそうです。

でも、そうすると熱が出てしまったり、調子が良くなかったそうで、この冬、一念発起して電気毛布のご使用をやめてみたんだそうです。

Aさんいわく、「自然治癒力を信じてみたいと思った」とのこと。

そうしたら、それまで電気毛布が必要なほど冷えていたのに、自分で自分の体を温めようと自然に体温が上がってきたそうです。

また、口呼吸しがちだったのを改めて、今は、口を閉じてゆっくりと呼吸するように心がけているそうです。

Aさんは「人の身体の各部には、それぞれ大切な機能があり、それをこころして使わなければ、機能低下を引き起こすのではないかと、改めて知らされた気がしました。だから、いまは、自然治癒力を信じながら、過剰な補佐的なものは使わないで、のんびりと、自然な生活をしたいと思っています。」ともおっしゃっています。

Aさんの「こころして使う」という言葉を聞いて、気持ちよく身の引き締まる思いがしました。

本当に、体は、使わなければ、どんどん退化してしまいます。

ご長寿で一躍有名人になられた「きんさん&ぎんさん」も「長寿の秘訣は、何でも自分でやること!」とおっしゃっていました。

それにしても、(Aさんもおっしゃっていましたが)「自然治癒力」って、素敵ですね。

怪我をした時、その傷をふさぎ、治していく力は、神秘的で偉大だと、いつも感動してしまいます。

また、父が肺がんで亡くなる直前まで、爪や髪が伸びたり、一時的に出来た床ずれの皮膚が、また治っていったりするのも、すごいことだと思ったのを覚えています。

病状が重くても、最後の最後まで、いのちのエネルギーが体を流れ続け、体は自分で治ろうと頑張っているんですね。

その力を最大限に引き出してあげるために、体を「こころして」使い、「こころして」休めたいと思います。

※自然治癒力(2)はこちら→ 自然治癒力(2) ~宇宙の体~

トップの写真は、こんなに寒くても、咲いてるたんぽぽ。

20130109_2


←そして、こちらは、すでに春の訪れを知って咲き始めたロウバイです。

とってもいい香りです。

2013年1月 7日 (月)

無病息災という奇跡

20130107
今日は、七草粥の日でしたね。

今年は、玄米や発芽玄米でなく、普通に白米の七草粥を土鍋で炊きました。

おまじないの歌を歌いながら、七草を叩いたりというところまで余裕がなく、黙ってさっさと作ってしまいましたが、今年も無病息災でいられたらいいですね~。

ところで、普段ないような大きなラッキーが訪れると、誰もが「奇跡」という言葉を使いますが、特に変わったことが何もないと、特別喜んだりしませんよね?

でも、よーくよーく考えてみると、何事もなく、何年も無事に生きているって、すごい奇跡なのかもしれないなぁと思います。

一歩外に出れば車もいっぱい走ってて、交通事故の危険もありますし、医療は発達しても病気はなくならないし、先進国は恵まれているといっても、先進国や現代社会特有のストレスだって多いですよね?
一昨年には、日本は、震災という大きな悲劇も経験しました。
それなのに、今こうして、自分がなんとか無事に生きてるって、すごい奇跡だと思いませんか?

(これを読んでいる方の中には、現在ご病気で、苦しい方もいらっしゃると思いますが、それでも体は、いつも「治ろう」と自然治癒力を働かせて一生懸命頑張ってくれていることも、すごいですね。そうやって自分を生かそうと頑張ってくれてる体の細胞一つ一つが、健気で可愛く思え、感謝したくなりますね。)

震災で、たくさんの物を失ったり、病気になったりすると、それまで当たり前だと思っていたことのありがたさが解るって誰もが口々に言われますが。。。

本当に、普段「当たり前」だと思っていることこそ、実は「有り難い」奇跡かもしれません

今日は、そんなことを思いながら、七草粥を味わいました。

みなさまが、今年も無病息災でいられますように!
大丈夫! 私がみなさんの分まで、たーっぷり食べておきましたから~!(←作りすぎ!)

2013年1月 5日 (土)

『ノートルダムの鐘』&『ショコラ』~正義に燃える悪い人たち~

世の中、どこにでも「正義感」の罠ってありますよね?

“正しさ”を追求する気持ちが、いつの間にか、自分の理想と違うものを憎んで、攻撃したり排除したりする方向に変わってしまうことは、歴史上にも、身の周りにもよくあるんじゃないかなぁ~と思うんです。

普段、仕事で小さい子供たちと接しているので、お正月休みに、子供向け映画を、まとめてレンタルしたところ、そんなことを考えさせられたのが、『ノートルダムの鐘』です。(※続編の2ではなく、最初の1の方)https://www.youtube.com/watch?v=acZVRJp_aCs&list=WL7469B3D8D3517FFD

(※12月21日の記事の一番下に、貼らせていただいた“Someday”という曲は、この映画のエンディング曲でした。歌手が違いますが。)

先日の記事の『ペーパームーン』の登場人物、“正しくないけど憎めない”モーゼとアディの真逆パターンの“正しさを追求するあまり悪人になってしまった人”が、『ノートルダムの鐘』に出てくるフロロー判事なんですよね。

ヴィクトル・ユーゴーの原作は読んだことがないんですが、この映画で、正義に燃えるフロロー判事は、自分が正しいと信じて、残忍な行為をしています

これは、どちらかというと子供向けなのもあって、極端にわかりやすく描かれていますが。。。

これと、よく似たテーマで、大人向けな映画にラッセ・ハルストレム監督『ショコラ』がありますね。

正しさを追求する厳格な村長に支配され、古い因習に縛られた村にやってきて、チョコレート店を開いた女性をめぐり、村人たちが、人間らしい、いきいきとした人生を取り戻すストーリーです。

ラッセ・ハルストレム監督の作品は、他にも、『サイダーハウス・ルール』や『ギルバート・グレイプ』など、道徳だけで判断出来ない善悪や人間愛や自由をテーマにしたものが多いように思います。

ところで、“正しい人”が、“悪い人”に変わり始める道の分岐点って、どこでしょう?

やっぱり、理解できないものや間違っているものを憎む気持ちが、愛する気持ちより勝ってしまった時?

そして、「許せない」気持ちがあまりに強くなってしまった時?

その前に、自分の理想と違うところばかりが見えて悲観し、「完璧」や「徹底」を求めすぎてしまった時でしょうか?

~ショコラ 予告編~
https://www.youtube.com/watch?v=Az6q4ThqnrA&list=WL7469B3D8D3517FFD

2013年1月 3日 (木)

マイルド豆乳カレー雑煮

20130103
普通のお雑煮やおせち料理に飽きてきた時。。。

こんな、マイルドなカレー味のお雑煮も、なかなかです。
カレー味ですが、お味噌やお醤油など発酵調味料と組み合わせて、動物性の出汁がなくてもおいしいです。

[材料 3~4人分]

豆乳                   2カップ(400cc)
昆布だし汁 (or 水)         2カップ(400cc)
カレーパウダー           大さじ1
  ※今回あまり辛くないメーカーのカレー粉を使用していますので、メーカーや好みで、量を加減してください。
こうじ味噌など白い味噌   大さじ1
しょうゆ             大さじ1
生姜                          ひとかけ(梅干より小さいくらいでOK)     
塩                適量

ありあわせの野菜
(にんじん、白ネギ、ブロッコリー、きのこ類 など)

お餅               人数分

ローストオニオン       適宜
  ※トッピングとしてふりかけると、一段と風味が増します。

[作り方]

1.生姜はすりおろし、野菜は、煮えやすいように切る。
  (にんじんなど固めの野菜は、皮むき器で鉛筆を削るように薄切りにすると便利。)
2.鍋に、だし汁または水を入れ、固い野菜を入れる場合は、先に入れて火にかけ煮る。
3.2に、さっと煮るタイプの野菜を入れ、味噌を溶き入れ、カレーパウダー、しょうゆ、おろし生姜を入れる。
4.3に、豆乳を加え、塩を加えて味を整える。
5.お餅を焼き、4のスープとともに器に盛り、あればローストオニオンをトッピングする。

※お餅は、お好みで焼かずに、一緒に煮てもおいしいです。

2013年1月 2日 (水)

餅入り白味噌煮込みうどん

20130102_1

みなさん、初夢は見ましたか?
私は、なんでか、オバマ大統領に会う夢を見ましたよ~(´∀`)

ところで、愛知で「みそ煮込みうどん」と言えば、八丁味噌(赤みそ)固ゆで麺に決まってるんですが。。。

みなさん、お気づきのように、私は、あんまり家で八丁味噌を使っていません。

なぜかというと。。。八丁味噌って、濃い鰹だしと相性バツグンだから。

普段から、昆布や干し椎茸で精進だしを使っている私は、こうじ味噌などの白みそ系や麦味噌、そして、母やご近所の婦人会の方達が集会場に集まって作った手作りの田舎味噌を使っているので、なかなか八丁味噌の出番が少ないのです。

だから、味噌煮込みうどんも、白いこうじ味噌で作ることが多いです
けれど、これはこれで、また美味しいんですよね~。

おせちや、ヘビーなご馳走に飽きた時にも。。。

20130102_2

←コシの強い“なま”タイプのうどんを、土鍋でぐつぐつ煮込んだ味噌煮込みを食べれば、体もぽっかぽかに温まります。
 

写真がきたなくてすみません。m(_ _)m

20130102_3


←地元の杉浦製麺所さんの“なま”うどん。
 保存料などの余計な添加物が、入ってない麺や、コシの強いおいしい麺も、いろいろ作られています。
 このうどんも、コシが強くて、味噌煮込みにもピッタリ!

[材料 ※今回、分量は省略させていただきます。]

できれば、なまのコシの強いうどん使用

~うどんスープ~
こうじ味噌
昆布だし汁
おろし生姜 
白練りごま  少々
白すりごま  少々(入れなくてもOK)
ごま油     隠し味程度

~具~
白ネギ(太いネギ)
白菜
きのこ類
油揚げ
焼いたお餅

~薬味~
七味唐辛子

[作り方]
1.うどんスープの材料を土鍋に入れ、火にかけながら混ぜます。
2.お餅以外の具を入れて煮る。
3.半なまうどんは、普通の味噌煮込みのように、具と一緒にそのまま入れても、さっと茹でてから追加してもOK。
  (そのまま入れると、スープがトロンとします。)
4.最後に焼いたお餅を入れ、お好みで七味唐辛子をかける。

※お餅は、お好みで、焼かずに一緒に煮てもおいしいです。

2013年1月 1日 (火)

穏やかなお正月

20130101_1

あけましておめでとうございます。

みなさん、良い元日をお過ごしでしょうか。

私は、今朝は、昨日ついた黒米入り玄米餅のお雑煮を食べ。。。
熱田神宮に初詣に行き。。。

20130101_2

←夕食の後、またまた玄米餅に今度は、シナモンきなこをつけて食べました~。
(結局、食べてばっか?)

昨年も書いたかもしれませんが、この地方のお雑煮は、一般的には、すまし汁なんですが、私は、京都風の西京味噌のお雑煮が好きなので、まず今日は、西京味噌のお雑煮にしました。
そして、畑で育てたブロッコリーを入れました。

白いお味噌と西洋野菜の組み合わせは、大好きです♪

20130101_3

初詣は、毎年恒例で、お姉さん友達のSさんと。
その年によって、メンバーが増えたり減ったり変わることがあっても、Sさんはいつも一緒です。

今日は、お昼を食べてお茶しながら、じっくりと話をしました。

Sさんとは、本当に長いおつきあいなんですが、話せば話すほど、育った環境や経験が似ているところがたくさんあるので、他の人に言っても全然理解してもらえないようなことも、お互い理解し合えるのです。

だから、血は繋がってなくても、私は、Sさんのことを本当の姉のように思っていて、出会えてよかったと思っています。

お互い、忙しかったり、生活で大変なこともあったりして、Sさんと泊まりの旅行はしたことがないんですが、私は、いつか近場の温泉にでも、姉妹旅行に行けたらいいなぁ~という、ささやかな夢を持ってます。

20130101_4

山の上や旅館やディズニーランドや海外で新年を迎えるというような、派手なお正月は過ごせなくても、毎年こうして信頼できる友達と「今年も無事に新年を迎えることができて、よかったね~。」と穏やかにお正月を過ごせることは、幸せだなぁとつくづく思います。

←みんなの希望をお天道様が見守ってるみたい。

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ