« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月29日 (土)

お月見だんご(かぼちゃ餡添え)

20120929

明日(2012年9月30日)は十五夜、中秋の名月です。

あいにく台風が接近していますので、お月見は難しいかもしれませんが。。。

おだんごを作ってみました。

十五夜と聞くと、満月だと思いますが、年によって、必ずしも満月とは限らないそうです。
でも、今年は、昨年に引き続き、十五夜の日に満月になるそうです。
参考→ Yahoo!きっず星空 9月30日 十五夜のお月見(中秋の名月、芋名月) 

それでは、みなさん、台風にはお気をつけください。

[材料 お団子12個]

<お団子>

白玉粉           1/2カップ(100ccの線のところまで)
上新粉(米粉)       1/2カップ(100ccの線のところまで)
てんさい糖         大さじ1~2
水              120ccくらい(少しずつ入れて生地の固さによって加減してください。) 

<かぼちゃ餡>

かぼちゃ(中)        1/4
てんさい糖          大さじ3くらい(甘さのお好みで)
シナモンパウダー     適宜

[作り方]

<お団子>

1.ボールに、白玉粉と上新粉を入れて混ぜる。
2.てんさい糖に、上記の水の2/3くらいを混ぜて溶かしながら、1に加える。
3.2に、様子を見ながら、残りの水を少しずつ足して練り、耳たぶくらいの固さの生地にする。
4.鍋にお湯を沸騰させる。
5.3の生地を細長く伸ばし、ナイフやフォークで12等分して丸め、4の沸騰したお湯に入れる。
6.そのまま、お団子が、お湯の中で浮き始めてから約2分ほど茹で、茹で上がったらいったん水を張ったボールに取り出す。

<かぼちゃ餡>

1.かぼちゃは、蒸して身の部分をスプーンなどでくり抜くか、皮を剥いて適当な大きさに切り、ひたひたの水で煮る。
2.1で柔らかくなったかぼちゃとてんさい糖とを鍋の中で温めながらよく混ぜる。
3.2にお好みで、シナモンパウダーを少々加える。

※その他のおだんご → お月見だんご&さつまいもトリュフ
                 みたらし団子(大人用&子供用)
                                    チョコ風味だんごの豆乳がけ

おうちカフェ用BGMにドビュッシーの「月の光」をYouTubeから選ばせていただきました。

フジコ・へミングさんの演奏です。

2012年9月27日 (木)

2012年秋のベジフェス日程

20120927

この秋も、各地で恒例のベジフェスが開催されます!

実は、私自身は、この秋、仕事や他の予定と重なってしまい、まったく行けないのですが。。。

以下に、まとめて、主なベジフェスの日程と公式サイトのリンクをリストアップしまーす!

ベジタリアン料理や環境問題、動物保護など、少しでもご興味のある方もない方も。。。
お祭りですので、お時間があったら、ぶらりとお出かけしてみてはいかがでしょう?

おいしいベジ料理の食べ歩きも楽しいですよ~♪

<2012年秋 ベジ・フェス日程>

※日付の早いもの順です。

京都ベジタリアンフェスティバル
2012年9月30日(日)→台風のため、屋外での開催は11月25日(日)に延期

 場所 :京都 梅小路公園 七条入口広場
  時間 :10:00~17:00
 入場料:無料
 雨天 :決行
 内容 :ベジフード屋台、ライブステージ、トークショーなど
 
 公式サイト→  http://www.vegetarianfestival.jp/index.html
 昨年の様子→ 京都ベジタリアンフェスティバル当日レポート1 ~食べ物編~
           京都ベジタリアンフェスティバル当日レポート2 ~ステージ編~

名古屋ビーガングルメ祭り
2012年10月14日(日)


 
 場所 :鶴舞公園 奏楽堂周辺
  時間 :10:00~17:00
 入場料:無料
 内容 :ビーガンフード屋台、松田麻美子先生トークショー&サイン会、ライブステージ、会場内パフォーマンス、パネル展など
 
 公式サイト→   http://nagoya-vegefes.com/index.html
 昨年の様子→ 名古屋ビーガングルメ祭りレポート1 ~食べ物編~
           名古屋ビーガングルメ祭りレポート2 ~健康や環境の情報編~

東京ベジフードフェスタ2012
2012年10月20日(土)、21日(日)


 
 場所 :代々木公園 NHKホール前 ケヤキ並木
  時間 :10:00~17:00
 入場料:無料
 内容 :ベジフード屋台、体験ブース など
 公式サイト→ http://tokyo-vegefest.com/index.html

 

<その他> ※ベジフェスではありませんが。。。

ナマステインディア 2012 in Kariya(愛知県刈谷市)
2012年10月7日(日)


 
 
 場所 :刈谷市総合文化センター/みなくる広場
  時間 :10:00~16:30
 入場料:みなくる広場への入場は無料、有料イベント有
 内容 :インド料理屋台、ステージパフォーマンス、レクチャー、ヨガ体験 など
 公式サイト→   http://www.katch.ne.jp/~kokusai/namaste/
 昨年の様子→ ナマステ・インディア当日レポート1 ~マサラワーラーライブ&インド料理の巻~
           ナマステ・インディア当日レポート2 ~ヨガ体験講座他~ 

  ※私は、かろうじて、これだけは、ちらっと行けるかも?

※トップの写真は、昨年の名古屋ビーガングルメ祭りのビーガン屋台です。

2012年9月25日 (火)

みたらし団子(大人用&子供用)

20120925_1

一昨日の日曜、甥っ子&姪っ子が来たので、一緒にみたらし団子を作っておやつにしました。

みんなで、『だんご3兄弟』を歌いながら。。。
(懐かしい曲ですが、今の子も知ってるみたいです。 甥っ子たちも、3人兄弟なんですが、この日は、末っ子が、おうちでお母さんとお留守番でした。)

トップの写真は、白玉粉多めの、モチモチ柔らかな贅沢みたらし団子
写真用に、はりきってタレかけすぎ。。。(^^ゞ)

そして、こちらが、甥っ子たちと、だんご粉(うるち米の粉55%+もち米粉45%)で作ったみたらし団子です。(タレも甘め。)

               ↓     ↓     ↓

20120925_2

火を使う作業は私がやりましたが、その他の作業(生地を丸めたり串に刺したり、タレをつけたり)は、小学2年の甥っ子と保育園の姪っ子に、ほとんどやってもらいました。
なかなかの腕前です!

二人とも、作るときも、食べる時も夢中になってました!

写真で、どちらが美味しそうに見えるか。。。お好みによると思いますが、本当にどちらもおいしいです。

<もちもちみたらし団子(トップ写真)>

[材料 お団子20個(4~5本分)]

<お団子>
白玉粉           3/4カップ(150ccの線のところまで)
米粉(上新粉)       1/2カップ(100ccの線のところまで)
水              150cc
  ※少しずつ入れて、生地が耳たぶくらいの固さになるよう加減。 

<たれ>
しょうゆ           大さじ1と1/2
てんさい糖         大さじ2
水               100cc
片栗粉            小さじ2~大さじ1

[作り方]

<お団子>
1.ボールに、白玉粉と米粉を入れて混ぜる。
2.1に、様子を見ながら、少しずつ水を入れて練り、耳たぶくらいの固さの生地にする。
3.鍋にお湯を沸騰させる。
4.2の生地を細長く伸ばし、フォークなどで20等分に切り分けて丸め、4の沸騰したお湯に入れる。
  ※生地を伸ばす時は、まな板などの上に米粉を薄く敷いて、転がすと簡単。
5.そのまま、お団子が、お湯の中で浮き始めてから約2分ほど茹で、茹で上がったらいったん氷水を張ったボールに取り出す。
6.5のお団子を、4~5個ずつ串に刺し、網やグリルで、軽く焦げ目がつくまで焼く。
 (少しタレを絡めてから、更に軽く焼くとおいしい。)

<たれ>
1.小鍋に、しょうゆ、てんさい糖、水を入れ、てんさい糖を溶かしながら煮立てる。
2.1に大さじ2くらいの水(分量外)で溶いた片栗粉を入れ、手早く混ぜてとろみをつける。


<子供と作れる簡単みたらし団子>


[材料 お団子18個(6本分) ※だんご3兄弟で3つずつ刺せるよう数を調整しました。]

<お団子>
上記の白玉粉+米粉と同量くらいのだんご粉
(※または、白玉粉と米粉を半々くらいで混ぜたもの)
水              150ccくらい
  ※少しずつ入れて、生地が耳たぶくらいの固さになるよう加減。 

<たれ>
しょうゆ          大さじ1弱
てんさい糖        大さじ2
水              100cc
片栗粉           小さじ2~大さじ1

[作り方]

<お団子>
1.ボールに、だんご粉(または白玉粉+米粉)を入れて混ぜる。
2.1に、様子を見ながら、少しずつ水を入れて練り、耳たぶくらいの固さの生地にする。
  ※やや固めだと子供でもきれいに丸めやすい。
 
 
3.鍋にお湯を沸騰させる。
4.2の生地を細長く伸ばし、フォークなどで20等分に切り分けて丸め、4の沸騰したお湯に入れる。
  ※生地を伸ばす時は、まな板などの上に米粉を薄く敷いて、転がすと簡単。
5.そのまま、お団子が、お湯の中で浮き始めてから約2分ほど茹で、茹で上がったらいったん氷水を張ったボールに取り出す。
6.5のお団子を、3個ずつ串に刺し、網やグリルで、表面を軽く焼く。
7.焼いたお団子にタレを塗る。

<たれ>
1.小鍋に、しょうゆ、てんさい糖、水を入れ、てんさい糖を溶かしながら煮立てる。
2.1に大さじ2くらいの水(分量外)で溶いた片栗粉を入れ、手早く混ぜてとろみをつける。


『だんご3兄弟』
をYouTubeにUPしてくださってる方がいたので、貼らせていただきます。

http://www.youtube.com/watch?v=uAil07dm7yQ&feature=my_watch_later_videos&list=WL7469B3D8D3517FFD

2012年9月23日 (日)

きび麺のカルボナーラ風

20120923

卵やベーコンは使わずに、ヴィーガンのカルボナーラ風のパスタを作りました。

麺は、スパゲティでもいいんですが、今回はきび麺を使いました。

豆乳と白味噌や麦味噌を混ぜるとチーズ風味になると以前のレシピでも何度か書きましたが、今回もチーズの代わりに豆乳と白味噌を使い、スモークソルトでベーコンのような燻製風味を加えました。

卵っぽく見えるようにターメリックで黄色くし。。。
絹ごし豆腐で、若干のかたまり感も出したら、見た目が、ちょっと卵に火を通しすぎたカルボナーラみたいになってしまいました。。。(^^ゞ
でも、味や舌触りは、まあまあ良かったです。

[材料 たっぷり2人分]

きび麺                200g
絹ごし豆腐             1/2丁(前もって水を切らなくてOK)
豆乳                   1カップくらい
白味噌                大さじ2くらい
スモーク・ソルト+普通の塩  適量 
 ※スモーク・ソルトを少し入れるとベーコンのようなスモーク風味に。
粗挽き黒胡椒        
にんにく                1/2~1片
オリーブ油             大さじ2くらい
ターメリック              あれば少々(※卵っぽく黄色くするため)

ありあわせの野菜       少々
 ※ここでは、ししとう、にんじんを入れていますが、ほうれん草やブロッコリーなど、もっと合うと思います。

[作り方]

1.にんにくはみじん切りかスライス、その他の野菜は食べやすいように切る。
2.大きめの鍋に湯を沸騰させ、きび麺をゆでる。(袋に記載された茹で時間を参照。)
3.大きめのフライパンに、オリーブ油を熱し、1のにんにく、その他の野菜の順に入れて炒める。
4.3を弱火にし、絹ごし豆腐を入れ、豆乳である程度溶いた味噌を入れて混ぜ、茹で上がったきび麺を入れ、絡める。
5.4に塩(できればスモークソルト)を入れて、味を整え、黒胡椒を(出来ればその場で粗挽きにして)かける。

2012年9月21日 (金)

子供は親を選んで生まれてきた?(1) ~人が生まれる目的~

20120921

「子供は親を選んで生まれてきた」とか、「生まれる前にお互い合意して親子になった」とか言われることがありますよね。

これについては、真相を証明できるものではないので、賛否両論あって、正しいか間違っているかを決められるものではないと思いますが。。。

今日(日付変わって昨日)、書店で、たまたま目にとまった本を開いたら、「子供は親を選んで生まれてきた」という説を元に書かれた本でした。

著者は、医学博士で池川クリニック院長の池川明先生という方で、生まれる前の記憶があるというお子さんやお母さんに接する中での体験から書かれているようでした。

ちょっと興味深かったので、とりあえず、そのまま図書館に直行し、池川先生の本を3冊借りて帰り、ざっと目を通させていただきました。

そこで「どんな目的を持って、親を選び、生まれてきたのか?」というポイントだけ、池川先生の説をご紹介させていただくことにしました。

・・・というのも、つい先日「最高の親孝行は? ~子は親より幸せになっていい~」という記事を書いたばかりなので、それに繋がるものがあるように感じたからです。

先日の記事で、自分の親が尊敬できなくて罪悪感を感じたり、親を幸せにできなくて自分を責めて苦しんだりしてる人が、案外多いことに触れたのですが。。。
そういう方で、普通の心理学的なアプローチでは、気持ちがすっきりしない場合は、スピリチュアルな面から見てみるのもいいかもしれません。

とりあえず、以下に、池川先生がおっしゃる「子供が親を選ぶ理由」を、いくつか箇条書きにさせていただきます。(※詳しくは、先生の著書をお読みください。)

・優しそうなお母さんだったから
・楽しそうな家庭(夫婦)だったから
・お母さんが悲しそうだったり、辛そうだったから、助けるために生まれた。
・自分が生まれないと、お母さん(お父さん)が、悪い方向に行きそうだったから、それを止めるために生まれた。

他に、自分の目的を果たすのに、力になってくれそうな親を選んだと言った子供もいるそうです。(例:女優さんになりたいので綺麗なお母さんを選んだ など)

そして、「人が生まれる目的」は、大きく分けて2つあるそうで、それを『子どもは親を選んで生まれてくる』(日本教文社)p157~158から引用させていただくと、

1.親、特にお母さんを成長させること
2.自分の人生のテーマを追求する中で、多くの人の役に立つこと

・・・だそうです。

「優しそう」「楽しそう」という理由で親を選ぶだけでなく、「この親を助けたい」「この親の魂を成長させたい」という理由で親を選ぶ子供も多いということなんです。

そういう子供は、自分が虐待されることがわかっていても、その親を選んだり、また親に本当の愛を教えるために自分が病気で生まれることを選んでくることもあるそうです

もしも、今、「親を尊敬できない」とか「親(の心)を幸せにできない」などと苦しく思っているとしたら、それは、親を助けるため、親の魂を成長させるために親を選んだからかもしれません。

そして、今、いろんなことで、心が辛いお母さん、お父さんも、ひょっとしたら、お子さんは、お母さんお父さんを助けたくて生まれてきたのかもしれません。

子供が親を助けるやり方は、時に、親にとって好ましくないものかもしれません。
不登校になるとか、反抗するとか、病気になって世話や心配をかけて、親に大切なことを気づかせようとするかもしれません。

そして、お母さんやお父さんが幸せにならないと、お子さんは、安心して第2の人生の目的「自分の人生のテーマを追求する中で、多くの人の役に立つこと」(上記)に進めません。
どうか、全力で幸せになってください。

お子さんを幸せにするために、特別な条件は必要ないと思います。
ただ、お母さん、お父さんが、毎日笑顔で、穏やかな心でいることが、お子さんにとっての一番の幸せじゃないでしょうか?

専門家でもない私が、出過ぎたことを言ってしまってますが。。。、自分の記憶や、今までに仕事やボランティアを通して出会った子供たちの様子からも、そんなふうに感じます。

そして、私自身も、血の繋がりに関わらず、出会う子供たちみんなに、いつも笑顔で穏やかな心で接していきたいと思います。

その他の関連記事:
『幸福な食卓』~傷ついた心、癒された心~
『秋日和』&『晩春』~美しい親子の絆~
子供は親を選んで生まれてきた?(2)(おすすめ動画付き)

2012年9月19日 (水)

さっぱりトマトカレーのポテトコロッケ添え(ルー不使用)

20120919

冷凍で作り置きしてあったコロッケを使って、コロッケ・カレーにしました。

揚げ物と一緒なので、カレーの方は、油分も控えめに、トマトの酸味やショウガをきかせて、さっぱりと作りました。

今回も、カレー・ルーは使わず、スパイスを混ぜて作りました。

[材料 3~4人分]

トマト(生)           2個
玉ねぎ             1個
ひよこ豆(塩茹で済み)   1/2カップ
にんにく              一片
しょうが             梅干より大きめをひとかけ

塩                小さじ1~
オレガノ(ドライ)        小さじ1~2 
オリーブ油           大さじ1
水                 1/3~1/2カップくらい

揚げたてコロッケ       ※レシピ→ ポテトコロッケのトマトソース添え

スイートバジル(生)       適宜 

~スパイス類~

クミンシード          小さじ1
ターメリック           小さじ2
コリアンダーパウダー    小さじ2
クミンパウダー                小さじ1
カルダモンパウダー       小さじ1/2
フェヌグリークパウダー    小さじ1
チリペッパー          少々(辛さの好みで)
ガラムマサラ          少々
    

[作り方]

1.トマトは湯剥きして、小さめのざく切り、にんにくとしょうがはみじん切りにする。
2.大きめのフライパンに、油を熱し、クミンシードを入れる。
3.2のクミンシードがパチパチはじけてきたら、にんにく、しょうがの順で入れる。
4.3に玉ねぎのみじん切りを入れ、中火でよく炒める。
5.4に湯むきして切ったトマトを入れて炒める。
6.5に、塩茹でしてあるひよこ豆、水、クミンシード以外の残りのスパイス、オレガノ、塩を入れて、しばらく煮る。
7.器に、炊いたご飯、揚げたてのコロッケを盛り、6のカレーをかける。
8.お好みで、スイートバジルの葉を添える。(食べる時にちぎって混ぜる。)

2012年9月17日 (月)

『麦秋』 ~結婚の条件?~

http://www.youtube.com/watch?v=ya3kdw47mrI

世の中が不況の今、20代初めから婚活に打ち込む女性が増えているそうです。

そして、理想の相手の条件には「なるべく良い会社の正社員」というのが入っているとのことです。

景気の良かったバブル時代には、結婚よりキャリア志向の女性も多かったんじゃないかと思うと、それも生存本能でしょうか?

ほとんどの女性は、本当は、結婚に“心のつながり”を一番に求めていると思うんですが、同時に、肉体を持った生物として、その時代に生き残るための条件を、無意識に選んでいるのかもしれません。

でも、もしそうなら、どんな会社もいつ倒産するかわからない世の中だからこそ、組織に頼らなくても、どんな境遇になっても、それなりに前向きに生きていけそうな人がいいんじゃないかとも思ったりします。
(もちろん人間的に素晴らしい優良企業の正社員の方はたくさんいますので、あくまで、第一条件が“優良企業の正社員”でなくてもいいという意味なんですが。)

もっと言うなら、「この人なら自分を幸せにしてくれそう。」じゃなくて、「この人となら、何があっても一緒に頑張れそう。」と思える人。

どんなに時代は変わっても、変わらない本質的なことはあるんじゃないかと思います。

最近、20代の女性の話を聞いたり、自分のことも含めて、そんなことを考えていたところ、たまたま出会った映画が、小津安二郎監督の『麦秋』です。

1951年の作品だそうで、私も生まれるだいぶ前の作品ですが、古い映画ならではの良さと、今の時代にも通じる大切なものの両方が感じられる映画でした。

たとえば、昔の日本女性の所作や言葉遣いの美しさは、古い映画ならではですし、登場人物の結婚観や家族の思いなどは今の時代にも通じるように思いました。

                  ------------------

ストーリーはシンプルで、間宮家の娘の紀子(原節子さん)が、お嫁に行くまでの日常の家族の様子を描いたものです。

紀子は28歳(当時の28歳だから、今の38歳くらいの感覚かもしれません。)になっても、まだ独身で、ある時、会社の上司からお見合い話が来ます。

相手は、有名商社に勤務して、実家も旧家で、なかなかハンサムらしく、もちろん初婚。
家族も乗り気で、本人もまんざらでもなさそうに見えます。

そんなある日、紀子の家族は、その相手の年齢が40歳(今の50歳以上の感覚?)と知ります。
「ひとまわりも、年が上の人では可哀想。」と、突然がっかりする母親と兄嫁に対し、「紀子だって、もう年だから贅沢言える身分じゃない!」と怒る兄(長男)。
どちらも、真剣に紀子の幸せを考えてのことですが、家族の中で対立が生まれます。

けれども、最後に紀子が、ひょんなことから、あっけなく結婚をOKしたのは、戦死した兄(次男)のかつての親友で、早くに奥さんを亡くしたシングル・ファザーの貧乏な医者。

お見合い相手より条件の悪い、子持ちの男性との結婚を、何の相談も無しに一人で勝手に承諾してきてしまった紀子を、家族全員が心配したのは言うまでもありません。

紀子が、結婚を決意した理由は、ただ一つ。
人間として信頼できる人だ(と気づいた)から。

                  ------------------

恋愛映画ではないため、その相手は、あまりたくさんは登場しないので、特別目立った魅力を発してるわけじゃないんですが、その人も、紀子と同じ本を読んでいたりして、きっと価値観も合ってたんだと思いますし、誠実で、お母さんを大切にしつつも、決してマザコンではないことがはっきり分かる場面もあります。
私が紀子だったら、同じようにしたかもしれません。

確かに、外側の条件が、まったく重要じゃないとも言い切れません。

たとえばの話、ベジタリアンの私は、真面目に働いているお肉屋さんの個人的な人間性は否定しませんが、結婚して一緒にお肉を売るというのは、ちょっと違う気がします。

(そんなこと言ったら、紀子のお兄さんに「贅沢言える身分じゃない!」と怒られそうですが。。。
一人で生きていくことも厭わないなら、それは贅沢ではないと思うんです。)

でも、そういう話じゃなくて、“安心材料”として条件を重視しているなら、考えてみてください。。。

外側の条件は、不況や災害など、ふとしたきっかけで簡単に変化してしまうもの。
内側の人間性は、良くも悪くも、そんなに簡単に大きく変わらない。

だったら、やっぱり、“何が起こっても、一緒に頑張れそうな信頼できる人”っていうのが、大切な気がします。

でも、私は、こういう話をするには適任ではないので、私の話をあんまり真面目に聞きすぎても、結婚できなくなったり、失敗する可能性があるので、話半分くらいに聞いてください。

ただ、もしも、「条件だけが引っかかって、前に進めない。」なら、本人が良ければ、あまり完璧な条件は必要ないと思いますし、

「理解し合える人と共に暮らせたら理想的だけど、一人でも生きてく覚悟がある。」ということなら。。。

あくまで、私の場合はですが。。。やっぱり自分の心に嘘はつけないので。。。

外側の条件や、周りの意見で、結婚を決めるよりも、

“何が起こっても、一緒に頑張れそうな信頼できる人”に出会えても出会えなくても、
相手から見て、私が、そういう存在だと思ってくれる人がいてもいなくても、

私自身、“何が起こっても、心平和に頑張れる人”でありたい
と思ってます。

(頑張るっていう言葉も、ちょっと肩に力が入りすぎに聞こえるかもしれませんが、他にわかりやすい言葉がないので。。。あえて他の言葉にすると「努力しつつ、淡々と丁寧に過ごす」って感じでしょうか?)

『麦秋』のラストシーンをYouTubeで見つけました。
   ↓  ↓

2012年9月15日 (土)

チョコ風味だんごの豆乳がけ

20120915
白玉だんごをチョコ風味で作って、豆乳とメープルシロップをかけました。

[材料 だんご10個分]

白玉粉         1/2カップ
カカオパウダー   小さじ1と1/2
てんさい糖       小さじ2~
水              大さじ5

豆乳            適量 
メープルシロップ   適量
レーズン         適量
くるみ            適宜

※カカオパウダーは、なるべくフェアトレードのものを使いましょう。
 理由→ チョコレートの現実

[作り方]

1.ボールの中で、白玉粉、カカオパウダー、てんさい糖を混ぜる。
2.1に水を加えながら練る。(耳たぶくらいの固さになるように、水の量を加減。)
  (いちじくが、少しつぶれぎみになるくらいでOK)
3.鍋にお湯(上記分量外)を沸かし、沸騰したら、2を丸めて入れていく。
4.3のチョコだんごが、少し浮き始めてから、約2分茹でて、氷水に取る。
5.器に、4のだんごを盛り、豆乳をかけて、レーズンや胡桃をトッピングする。
6.好きな甘さになるように、メープルシロップをかける。

誰もが一度は聞いたことある(?)超レトロな昭和の曲を遊佐未森さんがカバーしたものをYouTubeで見つけたので、貼らせていただきます。

子供の頃、おじいちゃんがラジオで聴いてた時点ですでに、かなりの懐メロだったほど古い曲ですが、「この曲って、こんないい曲だったの?」と思える驚きのアレンジです。
いろんな方が、同じアルバムの別の曲もUPしてくださってるんですが、この「檸檬」というアルバム全体が良さそうな感じです。

今日は、おうちカフェというより、レトロな喫茶店気分で、おやつタイムです。

まだ満月は遠く、明日は新月だけど、『月がとっても青いから』

http://www.youtube.com/watch?v=CwrbFLbDh0k&feature=player_detailpage

2012年9月13日 (木)

最高の親孝行は? ~子は親より幸せになってもいい~

20120913_2
「最高の親孝行は、親を超えること」
だと、耳にしたことがあります。

「親を尊敬できない。」と罪悪感を感じて苦しく思っている人は、世の中にたくさんいらっしゃると思いますが、そういう場合も、実はすでに最高の親孝行をしているのかもしれません。

10代、20代の人で、そういうことで苦しんで、命を絶つことまで考えたものの助かった人に数人お会いしましたが、みなさん、自分では気づいてないかもしれませんが、心が純粋でキレイな人ばかりでした。

だから、今もし、自分の親を尊敬できなかったり、好きになれないと思って苦しくても、絶望的な気持ちにならないでください

確かに、自分の親を尊敬しているというのは理想的だと思います。

「尊敬する人は?」と聞かれた時に、迷いなく「両親です。」と答える人に悪い人はいないですよね。
なので、そういう人は、誰からも信頼されやすいと思います。

逆に、「自分の親を尊敬できない。」と言ったら、それを批判的な目で見られることもあるかもしれません。
でも、それより先に、やっぱり、「自分の親なのに尊敬できない。」という罪悪感の方が苦しいんじゃないかと思います。

そういう時って、「親の尊敬できない部分まで全部まるまる受け入れないといけない」と思って、それができないから罪悪感を感じるのかもしれません

でも、いくら親でも、誰かの“全てを尊敬する”なんていうのは、ありえない話です。完璧な人はいないですし。

例えば、自分の親の尊敬できない行為と同じ行為を他人がやっていたら、あまり罪悪感を感じずに「あの人は尊敬できない」「嫌だ」と思うだけかもしれません。
(自分に厳しすぎて、他人が悪いことしていても、それを嫌だと感じる自分に罪悪感を持ってしまう場合もあるかもしれませんが、それでも、身内よりは他人の方が冷静に見れると思います。)

でも、悪いことは誰がやっても、やっぱり悪いですし、尊敬できない行為は、誰がやっても、やっぱり尊敬できなくていいんじゃないでしょうか。

私も自分の親の“まるまる全部”なんて尊敬していません。
部分的に尊敬できるところは、いくつかありますが、同時に「ここは自分と合わない」とか、「その行為や考えは間違ってる」と思うことも結構たくさんあります。

でも、だんだんと、間違いを間違いと感じられることは、ありがたいことだなぁと思うようになりました。

たとえば、自分の親のマナーがとても悪かったとします。
子供は、小さい頃から、それが当たり前で育ってしまい、気づかずに自分もそうなる可能性もあるのに、ちゃんと「それは悪い」と気づけて、自分は気をつけていられるのは、すごくありがたいことです。

ひょっとしたら、自分の親の尊敬できない部分が、たくさんありすぎて、良いところが見えない場合もあるかもしれません。
それでも、やっぱりそんな自分を責めなくてもいいし、親を変えようとしなくてもいいと思います。

それに、「こういう親の子供だから、自分もダメだ」ということは決してありません。(悪いことに気づけているんだから。)

親の悪いところばかり見える時、その血を引く自分に絶望的な気持ちになったり、「血筋」とか「直系」とかいう言葉が心に重くのしかかってくることがあるかもしれません。
(以前、ご紹介した『灼熱の魂』という映画で、冷酷な行為をした人物が自分の親だと知った子供が、プールでめちゃくちゃに泳ぎまくるシーンがありますが、きっと、その人物の血を引いた自分が汚れているような気がして苦しかったんじゃないかと思います。だから、サンドバッグを叩くとかじゃなくて、水の中で泳いだんじゃないかと。。。)

でも、仮に自分の親が犯罪を犯して、自分は施設で育ったとしても、自分が悪い人だというわけではなく、自分に責任があるわけでもありません。
子供は、親が不幸だと自分が責任を感じてしまいますが。。。

宮崎駿監督の『崖の上のポニョ』の中で、ポニョが、なんの罪悪感も悲しみも恥もなく、あっけらかんと、「お父さんは悪い人!」と他の人に話すシーンがあったと思いますが、それくらい自分と親とは別の人間だと考えていいと思います。
(※この映画の場合は、実際にポニョのお父さんが、悪い人というわけではありません。)

「両親を尊敬しています」という人のご両親も、きっと完璧な人ではないと思います。欠点がたくさんあるかもしれません。
でも、愛情表現が上手だったり、子育ての時期に、愛情を与える心の余裕があったんじゃないかと思います。

逆に「親を尊敬できない」という人のご両親が、社会的地位も能力も高かったり、他人から見て真面目で良い人だという場合もありますが、愛情表現が下手だったり、子育ての時期に人や自分自身へ愛情を与える余裕がなかったのかもしれません。
そして、その親自身が一番愛情を必要としていたのかもしれません。

でも、親の必要とする愛情を、全部子供が与えるのは、誰にとっても無理ですし、逆に、ものすごく小さなことでも、親から何かしてもらうことが、子供から親にあげられる愛情だったりする場合もあるかもしれません。
(本当は、どんな親でも、子供に「ありがとう」と喜んでもらえる以上に嬉しいことはないと思うので。)

どっちにしても、「最高の親孝行は、親を超えること」だそうですので、反面教師として教えてもらいながらでも、自分磨きをして、親より幸せになってもいいと思います。
・・・というか、それこそ最高の親孝行じゃないでしょうか?

ゆっくり時間をかけて、いつか、心の奥から幸せな気持ちが湧いてきた時、不思議と、尊敬してなかったはずの両親の良い部分が見えたり、感謝が湧いてくることもあると思います。

そして、そうなると、もう親に尊敬できない部分があっても、あまり気にならなくなると思います。

※関連記事→ 子供は親を選んで生まれてきた? ~人が生まれる目的~

※特に10代、20代の方には、こちらの映画もオススメです。
       ↓ ↓ ↓
『幸福な食卓』 ~傷ついた心、癒された心~

2012年9月11日 (火)

受け入れるもの、変えるもの ~ニーバーの祈り~

20120911

私は優柔不断な性格なのか、時々いろんなことを迷います。

そんな私も、買い物などのモノ選びは早い方なんですが、「置かれた状況の中で、何をするのが最善なのか?」みたいな、自分の取る行動を迷ってしまうことが多いのです。

そういう時「どっちが正しいか?」と考えると答えが出にくいので、「どっちが愛あるか?」というようなことを考えるんですが、それでも、わからないこともあります。

よく「来るもの拒まず、去る者追わず」と言いますが。。。

私にとっては、「去る者追わず」より、「来るもの拒まず」のさじ加減がわからないことが多いんです。

その延長みたいなもので、置かれた状況や環境の中で、何をそのまま受け入れ、何を変える努力した方がいいのか、わからないこともあるんです。

「どんな状況も、何も考えず全て受け入れる」というのは、正しく理解すれば良いことですが、間違うと、志や意欲がない受身状態になっていたり、良くないことを容認しているだけだという場合もあります。

周りの人の希望にも、何も考えず応えているだけでは、「この人の希望に沿えば、別の人の希望に反する」ということも沢山あります。

やっぱり、「より善く生きよう!」という意識や、「生まれたからには、少しは世の中の役に立つことをしたい」と思ったら、拒否すべきことや、変える努力をすべきこともありますよね。

でも、たとえ改善の余地があっても、その環境に慣れれば慣れるほど、変える必要性に鈍感になってしまったり、変える勇気が湧かなかったり。。。
逆に、自分には変えることができないことを、なかなか心が受け入れないこともあるかもしれません。

最近は、そういうこともかなり少なくなったような気もしますが、またいつかそんなこともあるかもしれませんし、同じようなことを思っている方もいらっしゃるかもしれませんので。。。

昨年、南インドでお世話になったエバーグリーン・トラベルの真美・デービスさんが、旅行中に、たまたま教えてくださった祈りの言葉をここに書きたいと思います。

正義感が強い真美さんご自身も、お好きな祈りの言葉だとのことですが、私自身も、特に葛藤のあるような状況に置かれた時、無意識に心の中でずっと祈り続けていたことかもしれません。

これも、先日の記事でちらっとご紹介した『愛をこめて生きる』 (渡辺和子著 PHP研究所)の中に、紹介されていましたので、以下に引用させていただきます。

God, grant me the Serenity
to accept the things I cannot change
Courage to change the things I can
and Wisdom to know the difference
 

主よ、変えられないものを
 受け容れる心の静けさと
変えられるものを
 変える勇気と
その両者を見分ける
 英知を我に給え
 

(ラインホールド・ニーバー)

以上、『愛をこめて生きる』 (渡辺和子著 PHP研究所 )p202~203より引用

変えられないものと変えられるもの、その両者をすっきりと見分けられるようになり、いつも迷わないでいられたらいいです。

けれど(ここで言ってることを角度を変えて見ると)、究極のところは、自分が変えられるものは、自分自身だけなのかもしれません

ガンジーも、“Be the change you want to see in the world. 世界を変えたければ、自分がその(理想とする)変化そのものになりなさい。”と言っています。

※トップの写真は、雲が鳥に見えたので撮りました。窓から見つけて、カメラを持って外に出た時には、右側の翼の先や尾の部分が、すでにちょっと薄くなったり形が変わってしまってて残念でした。

2012年9月 9日 (日)

キウイ・スカッシュ

20120909

またまた、庭のミントを使って、簡単なドリンクを作りました。

陽射しの色が、秋を感じさせ、朝晩も涼しくなってきた今日この頃ですが。。。
日中は、まだ蒸し暑い日が続いています。

それでも、夏が終わるのは、ちょっと名残惜しくもあり。。。
この日中の蒸し暑い空気を、爽やかなドリンクで楽しんでみたりしています。

キウイでビタミンCもたっぷり摂れるので、夏に紫外線を浴びて疲れたお肌の回復のためにも。

[材料]

キウイ        1個
ミントの葉(生)  10枚前後
水           50ccくらい
アガベシロップ  適量 (メープルシロップでもOK)

炭酸水       1カップ(200cc)くらい
氷           適量
 

[作り方]

1.キウイは皮をむき、一部を小さめの角切りにする。
2.ミキサーに、1の残りのキウイ、ミント、水、お好みでアガベシロップを入れ、よく混ぜる。
3.グラスに、氷を入れ、2と、炭酸水を入れ、1で角切りにしたキウイをトッピングする。
  ※写真では、ミントの葉もトッピングしています。

おうちカフェ用BGMに、YouTubeで、遊佐未森さんの「海」という歌詞もメロディも綺麗な曲を見つけましたので、貼らせていただきます。
夏を名残惜しみながら、穏やかなひとときを楽しみたいと思います。

http://www.youtube.com/watch?v=6gs_xXTgkHo&feature=my_watch_later_videos&list=WL7469B3D8D3517FFD

2012年9月 7日 (金)

てんとう虫のななちゃん ~小さな虫の目線で見ると~

20120907_1

最近、畑に行くと、いつもキュウリの葉っぱの上でくつろいでる、てんとう虫のななちゃん。
(ナナホシテントウなので、ななちゃんです。)

畑に行くたびに「今日は、どこにいるんだろう?」と思っても、やっぱり1本しかないキュウリの木の葉っぱの上です。

20120907_2

せっかく、くつろいでいるところ、本人は迷惑だろうと思いつつ、手を出すと登ってきて可愛いので、毎日一回スキンシップをはかってます。(^^♪

ななちゃんに意識を集中して、ななちゃんの目線になると、住み慣れた世界が新鮮に見えてきます
人間には小さな畑も、ななちゃんにとっては大きな世界です。

ななちゃんは、人間のように、お家を持ちません。(あえて言えば、キュウリの木に住んでます。)
お金も持ちません。
洋服も着ません。
食べ物を蓄えたりしません。


何にも持たずに、身一つで生きてます。

でも、ななちゃんは、未来のことを心配したり、過去のことを引きずったり、寂しがったり、退屈したりもしてないみたいです。
ななちゃんにとっては、「今」という時しか存在しません。
そして、ただ、たんたんと与えられた命を全うするのみといった感じです。

人間から見ると、ななちゃんには、豊かな喜怒哀楽もなく、ただ生命を維持するために最低限のことをして生きてるだけの下等な生命体かもしれません。

でも、ななちゃんを作って、ななちゃんの中に流れている命のエネルギーの源は、私たちのそれと同じで、しかも曇りがありません。
純粋な神様の命そのものです

人間も、少しは、ななちゃんを見習わないといけないかもしれません。

※この記事を見て、共感してくださったkokageさんが、ご自身のブログでこの記事を紹介してくださいました。
   ↓
夏の思い出と昨日の続き
~木陰でおひるねzzZ~

kokageさんの記事の中に、

「自分の目の前にあることを淡々と」 vs 「でも周りの命もほっとけない」
この両者のバランスのなかに、
人間が人間たる所以の ”新たなる関係性”
が、あるのかもしれませんね。

・・・とありますが、私もそう思います。

2012年9月 5日 (水)

いちじくのもっちりクレープ

20120905

先日、林泉寺さんの座禅会で、なんとありがたいことに“いちじく”を分けていただいたので、ライスペーパーに包んで簡単なおやつを作りました。

ライスペーパーのもっちり感は、生春巻きだけじゃなく、甘いお菓子にも合うので、バナナを使うことも多いんですが、今回はいちじくです。
(※バナナ・バージョンのレシピ→ バナナとココナッツのもっちりクレープ

[材料 4個分]

いちじく               2個
黒糖                小さじ2くらい
シナモンパウダー        少々
ライスペーパー(直径16cm) 4枚 
ミントの葉              適宜

[作り方]

1.いちじくを、1.5cmくらいの角切りにする。
2.1をボールなどに入れ、黒糖とシナモンパウダーをふり入れて混ぜる。
  (いちじくが、少しつぶれぎみになるくらいでOK)
3.ライスペーパーを水で湿らせ、真ん中にお好みでミントの葉をのせ、その上に2のいちじくの1/4をのせる。
4.ライスペーパーがしっとり柔らかくなったら巻く。

※写真では、胡桃をトッピングしています。

※その他の生いちじくレシピ→ いちじくの寒天ゼリー

お寺でいただいた“いちじく”を使ったので。。。というわけでもないんですが、YouTubeで「沙羅双樹」という谷山浩子さんの歌を見つけたら、前回貼らせていただいた谷山さんの曲(ここにいるよ)と同じ人がUPしてくださってました。
この方のおかげで、今まで聴いたことがなくて知らなかった谷山浩子さんの歌の素晴らしさを知りました。本当に良い曲が多いんですね! 

この沙羅双樹という曲も、最初は、ごく普通のラブソングかと思ったんですが、実は、もっと深い宇宙の愛の歌でした~。
※→歌詞 http://petitlyrics.com/kashi/125915/ (プチリリ)

いい曲だったので、今日のおうちカフェ用BGMに貼らせていただきます。

前半は、歌なしのインストロメンタルで、4分をすぎる頃から谷山浩子さんの歌が入っています。

http://www.youtube.com/watch?list=WL7469B3D8D3517FFD&v=Tlx7bG9y1y0&feature=player_detailpage

2012年9月 3日 (月)

おしゃれと身だしなみ

20120903

「おしゃれと身だしなみの違いって、何だと思いますか?」

昨年まで4年間やった仕事を除いて、今まで対人的な仕事が多かった私が、研修などで、時々聞かれた質問です。

そして、答えは「おしゃれは自分のためにすること。身だしなみは人のためにすること。」だそうです。

ところで、今までに、数人の女性から「(女性らしく)おしゃれをするのに罪悪感や抵抗を感じる。」と聞きました。

育った環境とか、いろんな理由があると思いますが、その気持ちもわかるような気がします。

私も、高い服を無理して買うとか、動物の毛皮を使うとか、環境に負担のかかるタイプのお化粧品を使うのには罪悪感を感じます。

なので、商品選びに気をつけたり、量的にも普通の人より持ち物が少ないかもしれませんが、おしゃれすること自体には罪悪感を感じません。

ナチュラル志向の女性の中には、いつもノーメイクで、フェアトレードの服しか着ない、自然体で、とても魅力的な方が、たくさんいらっしゃいます。

そういう方から見たら、“偽ナチュラル派”になりますが、私の場合は、お化粧もするし、フェアトレードじゃない服も着ます。
梅雨時や、汗をかく夏場には、除菌作用の高い洗剤でお洗濯する物もあります。人が多い場所などで、服が生乾きで雑菌が繁殖して臭うのを防止するためです。
(※これは、みなさん全員におすすめしているわけではないので、体質や肌質によって石鹸、洗剤の種類を選んでください。)

そんな私は、「もしも、おしゃれに罪悪感を感じて辛い場合は、身だしなみという観点からスタートするのもいいかも?」と思います。

おしゃれに抵抗を感じる人も、部屋をきれいにすること(掃除だけでなくインテリアも含めて)には抵抗を感じないと思います。
美しい芸術作品に感動することもあると思います。
自分の体も、自分の魂が住んでるお部屋と言えなくもないですし、年輪を重ねながら、一生かけて自分で作っていく芸術作品と言えなくもないです。

そして、せっかくなら、今日出会う人、いっしょに過ごす人のために、精一杯身だしなみを整えたいですよね。

人の美しさは、外見でなく、中から滲み出るものですが、「周りの人のために身だしなみを整えよう! 少しでも心地良く感じてもらうために、清潔で美しい身なりをしよう!」という思いやりも、内面の美しさだと思うんです。
そこに自分の好みも加わって、おしゃれを楽しめたら、その楽しい雰囲気も、周りの人に伝わるかもしれません。

昨日、坐禅会の後、お寺のご住職のお母様が、手がお疲れとのことで、僭越ながら、ほんの数分だけマッサージをさせていただいたら。。。指にマニキュアをなさってたんです。
ご住職のお母様なので、それなりに、ご年配なんですが、「古いのが出てきたから、つけてみたわ。」と、ちょっと照れたように嬉しそうにおっしゃる様子が、とても素敵でした。

私も、「いつまでも、身だしなみに気をつけたり、おしゃれを楽しんだりできるおばあちゃんになれたらいいな~♪」と思いました。

2012年9月 1日 (土)

もしも一つだけ願いが叶うなら ~タゴールの詩に思う~

20120901
もしも、神様が、一つだけ確実に願いを叶えてくれるなら、何をお願いしますか?

たくさんの願いを叶えてもらえるのなら、いろいろ思いつきますよね。
でも、一生に一度、たった一つだけなら?

「何でも願いが叶う魔法の杖が欲しい」とかいうのは無しですよ!

今日は、南インドでお世話になったエバーグリーン・トラベルの真美・デービスさんに教えていただいた、インドの詩人タゴールの詩をご紹介したいと思います。

そのタゴールの詩が、『愛をこめて生きる』 (渡辺和子著 PHP研究所)の中に、日本語で紹介されていましたので、以下に引用させていただきます。
(ちなみに、この『愛をこめて生きる』は、数日前に図書館で借りて、まだ読みかけですが、共感できる言葉がたくさんあって心に響きます。)


私が願うのは
危険から護られることではなく
危険のさなかで
恐れないことです
 

哀しみのどん底
心のはげしい痛みの中で
慰めてもらうことではなく
悲しみを克服し
勝利をうたうことなのです
 

逃げ場がなくなった時も
勇気を失わさせないでください
世間的にも大失敗し
挫折の連続に遭っている時も
その害が取り返しのつかないものだと
考えない恵みをいただきたいのです
 
あなたが来て私を救ってくださる…
これを私は願っていません
私が願うのは
のりこえてゆく力です
 
あなたは私の荷を軽くしたり
慰めてくださらないで結構です
ただ 私が重荷を担う
その力をお与えください
 
喜びの日に
謙虚に頭を垂れ
私はあなたを思い
あなたの存在を認めます
 

暗い悲しい夜
失意以外、何もない夜にも
ああ 決してあなたを
疑うことがありませんように

(Gitanjali No.4)

※以上、『愛をこめて生きる』 (渡辺和子著 PHP研究所 )p148~150より引用

いかがですか?

心が、へなちょこの私は、「神様、どうか私が本気でタゴールのように願えますように!」と願うばかりですが。。。(-_-;)

それでも、たった一つだけしか願いが叶わないなら、やっぱり「いつも平和な強い心でいられますように」というのが願いかもしれません。

うーん、とりあえず、平和な音楽の波動で心を満たしたいと思います。。。
バッハG線上のアリアをYouTubeで探したら、いくつもあったのですが、空の写真が綺麗なものを選ばせていただきました。

http://www.youtube.com/watch?list=WL7469B3D8D3517FFD&v=U7RYSQvrUrc&feature=player_detailpage

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ